• ベストアンサー
  • 困ってます

元畑地に残る炭

畑地が宅地用として売りに出されているのですが、地質改良のために投入されたのか、ところどころに炭が存在します。正確には、焼成された木炭チップとその粉砕物のような炭の粉が混じったようなものの層があるようで、表面に露出しているものもあれば、どうやら地表から50cm~1mくらい下のところにも厚さ5~10センチメートル分ほど撒かれているようなのです。 こういった炭は、建築時に障害とならないか心配で、資料をあさっているのですが、ほとんど情報が見あたらないので、どうやって結論づけるべきか迷っています。「炭素埋設」と称して、良い効果を期待して埋める方もいらっしゃるようですが、その説明ぶりが私にはなじめませんでした。さりとて、炭を含んでいる土壌全部を入れ替えるのは、結構なコストがかかり二の足を踏んでいます。将来、自分がその土地を売却するときにデメリットにならないかも心配になっています。 炭の問題さえクリアすれば、非常に良い土地で購入を検討しています。 どうかアドバイスをいただけないでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数140
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

炭に関しては余ほど大量でない限り、全く心配いりません。地相改善のため「地表電位が低い(-)と健康に良くないといわれている、」わざわざ入れるほどですから。ご心配の畑の地質改善ぐらいの分量ぐらいではデメリットは全くないと思います。

参考URL:
www16.plala.or.jp/yoshichu-hikari/yoshichu-p2-3.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。ひとまず安心しました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

木炭は、土壌改良材用として土中にまかれているものです。 畑やゴルフ場などで根腐れ防止によく使われていなす。 表土だけなので造成して地盤を固めてしまえば、問題意ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

  • 回答No.1

良いことはあっても悪い要素は考えられませんが、どこから悪いと決められたのでしょう? >ほとんど情報が見あたらないので 誰も問題にしないからでしょう。 畑ですから土が軟らかいでしょう。 それが問題になるなら判りますが。 地盤調査でそれも判断されます。 それよりも家が建てられる土地なのか、水道がちゃんと引いてもらえるのかなど確認されましたか? 畑や山林を買っちゃう人もいますからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

そうですか良いのなら嬉しいです。結構、ボロボロサラサラした炭なので、その固まりが砂地のごとく振る舞い、地盤を弱くする一因とならないかと少し心配していました。 地盤調査は、費用を支払わないとできないので、とりあえず現状目視でなるべく判断したいのです。 土地は、整備された住宅地の中にある畑で、周りは戸建てが立ち並んでおり、接する道路にはガス管や水道管が埋設されていて引き込めるようになっているのだそうです。

関連するQ&A

  • 鹿児島市内 火山灰土壌の畑地

    鹿児島市内 火山灰土壌の畑地(水はけが悪く乾燥時土が固まる)に汚泥堆肥を入れて、土壌改良をしたい。 <質 問> (1) 以上の目的で水道局の汚泥堆肥(1トン1500円程度と安価)を使うことについての可否と評価は ? (2) 目的に適うとして、当面100平方メートル、地表30センチを改良する場合、最低何トンくらいの投入が必要か? (3) その他、関連のアドバイスがあればよろしくお願いします。

  • 籾殻くん炭と木炭の違い

    親がみかん農家なんですが、今年みかん(はるみ)の摘花が不十分で、実がなりすぎ、樹が相当弱っているように見えます。葉も落ちてる所もあります。 それで、籾殻くん炭を根のまわりを掘って埋めたらいいと聞きかじったことがあるのですが、あいにく籾殻くん炭は焼いたことがなく、木炭ならたくさんあるので、代用しようかと思ってます。 籾殻くん炭と木炭は土壌改良(菌のすみかになる・根のはりがよくなるなどでしょうか)という点では同等の資材として扱えるものなのでしょうか? ちなみに木炭は樫の木で、パンやピザを焼く窯のおき火の消し炭です。 よろしくおねがいします。

  • 土地改良の範囲?(更にゲル化した土地の補強は可能?)

    今度、土地を購入して家を建てようと思っています。 ただ、田舎のために、50坪以上の土地が多いのです。その反面、地目が「田」が多いですが・・・・ 一応第1種住宅地域とかで、地目変更して「宅地」にできる土地を探しています。 そこで教えて欲しいのですが、購入後、土地改良は家を建てる部分だけでいいのでしょうか?それとも購入した土地全部を補強する必要があるのでしょうか? 多分土地改良の費用は処理した広さだと思うので、費用もバカにならないと思って質問しました。 (できれば宅地部分だけにとどめたい) また土地購入後、地質調査して「ゲル化」状態だった場合も補強可能なのでしょうか? そういった土地だった場合、購入をキャンセルすることはやはり無理なんでしょうか? ちなみに購入を検討している土地は、地目が「田」ですが、近所は全部家が建っています。

  • 家庭菜園の土作り

    現状:家の建替えの際、埋め戻しにより、家庭菜園があった場所に火山灰が投入されました。 場所:降雪地帯 広さ:約20平方メートル 元あった場所を掘ってみたら、地表から約25センチが火山灰+小石で、その下が黒土+少しの丸い小石でした。 この家庭菜園を低コストで復活させたいのですが、どのような方法が良いのでしょうか? 雪が解けてから、「30~40センチを掘り返し、篩にかけ、腐葉土か炭の土壌改良剤を混ぜ込む」ということを考えていますが、正しいでしょうか?

  • 購入した土地で基礎工事開始後、大量の水が湧き出る

    新居を新築しようと土地を購入しましたが、基礎工事を始めたところ、50cmから70cmぐらいのところで大量の水が湧き出てきました。敷地のどこを掘ってもその状態なのですが、不動産購入時に土壌、地下水の水位の話もありませんでした。建築会社も地盤改良を行った際にも報告がありませんでした。建築会社に関しては地盤が2Mあたりまでいかないと硬い層がなく、そこまでは粘土質の層があるため強度がないので2Mのところまでくいを打ち固定できる工法をとるとしか説明を受けておらず、これまでの水は土壌から出てくることを説明されませんでした。現場作業も全て止めて話し合いを行っており、土地売買、建築契約を破棄したいと思いますが可能でしょうか。

  • 「地目=田」になっているものについて

    田舎の田園風景があるようなエリアで、店舗(軽飲食)を建てる場合についてお伺いします。 不動産の「地目=田」になっているものをよく見かけます。 その場合、下記のことについて教えてください。  ・地目を「宅地」に変更、すなわち地質調査し、土地を改良工事する必要がある?  ・電気、水道管を引く費用はどのくらいかかりますでしょうか(向かいには住宅があります)?  ・下水が通ってない場合、浄化槽を設置する必要がある。 その他、必要な工事などやアドバイスなどいただければ助かります。 よろしくお願いします。  (例:築年数の経った建物を壊して建てた方が安いなど)  (例:田舎のエリアでも「地目が宅地」の方がかかる費用が断然安いなど)

  • 孟宗竹と杉が混在する土地を購入し、樹木類を伐採してなるべく早く木造住宅

    孟宗竹と杉が混在する土地を購入し、樹木類を伐採してなるべく早く木造住宅をベタ基礎で新築するつもりです。土地は道路沿いです。心配は樹木類の根が基礎を侵食しないかどうかですが、土壌改良など、何か良い方法はないでしょうか。

  • 土壌改良を行なう際の堆肥投入量ならびに生糞投入量

    田舎の辺鄙な場所に家を購入しました 辺鄙なところもあって敷地はめちゃくちゃ広く500坪をゆうに超えます 感覚的にはほ広い宅地に家だけがポツンとある状態で余りまくっている土地を家庭菜園用の畑にしようかと思っています。 土壌は俗に言う山土でグランドなどに使われている土壌で栄養素が無く、雨が降ると表面はドロドロし雨後は土が締まってしまうため畑には向かないようです そこで、堆肥や生糞を投入して土壌改良を行なってから畑にしようと思うのですが・・ この場合反(10a)あたりの堆肥投入量はどのくらいですか? また、堆肥が手に入らない場合豚の生糞を使おうと思っています(回りに民家は無く悪臭問題は回避できます)この場合の投入量も教えて下さい あつかましいですがこれ以外にも何か良い方法や注意点などがあればお願いします

  • スウェーデン式サウンディング調査

    スウェーデン式サウンディング調査の結果、地盤改良が必要といわれました。改良方法は土にセメント?を混ぜて固める方法らしいです。この調査は信用できるものなのでしょうか? 地質の状況の欄には、色:薄黄、薄茶、淡灰、灰色 質:玉石、礫、砂、粘土 土質名:表層・基礎底部・深部ともに粘土混じり砂で含水は少ない 地下水位:見当たらず 間隙:普通、圧縮性が大きい という結果でした。 このサイトの情報を読んでみましたが、他の方々も地盤のことを心配されたり、地盤改良されたりしてお住まいを作られておられるようですが、やはり地盤改良しなければいけない土地に家を建てるのはできるだけやめたほうがいいのでしょうか?(っていうか、地盤改良なしで家を建てられる土地は少ないのでしょうか?それとも、地盤改良しなければいけない土地の方が少ないのかな?)

  • 地下から産業廃棄物

    購入した宅地から産業廃棄物が大量に出てきました。 この場合、売主Aの瑕疵担保責任を問えるのでしょうか? また、宅地造成業者Bの責任(あるいは犯罪かも?)はどのようになるのでしょうか? 状況です。 (1)今年1月に土地の売買契約を結び、購入しました。 契約書には2年間の瑕疵担保責任が明記されています。 (2)4月中旬に地盤調査を行ったところ、表層改良が必要との診断で、下旬に改良工事に着手しました。 すると、深さ1.5mの表土の下から、産業廃棄物を大量に含む真っ黒の地層が出てきました。 建設機械の能力一杯の3.9mまで掘り進みましたが、黒い地層はまだ続いています。 つまり、少なくとも1.5mから3.9mまでは産業廃棄物の層があります。 産業廃棄物の内容は、コンクリートがら、ビニールや缶の破片などです。 (3)この土地は2005年に造成され、同年10月に売主Aが宅地造成業者Bから購入しました。 それをさらに私が購入しました。 (4)表土は新しい盛り土なので、 宅地造成業者Bは産業廃棄物の存在を認識しながら、盛り土を行い、宅地化した可能性が高いと思います。