• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

水の電離について

物質が水溶液中で溶けてイオンになることを電離といい、水に溶けて電離する物質を電解質という、と習いました。 調べてみたら水も電離するということがわかりました。 ということは、水は電解質で、水の電離とは水に水を溶かすということなのですか? どう考えればいいのかわからなくて混乱しています。 納得できる回答よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数10998
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんばんは。 H2Oは、ときたま、H+ と OH- に電離します。 一方、H+ と OH- が出会うと、結合して H2O になります。 H2O ⇔ H+ + OH- 左から右(H2O → H+ + OH-)ばかりだと、どんどん H+ と OH- が増えていきます。 しかし、 H+ や OH- が多いほど、右から左(H2O ← H+ + OH-)の回数も多くなります。 たとえるならば、 夫婦の数が多いほど離婚の数が多く、独身の男女の数が多いほど結婚の回数が増える、というようなことです。 よって、両者のスピード(というか、頻度)が同じになるような濃度に落ち着きます。(平衡状態) 純水の場合、平衡状態の濃度は、 H+ の濃度は、0.0000001モル/リットル OH- の濃度も、0.0000001モル/リットル です。 H+ の濃度の、1の位から数えたゼロの個数がpH(ピーエッチ)と呼ばれます。 純水では0.0000001 なので、上から数えて0の個数は7。 よって、pH=7。 pH=7 のことを「中性」と言います。 以下はご参考。 H+ の濃度を[H+]、OH- の濃度を[OH-]と表すと、 [H+][OH-]=0.00000000000001 で一定になります。 NaOHを水に溶かすと、バランスが崩れて、OH- が H+ よりも圧倒的に多くなります。 たとえば、 [OH-]=0.0001、[H+]=0.0000000001 といった具合です。 よって、pHは7より大きくなります。これをアルカリ性と言います。 逆に、 HClを水に溶かすと、やはりバランスが崩れて、H+ が OH- よりも圧倒的に多くなります。 よって、pHは7より小さくなり、これを酸性と言います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすい例のある回答ありがとうございます。 濃度が思ったより低くて驚きました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#160321
noname#160321

>水の電離とは水に水を溶かすということなのですか… これは良いところを突いています。水の濃度は幾らか? 水は1Lでほぼ1kgですので、水の分子量18で1000を割ると55.5… 約55.6モル/Lとなります。 水は確かに水の水溶液でもあるのです。 水の電離は皆様のご指摘通り非常に小さく純水は不良導体として知られています。水の純度は電導度でおおよそ見当が付きます。 しかし純水にごく微量のイオン性物質が溶け込むと非常に良い導体となってしまいます。 さて、水はH+とHO-(-OHでも同じ)に解離しますが、H+は裸の陽子であり非常に分極度の高い化学種なので通常はもう一分子の水と結び付きヒドロニウムイオン(H3O+)となっています。 2H2O ←→ H3O+ + HO- しかし、H+の濃度とHO-の濃度の間には[H+]×[HO-]=10^(-14) (mol^2L^(-2))という分かり易い関係があるので、一般には「水素イオン濃度」を用い、ヒドロニウムイオン濃度は使われません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

中学生の自分が理解するにはちょっと難しい疑問だったのかもしれません。 ですが、何回か回答を読んでいるうちに少しずつわかってきました。 皆さん回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

物質というものは必ず電気的にプラスのものとマイナスのものがくっついて存在しています。これを電離することは電気的にプラスとなる要素とマイナスとなる要素を分けることです。 水の電離とは水に水を溶かすということではありません。 水の電離は溶存する電解質を分離させることで、水素イオンと水酸化物イオンを生成すると解釈すると、わかりやすいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

素早い回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • [イオン]電離について…

    電離…電解質が水にとけて、陽イオンと陰イオンに分かれること。 このことから、電離は電解質を水に溶かし水溶液にするだけで 起こるということでしょうか?

  • 電離度の意義

    電離度a=電離した電解質の物質量/溶解した電解質の物質量と書かれていました。電離度の意義について考えます。 電離度というのは要するに、電解質の物質がどのくらい水に溶けた(化合)したかということの割合ですよね。 0.040mol/Lの酢酸水溶液(酢酸の電離度は0.025) この水素イオン濃度を求めよという問題について考えます。 化学反応式より求めようとすると CH3COOH+H20→CH3COO-+H30+ よりで、水素イオン濃度求めることできないんですか?? またできない理由を教えて下さい。

  • 電離度の問題

    電離度の問題で分からないところがあります。 ・0.10mol/L の酢酸 0.50L中に水素イオンは何mol存在するか。このときの酢酸の電離度は0.016とする。 モル濃度は、溶質の物質量/溶液の物質量なので、 0.10 = X/0.50 と置きます。X = 0.05 電離度は、電離した電解質の物質量/溶解した電解質の物質量なので、 0.016 = Y/X Y = X0.016  = 0.05 × 0.016  = 8.0 × 10の-4 (mol) 分かり難くて申し訳ないです。 溶質の物質量 = 溶解した電解質の物質量 は分かるのですが、 Y = 電離した電解質の物質量 = 水素イオンの物質量になるのでしょうか? そこがなんとなく釈然としません。 電離した電解質って、酢酸じゃないの? と思ってしまうのですが…。 訂正お願いします。

  • 水に対して 電解質かどうか 判別 大学入試

    大学入試範囲です 電解質という用語には混乱がみられるので、ここでは 水に対しての電解質=水に溶解した部分がよくイオンになる物質 水に対しての非電解質=水に溶解した部分がほとんどイオンにならない物質 という定義で話をします。 ある物質が水に対しての電解質かどうかを判別するにはどうすればよいのでしょうか? (1)溶解のプロセスを考えるとわかりますか? (2)また~~は基本的に水に対しの電解質である みたなのがあったら教えてください

  • 強酸?電離度??

    HCl、HNO3、CH3COOH、H2SO4、H2S、(COOH)2、NaOH、KOH、NH3 の中に強酸があるようです。どうやったら分かるのですか? 電離度a=電離した電解質の物質量/溶かした電解質の物質量 って言う公式の使い方も分からないです。ごめんなさい。

  • 水と電解質

    水に水酸化ナトリウムをいれるとなぜ電気分解するのか、電解質は水に入れて電離した時、水分子はどのようになっているのか、また電圧を印加するとどのように動き、水酸化ナトリウムのNa+イオンとOH-イオンはどのようになっているのかわかりません。大体、水だってイオンになってとしてもH+とOH-になりそうなのですが、水素と酸素が気体の状態でで2:1で出てくる理由もわかりません。仮に水がH+とOH-の形で分解するとしても、陽極で電子を奪われたOHはどうなっているのか、水分子に電解質が与える作用や電圧が加わった時の水溶液内の電子の動き、イオンの動き、そして最終的に気体になるまでの順序(?)のようなものを教えてください。

  • イオン価数と電流値の関係について

    (電解質水溶液中で電離している)イオン価数と電流値の関係はどのようになっているのでしょうか?又、イオンはどのようにして電子を運んでいるのでしょうか(電解質が電気を通すのは何故でしょうか)? よろしくお願いいたします。

  • 電解質、非電解質など 見分け方

    電解質とは水に溶けてイオンに電離し、電離度の大小で強電解質と弱電解質に分類できることが分かりました。イオン結晶は強電解質に分類できるようで、 KNO3,NaOHなど と書いてあるのですが、これはどう覚えればいいのでしょうか? イオン結晶は、金属元素と非金属元素の組み合わせと覚えたのですが・・・ Kは金属 NとOは非金属 で、金属元素と非金属元素が両方含まれていればイオン結晶である、という理解でいいでしょうか。 この場合 K+ とNO3- なのでしょうか? でも、Nは3-でOは2-ですよね。 だからNO3-というのもおかしい気がしてよく分かりません。 非電解質は水に溶けるが電離しないやつで、スクロースとエタノールが問題の答えにあったのですが、それ以外になにかありますか?なんか非電解質といえるパターンがあるのか、それとも暗記するだけなのでしょうか?

  • 完全な非電解質というものは存在するのですか?

    私は非電解質の定義は 非電解質=溶解した部分がほとんどイオンにならない物質 と考えていたのですが いたるところで  非電解質=溶解した部分がイオンにならない物質 という説明を見かけます。 後者の定義を採用するならば、例えば水に対する非電解質、つまり水に対して溶解した部分が まったくイオンにならないような物質が存在することになりますが そのような物質はあるのでしょうか? 程度の差こそあれ、まったくイオンにならないとは考え辛いと思うのですが それとも前者の定義で正しいのでしょうか?

  • 電離

    「次の物質が水溶液中で電離する様子をイオン反応式で示せ」という問題でで、水酸化バリウムの答えが分かりません。 Ba(OH)2→Ba2++2OH- だと思ったのですが、考え直してみるとH2O(問題に水溶液中とあるので・・・)が入っていません。でも、H2Oを入れると変な式になります。どういう式になるのでしょうか?