-PR-
解決済み

不倫相手との結婚・新生活にかかる費用について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.38730
  • 閲覧数575
  • ありがとう数15
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 18% (4/22)

不倫が正しいとか悪いとか、そういう判断をいただきたいのではありません。
まじめに彼と結婚に向けて歩みだそうと考えています。
ただ、彼は妻子が嫌いになって別れるのではありません。

そこで質問なのですが、下記、経験者や法律関係に詳しい方にお伺いしたいのです。

彼氏に妻子があり、不仲になって別れるのではない場合、
1)離婚に際して支払う慰謝料・養育費の相場
2)再婚(私との結婚)後の生活費に、一般の結婚と違ってどの程度費用が追加発  生するのか?
3)結婚後の精神的障害(意外にこういったところで悩んだり 
  苦労しますよ・・・的なこと)
4)こういう手段で別れる方向に持っていけば、慰謝料を減らせる・・・といった具体的な方法

不倫・略奪愛と世間一般に言われるであろうことに対する善悪の判断ではなく、実際に障害となるであろうことを事前に予測し、どの程度の生活を確立していけるのかを可能な限り算出し、冷静に二人で将来について(経済的な面も含めて)考えようとしています。アドバイスよろしくお願い申し上げます。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
レベル9

ベストアンサー率 33% (20/59)

私の両親が離婚したときのことについてお話します。

(1) 慰謝料の相場
夫と妻の収入と年齢にもよりますが、せいぜい 300 万円だそうです。ただし、私の父は愛人とどうしても結婚したくて、それに反対する母を納得させるために、母が住んでいる家と土地をまるごと母名義にしました。金額にすると、5000 万円ぐらいだと思います。
生活費ですが、すでに子供は成人して職をもっており、母も働いているため、月 14 万円を父が 70 歳になる直前まで(約 10 年間)払うという契約書を書きましたが、結局は半年間払っただけで父から一方的に解除されました。

(2) 追加発生する費用
毎月、前妻のもとに送る生活費/養育費です。これも、前妻の経済力と子供の年齢によって、かなり違ってきます。

(3) 結婚後の精神的障害
前妻の子供は、両親が離婚しても子供なのですから、どうしても父と子供のつながりは残ります。それに komarinrin さんが耐えられるかどうかが一番大きいでしょう。

(4) 慰謝料を減らす方法
ありません。
なにしろ、不仲でもなく妻にまったく落ち度がなく、夫がほかに好きな人をこしらえて結婚するのですから、夫に 100% の落ち度があります。
これが、妻にも落ち度があって別れるのなら、話は違ってきます。たとえば、夫婦生活がなくなったとか、けんかが絶えないとか、妻に浪費癖があって夫が耐えられなくなったとか、結婚生活を続けるのに重大な障害があった場合です。

もうひとつ、非常に重要なことがあります。
今の妻に、あなたの存在を気づかれてはいけません。慰謝料が高くなるどころか、配偶者のいる男性と恋愛関係に陥ったことで、裁判を起こされることも十分に考えられます。そのとき、敗訴して巨額な損害賠償を求められるのは、あなたです。男性のほうではありません。

妻子から夫を奪うのですから、かなりのリスクが伴うことを予測し、慎重すぎるぐらい慎重にことを起こす必要があります。

この件に関しては、OKWeb よりは、離婚問題に詳しい弁護士さんに相談するのが一番適切です。
お礼コメント
komarinrin

お礼率 18% (4/22)

皆様、親身に返答くださりありがとうございました。

正直なところ、こういった質問に対し、「何考えてるんだ?不倫なんて!」といった感情的で批判の返答ばかりが集中するのでは・・・?と思っていたので、とてもありがたいです。
自分でも法的な部分についてや慰謝料、養育費の相場などいろいろと調査してみました。現状の法制度のもとでは、入籍したら法的にも世間的にも守られて・・・奥さんという立場はいいものだなーと悲しいほどにつくづく思いました。
ときどき、狂ったような感情にとらわれて彼の奥さんに私の存在を知らせて精神的に苦しめたい・・・「知らないから幸せ」な奥さんの世界をぶち壊したいと思うことがあります。でも、いつも、そうはできずにいます。
そのままで、よかったんですね。。。不倫で奥さんから慰謝料なんて請求されたくないですから。。

現状の法では不倫した相手に慰謝料請求できますが、現在の世相にあわせた解釈の部分では第三者に慰謝料請求するのはおかしい、必要ないのでは?といった考えかたもでてきているようです。

私の彼の奥さんは「貞淑なかなりできた専業主婦」のようなので、100%彼が追い込まれる立場になりそうです。

いっしょに休日を過ごしたり、誰の目も気にせずに一緒に過ごせたらどれほどいいか・・・。

難しいですね。。。
投稿日時 - 2001-02-21 22:12:14
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 41% (5/12)

全く彼氏の現・妻に落ち度がない場合と仮定した上で考えます。

まず、慰謝料の相場ですが、彼自身の収入によって大きく変わるはずです。
全く払えない金額を請求されても払えないものは払えないですからね。
ただ、200万~500万くらいをよく聞きます。
養育費についても、同様に収入に見合った形で、というのは大前提ですが、よく生命保険とかで、子供にかかる学費はこのくらいとかを年齢別に算出したりしますのである程度参考になるかと思います。

ただ、あくまでも一般論であって彼と彼の現・妻との間での取り決め次第ですね。
主な取り決め事項として、上記の慰謝料・養育費のほかに、親権、子供との面会、財産分与などいろいろあるので、そちらとの兼ね合いで、変わったりもしますから・・・。奥さんの方の経済的自立度や性格によっても当然大きく交渉の方向は変わってくるでしょう。
あなた自身もそうかも知れませんが、彼には自分の都合で妻子を捨てるという負い目があるので、交渉に当たって弱気になりがちですが、あまり無茶な要求を出された場合は裁判に持ち込んで、調停離婚という手もあります。
まずは略式のもので十分だと思うので、裁判費用もたいしたことないです。

また、交渉の結果を文書にして届出を行い、公式文書とした場合、養育費などの支払が滞ったりした場合、給料の差し押さえなどもされますので、とりあえず、相手の言う事をのんでおいて時間がたてば向こうもそんなに言ってこないだろうとかいう甘い考えを抱いているとすれば、とんでもないことになりますよ。
ただし、リストラ・重病なので、離婚当初予定と大きく収入が変わった場合などは費用の見直しなどが交渉できるようになっています。

また、不倫による離婚の場合、奥さんのほうは、慰謝料・養育費などを考える際に、不倫相手の収入まで見込んで話をしてきがちなので、注意が必要です。

奥さんの方も、本や専門家のアドバイスなどを受け、いろいろな知恵をつけて交渉に臨んでくると思いますので、対抗できる程度の知識は最低でもつけて下さい。

経験者ではないので精神的障害については割愛させていただきます。

こんな回答でいかがでしょう?


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 35% (37/105)

1)離婚に際して支払う慰謝料・養育費の相場。

  現状の奥さんの判断により異なります。
  現状の奥さんが一方的な離婚や、自分に否が無いと判
  断した場合は高額を請求される場合があります。
  現状の奥さんにもよりますが、数十万から数千万まで
  様々ですが、相手となる旦那さんの支払い能力内が適
  正と裁判の場合は判断されます。
  但し、現状の奥さんが精神的な負担をかけられた場合
  には高額になる場合があります。
  ※通常の生活と精神状態の状況により妥当な金額が発
   生しない場合があります。

2)再婚(私との結婚)後の生活費に、一般の結婚と違っ
  てどの程度費用が追加発するのか?

  仮に育児権が現状の奥さんにあった場合は、子供の養
  育費がかからなくなるまで、養育費の支払い義務は発
  生すると思われます。

3)結婚後の精神的障害(意外にこういったところで悩ん
  だり苦労しますよ・・・的なこと)

  現状の奥さんが納得した離婚をしなかった場合。
  育児費用の増額依頼に伴う相談。
  育児が伴うが為の生活費に伴う相談。
  我が子に会いたいと思う夫の行動。
  現状の子供の行動。
  
4)こういう手段で別れる方向に持っていけば、慰謝料を
  減らせる・・・といった具体的な方法
 
  これは記載できません。仮に現状の奥さんが金の減少
  目的の為の行動と分かった場合、負担が掛かるのはあ
  なたとその彼氏(新しい旦那)です。

上手くいえませんが、恋愛は自由ですが、今回の様に子供がいる場合、子供には負担をかけさせないように注意下さい。←余計なお世話です。すいません。
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 27% (140/516)

経験者と言っても私個人ではなく、私の親が離婚した時の話を。離婚が成立したのはもう20年前の話ですが。

1)慰謝料は確か、500万。養育費は月に5万でしたね。相場はいくらか知りませんが結局は、払う方の収入によるでしょうね。稼ぎが悪くて、貯金も財産もなければあまり望めません。借金してまで慰謝料を払う事は通常ありえないでしょう。もちろん、離婚の原因がどちらにあるかとかで上下してくるハズです。

2)旦那が家を出てくるのか、カミさんが家を出て行くのかで、単純に家具だのなんだのってのが揃えたりするのが大変でしょう。又、元妻が使ってた車に乗りたくないとか、そういうのがあればなおさらですね。
キレイに別れられれば良いですが、ゴタゴタしてしまうとしばらくは住民票は動かせないとか、籍入れられないとかって事があると思います。

3)本人でないのでハッキリはわかりませんが、残してきた子供の事については非常に悩むようです。私は親が離婚して母と暮らしていましたが、父と10年ぶりに再会した時にいろいろな話を聞いたらとてもつらかったそうな。私は気付かなかったけど、小さな頃からの運動会の写真やら、中学校の入学式、卒業式の写真や友人と撮った写真がいつのまにか抜かれてオヤジの方に送られていました。

今、何か心配があるのではないかと考えているのであれば後で何か悩むことが出てくるのではないでしょうか。ウチの場合は、オフクロの浮気で家を叩き出された状態(笑)でしたが、オヤジもオフクロもオヤジの再婚相手もみんな離婚、結婚について悩みはあったようですよ。今はなぜかみんな仲良しなんですけど(^^;
あーそれから、親戚一同の中では肩身が狭いようですね。

4)慰謝料を減らすというか、そんなもん払わねーとバックレてしまえば案外、払わずに済んだりするようですよ。相手側に知恵が無い場合、泣き寝入りしてしまう場合も多いようです。調停や裁判したとしても、民事での争いですから、1000万慰謝料で支払えとなっても逃げてしまえば、警察が追ってくる訳でもないのでそうやって逃げてしまう人も多くいると聞いています。

このへんの話は弁護士とかに相談して下さい。できれば慰謝料くらいはちゃんと払ってあげて下さい。お金で苦労させるのは可愛そうです。その離婚があってこそ、次の結婚があるんですから、それを考えてあげて下さい。

向こう側にキレ者がいたら、ケツの毛までむしり取られますよ。ましてや、こうやって女の影がある訳ですからねえ。気付かれないようにね。っていうかもうチェックされてるかもよ。

>不倫・略奪愛と世間一般に言われるであろうことに
>対する善悪の判断ではなく、実際に障害となるであ
>ろうことを事前に予測し、

予測などはできません。好いた惚れたで離婚、結婚するんですから計算なんてねえ。自分でも善悪の判断では無く・・・と言ってるくらいですから、後ろめたい気持ちが少なからずあるのでしょう。それが一生、顔を出さなきゃ良いのですけどね。

まあ、しょせん世の中は弱肉強食の世界ですから、強い者が勝って弱い者は滅びるだけですよ。自分は強くて勝ち抜いたと思えば良いのではないですか?しかし・・・年老いて自分が弱者になった時に弱者の気持ちが解るというような皮肉な結果にならないようにして下さいね。
  • 回答No.4
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/1)

私の知り合いにやはり同じケースで生活している人がいます。男の方が一方的に別れたので家と月70万の生活費を支払うことで離婚が成立して新しい彼女との新生活を謳歌しているようです。ただ、この人はそれだけ支払える収入があっての事ですけど多分その彼の子供ガ18になるまで養育費は払う事になると思いますかなり経済的にもそう自由にならないと思いますよ。的確なアドバイスではなくて申し訳ないですが参考までにと
  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 45% (47/103)

慰謝料・養育費の相場は相当はばがあるようです(聴いた話)。
基本的には離婚時の夫婦の話し合いで決定しますが、争いになった場合でも払う側の夫の収入力が計算のベースになります。年収の数十倍とかふっかけられたって、結局取りはぐれるだけですからね。

極端な例を2通り挙げます。
(1)別れようとしている奥さんに充分な経済力があり、かつ彼女にも他の男性がいる等で離婚に積極的、サバサバした性格でお金のことにあまり頓着しない。旦那さんも子どもの親権に未練がない。
→ 離婚時の共有財産の振り分けだけ。慰謝料も生活費も養育費も支払うことなく、旦那さんはきれいさっぱり独身と同じ環境に戻ってあなたと新生活を始めることができるでしょう。
(2)奥さんは貞淑な専業主婦で旦那さんに長年尽くしてきたのに、旦那さんは不倫相手と再婚するために一方的に妻子と別れようとしており、奥さんはそれを知って恨んでいる。奥さんに稼ぐ力はなく子どもはまだ幼い。かつやり手の弁護士がついている。
→ 保有資産のほとんどが慰謝料として取られ、さらに借金をして払わねばならない額が残るでしょう。月々の生活費・養育費も、旦那さんが最低限の生活をできるだけの額を残してあとは全部奥さんに払うことになります。再婚相手のあなたが一生懸命稼いで、やっと人並みの生活ができるレベルとなるでしょう。

実際はこの2例の中間のあらゆるオプションが考えられますが。支払額決定のポイントとなるのは、
・別れることについて奥さんが納得しているのか
・別れる奥さんに今後の経済力があるか
・奥さんの側に、結婚生活を破局に至らせた過失があるか
・旦那さんの方の過失(=あなたとの不倫)が奥さんに知られているか
・再婚のための離婚だと知られてしまっているかどうか
あたりによって、相手の要求も相当変わってくるものと思います。

結婚も離婚も再婚も結局は縁による人間関係ですので、相場といっても人さまざま。あなたが誠意をもって、信ずるようにやっていくしかないんじゃないでしょうか。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ