• 締切済み
  • すぐに回答を!

擁壁地の排水

擁壁がある土地の購入を考えております。 一番下は30坪の土地、そこから擁壁(高さ4m、幅14m程度)上の場所に 購入予定の土地30坪。更にその上、擁壁(高さ2m弱、幅9m程度)の上に 30坪以上の土地があります。 最上段の土地裏側にはU字型の排水溝があります。(最上段の土地 裏は丘になっています。)最上段の土地の擁壁と購入予定の土地の 境には排水溝が無く、水が垂れ流しとなる懸念があります。一番下の 土地と購入予定の土地の擁壁の境にも排水溝がありません。 雨水が土地に浸透し地盤が心配です。 不動産屋と設計士からは特に問題ないとの事でしたが、排水溝を つける必要はあるのでしょうか?。但し、購入予定の土地裏側に 電柱が立っており、上段の擁壁と一部隙間が無く排水溝を満遍なく 取り付けるのも難しいかもしれません。 ご返答、宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1546
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
  • booboox
  • ベストアンサー率32% (176/538)

基本的に擁壁も含めて、その部分の土地所有者が、自己の土地で発生した、雨水と汚水をすべて、処理する。ことが、原則です。 最下の土地の間の 擁壁だそうです。(上記に書きました高さ4m、幅14m程度部分です。)>>>>この部分の雨水の排水義務は、質問者にあります。 なお、不動産ブローカーとして、よくやる手抜きは、本来、それぞれの分割土地は、水平でなければならないのですが、実際は、50cmから1mの下向きの勾配を付けて、土地を売るのです。本来、高さ4mが、4m50cmなり、5mあるいは、高さ2m弱が、2m50cmか3m必要で、計算した強度で、擁壁を作るのですが、それでは、コストアップですので、土地に傾斜を付けるのです。ある程度の傾斜分は、土地表面で、浸透して、擁壁、U字溝には、影響ないと書類は作るのですが、確かに、土のままですと、計算は、合いますが、実際は、駐車場にアスファルト、とか、住宅が、建って、自然浸透する土の面積は、わずかでしょうね。 よって、ブロック1丁くらい、擁壁の上に、施工して、水平を、何とか出している場合が、ほとんどですが、このブロックは、擁壁として、強度は、ゼロです。また、擁壁部分が、切り土か盛り土かで、強度も違いますし、土質で、ぜんぜん、住宅向きかどうかの判断も変わります。 建築設計士さんでは、土木や土質のボーリングデーター解析は無理ですので、専門家に任せましょう。設計士さんは、N値くらいしか、解りませんから。 あと、地下水脈が、どこを通っているかは、重要な問題です。水脈がある場合は、基礎も設計が変わりますし、家屋の外壁外防水などの問題もあります。雪の多い地区ですと、積雪量の高さまで、外防水します。これらは、都会の設計士さんでは、検討も付かないことでしょう。(現地がどこか、全く知りませんけどね)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度々、有難う御座います。自分の勉強不足を痛感します。 地盤に関しても、売主の地盤調査だけでは不安ですので、 JIOなど別枠で地盤調査するかなど検討したいと思っております。 設計士からは地盤はN値が3と仰っていました。 場所は東京都市部、西側です。近く(100mくらい)離れた所に 沢といいますか、小さな小川だけ流れております。 総合的に判断し購入するべきかどうか決めたいと思います。

関連するQ&A

  • 擁壁のメンテナンス

    擁壁のある土地の購入を考えております。 場所は東京都市部、西側です。新しく山を削って造成した場所です。 購入予定の土地は最下の土地からL字型の擁壁(高さ4m、幅14m程度) で立てた上にあり、購入予定の私が所有者となるので後々の擁壁の メンテナンスが心配です。 実際のところ、擁壁のメンテナンスはどの様なことをどの位の頻度で するものなのでしょうか?。不動産屋からは擁壁はメンテの必要なし とは言っておりました。下の土地の方にお願いしてたまにその敷地の 裏側からクラック等入っていないかチェックするものでしょうか?。 また排水口等、高圧洗浄など必要ありますでしょうか?。 また、擁壁地は平地に比べ売却時の価格がかなり低く不利に なるのでしょうか?(擁壁の経年劣化等も含むので) 宜しくお願い致します。

  • 擁壁からの排水

    擁壁上に2区画、下に2区画の4区画の分譲地の擁壁の南段下、西側に住んでいます。北側の擁壁上の西側は空き地ですが他はすでに建物が建っており生活しています。ちなみにうちが一番先に建築しました。 裏に溝があるのですが、土のままになっておりここは大部分は擁壁上の土地の部分ですが一部はうちとの境界線上になります。 問題ですが、大雨の日や擁壁上の家が(うちから見ると斜め上のお宅)洗車などをしたらその水が擁壁の穴から隣家をとおり、うちの裏に流されます。空き地からの水も流れます。つまり、3区画分の雨水や排水が裏の溝に流入します。排水が悪く水が溜まるし、雑草もすごいので溝にU字溝などを設置して枡まできちんと水が流れるようにしたいのです。 この際の費用は土地を売った売主や不動産仲介業者に請求できるのでしょうか?出来なければ、費用はうちがすべて負担するのでしょうか?

  • 擁壁工事に伴う排水工事はどちらがおこなうのでしょうか?

    このたび、下の土地の人が家を建てることになり、上の土地の当方が法面が崩れる心配があると思い、擁壁工事をすることになったのですが、(ちなみに当方の土地は果物畑にしています)このあいだ、下の土地の人との話し合いで土地の境界線をまっすぐにして擁壁をすることで合意したのですが、それに伴う擁壁の法尻に排水溝を設置することについてもめています。排水溝は上の人が費用を出して設置するものなのでしょうか?また、設置する場合境界線のどちら側に設置したらよいのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 回答No.2
noname#78261

女一級建築士です。 擁壁から3m2に1ヶ所以上排水パイプが出ているのですね。 さて、ここから大量に水が出てくるでしょうか? 上の土地に降った雨は基本的に下へ下へと流れますので何でここから横向きにでてくると考えなければいけないのでしょうか。 つまり水はけが悪く貴方の地盤よりも上に水がたまる状態の時は水圧で擁壁が崩壊しないように水を流せるように作るのです。 しかし、貴方の住宅は傾斜地の中腹。よほど粘土質で水はけが悪くないとその高さまで水がたまることは考えにくいですね。 それに擁壁付近は水切れがいいように割栗という砂利を施工するのが普通です。2mだとどうかな。4mのほうはやってあるかも。地表から少し下がったところですので表からは見えませんがね。 更に建物にかかる雨水は(雨どいの分)それだけの傾斜地なら敷地内浸透でなく側溝へ流していると思います。それなら更に安心です。もちろん大雨の際は確認して安全を維持しましょう。 なので正直土木施工監理技士ではありませんが、そう心配することはないとおもえます。今後パイプが詰まっていたりすれば問題でしょうが、擁壁の管理義務があろう上の土地の方には見えませんので見てあげて下さい。おそらく貴方が4m擁壁の管理義務がでるでしょうからその今後のメンテ管理費用の心配もして下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご返答有難う御座います。本当に助かります。 そういう場合のために排水パイプがあるのですね、勉強不足でした。 雨どいに関しては、設計士に聞いみて安全な方法を取って頂きます。 そうですね、仰るとおり擁壁の管理義務も心配です。不動産屋と 設計士からはメンテなど滅多に必要なしと言われましたが、ネット を調べると万が一の時には相当の金銭的負担も強いられるという ことも書かれておりました。参考までに宜しければ、擁壁のメンテ 、メンテ費用等ご教授して頂けますでしょうか?。

  • 回答No.1
  • booboox
  • ベストアンサー率32% (176/538)

不動産屋と設計士からは特に問題ない>>>> 法律的には、問題ない。と、言う意味で、実用的かどうかは別です。 たとえば、土地購入者が、もっと、違う擁壁を作る予定なら、現在は、簡単な擁壁で、土地代が、安い方がベターでしょうし。。 あくまで、土地を、宅地として登記するだけのための、擁壁と、U字溝は、ありますよ。ってことですね。 それ以前に、擁壁部分の斜面のどこで、境界があるかで、全く、責任範囲が違いますから、この文面では、なんとも、回答出来ません。つまり、購入予定の土地には、自分の下流の土地の擁壁が含まれているかいないか。上流部分の擁壁が含まれているか居ないか。U字溝の所有者は、購入後、誰になり、その排水は、誰の責任で、どこの河川に流すのか?と言うことを、お書きくださいませ。 電柱は、電力会社のものでしたら、その土地の所有者に、地代を支払っているはず。電柱を移転希望なら、移転に関す一切の、行為と費用を、不動産屋が(あるいは売り主が)持って、売買成立とするかですが。。 自己都合で、電柱移転となると、20万円から100万円の請求が来ますので、その電柱が、車庫予定地の目の前などでしたら、条件付き売買にすべきでしょうね。 なお、不動産屋も、設計士も、商売が出来れば、OKなので、本当に、質問者の立場で、考えてはくれないことは、当たり前なんです。報酬を支払うと同時に、報酬に見合った要求を質問者がされなければ、どぶに、お金を捨てるのと同じです。法律を守るのは、プロでなくても、国民全員が、守る最低限のルールですから。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご返答有難う御座います。立地的には家屋の下に車庫があるような ひな壇ではありません。山を切り崩した形の形状のひな壇です。 新しく造成されたばかりで擁壁のみで、まだ全部更地です。 擁壁はL字型の擁壁で新しく宅地と共に立てられたものです。 責任範囲(自分の持分は)は購入予定の土地と最下の土地の間の 擁壁だそうです。(上記に書きました高さ4m、幅14m程度部分です。) ですので、質問の最上段の土地の擁壁に関しては自分の責任範囲 ではありません。最上部の土地裏側のみついているU字溝は売主が 造ったものだと思われます。最上部の土地の擁壁の排水は結果、 最上部の土地の所有者責任だと思われます。 最上部の土地の裏側にU字溝が付いている理由は、その裏がゴルフ 場の為、若干小さな丘になっている為です。最上部の土地に降り 注いだ雨のみ購入予定の土地に擁壁(高さ2m弱、幅9m程度) から流れる形になります。 やはり、ここから流れ込む雨水等での沈下が心配です。 不動産屋からは、それは考えすぎだと言われましたが一生の買い物 ですので悩みます。(立地や環境は最高です。)

関連するQ&A

  • 住宅の建て替えと擁壁の補修について

    購入を検討している中古住宅(築25年程度)があるのですが、坂道の途中に建っているため片側に擁壁(高さ2m×幅10m程度)があります。 先日、外から擁壁部分を見ていたところ、下から50cm辺りにある排水口から、擁壁の上に立つコンクリートブロックのフェンスまで縦に亀裂が入っていました。 また、隣家もその擁壁の上に建っており(なので実際には幅は20m位ある)、両方の家の境に近いの位置にあります。 5~10年以内に建て替えたいと考えているのですが、その際に、この亀裂は補修することができるのでしょうか?また費用はどれくらいかかるのでしょうか?それとも、擁壁自体を作り直すことになるのでしょうか? さらに補修や作り直しとなった場合に、隣家ともめることにもなりそうで心配です。 または、購入自体やめるべきなのでしょうか?

  • 擁壁は壊せますか?

    購入した家が元々は隣人が所有していた土地だった為だと思うのですが、隣の家の擁壁が我家の土地にはみだしたままになっています。隣は昔、もちろん土留めとして造ったようですが、今は土だった部分を鉄筋コンクリートの車庫にしてしまった為に我家にはみだした擁壁だけが残ってしまっています。車庫と擁壁はくっついていますが、くっついている境が境界線になっているので、実質うちの土地に擁壁があるのです。重力式という擁壁だと思うのですが、横250高さ230厚さは下の部分が80上の部分が30(cm)の台形の形をしています、。(1)壊せるものですか?その場合解体屋の様な会社に頼むのでしょうか?(2)壊したら隣の車庫に影響は出ますか?(3)一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか? きっと我家(中古)を建てる時に壊すのが大変だから残したのだと推測しているのですが。前の持ち主からは何も聞かなかったのです。不動産屋は「こちらの土地です」と。私も良く説明も聞かずに購入してしまったのもいけないのですが・・・。説明の仕方が下手で申し訳ありません。どうか宜しくお願いします。 

  • 擁壁にクライミングウォールを作りたい

    こんにちは。 現在、新築中のものです。 今回、擁壁の高さが4mほど(幅:20m弱)の土地を購入いたしました。 擁壁の下も持ち分となっているため、この擁壁にクライミングウォールを作りたいと思っております。 擁壁に直接アンカーボルトを打っても大丈夫でしょうか? 擁壁の厚みは200mmぐらいだったと思います。 アンカーはケミカルアンカー(M8またはM10)を考えております。 経験がある方、もしくは擁壁に関する知識をお持ちの方、よろしくお願いいたします。

  • 擁壁工事について教えてください。

    擁壁工事について教えてください。 ・既存の土地からの立て替えで新築中 ・擁壁工事やりかえが必要とのこと ・擁壁工事は建物の検査が終わったら外溝工事と一緒にするそうです。 ・擁壁工事は道路に面した12メートルくらいで高さは1メートルくらいから低くなっていて30センチくらいです。 質問は、擁壁工事は建物が建て終わってからしても法的にも大丈夫ですか? 本当は既存の擁壁でもよかったとかはないですか?

  • 排水溝の場所

    長い文章かつ意味が分かりにくいかもしれませんが・・・・ ■→住居(古い住居、南側が道路に面しており南側玄関) □→新築物件×3軒(まだ建築は始まっていない更地、北側が道路に面しており北側玄関になる)  南 ■■■ □□□  北 □の真ん中の土地を購入する予定です。雨など地下に浸透した水の逃げ場として ■と□の境界に排水溝を設置するらしいのです。  南 ■■■ ___ ←排水溝 □□□  北 排水溝は□の敷地内の■との境界ギリギリに40cm幅で設置し 排水溝の手前に□の外壁を作ります。(■の外壁 排水溝 □の外壁 の順です)となると 敷地内にありながら 外壁の外になる排水溝部分は 現実 使用不可です。土地の横幅12m×排水溝40cmの面積分 土地代も支払い事になりますし 今後 土地の税金なども 排水溝部分も含めて支払っていく事になります。不動産屋からは、たった40cmです。との説明なのですが敷地45坪の中の(土地の横幅)12m×(排水溝)40cmの面積は大きいと思います。外壁の内側(■の外壁 □の外壁 排水溝の順)に排水溝を設置する事はできないのでしょうか?それであれば 排水溝の上に蓋をして 植木鉢を置くなど 利用できますよね。□3軒の問題ですが、外壁の内側 利用できる敷地内に排水溝を設置するのは無理でしょうか?業者は あ~難しいですねぇ~ たった40cmですから が返答でした。

  • 擁壁で悩んでます。

    擁壁で悩んでます。 何度も同じような質問ですみません。 ・擁壁工事見積もりあり ・土地の一辺だけです。 ・高さは1メートルまで ・地盤改良時にコンクリートの壁があり ・建物は1700くらい離して基礎あり ・求積図面には設計者により安全であることを確認と記載あり ・既存石積擁壁500~1200のCON塗仕上げと記載 教えて欲しいのは、 (1)擁壁工事が本当に必要なのかどうか?です。 (2)図面に安全確認や既存擁壁が記載されているので、補強工事や外溝工事ならわかるのですが、それでも擁壁工事見積もりがあるのは、不適格擁壁だからでしょうか? (3)擁壁をしなければいけない条件が記載されている法律がありましたら、教えてください

  • ひな壇の土地の売却

    現在、ひな壇の土地の購入を考えております。 下に車庫があるようなひな壇ではなく、山を切り崩して新たに 造成したひな壇で、購入予定の土地は最下の土地からL字型の 擁壁(高さ4m、幅14m程度)上の土地37坪です。 (場所は東京都の市部、西側です。) ひな壇、擁壁上の土地は平地に比べ売却時にどの位の差が出る ものでしょうか?。平地に比べ、かなり買い叩かれるなど 御座いますでしょうか?。

  • 庭の排水の施工方法を教えて下さい

    20x30mほどの大きな庭ですが、北側が10mほどの高さの擁壁になっていて、擁壁の上は住宅地になっています。雨が降ると擁壁の排水口から水が流出して来て庭の北側に溜まります。以前は排水の溝があったのですが、現在は壊れていて、水は溜まりっ放しです。北海道なんですが、昨年から霜柱が出来るようになって、今年は北側の庭の1/4ほどは霜柱のせいで小山のように盛り上がっています。 西側には住宅が隣接していますので、住宅の下に地下水が届いて凍結して霜柱が出来たら、住宅の床がボコボコになって家が傾いてしまうのではないかと怖れています。 一昨年、北側に植わっていた木を数本伐ってしまったのが原因ではないかと素人考えで推察しています。 東側は他人の土地ですが、住宅はなくそこに排水の水は流すことが出来ます。 北東の隅に井戸のようなものがあって、排水溝はどうもそこにつながっているようでしたが、この井戸からどのように庭の外に排水していたのかは全くわかりません。 庭の北側部分の土は乾く間がなく、湿地のようになっています。 このような土地はどのような排水方法があるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 傾いたブロック擁壁を何とかしないといけません・・・

    よろしくお願いします。 敷地の裏側ブロック6段積みの擁壁が、相手側に若干傾いています。 現状更地で当面の建築予定はないのですが、駐車場として利用予定です。ブロック6段で約15mの擁壁を解体して新たに擁壁を作り直す場合の費用はどの程度かかるものでしょうか。約2m~1.5mほど相手側の敷地が低くなっています。車は2トンまでしか入らない幅2.6mの市道です。

  • 擁壁の強度について

    今年の春に土地を購入しました。 第一種住居地域、40坪、けんぺい率60%、容積率200%です。 南北に14m、東西に10mの敷地で、2方向をL型擁壁に囲まれ、 擁壁高さは3m、擁壁の底板は3mほどの幅があります。 擁壁の確認済証はあります。 擁壁の強度のことや、擁壁の底板の幅が長く、底板上にのっかるよう に家をたてる必要があること(底板を避けて家を立てるとかなり小さ い家しか建てられません)が気になっていましたが、仲介の不動産会 社に聞いたところ、売主(造成業者)は擁壁の造成を何度もやってる し、家を建てられないような造成をすることは考えられないし、工作 物の確認済証もとっているので問題ないと言いました。擁壁の底板の 件も、心配なら地盤改良で対応すればよく、建築会社と相談して決め るべきことですと言いました。 第3者に擁壁の強度について調査してもらって、問題のないことを確 認の上購入するのが理想なのでしょうが、そこまで考えが及ばず、 不動産会社の言うことを信じて土地を購入しました。 その後、建築会社を決め(不動産会社とは関係のない会社)、最初に 土地や擁壁に関する資料を渡し、1ヵ月半近く間取り(木造2F建て 建坪30坪)を考え、測量や地盤調査なども行い、見積りをだしても らった上で契約をしました。 しかし契約直後になって、擁壁の強度が足りないかもしれない、最悪 家を建てられないかもしれないとの連絡があり、不動産会社から擁壁 に関する詳細な資料を取り寄せ、資料をみた結果、擁壁の上載荷重が 5kN/m2しかなく、このままでは強度不足で法的に無理があるとのこと でした。 このままでは問題だが、擁壁の下の地盤の地耐力も加味してトータルで 10kN/m2あれば問題ないとの事で、擁壁の下の地盤の資料を不動産会社 に要求しようとしているところです。(建築会社が資料を基に独自に擁壁 の構造計算をしようとしています) 質問ですが 1.建築会社に土地(擁壁)の安全性の確認の義務はないのでしょうか?   建築会社がリスク回避のためにも一番最初に確認すべきことのような   気がするのですが。問題が持ち上がってからこの長い間答えが出てい   ない状況で、建築会社の対応の内容や遅さが気になっています。売主   に直接聞けばすぐに答えがわかるような気がするのですが。   それとも、本来土地の安全性については売り主や買主の問題で、建築   会社に確認の必要性はないものなのでしょうか?   今色々とやってくれているのはサービスでやってくれているのでしょうか? 2.建築会社は今のままでは法的に基準を満たしていないと言っているのです   が、擁壁の強度に法的な基準は条例か何かで定められているのでしょうか?   ちなみに不動産会社も建築会社も購入した土地もすべて同じ県にあります。 3.擁壁の確認済証は法的な基準をクリアしている場合に発行されるものだと   思っていて、それがあれば問題ないと思っていたのですが、建築会社から   聞いた話だと、造成業者が提示した基準をクリアしているかどうかの証明   書であり、確認済証があるからといって、家を建てられるわけではないと   いわれましたが、そういうものなのでしょうか?建築予定の市役所に聞い   たところ確認済証があるのなら問題ないと思いますといわれたのですが。  (市役所には電話でちらっと聞いただけですが) 4.擁壁の強度に法的に問題があった場合ですが、土地の費用を全額取り戻せ   る可能性はありますか?