• ベストアンサー
  • 困ってます

警察官の装備拳銃

  • 質問No.3856079
  • 閲覧数3342
  • ありがとう数6
  • 回答数1

お礼率 100% (1/1)

一般の外勤の警察官はニューナンブM60・S&WM37を多く装備。私服警官は、SIGP230JPなど。
が現在の警察官の装備拳銃だと思うのですが、1980年代の警察官の装備していた拳銃はなにか。
現在装備拳銃と比較して、径行、実弾の直径、威力、殺傷能力、などもろもろの差が知りたいです。
私服(こちらを重視しています)か制服か、あと階級などによっても違うかと思われますが、
出来る限り全て、具体的にご教授いただければ幸いです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 41% (2512/6032)

ニューナンブM60:「M60」は「1960年採用」の意味。現在も制式採用中。

SIG SAUER P230:日本での採用年度は1995年頃(公式発表)。だが配備された銃に「西ドイツ」の刻印があるので、ドイツ統一の1990年以前に採用が決定していたかも知れない。

S&W M10:採用年不明。過去に採用されていた。現在も一部の制服警官に配備。

S&W M37:採用年不明。但し「40年以上採用されたニューナンブM60に替わって採用」との記述があるので、採用は最近と思われる。

S&W M39:採用年不明。警察ではなく海上保安庁で使用。

S&W M3913:採用年不明。北海道警察SATで使用。

>1980年代の警察官の装備していた拳銃はなにか。
上記より1980年頃も「ニューナンブM60」が使われていたと思われます。今も現役ですし。
お礼コメント
ta12345

お礼率 100% (1/1)

丁寧に御解答いただいてありがとうございます。

もう一つおうかがいしていいでしょうか。

ニューナンブM60とSIG SAUER P230
あるいは
ニューナンブM60とS&W M37
の実弾の直径、威力、殺傷能力、などなど
実際に使用した場合の
各種の差を御存知でしたら御教授ください。

よろしくお願いします。
投稿日時:2008/03/15 13:37
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ