• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「満ちる」と「満つ」の文法と慣用に関して

次は同義両活用について述べた文章の一節です。出典、吉川泰雄著「つなぐ」と「つなげる」 通用する「満ちる」に対して、四段活用の「満つ」にも、慣用的用法として、<定員に満たない><意に満たぬやつ><一歳に満たない子>などの用途がある。通用する「足りる」に対して、四段の「足る」にも<取るに足らん><足ることを知るものはさいわいだ>などと言う。西方のことばの侵入や慣用語的な言い方である。通用の「借りる」に対し、<人手を借らんでも>と言うことのあるのも西方のことばの侵入であろう。通用の「飽きる」に対する、「飽く」は、副詞の「あくまで」を引くまでもなく、<飽きも飽かれもせぬ仲>と言い、なかば西方ふうに、<飽いてしまった>と言うこともあるようだ。 さて、質問です。 >>通用する「満ちる」に対して、四段活用の「満つ」にも、慣用的用法として、<定員に満たない><意に満たぬやつ><一歳に満たない子>などの用途がある。 ここの一句の文意が読み取れません。<定員に満たない><意に満たぬやつ><一歳に満たない子>の、どれもが文法には外れているが慣用上は認められている、と読むのが素直なのだと思います。しかし、そう読むと別の疑問が生じます。 1 <定員に満たない>と<一歳に満たない子>について。 著者は、これらを文法に外れていると述べているのですか。「満つ」の未然形に打ち消しの助動詞「ない」が接続していると考えると文法に合っていませんか。文語の「満つ」と口語の「ない」が混交しているのが、いけないのですか。それとも、ここに誤りがあるとは述べていないのでしょうか。文意が掴めません。 2 <意に満たぬやつ>について。 文法上は「満つ」の連用形に「ぬ」が接続したもので、正しくは<意に満ちぬやつ>だと考えます。著者も、そう述べているのだと考えます。著者の主張は別の所にありますか。 よろしくお願いします。 なお、勘違い、錯覚などは何方様にもあることで回答に誤りがあることは一向に気にしません。むしろ、皆で協力して真理に迫ることこそ理想です。ただ、文法は高度に論理の世界です。詩歌の鑑賞と違って論証なしに感覚で処理されては困ります。日本人の平均を大幅には下回らない程度の読解力と論理的思考力とをもち、かつ、ご自身の言語感覚だけに頼るのではなく、広く日本人全体の言語事情に目配りのできる柔軟な姿勢のある方の回答を希望します。別段、難しい注文をつけているのではありません。これまで、凡そ延べ420人のお世話になりましたが困った回答者は天文と物理と国語に各一人だけでした。3/420に該当しない方は大歓迎です。重ねて申します。回答に誤りを含むこと自体には一向に気にしません。ある程度、怪しい部分を嗅ぎ分ける本能が備わっていますし、皆で訂正していけばよいことです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数597
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • garamond
  • ベストアンサー率53% (1119/2111)

質問に引かれた説は >西方のことばの侵入や慣用語的な言い方 と言っている点で、妥当ではありません。 それにしても、 >文法には外れているが慣用上は認められている。 とは言っていません。 「通用」は“広く一般に行われている”という意味です。 文語では本来「満つ」、「足る」、「飽く」は四段活用です。 関東ではそれが上二段>上一段に変化したのです。 「借る」も本来四段活用です。 「虎の威を借る狐」 現在の共通語は東京方言をもとにしたため、「満ちる」、「足りる」、「飽きる」が使われるというだけです。 「取るに足らぬ」が本来の形で、「取るに足りない」は関東で変化した形。 「西方のことばの侵入」ではなく、「東方のことば (口頭語) に変化することなく、もとの形 (文章語) が存続している」と言うのが適切でしょう。 『万葉集』冒頭の雄略天皇の歌にもある「そらみつ大和の国」の「みつ」が「慣用上は認められている」ものだと言うなら何をか言わんやですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お答を正しく読み取れたか否か心配ですが、本家と分家を取り違えてはいかんぞよ、とのご注意と受け取りました。 >>「西方のことばの侵入」ではなく、「東方のことば (口頭語) に変化することなく、もとの形 (文章語) が存続している」と言うのが適切でしょう。・・・(#) 見解はよく掴めた積もりです。話題が、こういう高度な言葉の変化に及んでは背景をもたない私には甲乙、黒白をつける事はできません。張り合いがなくてすみません。 どちらかに軍配を上げることはできませんが、一例として大和の国の枕詞「そらみつ」の存在は確かに(#)の傍証である気がします。 右から風が吹けば右に靡き、左から風が吹けば左に靡くと思われてもいけないので、早くとも3月2日(日)までは締め切らないことにします。専門知識の所有者が多方面から書き込んで下さるかもしれませんから。 ANo.1を読んだ後は、「文法には外れているが慣用上は認められている」と著者が述べているとは受け取っていません。 有り難うございました。またの機会にもよろしくお願いします。

質問者からの補足

補足ではありません。 「右から風が吹けば右に靡き、左から風が吹けば左に靡く」 こんな器用なこと出来ますかねぇ。私の場合は出来てしまうかも。 訂正するほどの話題であるか否か判りませんが。

関連するQ&A

  • やりかたっらば、と やりたければは似て非なるもの?

    やりかたっらば、と やりたければは似て非なるもの?? (1.原因のばは四段活用あ行の音には付かない 2.そもそも已然形につくばと未然形につくばは全く意味が違う? 3.語感の使い方もニュアンスが違う 4.二つは正規文法では違うかもしれないがそれをあまり重視していない人もしくは一般的には誰もが同じだと思うだろうか?) 日本語カテゴリー皆さんの ご回答のほど、 お待ちしております。

  • 「…してもらいんだ」という文はどういう意味ですか

    「XXしてもらいんだ」という文はどういう意味ですか みなさん、こんにちは。日本語を勉強している外国人です。 最近、ウエブページを読んでいるとき、「XXしてもらいんだ」という文は見かけました。 そして、私はグーグルして、以下のような文が出てきました。 たとえば、 「よっぽど吉田は皆に戦士やってもらいんだな!」 「嘘も簡単につかれて矛盾してるし話はすぐ広がるしあー結局みんな疑っちゃう。もっと純粋に人を信じたいし信じてもらいんだほんとは」 「それはともかく、ゴウザウラーはひいき目を差し置いても本当に素晴らしい作品なので、今の子たちにもぜひ見てもらいんだよな。」 など。 その「もらい」は動詞「もらう」の連用形ですよね。 その「んだ」は「のだ」の音便でしょう。 こうなったら、「XXしてもらいんだ」というような文は文法的に誤っていると思います。 これは本当に誤りなのですか。 あるいは、なにか私が知らない文法や慣用表現があるのですか。 どうか教えてください、本当にありがとうございます。

  • have such an experience to cause … の正否について

    ● よろしくお願いいたします。まず次の (*) をごらんください。(*) は私が作成したものです。どこかの書物に記述されていたなどというものではありません。   (*) have such an experience to cause trouble for others   上記の (*) は次の選択肢のどれに該当するかを、お教えください。   <1> 文法のあやまり有り。意味が変であるか、意味が伝わらない。   <2> 文法のあやまり無し。きわめて聞き慣れない表現か、きわめてぎこちない表現か、きわめて非修辞的な表現。   <3> 文法のあやまり無し。通常の表現。   <4> その他。 ● 現時点において <2> <3> ではないかと私は考えていますが、自信はありません。「 他人に迷惑をかけることの原因となる『 そのような経験 』をする 」という意味で通用するのではないかと、私は考えています。   言い換えれば、次の意図で (*) を私は作成いたしました。「 "such an experience" と『 他人に迷惑をかけること 』とは 別個である ( 同格扱いではない ) 」 ● みなさんからのご投稿を締め切って、私がお礼を申し上げるのは 2006/10/08/Sun ごろ とさせていただきます。   この質問をするきっかけを作ったのは、こちらの Web ページ です。   http://security.okwave.jp/kotaeru.php3?q=2414388   8番目 のご回答

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

口語文法講座3「ゆれている文法」、読んでくださっているのですね。 正しい日本語はもちろんあります。誤った日本語もあります。「お客様、お茶をお飲みしますか」などは完全に誤った日本語。しかし、正しい日本語と誤った日本語との間には、前時代の文法規範からは外れているけれど、その時代には十分通用していて、しかも前時代の語形と共存している語形があります。「たとえば、可能表現において「見られる」と「見れる」が共存するように。この共存状態が「ゆれ」で、いわば新しい日本語への過渡的状態とみなすこともできるでしょう。「正」か「邪」かの判断がもっともつけにくい部分です。「『つなぐ』と『つなげる』」という論文も「正」か「邪」という観点からは論じていません。論文の最後の部分に「同義両活用という事実は、ことばの変遷によって現出しているが、そこまで働いてきた要因・条件は個々多様であって、一概に系統的、分類的に同義両活用動詞について説明することは容易ではない」と述べているように「ゆれ」が起こった要因・条件を説明しようとしているのがこの論文です。 通用する「満ちる」に対して、四段活用の「満つ」にも、慣用的用法として、<定員に満たない><意に満たぬやつ><一歳に満たない子>などの用途がある。 ここの一句の文意が読み取れません。 とのことですが、「潮が満ちないうちに岸に戻ろう」の「満ちない」と、「一歳に満たない(満たぬ)子」の「満たない(満たぬ)」との「ゆれ」について、執筆者は、「満たない(満たぬ)」は「~に満たない(満たぬ)」という慣用句の中で使われるということを指摘しているのだと思います。「慣用的用法」というのは「慣用上は認められている」という意味ではないと思います。このことは論文中の「慣用語的な言い方」という言葉からも推察されます。(とすれば、通用と慣用句とによる明確な使い分けなのだから「ゆれ」ていない、とも言えそう) 「西方のことばの侵入」については、「侵入」が穏やかでなく、No4の方がおっしゃるように「存続」、または「残存」「混入」とでも言ったほうが刺激が少なくて良いのではないかと思います。 ところで、よく「日本語の乱れ」が言われますが、昭和39年発刊のこの本でとりあげられている「ゆれ」の問題が、40年以上経った今でも「ゆれ」ている(つまりあっさり新しい語形に移行しない)ことを思うと、日本語のいわば基底部に当たるところは一面なかなか変化しないものだとつくづく感じます。 あまり回答になっていませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

締め切るに当たって 「行かせた」と「行かした」の件と合わせ、従来、私が一段活用で済ませてきた動詞の中には、本来、出自正しい五(四)段活用が相当混じっている事が、よく分かりました。当分、感覚は直らないでしょうが理論的背景を知ったので抵抗感が急速に薄れてはいます。ご報告まで。

質問者からの補足

問い掛け文が混じっているので、補足と解釈し、こちらに記します(お礼の欄だと少し長過ぎだそうです)。 >>「慣用的用法」というのは「慣用上は認められている」という意味ではない 流石よく私の心理を読み取って下さいました。解釈に苦しんだ理由は「慣用的用法」=「慣用上は認められている」と受け取ったことにあります。また、「西方のことば」を文語、古語と意識できず、欧文?漢語?関西語?と曖昧だったことによります。 私流に、こう大胆に書き直すと皆さんの助言や著者の意図に反しますか。分かったか否かテストをするから書いてみよ、と命じられた積もりで記してみます。 “通用している「満ちる」に対して、四段活用の「満つ」にも、<定員に満たない><意に満たぬやつ><一歳に満たない子>などの用例がある。通用している「足りる」に対して、四段の「足る」にも<取るに足らん><足ることを知るものはさいわいだ>などと言う。文語の影響が生きている言い方である。通用の「借りる」に対し、<人手を借らんでも>と言うことのあるのも文語の残滓であろう。通用の「飽きる」に対する、「飽く」は、副詞の「あくまで」を引くまでもなく、<飽きも飽かれもせぬ仲>と言い、なかば文語ふうに、<飽いてしまった>と言うこともあるようだ。” 文章の味わい加減は知りませんが、文意としては似たようなものに思えます。まぁまぁ、許容範囲に入りませんか。<満たない><満たぬ><足らん><足る>などは慣用句の中で使うという雰囲気を出しておかないといけないのでしょうかね。 問い掛け文になっていても特にご返事を求めるものではありません。看過できない記述があればご返事を下さいませ。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・「ゆれている文法」は借り物で読み始め、面白いので本日夕刻、買ってきました。最大の収穫は性急に正誤を言わず「揺れ」として捉えることを知ったことです。 ・「文法のもひとつ奥」」も読んでみると昭和10年代だけの文法ではないし、いまの文法でもあるし、多分もっと以前の文法でもあったのだと思います。「つまりあっさり新しい語形に移行しない」はつくづく、そう思います。 その他 ・>>「ゆれ」ていない、とも言えそう ・>>「西方のことばの侵入」については、「侵入」が穏やかでなく この2点にも賛成です。 有り難うございました。何時も難しいところで救われます。またの機会にもよろしくお願いします。

  • 回答No.3
  • suunan
  • ベストアンサー率14% (224/1569)

「>>「満ちる」に対して、四段活用の「満つ」にも、慣用的用法として、<定員に満たない><意に満たぬやつ><一歳に満たない子>などの用途がある。 ここの一句の文意が読み取れません。」 文意は簡単です。自説に該当する具体例を示しただけです。 「~どれもが文法には外れているが慣用上は認められている、と読むのが素直なのだと思います。」 その著者の文意に「それが文法に外れている」という意味は 含まれていません。「侵入」は、広い領域で統一されていた状態に 後から別のものが入って混ざったという物理的な順序やバランスを 示しているのであって、それが悪いとか間違っているという意味では ありません。活用が何段という記述はそれらが文法に 「外れていない」ことの説明です。 したがって、あなたの質問は、前提から間違っており 成立しません。 「なお、勘違い、錯覚などは何方様にもあることで回答に誤りがあることは一向に気にしません。」 それは相手が実際にその種の間違いを犯した後か、 自分が下位の相手のレベルを計るため答えさせる時に 述べる事であって、 本件のように自分より優れた判断を求める時に 使う文章ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

第一段落と第二段落について ANo.1のお礼の欄の(*)に疑義が挟まらない限り、ANo.1、ANo.2の適切な解説によって解決ずみです。 第三段落について そうでしたか。それはいけませんでした。気になる向きは無視して下さいませ。 質問を公開する時点で通り魔的な回答が付く事を覚悟すべきなのでしょう。それにしては3/420というのは、驚異的な低率です。417/420の方々には日頃から深く感謝しています。 有り難うございました。

  • 回答No.2

重ねての投稿、申し訳ありません、1番の者です。 訂正があります。 打消しの助動詞「ぬ」 と書きましたが、 打消しの助動詞「ず」 の誤りです。 「ぬ」は「ず」の連体形です。 申し訳ありませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こちらこそ申し訳ありません。

  • 回答No.1

「文法的に外れている(誤っている)」とは、どこにも言っていないのではないでしょうか。 筆者は、「通用する」「しない」を論点にしています。 標準語として一般的に「通用する」用法と、日本語として標準的といえるかどうかは疑問だが、慣用的には用いられていて、西日本訛りの影響もあろう用法とについて述べている文脈だと思います。 >「満つ」の未然形に打ち消しの助動詞「ない」が接続していると考えると文法に合っていませんか。 合っていますし、筆者もそう言おうとしています。 「満つ」はタ行四段活用の動詞です。 口語として考えれば「五段」と言っても間違いではないのでしょうが、「満と-ウ」というオ段の活用形が現実的には未然形に存在していないので、筆者は、そこを敢えて口語の五段活用であるといわずに、文語の四段活用であるといっているのです。 >文語の「満つ」と口語の「ない」が混交しているのが、いけないのですか。それとも、ここに誤りがあるとは述べていないのでしょうか。 ここに誤りがあるとは述べていません。 どこにも、「いけない」とは言っていません。 >2 <意に満たぬやつ>について。 文法上は「満つ」の連用形に「ぬ」が接続したもので、正しくは<意に満ちぬやつ>だと考えます。著者も、そう述べているのだと考えます。 違います。 口語の標準語の文法上というのであれば、タ行上一段活用の動詞「満ちる」の未然形に「ぬ」が接続して「満ちぬ奴」となります。 連用形に打消しの助動詞「ぬ」は接続できません(打消しの「ぬ」は未然形接続です)。 筆者は、「ない」であれ「ぬ」であれ、「満ちる」に打消しが接続する場合は、タ行上一段活用の「満ちる」の未然形ではなく、タ行四(五)段活用の「満つ」の未然形が接続する場合が、慣用的には多い、と述べているのですし、事実もこれに則しています。 筆者が比較しているのは、 「満ちる(タ行上一段活用)」 と 「満つ(タ行四(五)段活用)」 の両方の活用をもつ同義の動詞について、です。 以下の 「足りる」「借りる」「飽きる」も、「満ちる」と同様、全て上一段活用の動詞ですが、 「足り-ナイ」  「借り-ナイ」  「飽き-ナイ」 「足り-マス」  「借り-マス」  「飽き-マス」 「足りる」    「借りる」    「飽きる」 「足りる-トキ」 「借りる-トキ」 「飽きる-トキ」 「足りれ-バ」  「借りれ-バ」  「飽きれ-バ」 「足りろ(よ)」 「借りろ(よ)」 「飽きろ(よ)」 (ただし、「足りる」の命令形は、意味上、存在しえないでしょう) の上一段の活用のほかに、 「足ら-ナイ」  「借ら-ナイ」  「飽か-ナイ」 「足り-マス」  「借り-マス」  「飽き-マス」 「足る」     「借る」     「飽く」 「足る-トキ」  「借る-トキ」  「飽く-トキ」 「足れ-バ」   「借れ-バ」   「飽け-バ」 「足れ」     「借れ」     「飽け」 上のような、四(五)段活用としての活用ももっている、「マルチ動詞」の仲間だといっているのです。 ただし、口語の文法では、「ない」「ぬ」に接続する時以外は、これらが四(五)段活用を起こす例はないでしょう。 格言やことわざは、文語のうちと考えるべきだと思いますので。 (「足るを知る」「虎の威を借る狐」等)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ANo.2も拝見済みです。合わせてお礼を述べます。 質問文の2は、とんでもない誤りに気付きました。質問を1、2に分ける必要はなく、2も1に吸収されるべきでした。 原因は「ぬ」「ず」です。とうとう、ヤッテシモウタといったところでしょうか。(*)の認識がない時点では、何処かしらに文法上の誤りが有る筈だとの呪縛が災いして2をデッチ挙げたのかも知れません。私は信用の置けないヤツだと自覚しました。 >>日本語として標準的といえるかどうかは疑問だが、慣用的には用いられていて、西日本訛りの影響もあろう用法・・・・・・・(*) この一言で、多分全面的に解決したと思います。 <定員に満たない><意に満たぬやつ><一歳に満たない子>、これらが「標準的といえるかどうかは疑問だ」とは些かも考えていませんでした。<満ちない><満ちぬ>同様、全く標準化しているとばかり受け取っていました。また、これらが「西日本訛りの影響」だとも知りませんでした。そのため、何故わざわざ慣用と断るのか理解できず辻褄合わせに悩みました。(*)の事情があるのであれば、よく読み下せます。 (*)に異論のある方があってはいけないので、念を入れる意味で24日(日)までは締め切らないでおきます。 有り難うございました。またの機会にもよろしくお願いします。

質問者からの補足

締め切るに当たって 識者にとってはANo.1、ANo.4、 ANo.5は同じことを述べていて差異はないのかもしれません。仮に、著者が何番の回答を読めば原文に手を入れる気持ちになりそうか。この視点で2つを選びました。何れ劣らぬ善意に兄弟の序をつけるのは忍びないですが、システムの上から止むを得ないのでポイントの件は、ご勘弁下さいませ。

関連するQ&A

  • 英歌詞が書きたいんですが

    作曲をした曲のメロディーに 日本語の歌詞だとしっくりこなくて 英語の歌詞にしたいなと思っているのですが 僕の書いた英文の 文法とか語法とかがあってる気があまりしません 無理矢理にだと一応訳せると思うんですが たぶん、しっかり英語を勉強してる人にみせると やっぱりおかしいと思われるかもしれません ちなみに高校レベルでは英語の成績はいいほうです でも、僕は英語の歌詞で明確なメッセージとかじゃなく なんとなく雰囲気が伝わればいいんじゃないかとおもっているので そんなにかっちりした英文じゃなくていいんじゃないかと思っています。 伝えたいことは僕のやった日本語訳で伝わると思うし けど、聞くがわに立ったとしたら文法の誤りなどは気になるものなのでしょうか 僕の場合だと、日本人で英語で歌ってるバンドとか聞いてて 歌詞とか訳とか一応みても 英文自体をあまり気にしたことはないんですが 皆さんの場合はどうなんでしょう 歌詞の英語はしっかりしてたほうがいいですか? しっかりしていなくても大丈夫ですか? 拙い文章ですいません ご回答おまちしています

  • 回答者は学校英語、受験英語に詳しい人がベストだ!

    ※ 日本語は理解されていると思います。質問に対する回答以外は利用規則違反です。 日本では学校英語(学習用辞書、文法書・参考書)などで、間違った英語を教えられています。参考図書として以下に二点挙げておきます。 「日本人に共通する英語のミス121」 ジェイムズ・H.M. ウェブ (1991/11) 日本人に共通する間違いのうちのいくつかは、中学校や高等学校での誤った教え方によるものだったり、間違いや旧式の英語が多い教科書と和英辞典を使っていることによるものだということがわかりました。本書には著者が気づいた、日本の大学生や大学を卒業した人の間違いの中から共通してひんぱんに繰り返される121の間違いを集めました。 「英文法 日本人が繰り返す200の間違い」 外国の文法書を徹底的に研究したところ、日本で教えられている英語、特に学校英語の文法に、間違いや思いこみ、誤解の多いことがわかった著者が、それに気づかせてくれる200の例文を通して、これまで繰り返してきた間違いを正していきます。 一般の英語学習者、仕事上英語を使われる方は「ここがおかしい日本人の英文法」などで間違いを正すよう努力されていると思います。 ■ 質問です。■ 1. このサイトなどでの質問、英語教室などで、日本でしか通じない英語を教えてもらいたい人がいらっしゃいますか? 2. 質問者の方は日本で教えられている英語に忠実な回答者を望みますか? それとも英国英語、米国英語の用法に通じている方を望まれますか?

  • 関係代名詞の継続用法(as)について質問です

    問題集にあった、以下の問題について質問があります。 (A)Even our closest living relatives, the great apes, do not speak and, (_____) is more important, cannot speak. 選択肢: 1:that 2:what 3:which 4:as とあり、正解は2のwhatが入ると書いてありました。 「what is 比較級…」という慣用表現があり、whatが入ることに疑問はないのですが、 4のasがなぜダメなのかが分かりません。 asも似たような継続用法で、文頭・文中・文末のいずれでも使用でき、 文全体を先行詞として修飾する働きがあると参考書にありました。 (B)Oil and water do not mix, as we all know. みんなが知っているように、油と水は混ざらない。 (B)でasの代わりにwhatは使えないとしても、(A)ではasでもwhatでも文法・文意ともに 違いがないように思えます。 もしこれらのwhatとasの間に違いがあるのでしたら教えて欲しいです。 また、勘違いがあればその指摘をしてもらえると嬉しいです。 どうかよろしくお願い致します。

  • ▽空き家対策と待機児童解消策の組み合わせ案について

    ▽町内の空き家を小規模認可保育所(定員最大10名位)として 活用する政策に地元の町役場が待機児童解消の為に取り組んだら どうかと思います。 都内の自治体では、そういった政策に取り組んでいる実例があるよう ですが、この場合、町職員の担当者は、具体的にどういう仕事をすれば 良いのでしょうか?つまり(小規模)保育所事業者をどうやって誘致する のか有効な方法はありますか?既に町内にある社会福祉法人の経営する 保育園の分園という形で小規模認可保育所を運営して貰うと言う訳には いきませんでしょうか?また都内では、空き家の土地建物は、保育事業者が、 賃貸借契約をして、賃貸料を100%支払うのではなく、町から何%か 補助金を出して支援しているのでしょうか?更に町内の空き家が 町立保育所になる事はありえませんか?あと我が子をこうした空き家を 活用した小規模認可保育所に預けたいと思いますか?更に我が子を こうした空き家を活用した小規模認可保育所に預けておられた方おられ ますか?保育料はいくら位でしたか?良かった点、不満だった点など どうでしたか?ぜひ教えて下さい。ご回答宜しくお願い致します。

  • 憎っくきは文語表現の促音便形という説?

    国語の文法を勉強しているのですが読んで混乱してきました。 「憎っくき」ってどういう意味ですか? http://okwave.jp/qa/q7189213.html 現時点で参考になったが1件付いている投稿なのですが。質問本題に関する事なので気になりました。 >『No.4 回答者:kawaokame 回答日時:2011/12/14 13:39 文語表現(昔言葉)の一種ですね。 「憎い(現代語・終止形)」の文語形が「憎し(終止形)」です。 「憎し」の連用形が「憎き」です。 「憎き」の促音便形が「憎っくき」です。 >憎さがつのると、「憎い」や「憎き」よりも「憎っくき」と文語促音便形のほうが良く似合います。』 という内容ですが、良く似合う促音便形とは何でしょうか。 「憎っくき」は「憎き」の促音便なのでしょうか。 「っ」=「促音便」という事はありませんよね。促音と音便と活用形が合体しているみたいに感じますが。音便形という言葉もあるのでしょうか。 >『 No.7 回答者:kawaokame 回答日時:2011/12/15 09:13 #4です。 回答が変な方向に曲がってしまいましたので、方向を真っ直ぐに(「真直ぐに」と書いてマッスグニと読んでも構いません(笑い))直します。 日本語の振り仮名の大原則は読者に読んでほしいように振ることです。 屁理屈は通用しません【笑】。』 振り仮名というのもさっぱりわかりません。 多くの人が参考にする質問サイトですので、質問の本題に対しては、正しい回答が残されるよう願っております。どうぞよろしくお願いします。

  • 慣用句をよく間違えます

    例えば、先ほどもLINEで「なんだかんだいってたくさんお世話になった」という文章を相手に送った後で、なんとなく違和感を覚え検索したところ、なんだかんだいって=つまり、結局という意味らしく、「なんだかんだお世話になった」が正しい表現のようでした。 相手にこちらのだいたいの言いたいことは通じると思うのですが、日本語の使い方が間違っている自分が許せません。 使い慣れていない言葉を無理に使おうとして、このような間違いを犯してしまうのだとおもうのですが、どうしたらいいでしょうか?

  • 慣用句について

    慣用句で調べてもわからないことがあります。 あたら惜しい{ ? }を落とした。 何が当てはまるのでしょう? 教えてください。

  • この慣用句はありますか

    意味に 「結果よりも過程が大事」 というのを持った慣用句はなんですか? ある気がするのに思い出せません。 よろしくお願いします。

  • 慣用句

    『日進月歩』と同じ・似たような意味のある英語の慣用句はありますか?

  • 慣用句についてです。

    ( )に漢数字を入れて、慣用句を完成させたいのですが・・。 (1)( )国( )の花嫁・・世界一の花嫁という意味。 (2)( )の( )のいう・・あれこれ面倒なことを言うという意味。 誰か教えてください。よろしくお願いします。。