• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ピーマンやパプリカの実の空洞にある気体は何ですか?

お料理をしていて、パプリカを切ったときに、ふと疑問に思いました。 パプリカやピーマンは実の中に空洞がありますよね。そしてその空洞は外の世界(大気)とは完全に切り離されているように見えます。この空洞の気体の成分(組成)はどうなっているのでしょうか、というのが今回の質問です。 微量成分も含めて大気と同じなのでしょうか。同じならどうやって入ったのでしょうか? 大気と違うのなら、それは何がどのくらい入っているのでしょうか? 私の予想では、この気体は植物が生み出したものだと思うので、酸素か二酸化炭素ではないかと思うのですが、ピーマンはともかくとして赤や黄色のパプリカの実に葉緑体はなさそうなので、二酸化炭素かなあと思っています。 でもそうすると、よく中で幼虫が生きていることの説明が付きません。酸素はどこから来るのでしょうか。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1577
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

#1です。 すこし書き方がまずかったかなと思っていたところ, #2さんが的確につっこみを入れてくださり助かりました。 これ以外に2点ほど補足をさせてください。 その1。 最初のリンク先の記述に関して。 緑,黄,赤のピーマンに含まれる気体中の酸素と二酸化炭素の容積比を示した上で, 一般の乾燥した空気に比べて >僅かに酸素が少なく、二酸化炭素が多い。また緑色のピーマンの酸素濃度も若干高い。 >いずれも、光合成の影響によるものかもしれません。 と結論づけています。 しかし,酸素が少なく二酸化炭素が多いということなら, 呼吸の産物が光合成の産物を上回っているということでしょう。 たしかに他の2色に比べて緑ピーマン中の酸素が多く二酸化炭素が少ない点は 光合成量の色による違いを窺わせますが, 収穫時期や収穫後の保存状態によっても変動しうる数値の差を云々しても あまり意味はないかもしれません。 その2。 クロロフィルは赤パプリカには含まれないと書きました。 しかし2つ目のリンク先のレポートの実験データをよく見ると, 赤パプリカからもクロロフィルaが検出されています。 パプリカを育ててみるとわかりますが, 赤でも黄でも果実が未熟なうちはみな緑色をしていて クロロフィルを含んでいることがわかります。 それが成熟とともに減少し,他の色素が優位になっていくわけです。 赤パプリカは成熟の過程で クロロフィルの緑とカプサンチンの赤が同居してどす黒く見える時期があります。 紫パプリカなど未熟なうちから暗色に見えるものも 当初はクロロフィルが含まれているようです。 果実の成熟度しだいでどの色のパプリカからも クロロフィルが検出される可能性はあるということです。 蛇足ですが,下記URLでは 「ピーマンの実やスイカの皮は光合成をするか?」というテーマで行なわれた 市民向けの公開実験が紹介されています。 このページを含むサイトは光合成の研究に関する優れた情報源になっています。 ■光合成の森/光合成実験室  http://sunlight.k.u-tokyo.ac.jp/photoex.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

くわしい説明ありがとうございます。 酸素や二酸化炭素の割合の解釈についてはおっしゃるとおりだと思います。サンプル数も書いてないので、各色1個だけの数値だとすれば、光合成の影響だと結論づけるのは無理があると思います。大気とそう変わらないということがわかったのだと解釈しています。 私としては、やはり、大気が実の細胞のすき間を通って空洞部分まで運ばれていくというのが驚きでした。細胞と細胞の間は細胞壁があって、ぴっちりしている様子しか顕微鏡で見たことがなかったので。 この細胞壁自体にすき間があるということでいいですか? (細胞膜は半透膜ですが、細胞壁は全透膜ですからすきまだらけなんですね。) 光合成の森のご紹介もありがとうございました。お気に入りに入れました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • nakaizu
  • ベストアンサー率48% (203/415)

誤解されているようなので、補足します。 カロチンは光合成に関与していますが、光合成をしているのではありません。 光エネルギーをクロロフィルに集める手助けをしているだけなので、クロロフィルがないと光合成できません。 アントシアンやアントシアニンは光合成とは無関係と思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。誤解していました。 アントシアンはともかくとして、カロテンは光合成色素という名前で呼ばれているようなので、光合成するのだと思っていました。

  • 回答No.1

同じような疑問を持つ人はいるようで, 下記URLではクイズ形式でその疑問に答えています。 ■町人思案橋・クイズ集  http://blog.q-q.jp/200710/article_14.html 結論を言えば, 空洞を満たしているのは基本的には大気と同じ空気であり, それに植物自体の活動から生じた酸素や二酸化炭素や水蒸気が多少混じっているということのようです。 >その空洞は外の世界(大気)とは完全に切り離されているように見えます。 肉眼ではそう見えるだけで, ミクロのレベルでピーマンやパプリカの内部と外部はつながっています。 >赤や黄色のパプリカの実に葉緑体はなさそうなので クロロフィル(葉緑素)は赤パプリカや紫パプリカには含まれませんが, 黄や橙のパプリカには含まれています。 またクロロフィルを持たないものでも, カロテンやアントシアニンといった光合成色素を含んでいます。 ■パプリカの色と色素の関係  http://www.innoshima-h.hiroshima-c.ed.jp/full/H19-2007/H19citrus2/reportbio.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご紹介のサイトと合わせて読み、よくわかりました。気孔からは、選択的でなく、すべての空気が入ってくるのですね。それが、細胞と細胞のすき間を通って、ピーマン内部まで到達するというわけですね。 ということは、汚れた空気(NOxなど)の中で育てると植物の中にも(空洞だけでなく、可食部にも)汚れた空気が入るということなんですね。 それから、光合成色素はクロロフィルだけではないということを忘れていました。黄色パプリカでも、光合成しているのですね。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 気体の重さと拡散の関係について

    二酸化炭素等の重い気体でも大気中では拡散していて特に地表近くに集まったりすることはないと思います。それなのに理科の実験等では重い気体が下に沈み、軽い水素は上に集まるのは何故なのでしょうか?時間をかけて拡散するのだとすると、その時間は気体の重さと何との関係で決まるのでしょうか?大気中でも高高度程重い二酸化炭素の比率は多少減るのでしょうか?

  • 植物の呼吸で出入りする気体

    小学生向けの理科の問題集で、 「晴れた日の昼間に、(植物の)気孔から出る気体と入る気体を『すべて』答えなさい。」 という問題があり、解答は「出る気体…酸素・水蒸気」「入る気体…二酸化炭素」となっていました。 昼間は呼吸よりも光合成がはるかにさかんなので、見た目の出入りは解答のようになると思ったのですが、わざわざ「すべて」と記してあるのに、呼吸による二酸化炭素は考えなくても良いのか疑問を持ちました。 光が十分に当たっているときは、呼吸で出された二酸化炭素は気孔から出る前に全部光合成によって使われてしまうのでしょうか? よろしくご教授お願いいたします。

  • 気体を通さない膜?

    液体を通して、二酸化炭素などの気体を通さない膜やフィルムってありませんか? ぬれたタオルとかって酸素通さないのと同じような感じで… あるかどうかもわからないんですが…知ってる方教えてください。

  • 中1 理科 気体の集め方

    酸素 二酸化炭素 アンモニア 水素 の気体を発生させましょうという実験をしました 酸素は水に『とけにくい』から 水上置換法で集めましょう と 習いました 二酸化炭素は水に『少しとける』だけだから水上置換法でもいいし 空気と比べると密度は大きいから 下方置換法でも可 と習いました 気体を集めるとき まず水にとけるかとけないか を考えてみるのがポイント! と先生がいいました 酸素は水に とけないのですか?とけにくいのですか? とけにくい と言う事は 少しはとけると言う事ですか? テスト勉強をしていて なんかややこしくなりました 酸素の性質は 水に( )です という問題なら 「とけない」や 「少しとける」と書いては間違いですか?確かに教科書では 「とけにくい」という表現がしてありますが でも とけにくいと 少しとける の差がよくわかりません コップに水と何かの粉末をいれて 混ぜ合わせている時に 「これなかなかとけないよ とけにくいねー」 「んーー でも 少しはとけてるよ」 って会話は成り立つ気がするのですが... 酸素の性質は水に「とけにくい」 二酸化炭素の性質は水に「少しとける」 が正解ですが とけにくい=少しとける 少しとける=とけにくい と考えるのは間違いですか??

  • 気体の重さについて

    高校生並みの質問が二つ続きますがどうかお力添えをお願いします。 I:日常の生活空間において、気体の質量を量ろうとすればそれは、大気の浮力が働いた分本来より小さくなると考えられますが、本当にこのような解釈は正しいのでしょうか? (ちなみに家で出来る実験として、空気をごみ袋に溜めて質量を量りましたが、上皿天秤の針はごみ袋の重さ分しかありませんでした。) II:そもそも、空気には窒素、二酸化炭素、酸素、and so on・・・といくつもの成分が含まれていますが、言わずもがな、いずれも分子量(或いは原子量)がちがいます。 ヘリウムガスの入った風船は子供の手から飛んでいきますし、下水道工事では二酸化炭素が地下に充満します。 しかしなぜ、私達の周りには「混合気体」が分離せず存在するのでしょうか。空気の見かけの分子量なるものまで存在する程です。対流も考えましたが納得いきませんし、ここはやはりエントロピー云々ということでよいのでしょうか?

  • 混合気体の問題…でしょうか

    高専の化学問題集 p.16 問題番号 2.83の問題です。 「プロパン、一酸化炭素および二酸化炭素からなる混合気体がある。これを標準状態で2.24lとり、酸素7.04gとともに2.00lの容器に入れ点火した。反応後温度が27℃に下がったとき、容器内の圧力は2.46atmであった。次にこの燃焼後の気体を水酸化カリウム水溶液中に通し、二酸化炭素を完全に吸収させてから0.500lの容器に入れたところ27℃で1.97atmを示した。この混合気体の体積組成を求めよ。ただし、可燃性ガスは完全に燃焼したものとし、生成した水の体積および蒸気圧は無視して良い。」 という問題があります。 私は高専生ながら化学は非常に苦手で、なかなか解けないのですが、とりあえず2.24lの混合気体ですから0.1mol分だけ取り出し、酸素7.04gですから酸素の分子量32を使って0.22mol分取り出したのではないかと考えました。 では、全体では0.1+0.22=0.32molと考えて状態方程式を作り、V(体積)について解いてみましたがいまいち体積を出したところで何をして良いのかわからずじまいです。 で、ヒントには 「C3H8+5O2->3CO2+4H2O,CO+1/2O2->CO2」(表記がわかりにくくてすみません)と書かれていましたがいまいちこれの使い方がわからず、結局状態方程式止まりの有様です。 このような問題はどのように解けばよいのでしょうか? ちなみに、答えは「C3H8=30%,CO=60%,CO2=10%」でした。 よろしくお願いします。

  • 成層圏ではオゾンと酸素、どちらが多い?

    こんちわ。 大気の組成は窒素が80%、酸素が20%で、その次に、アルゴン、二酸化炭素が多いと理解しています。成層圏では酸素の一部がオゾンになるのだと思うのですが、20%のうちのどれくらいが、オゾンになるのでしょうか? 簡単に言えば、成層圏では酸素とオゾンはどちらが多いでしょうか?

  • 二酸化炭素・酸素について

    二酸化炭素→自然の中で大気中に二酸化炭素を供給しているのは、何のはたらきによるものか教えて下さい。 酸素→呼吸で使われる酸素は大気中にあるが、それを供給しているのは、何のはたらきによるものか教えてください。 簡単な質問かもしれませんが教えてください。。

  • 気体

     水に良く溶ける気体(二酸化炭素など)を水上置換で集めても多少は溶けますがほとんど捕集できますがなぜなんですか?

  • 「大気窒素」と「化学窒素」の密度の差について

    はじめまして。 以下について計算方法をご存じの方、どんなことでも良いので情報を下さい。 「大気窒素」(大気から酸素と二酸化炭素と水蒸気を除いた気体)と「化学窒素」(酸化窒素の還元などの化学的方法で得た気体)には密度差が0.5%ある。この求め方は?