• ベストアンサー
  • 困ってます

会社法783条4項について質問です。合併株式交換の総会決議について

会社法783条4項について質問です。合併株式交換の総会決議について記されていますがちょっと疑問なことがあります。 1項 消滅株式会社等は、効力発生日の前日までに、株主総会の決議によって、吸収合併契約等の承認を受けなければならない。 4項 吸収合併消滅株式会社又は株式交換完全子会社が種類株式発行会社である場合において、合併対価等の全部又は一部が持分等であるときは、吸収合併又は株式交換は、当該持分等の割当てを受ける種類の株主の全員の同意がなければ、その効力を生じない。 便宜上一人一株とします。たとえば100人株主がいたとして80人が普通株A株式と20人がB株式で内容は劣後配当であった場合 合併株式交換の対価は存続会社あるいは完全親会社の持分であるとします。A株式・B株式ともに区別することなく今の株式の変わりに対価として持分を付与されることとします。 まず総株主を対象とするの株主総会で特別決議を行った後にA種類株主総会とB種類株主総会でそれぞれ全員の同意を得なければならないということでしょうか。種類株主総会の条件がきついので株主総会特別決議は抜かしてもよろしい気がしますが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数601
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>まず総株主を対象とするの株主総会で特別決議を行った後にA種類株主総会とB種類株主総会でそれぞれ全員の同意を得なければならないということでしょうか。  そのとおりです。 >種類株主総会の条件がきついので株主総会特別決議は抜かしてもよろしい気がしますが。  吸収合併存続会社等が吸収合併消滅会社等の特別支配会社ではない限り、吸収合併消滅会社等の株主総会の特別決議が不要とはならないでしょう。(会社法第784条第1項参照)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなんですか、法の摩訶不思議さを垣間見た気がします。今日もこのことについて本屋でいろいろあさったのですが微妙にはぐらかしていてはっきり書いてある本はありませんでした。譲渡制限株式を対価とし受け取る場合はどれも非常に詳しく書いてあるのに。たぶんこの条文が念頭に置いてあるのはA株主は流動性の高い対価を受け取ってB株主は持分を受け取るというようなケースなのでしょうかね。加えてA株が多数派でB株が少数派みたいな感じだとこの条文の意義も生きてくる気がします。たぶん正解なのでしょうが一応念のためほかの方もご意見ください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • ok2007
  • ベストアンサー率57% (1219/2120)

まず、株主総会特別決議を欠くことは出来ないものと考えられます。 なぜなら、株主総会は合併することおよび合併の方式全体についての賛否を、種類株主に対しては「合併対価等の全部又は一部が持分等」となることそのものについての賛否をそれぞれ問うことになり、役割が異なるからです。また、仮に株主総会が開催されないとすれば、種類株主のうち、合併には賛成でも「合併対価等の全部又は一部が持分等」となることには反対したい者の意思が反映されないことになってしまいますから、やはり株主総会決議を欠くことは出来ません。さらに、仮に株主総会が開催されないとすれば、合併決議につき議決権制限のある種類株式を有している株主は、合併に関する株主総会決議に加わることが出来ないはずであるのにも関わらず、実質的に決議に加わることが出来てしまいます。buttonholeさんお書きのとおり、明文規定も存在します。 同様の理由により、株主総会で全議決権が賛成に回ったとしても、種類株主全員の同意を別途受けるべきものと考えられます。 すなわち、株主総会での賛成票は、合併手続の全部に賛成する意思と解することも、合併自体にのみ賛成する意思と解することも出来る以上、少数株主権を尊重して保守的に考え後者と解するべきといえます。また、合併決議につき議決権制限のある種類株式を有している株主は、合併に関する株主総会決議に加わることが出来ないところ、このような株主の少数株主権を奪わないためにも、種類株主全員の同意は別途要するものと考えられます。(※) 以上をそれぞれに当てはめれば、次のようになりましょう。 > まず総株主を対象とする株主総会で特別決議を行った後にA種類株主総会とB種類株主総会でそれぞれ全員の同意を得なければならないということでしょうか。種類株主総会の条件がきついので株主総会特別決議は抜かしてもよろしい気がしますが。 → 株主総会特別決議をはしょることは出来ません。 > A株主には、持分ではなく持分以外の流動性の高い何かを存続会社・完全親会社が対価として渡してB株主には持分を渡します。そしてA・B両方が対象の通常株主総会で特別決議を得て加えて持分を与えられてしまうB株主全員の同意を得るということになりますか。まあ総会でついでにBから全員GOサイン出ればあとは何も要らないんですよね。 > この場合確認したいのは、流動性の高い対価を得たA株主について全員の同意までは要さない、これで間違いありませんか。 → A株主が持分等の「等」に当たるもの(すなわち会社法施行規則185条に定めるもの)を対価として得るのであれば、A種類株主全員の同意も必要です。なお、株主総会でB種類株主全員の賛成を得たとしても、「合併対価等の全部又は一部が持分等」とすることにつきB種類株主全員の別途の同意が必要と考えられます。 > 通常株主総会は多数派のA全員の賛成を得てB全員が不同意だったとします。その場合総会は乗り切れたことになるんですかね?効力発生日までにB株主だけを対象に何とか説得して全員の同意を得れば合併・株式交換は成立するということでよろしいのでしょうか。 → 株主総会特別決議を経れば、その要件はクリアされたことになります。したがって、その後は「合併対価等の全部又は一部が持分等」とすることにつきB種類株主全員の同意を取り付ければ足ります。 ※ 合併決議につき議決権制限のある種類株式が存在しない場合で、株主総会において合併に関する議案として「合併対価等の全部又は一部が持分等」となる議案を独立して採決したときに、種類株主の全員がこれに賛成すれば、種類株主全員の同意を得られたと解することも不可能ではないように思います。合併には賛成でも「合併対価等の全部又は一部が持分等」となることには反対したい種類株主の意思が反映されるからです。 ただ、この点についての判例がまだ存在しないこと、株主総会では多数派の意見に流されやすいため種類株主総会は他の種類株主のいない場所でおこなうべきという見解が少なくないこと(言い換えると、自己の少数株主権に関わる問題については他の種類株主からの圧力等を何ら受けない環境で判断させるべき、という立場からの見解が少なくないこと)などを鑑みれば、株主総会そのものではなく、例えば株主総会後に「合併対価等の全部又は一部が持分等」となる種類株主を別の部屋へ移す・例えば該当する種類株主宛の招集通知に「合併対価等の全部又は一部が持分等」についての同意書を同封して提出してもらうなどして、別途同意を得るほうが、法的リスクは少ないものと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解釈上の補足ありがとうございます。知識に厚みができました。 種類株主権は丁重に扱わないと後日の種になる場合もあるということですね。

  • 回答No.3

>そしてA・B両方が対象の通常株主総会で特別決議を得て加えて持分を与えられてしまうB株主全員の同意を得るということになりますか。まあ総会でついでにBから全員GOサイン出ればあとは何も要らないんですよね。  合併によりA種類株主に損害を及ぼすおそれがある場合は、定款でA種類株主総会の決議を要しない旨の定めがない限り、A種類株主総会の特別決議も必要になります。 >流動性の高い対価を得たA株主について全員の同意までは要さない、 これで間違いありませんか。  全員の同意までは要しないという点ではそのとおりです。 >それから通常株主総会は多数派のA全員の賛成を得てB全員が不同意だったとします。その場合総会は乗り切れたことになるんですかね?効力発生日までにB株主だけを対象に何とか説得して全員の同意を得れば合併・株式交換は成立するということでよろしいのでしょうか。  現実的には難しいでしょうが、理論的にはそういうことになります。 会社法 (ある種類の種類株主に損害を及ぼすおそれがある場合の種類株主総会) 第三百二十二条  種類株式発行会社が次に掲げる行為をする場合において、ある種類の株式の種類株主に損害を及ぼすおそれがあるときは、当該行為は、当該種類の株式の種類株主を構成員とする種類株主総会(当該種類株主に係る株式の種類が二以上ある場合にあっては、当該二以上の株式の種類別に区分された種類株主を構成員とする各種類株主総会。以下この条において同じ。)の決議がなければ、その効力を生じない。ただし、当該種類株主総会において議決権を行使することができる種類株主が存しない場合は、この限りでない。 一  次に掲げる事項についての定款の変更(第百十一条第一項又は第二項に規定するものを除く。) イ 株式の種類の追加 ロ 株式の内容の変更 ハ 発行可能株式総数又は発行可能種類株式総数の増加 二  株式の併合又は株式の分割 三  第百八十五条に規定する株式無償割当て 四  当該株式会社の株式を引き受ける者の募集(第二百二条第一項各号に掲げる事項を定めるものに限る。) 五  当該株式会社の新株予約権を引き受ける者の募集(第二百四十一条第一項各号に掲げる事項を定めるものに限る。) 六  第二百七十七条に規定する新株予約権無償割当て 七  合併 八  吸収分割 九  吸収分割による他の会社がその事業に関して有する権利義務の全部又は一部の承継 十  新設分割 十一  株式交換 十二  株式交換による他の株式会社の発行済株式全部の取得 十三  株式移転 2  種類株式発行会社は、ある種類の株式の内容として、前項の規定による種類株主総会の決議を要しない旨を定款で定めることができる。 3  第一項の規定は、前項の規定による定款の定めがある種類の株式の種類株主を構成員とする種類株主総会については、適用しない。ただし、第一項第一号に規定する定款の変更(単元株式数についてのものを除く。)を行う場合は、この限りでない。 4  ある種類の株式の発行後に定款を変更して当該種類の株式について第二項の規定による定款の定めを設けようとするときは、当該種類の種類株主全員の同意を得なければならない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございました。近くに専門家がいないので助かりました。マイナーな論点にタイムリーな反応があって驚きでした。また何かの折にはよろしくお願いいたします。

  • 回答No.2

>A種類株主総会とB種類株主総会でそれぞれ全員の同意を得なければならないということでしょうか。  見落としていましたが、種類株主の全員の同意があればいいのですから、種類株主総会の決議による必要はありません。(もっとも種類株主総会で全員賛成すれば、それは種類株主の全員の同意と見ても良いでしょう。)従って吸収合併消滅会社等の株主総会で、総株主の賛成により吸収合併契約等を承認したのでしたら、A種類株主全員とB種類株主全員の同意があったと見ても良いと思います。  また、株主総会の特別決議と種類株主全員の同意は同時にする必要はなく、効力発生日の前日まで行われればいいので、例えば、株主総会に欠席した株主がいたため、総株主の全員の賛成はなかったが、特別決議に必要な賛成が得られたのでしたら、後から欠席した株主から種類株主としての同意を得るというのでも差し支えありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。 確かに決議とは書いてありませんね。そういうことで良いのでしょうね。 それから先ほどの事例に戻りちょっと条件を変えます。 A株主には、持分ではなく持分以外の流動性の高い何かを存続会社・完全親会社が対価として渡してB株主には持分を渡します。 そしてA・B両方が対象の通常株主総会で特別決議を得て 加えて持分を与えられてしまうB株主全員の同意を得るということになりますか。まあ総会でついでにBから全員GOサイン出ればあとは何も要らないんですよね。 この場合確認したいのは、 流動性の高い対価を得たA株主について全員の同意までは要さない、 これで間違いありませんか。 それから通常株主総会は多数派のA全員の賛成を得てB全員が不同意だったとします。その場合総会は乗り切れたことになるんですかね?効力発生日までにB株主だけを対象に何とか説得して全員の同意を得れば合併・株式交換は成立するということでよろしいのでしょうか。ご回答の解釈にのっとればそうなりますか。 法律の専門家ではありませんまた目指している者でもありませんので要領を得づらいのはご容赦ください。

関連するQ&A

  • 会社法吸収合併等783条譲渡制限株式が合併対価の規定について

    公開会社で対価が譲渡制限株式の場合は783条1項と309条3項2号の規定により株主総会の特殊決議ですね。 ここで私がモデルを提示します。 A種類株式とB種類株式を発行しているXという会社があります。 A・Bどちらも譲渡制限の無い完全公開会社です。 Yという完全非公開会社と合併契約を締結する予定で対価はすべて譲渡制限株式です。 もちろんA・Bともに譲渡制限株式を受け取りますが 783条3項と324条3項2号の規定も加味されて この場合「株主総会」の“特殊”決議に加えて「種類株主総会A」と「種類株主総会B」の“特殊”決議も必要なんでしょうか。 第783条 1.消滅株式会社等は、効力発生日の前日までに、株主総会の決議によって、吸収合併契約等の承認を受けなければならない。 3.吸収合併消滅株式会社又は株式交換完全子会社が種類株式発行会社である場合において、合併対価等の全部又は一部が譲渡制限株式等(譲渡制限株式その他これに準ずるものとして法務省令で定めるものをいう。以下この章において同じ。)であるときは、吸収合併又は株式交換は、当該譲渡制限株式等の割当てを受ける種類の株式(譲渡制限株式を除く。)の種類株主を構成員とする種類株主総会(当該種類株主に係る株式の種類が二以上ある場合にあっては、当該二以上の株式の種類別に区分された種類株主を構成員とする各種類株主総会)の決議がなければ、その効力を生じない。ただし、当該種類株主総会において議決権を行使することができる株主が存しない場合は、この限りでない。 第309条 3.前2項の規定にかかわらず、次に掲げる株主総会(種類株式発行会社の株主総会を除く。)の決議は、当該株主総会において議決権を行使することができる株主の半数以上(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合以上)であって、当該株主の議決権の三分の二(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上に当たる多数をもって行わなければならない。  二.第783条第1項の株主総会(合併により消滅する株式会社又は株式  交換をする株式会社が公開会社であり、かつ、 当該株式会社の株主に対して交付する金銭等の全部又は一部が 譲渡制限株式等(同条第3項に規定する譲渡制限株式等をいう。 次号において同じ。)である場合 における当該株主総会に限る。) 第324条 3.前二項の規定にかかわらず、次に掲げる種類株主総会の決議は、当該種類株主総会において議決権を行使することができる株主の半数以上(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合以上)であって、当該株主の議決権の三分の二(これを上回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上に当たる多数をもって行わなければならない。  二.第783条第3項及び第804条第3項の種類株主総会

  • 種類株主総会(A株式B株式発行済)で定款変更をしA株式を全部取得条項付

    種類株主総会(A株式B株式発行済)で定款変更をしA株式を全部取得条項付株式にする場合、株主総会の特別決議とA株式の種類株主総会の特別決議(会社法111条2項)が必要なのは理解できます。B株主の種類株主総会(会社法322条1項1号ロ)は必要ないのでしょうか?

  • 会社法 111条と322条

    111条1項・2項より 【あ】種類株式発行会社が、ある種類株式を取得条項付とする設定または変更をする定款変更    →目的となる種類株式を有するすべての株主の同意が必要 【い】種類株式発行会社が、ある種類株式を譲渡制限付とする設定をする定款変更    →(1)(2)(3)の種類株主による、それぞれの種類株主総会における特殊決議が必要 【う】種類株式発行会社が、ある種類株式を全部取得条項付とする設定をする定款変更    →(1)(2)(3)の種類株主による、それぞれの種類株主総会における特別決議が必要 (1)目的となるA種類株主 (2)取得請求権付株式の対価がA種類株式とされているB種類株主 (3)取得条項付株式の対価がA種類株式とされているC種類株主 [質問1] 322条1項1号では、(111条1項または2項に規定するものを除く)とされています。 ということは、上記【あ】【い】【う】の場合には『ある種類の株式の種類株主に損害を及ぼすおそれがあるとき』に要求される種類株主総会の特別決議は必要ないということで良いのですか? 某テキストでは、上記【あ】【い】【う】の場合にも当該種類株主総会の特別決議が要求されています。 某テキストによると、 上記【あ】、ある種類株式の内容として取得条項付とすることを定めた場合、 まず、定款変更決議として<株主総会の特別決議>が要求され、 次に、その目的となる種類株式の<株主全員の同意>があることが要求され、 加えて、ある種類の株主に損害を及ぼす恐れがある場合には、その<種類株主総会の特別決議 >が必要となる。 上記【い】、ある種類株式の内容として譲渡制限規定を定めた場合、 まず、定款変更決議として<株主総会の特別決議>が要求され、 次に、その目的となる種類株式の<種類株主総会の特殊決議>が要求され、 加えて、ある種類の株主に損害を及ぼす恐れがある場合には、その<種類株主総会の特別決議 >が必要となる。 上記【う】、ある種類株式の内容として全部取得条項付とすることを定めた場合、 まず、定款変更決議として<株主総会の特別決議>が要求され、 次に、その目的となる種類株式の<種類株主総会の特別決議>が要求され、 加えて、ある種類の株主に損害を及ぼす恐れがある場合には、その<種類株主総会の特別決議 >が必要となる。 と記載されています。 322条1項1号の( )内の規定ははどのように解釈すれば良いのでしょうか? [質問2] [質問1]の某テキストが正しいものとして進めます。 322条の『ある種類の株式の種類株主に損害を及ぼすおそれがあるとき』の「ある種類」とは上記のA・B・C以外の種類株主、例えばEやFなどの他の種類株主がある場合のことで良いのですか? そうすると、具体的にEやFはどのような種類株主で、どんな損害を被るおそれがあるのでしょうか? テキストが絶対的なものとして学習を進めていますが、混乱しています。 ご回答・ご教授お願いいたします。

  • 会社法 質問です

    いつも大変お世話になります。 司法書士受験生です。 またお知恵をお貸しください。お願いいたします。 1.会社の合併には、消滅会社も存続会社も、原則株主総会の特別決議が必要になります。(A) その特則として、消滅会社への対価が譲渡制限株や持分、存続会社で譲渡制限株式をはきだす場合、があります。(B) しかし、その後、合併の承認を要しない場合として、略式合併や簡易合併を学びました。(C) そしてその例外として、消滅会社で譲渡制限株をもらう場合、存続会社で譲渡制限をはきだす場合と学びました。 ここで質問ですが、このCの場合であっても、Bにあたるときは、種類株主総会の決議は必要なのでしょうか?原則例外が多く、混乱しております。 つまり、C,Dは、Aからの発展であって、たとえば略式合併のとき(C)でも、対価が持分であるならば(B)、株主総会の特別決議は省略できるが、種類株主総会の全員の同意はいるのでしょうか? 2.取締役の任期を短縮した場合、現在の取締役の任期にも変更後の任期が適用され、そく退任する場合があると思いますが、その時の退任日付は、任期適用後のさかのぼっての過去の日付での退任なのでしょうか、それとも任期の定款変更日付での退任なのでしょうか? 3.仮会計監査人には任期がないと学びましたが、後任者を選任しないまま定時株主総会がきてしまった場合、自動再任となるのでしょうか?それとも任期がないので放置(再任もなにもせず)でしょうか? 4.取締役が会計監査人の解任を株主総会の目的とするには、監査役等の同意を得なければなりません(344条)が、取締役がと書かれてあるということは、株主が議案を提出する場合は、不要なのでしょうか? 5.合同会社が資本金の減少をする場合、債権者保護手続が必要ですが(627)、それとは別に、持分の払い戻しをする場合にも債権者保護手続がいるという条文(635)があります。 別にあるということは、資本金減少せずに、持分を払い戻しができるということでしょうか? 二つの条文の適用の違いがよくわかりません。 6.吸収分割新株予約権(758I(5))や、株式交換契約新株予約権(768I(4))と違い、なぜ吸収合併のときには、吸収合併契約新株予約権と言わないのでしょうか?(749I(4)) ※新設合併のときもです。 7.吸収合併のときの消滅会社の反対株主の株式買取請求では、株主への通知に替え、公開会社などの場合だけ、公告に替えることができるとありますが(785IV)、新設合併の場合は、常に通知に替え公告ができます(806IV)。この違いはなぜでしょうか? 8.取締役兼代表取締役が、2月1日に定時株主総会で取締役に再任され、その後の2月2日の取締役会において代表取締役にはならなかった場合、代表取締役としての退任は、 2月1日なのか2月2日なのか、退任事由は任期満了か資格喪失か、それぞれどちらでしょうか? 1つでも結構ですので、教えてくださるとありがたいです。 なお、私の疑問点に特に意味はなく、条文でそうなっているから、であれば、その旨で結構です。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 会社法において吸収合併する場合、株主総会において合併契約の決議を行いま

    会社法において吸収合併する場合、株主総会において合併契約の決議を行いますが、その際合併契約において定款変更の記載があれば、株主総会議案として改めて定款変更の決議を行う必要はありますでしょうか?

  • 会社法322条1項7号について

    該当条文を見ると、会社分割等とは違い、単に“合併”としか記載がないのは何か理由があるのでしょうか? 第三百二十二条 種類株式発行会社が次に掲げる行為をする場合において、ある種類の株式の種類株主に損害を及ぼすおそれがあるときは、当該行為は、当該種類の株式の種類株主を構成員とする種類株主総会(当該種類株主に係る株式の種類が二以上ある場合にあっては、当該二以上の株式の種類別に区分された種類株主を構成員とする各種類株主総会。以下この条において同じ。)の決議がなければ、その効力を生じない。ただし、当該種類株主総会において議決権を行使することができる種類株主が存しない場合は、この限りでない。 七  合併 八  吸収分割 九  吸収分割による他の会社がその事業に関して有する権利義務の全部又は一部の承継 十  新設分割 十一  株式交換 十二  株式交換による他の株式会社の発行済株式全部の取得 十三  株式移転

  • 会社法についての質問です

    会社法についての質問です 吸収合併の当事会社での株主への通知は 「効力発生日の20日前までに」しなければならない(785条3項、797条3項) と書いてありますが、新設合併の場合は 「株主総会の決議の日から2週間以内に」しなければならない(806条3項)となってます。 また、その通知を公告に変えることができる場合について 吸収合併では785条4項各号と797条4項各号に限られていますが 新設合併ではとくに限定はないようです(806条4項) これはどのような理由なのでしょうか? 手持ちの本には出ていないのでお願いいたします。

  • 会社法 組織再編~合併と株式移転・交換~

    合併と株式移転、株式交換の違いは、「合併」は債務も含めた包括承継が伴うが、 株式移転、株式交換では債務を回避することができるとの記載ありましたが、それならば 合併を選択する経営者のインセンティブはなんなんでしょうか。 どちらも総会特別決議必要ですし、MAを通じて債務の切り離しがはかれるのであれば、誰も「合併」を選択しない気がするのですが。。。

  • 会社法784条1項ただし書に関して

    会社法を勉強している者です。 会社法784条1項 「前条第一項の規定は、吸収合併存続会社、吸収分割承継会社又は 株式交換完全親会社(以下この目において「存続会社等」という。)が消滅株式会社等の特別支配会社である場合には、適用しない。 ただし、吸収合併又は株式交換における合併対価等の全部又は一部が譲渡制限株式等である場合であって、消滅株式会社等が公開会社であり、かつ、種類株式発行会社でないときは、この限りでない。」 と規定されております。 ある参考書に、会社法784条1項ただし書に関して 「たとえ特別支配会社である存続会社等に消滅会社等の総議決権の 10分の9以上を支配されていたとしても消滅会社等で特殊決議を行えば、特殊決議の成立要件である議決権の数では存続会社等に負けるが、株主の頭数の要件では勝てる可能性があるため、消滅会社等で 特殊決議が開催されれば当該合併もしくは株式交換は否決される可能性があるため、当該株主総会の特殊決議を省略することは出来ない。」と記載されております。 例えば1人1議決権の場合で消滅会社等の総議決権が1000だとして、その10分の9である900を特別支配会社である存続会社等に支配されていたら、消滅会社等で特殊決議を行っても成立要件である議決権の数はもちろん、消滅会社等には100人しか株主がいませんから株主の頭数に関しても絶対に勝てないような気がするのですが・・・ 会社法784条第1項ただし書の条文中に記載されている特殊決議とはいったいどういったものなのでしょうか? 非常に分かりにくい質問内容で申し訳ございませんが よろしくお願い致します。

  • 株主総会の特殊決議

    株主総会の特殊決議は特別決議に含まれてもいいのでないでしょうか。なぜ特殊決議と特別決議は別々にあつかうのでしょうか。