• 締切済み
  • すぐに回答を!

簿記がわかりません

簿記を勉強しているのですが、わからないところがあります。 決算整理仕訳の問題で ──────────────────────────  商品の期末有り高は次の通りである。なお、商品の評価は原価法により行い、棚卸減耗費は売上原価の内訳科目として表示する。   手許商品帳簿棚卸高 ¥400,000   手許商品実地棚卸高 ¥390,000  当社は当期首より委託販売を始めており、積送品の期末未売却高は¥60,000である。また、積送品から棚卸減耗は生じていない。 (決算整理前残高試算表の繰越商品の金額は¥380,000) ────────────────────────── この場合の仕訳がまったくわかりません>_< そして原価法とは一体何のことなのでしょうか!? どなたか回答お願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数64
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2

(私も不得手とする部類ですが・・・) http://okwave.jp/qa1859033.html (~原価法の使い方)との質問が参考になりそうな気がします。 何れにせよ経済学ではなく簿記、or財務、会計、経理のカテで再質問された方がより詳細(精確)な回答が寄せられる可能性が高かそう、と私は感じますね http://oshiete1.goo.ne.jp/206/279/c581.html http://oshiete1.goo.ne.jp/c275.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 簿記2級の問題

    簿記2級の問題です。教えて下さい。 ・期首商品棚卸高  ¥80,000 ・当期仕入高    ¥5,000,000 ・期末商品棚卸高       帳簿棚卸高 500個   原価 @¥200     実地棚卸高 450個   時価 @¥180 ・売上       ¥6,500,000 *商品の評価は低価法で評価損等は売上原価に算入しない。 問1,決算整理仕訳 問2,決算振替仕訳 

  • 委託販売 その都度法について

    (資料1)                   決算残高             繰越商品60,000             積送品 10,000 (資料2)期中取引 1.商品510,000円を掛で仕入れた。 2.原価130,000円の商品を受託者に積送した。 3.積送品のうち原価126,000円(指し値180,000円)が販売された旨の仕切精算書が到達した。 4.原価360,000円の商品を得意先に450,000円で販売した。 (資料3) 1.期末手許商品原価80,000円 2.期末積送品原価14,000円 その都度法 (仕訳) 1.仕入 510,000    買掛金510,000 2.積送品130,000    仕入130,000 3.積送未収金180,000 積送品売上180,000   仕入 126,000    積送品126,000 4.売掛金 450,000  一般売上450,000  原価ボックス(委託販売) 期首       売上原価 10,000    126,000 当期仕入    期末 130,000   14,000  原価ボックス(一般販売) 期首      売上原価 60,000   360,000 当期仕入   期末 380,000  80,000 決算整理 (1)手許商品 仕入60,000   繰越商品60,000 繰越商品80,000 仕入80,000 (2)積送品 仕入 14,000  積送品14,000 積送品14,000 仕入14,000 と、なるのですが、どうして決算整理の積送品の金額がすべて期末積送品原価14,000円になるのかわかりません。教えて下さい。

  • 私大の受験で簿記を使うのですが、

    私大の受験で簿記を使うのですが、 低価法がよくわかりません。 例えば期末整理事項で 期末商品棚卸高は次のとおりである。 帳簿棚卸数量 120個 原価 @?600 実地棚卸数量 110個 時価 @?580 なお、商品の評価は低価法による。 商品評価損と棚卸減耗費は、 売上原価には算入しない。 とある場合どのように処理すれば よいのでしょうか?

  • 回答No.1

独学なのでしょうか? 申し訳ないですが、セミナーなど受講した方がよろしいと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 期末商品の評価 2級商業簿記

    (低価法で評価) 帳簿棚卸数量 100個 実地棚卸数量 110個 原価 100円 時価 110円 の場合 棚卸減耗費/繰越商品 商品評価損/繰越商品 売上原価/商品評価損 の仕訳は行ないますか? 低価法だと原価より時価が高い時は原価で評価するのか?それとも商品評価損は計上しないのか? それぞれの場合 売上原価への算入の仕訳は行なうのか? 低価法に棚卸減耗費は関係ないですか? よろしくお願いします。

  • 『棚卸減耗費』について質問です。

    簿記2級の勉強をしています。 期末商品棚卸高について質問なのですが、 決算整理事項で 帳簿棚卸高 80個(@¥100) 実地棚卸高 100個(@¥80) のような場合『棚卸減耗費』はどうなりますか? 単価が実地棚卸高のほうが高かった場合は帳簿棚卸高で棚卸減耗費を計算して、商品評価損は計上しないということを最近知りました。 それとは逆の場合で個数が実地の方が多かった場合はどうなるのでしょうか? 棚卸減耗費は計上されないのですか? また、個数も単価も実地の方が多かった場合は『棚卸減耗費』も『商品評価損』も計上されませんか? あと、これとはまた別なのですが、『棚卸減耗費』を売上原価に加算しない場合は報告式のP/Lでは『営業外費用』の欄に記入すればいいんですよね?

  • 商品評価損と損益計算書について

    簿記2級について教えて下さい。 商品評価損と棚卸減耗を売上原価に算入する場合 例(1) 清算表の練習問題で、 期首繰越商品:2,500 商品の期末残高は以下のとおりである。尚、売上原価の計算は仕入の行で行う。 帳簿棚卸高20 原価@100 実地棚卸高15 時価@80(正味売却価格) この場合の仕訳は以下のとおり。 仕入2,500 繰越商品2,500 繰越商品2,000 仕入2,000 棚卸減耗費500 繰越商品500 仕入500 棚卸減耗費 商品評価損300 繰越商品300 仕入300 商品評価損300 これを清算表の修正記入に反映させると、       借方  貸方 繰越商品  2,000 2,500 仕入    2,500 2,000 棚卸減耗費  500  500 商品評価損  300  300 となり、損益計算書、貸借対照表には、棚卸減耗費も商品評価損も反映されません。 例(2)同様な問題を、 決算整理前の残高試算表を決算事項(上記(1)と同様の問題文)に基づいて、仕訳し転記しようとすると、 II 売上原価   商品評価損 300   棚卸減耗費 500 となってます・・・ 質問(1) そもそも、清算表と残高試算表で異なるなんてことがあるのでしょうか? 質問(2) そもそも、決算整理事項で、借方と貸方が同じなのに損益計算書に計上されるのでしょうか? 何故なのでしょうか? なんか本当に分からなくなってきました。 質問の仕方が悪いようでしたら、補足します。 つまづいてしまって困っております。 宜しくお願いします。

  • 簿記3級の問題について

    私は、日商簿記3級の勉強を独学でしているのですが、分からない所があり、質問させて頂きました。 以下の問題がわかる方がいましたら、教えて下さい。お願いします!! 売上原価、当期の売上高、商品期末残高(次期繰り越し)、および資料1に基づき、売上総利益を求めなさい。(商品は、低下基準によって評価し、商品評価損と棚卸減耗費は、売価原価に含めること) 資料1 a,期末商品棚卸高:50個x\500 b,当期商品仕入高:400個x\500 c,当期商品売上高:390個x\800 d,期末商品棚卸高   帳簿棚卸高  ?x\500   実地棚卸高  57個x\480 よろしくお願いします。

  • 簿記の売上原価の算定の問題です

    次の資料にもとづいて、売上原価を仕入勘定で計算する方法により (A)決算整理仕訳をしなさい。また、(B)売上原価を算定しなさい。 ≪資料≫  期首商品棚卸高 1000円     当期商品仕入高 50000円    期末商品棚卸高 2400円    という内容です。 答案用紙 (A)  決算整理仕訳      借方科目   金額   貸方科目   金額          ?      ?      ?      ? (B)  売上原価  ¥  ?      ?の答えを教えていただきたいのでよろしくお願いいたします。

  • 簿記2級: 棚卸資産減耗 と 棚卸資産評価損

    ○ 決算整理仕訳を仕入勘定で行います。 ○ 期首+仕入ー期末=売上原価 これは、わかります。 ○ 盗難なら棚卸資産減耗で実地残高に合わせ、古いなら評価損を計算するのもわかります。しかし、減耗算出に、値下がり前の原価をかけるのはなぜですか。動揺に、評価損算出に実地残高数量をかけるのはなぜですか? 減耗損=100円x(50個ー49個)=100円減耗損 評価損=(100-90円)x49個=490円評価損

  • 簿記の売上原価の算定の質問です

    次の資料にもとづいて、売上原価を仕入勘定で計算する方法により(A)決算整理仕訳をしなさい。また、(B)売上原価を算定しなさい。 (資料)  期首商品棚卸高 1000円     当期商品仕入高 50000円    期末商品棚卸高 2400円 という内容です。 答案方法 (A)  決算整理仕訳   借方科目   金額   貸方科目   金額          ?      ?      ?      ? (B) 売上原価  ¥  ?    ?の答えを教えていただきたいのでよろしくお願いいたします。

  • 商業簿記2級 期末商品の評価

    精算表の作成の 期末棚卸高を算定する問題で 「商品の期末棚卸高は次のとおりである。売上原価は仕入の行で計算し、"棚卸減耗損"は売上原価に参入しない」 と書かれています。 私は今まで”棚卸減耗費、商品評価損”で覚えていたのですが ”棚卸減耗損”という言葉が出てきて混乱しました。 しかし回答を見る限り ”棚卸減耗損”は”棚卸減耗費”らしいです。 このように 商品評価損も商品評価費という風にも言うのでしょうか? また 棚卸減耗費、商品評価損と同じような意味の勘定科目もほかにあるのでしょうか? あるなら またこのようにテストで出てきても混乱しないように慣れておきたいです。 よろしくお願いします。

  • 棚卸減耗費の問題で

    決算整理の仕訳問題で後半の仕訳が分からないのでなぜこのような仕訳になるのか 解説していただけるとありがたいです。 問.低価法を採用している。 ・期首商品棚卸高は8,000円、当期商品仕入高は82,000円、売上高は150,000円だった。 ・期末商品について 帳簿棚卸数量 100個 原価90円 実地棚卸数量 95個 原価85円 なお、数量減少による損失額や、時価の下落による評価損は売上原価に算入し、その内訳科目とする(売上原価算定の仕訳は回答欄の上2行、費用原価算入は下2行に記入)。 という問いで解答が 借方    金額        貸方     金額 仕入    8,000       繰越商品    8,000 繰越商品  9,000      繰越商品     925 棚卸減耗費  450                      仕入     9,000 商品評価損  475      棚卸減耗費    450 仕入     925       商品評価損    475 となっています。 私の中では、 借方    金額        貸方     金額 仕入    8,000       繰越商品    8,000 繰越商品  9,000        仕入     9,000 棚卸減耗費  450    商品評価損  475      繰越商品     925 ここまでの仕訳はわかるのですが、というよりむしろこれが正解だと思ってましたので、 残りの仕訳が理解できません。 よろしくお願いします。

  • 損益計算書 売上原価に参入する場合の疑問

    棚卸減耗費、商品評価損を売上原価に参入する場合の損益計算書で ---------------------------------- 売上原価  期首商品棚卸高  当期商品仕入高       合計  期末商品棚卸高       差引  棚卸減耗費 100  ←   商品評価損    売上総利益 ---------------------------------- ・棚卸減耗費 ・商品評価損 は期末商品の評価をした時の、 棚卸減耗費 100 ← /繰越商品 100 の借方のことなのか、 仕入 100/棚卸減耗費 100 ←  の貸方のほうなのかわかりません。 そして「売上原価に参入する」という場合は 上記のどちらの仕訳も行い、 「棚卸減耗費 100」が相殺され結果としては 仕入 100 /繰越商品 100 となり、 損益計算書に載らなくなるのではないのでしょうか?