• ベストアンサー
  • 困ってます

webサイト運営の際の著作権の問題について

現在webサイトを運営しているのですが、そのwebサイトの内容はwebサイトの会員が他サイトや他ブログの気に入ったwebページを投稿し、投稿されたwebページに対してコメントしたり、投票するというサイトです。ですがひとつ問題があって、ヤフー(のような大手サイト)では何日かするとその投稿されたwebページがヤフー内で削除されてしまいます。よって自サイトでは閲覧することができなくなってしまいます。そこでwebページを丸ごと保存できるソフトを使い保存した後、削除された記事をユーザーが閲覧しようとすると先ほど保存しておいたwebページを利用できるようにしたいのですが・・・・・・。 ここから質問です。他のサイト内で削除されたwebページをこちら側で保存して無償で不特定多数のユーザーに閲覧可能にすることは法律的には何か問題がありますか? また会員数が増えるにつれてサーバの容量も増加しますので維持できるよう上記の内容で無償を有償に変えるとどうでしょうか? 大変長くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数108
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • kanpyou
  • ベストアンサー率25% (662/2590)

通常のPCにおいて、インターネット上のWebページを閲覧すると、『キャッシュ機能』により、サーバ上の情報をコピー(複製)・保存してしまうことになります。 本来、複製は、保護・禁止されるべきものなのですが、個人的な使用に限りそのコピー(複製物)の利用(再表示)が認められます(著作権法30条)。これに従えば、PCの周りでワイワイと不特定、複数名でWebページを閲覧すると、著作権法違反に該当するということになります。 個人ではその複製が認められ、著作権法で許される範囲内での複製物の利用は認められていますが、ご質問のように、複製を本来のサーバではないサーバに保存し、それを送信可能の状態に置くことは、著作権法のいう「公衆送信権」や「送信可能化権」(23条)を侵害することになり、49条の「目的外使用」に該当する可能性があります。 個人の範囲は、「その家族、1名程度の友人」というのが一般的のようです。 リンクは、配信元が著作権者の管理するサーバなので、各クライアントPCに保存される複製物は、同一性を害しない、個人使用目的のものなので問題はありませんが、別サーバへ保存するには、『許可』が必要ではないでしょうか。 著作権法 http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=4&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S45HO048&H_RYAKU=1&H_CTG=27&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1 法令データ提供システム http://law.e-gov.go.jp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答ありがとうございました!回答の通り個人使用目的ではないので現状のまま活動します。あと著作権法と法令データ提供システムも参考になりました!

関連するQ&A

  • 著作権について

    自分の管理しているブログに、投稿用のサイトリンクを張り、 不特定多数の方にご意見をいただき、内容を確認した後、ブログでUPしていきたいと思っています。 それがたくさん集まれば将来的に一冊の本にしたいと思っているのですが、 そういった場合、著作権とか関わってくるのですか? ブログにその件を記載しておけばよいのでしょうか。 詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

  • URLを含んだWEBサイトのPDF化は可能でしょうか?

    URLを含んでのWEBサイトを丸ごとPDF化したいのですが (後からリンクを追加するのではなく)、可能でしょうか? 検索してみましがたそれらしきサイトを見つけられなく。 古いIEのファイル(MACOS9等)がMAC OSXなどでは開けなくなって しまったものがあり、将来的にみてWEBページもPDFで保存したいと 思い、WEBサイトのリンクも機能させられたら、PDFからネット (リンクサイト)に飛ぶことができて、便利ではないかと思いまして。 ただ、後からリンクを全部追加するは無理なので、 PDFに保存する際に一度でできないものかと思いまして。 ブラウザも開発が中止されたり、CSSなどレイアウトが崩れてしまうので。 作成可能なソフト、ブラウザなどがありましたら教えてください。 有償、無償でも、MAC、WINDOWSのどちらでも構いません。

  • 新聞記事の著作権

    ある新聞記事を自分のWebサイトに掲載したいと思ってます。 そこで問題になるのが著作権だと思いますが、公開するWebページはごく限られた友人しか閲覧できないようにしてます。(パスワードによる保護) このように個人的利用であれば公開してもよいのでしょうか? また、この新聞記事が友人が新聞社に投稿した物だった場合、この記事の著作権は友人本人が持っているのでしょうか?そうであれば友人(作者)が承諾すれば公開してもよいのでしょうか?

  • 掲示板の過去ログの著作権

    現在、無料掲示板の運営をしています。 その掲示板の投稿記録を保存して過去の投稿のページとして HTMLのページを作成中です、その投稿の内容に関して著作権は 誰にあるのでしょうか? またその内容の掲載に対して削除依頼 が来た場合従わなければならないのでしょうか? もしそれを削除していけば過去のやりとりが歯抜けの文章になって しまい、初めて過去の投稿を見た人は理解できないことになります。 できれば削除せずに掲載できれば一番いいのですが何か良い方法が あれば教えてください。

  • 法律における「ウェブサイト」の定義

    法律における「ウェブサイト」の定義は、どのようなものなのでしょうか? <質問1> 契約書などでは、「ウェブサイト」の定義として「インターネット上のウェブサーバに保存されている各ウェブページの全体」などを良く見かけますが、特に定義されていない場、法律における「ウェブサイト」の定義は、どのようなものなのでしょうか? 「ウェブサイト」の定義には、「インターネット上のウェブサーバに保存されている各ウェブページの全体」に加え、その「システム」や「ネットワーク」も含まれる場合もあると思うのですが。 <質問2> また、「インターネット上のウェブサーバに保存されている各ウェブページの全体」の「各ウェブページ」とは、厳密には各ウェブページの「プログラム」のことをいっているのでしょうか?そうではない場合、「各ウェブページ」とその「プログラム」はどう違うのでしょう? このスレッドに関する情報が記載されているサイトのURL等もお願いします。 よろしくお願いします。

  • 投稿サイトの著作権について

    著作権に詳しい方、ご教授いただけたら幸いです。 投稿サイトに投稿した時の、投稿内容を転載すると著作権侵害になるのでしょうか。 例えば、海外の詩の投稿サイトがあったとします。 そのサイトは、アマチュアの方(何をもってアマチュアとするか、という定義の問題がありますが、いまそれはひとまずおくとして。つまり著名な詩人のサイトではなく、あくまでも詩を投稿したいという人のためのサイト、という意味です)の詩が投稿されているものだと思ってください。 そのサイトに投稿された詩に感銘を受けて、それを自分のブログで日本語に訳して載せた場合、そのサイト運営者もしくは投稿者に訴えられることはあるのでしょうか。 あるいは、例えば価格コムの口コミ掲示板で、レンズやカメラの場合、ユーザーが撮った画像をアップしますよね。その画像自体の著作権というのは誰が有するのでしょうか。そしてその画像を転載した場合侵害行為になるのでしょうか。 上のいずれも、転載したサイト(ブログ)は、あくまでも多くの方に見てもらいたい(読んでもらいたい)という意図で設けられていて、閲覧する方からはお金はいただかないものとします。 質問の意図は、まさに上に書いたとおりなのですが私が個人で持っているブログに、他の方の書いた詩や写真を許可を得ずに載せる行為がどの程度いけないことなのか、モラル的に×だけど法律上はセーフ、とか、モラルも法律上もダメ、とか、あるいは両方ともセーフとか。知人の中には、「投稿サイトに投稿した時点で少なくとも投稿した人は著作権を主張できないはず」と言うものもおります。ただ、それでもその投稿サイトを運営している人や会社から訴えられる可能性があるのであれば、避けなければいけないな、と思いました。 すみません、無知な質問ですし、何か肝心なことが抜け落ちている質問かもしれませんが、ご教授下さい。

  • webサイト運営による起業および事業拡大

    現在webサイトを運営しているのですが、内容は株式投資のニュース共有または投票サイトです。ある銘柄に関する株価や製品リリースのニュースをユーザが投稿し、そのニュースに会員が投票していきニュースの価値を高めるとともに、株価に影響を与えることを目的としたサイトです。会員数は100名程度なのですが数名のヘビーユーザにより投稿記事が日々増えてきておりまして一日平均100MBの容量で増加しています。サーバが重い状態で容量は40Gなのですが20Gまで占領しています。 株式会社を立ち上げようと思っています。今は一円でできると聞きますが印紙代、公証人認証料、登記印紙代は有料であり24万円いるらしいのですが24万円も手元にない場合は何か解決策はあるのでしょうか? 会社を設立してからすぐにサーバの構築方法を変えるためそれにはある程度の資金が必要なので資金調達を考えております。ITに詳しいベンチャーキャピタルまたは資金調達機関はありますか? 少し長くなってしまいましたがよろしくお願いいたします。

  • アクセス解析について

    私は、会員制のサイトを運営しています。 そこで、 ・ユーザー様がどのページをいつアクセスしたのか。 ・ユーザー様がどのようなページを遷移していたのか。 といった内容を把握したいのですが、 ・そのようなアクセス解析ツール(無償、有償問わず)はあるのかどうか。 ・もしもツールがあるようでしたらそのツールの情報を教えてください。

  • 著作権の移転について

    ある出版社・某雑誌WEBサイトの公式ブログを執筆することになり、 現在執筆しています。ブログも既に公開されております。 先日 執筆依頼書と承諾書が送られてきました。 承諾書を今月末までに返送せねばならないのですが、 そのなかで著作権のことでどうしても気になった部分があり 自身で調べましたが、いまいち理解できないので、質問させてください。 1:執筆内容に関する著作権(著作権法第27条および第28条に定める権利を含む)は、 弊社WEBサイトへの投稿により、弊社に帰属するものとします。 2:弊社は、投稿後に執筆内容を確認し、不適切な内容等が発見された場合は、 執筆者に事前の連絡なくこれを修正または削除することができるものとします。 執筆者は当該修正・削除に対して異議を唱えないものとします。 3:弊社は、執筆内容を弊社の編集方針に照らして編集・修正し、 書籍出版等に利用することができるものとします。 執筆者は、執筆内容および執筆社名が、 当該書籍に掲載されることをあらかじめ承諾するものとします (執筆社名については、弊社の判断により掲載しない場合もあります)。 つまり、「著作権を移転」するということは、 もし万が一自身のブログが出版されるということになった場合、 報酬もしくは原稿料等も一切支払われないということになるのでしょうか? 一応、執筆するからには真剣に書いていく所存でおります。 ですが承諾書の内容を見ると、不安になってしまって 指示されたまま返送しても良いのだろうかと、ためらってしまいます。 どなたか知識のある方、おられましたらお教えいただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • webサイトを保存したい

    強制的に日本のサイトに繋がってしまうウェブサイトがあります。 これを海外のアドレスからつなげてみています。 このみているサイトを保存したいのですがサイトの全体のリンクを含めて保存できますか? 先程保存して試しました。 ファイル>名前を付けて保存>ファイルの種類をウェブページ 完全 にして保存しましたが、リンクを押したりすると日本のに繋がってしまいます。 ソフトを使わないでパソコンのもつ機能単体でできないでしょうか?