• 締切
  • すぐに回答を!

非常識な人間が多い今の職場が我慢出来ません。

  • 質問No.3878718
  • 閲覧数175
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 0% (0/3)

こんにちは。
今の職場でストレスが溜まり過ぎて
体調を崩し始めてしまいました。。
こんな時どうすれば良いのでしょうか。
気持ちの持ち方などアドバイス頂きたいと思っています。

ある会社の製品開発プロジェクトのために
私(20代後半男性)達はそれぞれ別の会社から派遣され、
1つのフロアで作業しています。

5~10名のチーム3つ程に分かれて作業しているのですが、
その中の一部(チームリーダー含む7名程)が
仕事中の大声で雑談、休憩時間を無視した休憩、
長時間の食事外出、明らかな客先の悪口、寝てる。など
非常識の連発で、実際うちのチームの作業にも支障が出ていて困っています。
現場の正社員はチームリーダーとさらに上の上司が居て、
立場上文句の言いづらい状況ではありましたが
改善のお願いを申し出ました。
ところが、チームリーダーが騒がしいメンバーに含まれているため
一向に改善される気配は無く、その上の上司は現場には無関心です。

私自身は、今までの現場ではうまくやってきていたつもりです。
こんな職場は見捨てて別の案件を探すべきでしょうか。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 0% (0/2)

難しいですね。
正社員は、派遣や出向に対して気を使わないでしょう。
職場の事は、人に聞くんじゃなく自分で判断する事が後悔とか人への恨みを生みません。
ここで別の案件がいいよと言えば変わりますか?変わって失敗したら誰の責任ですか?
変わらなかった方がいい、そそのかした○○が悪い。じゃ寂しいですよね。
今、職場で出来る事はないですか?気付いた事は、やりましたか?
自分が何をしたいかが言えるように成長してください。
納得した人生を送る事を期待します。
  • 回答No.2
>ある会社の製品開発プロジェクトのために・・それぞれ別の会社から派遣され
とありますので、他社との合同作業(JV)なのですね?

ですので、現場の上司ではなく、質問者様が雇用されてる会社(本社)のご自分の上司に相談しましょう。
対処として考えられるのは・・
*JVでの業務に支障を来たしている原因人物への注意勧告(会社間で連絡を取り、上司から現場上司へ対処してもらう)
*それが不可能なら、配置換えをお願いする。
=JVの派遣を解いてもらい、違うヒトに行ってもらえるよう頼む(JVを解任)
本社に戻るか、転属になるかは、会社の指示に従うしかないですが・・・。

そんな風に思いましたが、見当違いでしたら、バッサリ切ってくださいます様。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 44% (5540/12318)

> こんな時どうすれば良いのでしょうか。
> 気持ちの持ち方などアドバイス頂きたいと思っています。

お気軽に心療内科でカウンセリングを受けてみてください。
精神科や脳外科が一般の病院に例えられるのに対し、心療内科は心のマッサージ屋さんみたいな位置づけです。
差し当たりの眠れないとかイライラするとかの症状を和らげます。

--
> こんな職場は見捨てて別の案件を探すべきでしょうか。

質問者さんに非が無いのに、自己都合で退職してやる事はありません。


> 改善のお願いを申し出ました。

こういう事実やトラブルの記録をしっかり残してください。
トラブル、上司への相談、会社への請求の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名とその際の回答など。
繰り返し改善を申し入れ、それでも改善しない場合、そういう記録が更に上司に対して上申するための理由になります。

そのチームが問題なのでなく、会社がきちんと業務指導、改善を行わない事を問題にします。

他にも、
・業務に対するモチベーションが失われたという事で、うつ状態になったため休職を請求。
・適切な対応を行わなかった事が原因で精神的苦痛を被ったとして、慰謝料を請求。
などの手もあります。

どういう問題解決のための努力を行ったが、自身の責でなく、会社の都合により問題が解決せず【止むを得ず】退職する場合、会社都合の退職として処理可能です。
転職や失業手当の給付に際して非常に有利です。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ