• ベストアンサー
  • 困ってます

連作短篇ってなんですか?

長編小説や短編小説というのはわかるのですが連作短篇小説ってのは、どういう形態の物を指すのですか? 短編集とどう違うのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数559
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • hp_1200
  • ベストアンサー率53% (106/200)

連作短編というのは、何らかの繋がりを持った複数の短編のことをいいます。同じ登場人物や場所、物にまつわる作品など、全体をまとめると一つの作品のようになっていれば、連作短編になると思います。 ぼくが読んだ中には、前作の脇役が次の作品の主役になっていき、最後の脇役が最初の主役になって、一つの輪のように繋がっている、というものもありました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりました、具体例を挙げていただき参考になりました。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 長編的な連作短編集のおすすめをおしえてください。

    単に主人公や設定が同じな、いわゆるシリーズものの短編集ではなく、複数の短編を最後にまとめるような、長編的な連作短編小説を教えてください。 それぞれの短編の結びつきが強いというか、より長編的なものが読みたいです。 ほとんど長編ばかり読んでいるので例を挙げにくいのですが、「ブギーポップは笑わない(一巻目)」がイメージに近いかもしれません。 ですがライトノベルはほとんど読まないので、できればそれ以外でお願いします。 注文が多くてすいません。よろしくお願いします。

  • 文庫本小説 短編集と長編のみわけかた

    文庫本の短編集と長編小説の簡単な手っ取り早い見分けかたを教えてください。 長編かと思って読んでたら短編だったり(>_<)慌てて買うからいけないんだと思いますが。

  • 短編集の小説のうち一つを一気に読むのと長編小説一冊

    短編集の小説のうち一つを一気に読むのと長編小説一冊分を中断しながら読むのどっちが語彙や表現力を身につけられます? 短編の方は50から100前後で長編はだいたい300から400前後です

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

私もはっきりした定義は知らないのですが、ANo.1さまのおっしゃるように、登場人物や設定が同じ短編小説をひとまとめにしたものという認識です。 短編として一つの物語として完結しているものをある雑誌に掲載したとして、別の号(あるいは別の雑誌)で、また同じ登場人物、設定のまま、時間や角度を変えて、あるいは主人公を変えて別の短編として完結した物語として何編か掲載する。 一つ一つの短編を読んだだけでも充分、読むに堪えうるものだけれども(“前回までのあらすじ”といったものを必要としない)、いくつかまとめて一冊の本にすることによって、重層的な、より深い長編小説のような読み応えのある小説にしたようなものだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • tacop
  • ベストアンサー率75% (867/1154)

こんにちは。 私もはっきりした定義は判らないので自信はないのですが、多分 「登場人物、または状況や設定が全ての作品に共通している短篇集」 のことではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱりそういうもんですか、回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 短編小説を一気に読むのと長編小説を中断しながら読む

    短編小説を一気に読むのと長編小説を中断しながら読むのどっちが語彙や表現力が身につきます?

  • 伊坂幸太郎のベスト3は?

     伊坂幸太郎ファンの方々に質問します。  彼の作品で、ベスト3をあげると何がそれに入りますか。短編集、長編を混ぜて3つをあげて頂ければ幸いです。私は短編小説が好きです。彼の短編集はどの程度あるのかも教えてください。

  • 「アルジャーノンに花束を」の短編の日本語訳は売っていないのでしょうか

    ダニエル・キースの「アルジャーノンに花束を」は、最初は短編小説として書かれて高い評価を受けて、その後長編小説に書き直されたそうですが、 最初に書かれた短編の日本語訳はもう売っていないのでしょうか。 それとも、何かのアンソロジーにでも入っているのでしょうか。 ぜひ教えて下さい。

  • SFの古典と言えるのはどんな作品があるでしょうか

    SFというジャンルの小説で、古典と言えるのは、どんな作品があるでしょうか。 長編小説と短編小説とで、いくつか例を教えて下さい。

  • おすすめの短編小説を教えてください

    最近はなかなか長編小説を読む時間がとれません。短編小説であれば空き時間にサクッと読めるので、おすすめの短編小説を教えて頂きたいのです。 ジャンルは、SF、ファンタジー、ミステリー(殺人事件以外)などの娯楽小説が良いです。星新一先生のものは除外でお願いします。よろしくお願いします。

  • とびきりのミステリ短編小説(現代&国内)

    とびきりのミステリ短編小説(現代&国内) 現在、活躍している国内ミステリ作家で、短編小説の名手と言えば、だれでしょうか。 短い中にも謎解きのようなものがあり、最後に驚かせてくれるようなミステリの短編小説を書くのが上手い作家、そういう短編の詰まった短編集があったら、紹介していただけると嬉しいです。 まとめてが無理なら、1作だけでも、これは素晴らしかったというのがあったら、それでもけっこうです。

  • ★普通の人は短篇の小説しか投稿できないの ?★

     こんにちは。「一般の人は長編を投稿しても相手にされず、短編しか受け付けられない」とネットで読んだのですが、本当でしょうか?  持ち込みは実績ありの人か縁故の人しかダメらしいと聞いたのですが、それに加えて長編はやめた方がいいというのも聞き込みました。 (といってもネットでです)  もちろん長編は読むのに時間がかかるので、アポをとってもはねられるだけだと思うのですが、長編賞らしい賞なのに短篇しか受け付けられないというのはショックです。一生懸命に投稿者は規定のページ数に合わせるように書いているのにです。  それとも短篇賞(最近は少なくなっていて、何枚までが短篇なのか判りませんが)に入賞実績をつけてから、長編に応募した方がいいという事なのでしょうか?   最近は短篇の賞が減っていますが、それなら判ります。  短篇の方が儲かるというのもネットで読みました。    

  • 小説すばる新人賞は短編集でもOK?

    小説すばる新人賞は連作短編集の形で応募できるのでしょうか? 過去の受賞作はいずれも長編であるようですが、応募要項にはどこにも長編でなくてはならない、とは書いていないので、連作短編でもよいのかな、と思いまして。 連作短編の方が、雑誌の小説すばるに掲載しやすいですよね。まあ、翌年の2月には単行本になりますが。

  • 山田風太郎の長編小説と大薮晴彦の長編小説を途中中断

    山田風太郎の長編小説と大薮晴彦の長編小説を途中中断しながら読むのと短編集の小説を一気に読むのどっちが語彙や表現力を身につきます? 短編集の作家さんは山田風太郎、大薮晴彦、大沢在昌、 山田正紀など主にアクション小説と時代小説さんが中心です

  • 短篇小説の解説

    短編小説に興味があります。日本の近現代の短編小説を分析的に読み解いて、知的なスリルを味わいたいと思うのですが、そのような場合に参考になる、なるべく総合的な、解説書とかサイトはないでしょうか。たとえばアメリカの場合だと、いわゆる国語教育(この場合英語ですが)に短編小説を使うことがよくあるようで、ネットでも作品名で検索するとすぐそういうサイトにヒットするし、また学生のための短編小説という大部なシリーズがあって、作家の情報から時代背景から批評からみんな載っています(日本の作家のものも少し入っています)。その日本版のようなものがあればベストですが、あまり日本でそのようなことをやっているようには思えません。とりあえずどんな情報でもいいので提供願えれば幸いです。

専門家に質問してみよう