• 締切済み
  • すぐに回答を!

異時共同不法行為と後遺障害&逸失利益について…ご教授下さい

ss77さん、いつも適切なアドバイス有難うございます。 ところで「もし後遺障害が残れば両方の自賠責から保険金を受け取る事が可能となります。が、二重の受け取りは出来ません。限度額が2倍になるとお考え下さい」の部分ですがどういう意味(法律的な解釈)なのでしょうか?限度額が2倍になるという意味では嬉しい話なのですが、限度額って決まってるんだと理解していましたもので。あと、逸失利益についても後遺障害と同様に理解してもいいのでしょうか?(1)逸失利益についても(2)休業するまでの所得もその後の稼動期間(67才まで)とういのも(3)後遺障害等級決定後のライプニッツ係数も… 何が何だかさっぱりわかっていません。申し訳ありませんが素人にご教授出来るレベルにてお願い申しあげます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.5
  • tpedcip
  • ベストアンサー率47% (368/776)

自賠責は等級による慰謝料は決っています。 しかしNo.1にも書いているように、 419600円×12ヶ月=503万5200円)×0.14×16.7112=1178万0192円となります。 そこで448万円-93万円は355万円。 355万円<1178万0192円となりますから355万円と、慰謝料の93万円を加えて合計448万円が支払いされる事になります。 これは一社分で、貴方の逸失利益は1178万円ですから1178万円-355万円はもう一社分の448万円より大きいので、限度額の488万円が支払いされます。 二重取りにはなっていません。 後遺障害の保険金は我々がとやかく言うことでは有りません。 2社同時に請求すれば良いのです。 後は自賠責損害調査事務所の仕事です。 ここが異時共同不法行為に該当するかしないか決定します。 請求しなければ異時共同不法行為の調査もしません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • tpedcip
  • ベストアンサー率47% (368/776)

数字を羅列していますが、勘違いしないでくださいね。 500万円×0.27×14.0939=1902万6765円等は完全に貴方の主張が認めらた場合です。 対人保険でも、人身傷害保険でも、当然粉センや裁判においても絶対に認められると言う数字では有りません。 保険会社は当然安く抑えようとして、労働能力喪失期間を短く設定してきますから、後は貴方の交渉力、立証次第と言う事も忘れないで下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

tpedcipさん、いつも的確なアドバイス有難うございます。誠に素人的な発想なのですが、一つ質問させていただいても宜しいですか?異時共同不法行為の場合、2つの自賠責会社にそれぞれ請求をするという意味で請求額が結果的に2倍になるのはわかりましたが、これって逸失利益も同様に2箇所に請求できるのですか?重複での請求は出来ないという意味では逸失利益は2箇所の自賠責会社に請求できない気がします。そこで…逸失利益を請求する場合には、まずどちらの自賠責会社に請求するのでしょうか?(1)最初の自賠責会社?(2)2回目の自賠責会社?(3)いずれでも結構? どちらにしても後遺障害等級を決定してもらうことが先でしょうが。 ア.後遺障害申請はどちらの自賠責会社に先にすべきか? イ.逸失利益は2箇所の自賠責会社に請求できるものなのか? 以上2点、何卒、宜しくお願い申しあげます。(申し訳ありません)

  • 回答No.3
  • tpedcip
  • ベストアンサー率47% (368/776)

私ならどうするかと言う質問ですが、私なら人身傷害保険に請求します。 慰謝料200万円、逸失利益:569万6400円×0.27×14.0939=2167万6812円。 合計2367万6812円になりますから。 ごらんのように裁判所の基準に可也近付きます。 人身傷害保険のからくりは、実収入または年齢別平均賃金の年相当額のどちらか高い方で計算されるからです。 そこで42歳の年齢別平均賃金は47万4700円、年収にすると569万6400円になります。 示談でも、粉センでも、裁判でも、いずれにしても慰謝料や逸失利益で揉めるのは判っていますので、同じ揉めるなら簡単な方を選びますね。 駄目なら相手の保険会社に矛先を向ける事も可能ですし、粉センや訴訟も視野に入れておきます。 先ずは自賠責に被害者請求でしょう。 支払請求書兼支払指図書や印鑑証明書はさておき、後のものはコピーで可能ですから、簡単と思います。 1社には正本を、もう一社には上記の物を省いてコピーを送ります。 正本を発送した自賠責会社には、確認後、もう一社の方に送ってくれと書く添えておけば良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • tpedcip
  • ベストアンサー率47% (368/776)

自賠責の基準では461万円になります。 慰謝料が187万円、逸失利益が274万円が内訳です。 異時共同不法行為ですから2倍の922万円です。 任意保険の基準で慰謝料は200万円、裁判所の基準で550万円です。 逸失利益は500万円×0.27×14.0939=1902万6765円となります。 0.27は労働能力喪失率、14.0939が労働能力喪失期間25年間のライプニッツ係数です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

tpedcipさん。的確なアドバイスありがとうございました。 年収500万(事故直前の収入)で10級が認定されれば…という想定で伺ってみました。大変参考になりました。つまり、10級が認定されれば、 (1)任意保険の基準で慰謝料は200万円 (2)裁判所の基準で550万円 (3)逸失利益は500万円×0.27×14.0939=1902万6765円 (1)か(2)のいずれかに(3)が加算された額という意味なんですね? 尚、請求は自賠責保険会社に直接請求しようと考えております。 以上、2点は如何でしょうか?tpedcipさんから見てどういった方法がスムーズに行けるでしょうか? 何卒、宜しくお願い申しあげます。

  • 回答No.1
  • tpedcip
  • ベストアンサー率47% (368/776)

1.自賠責の限度額が2倍になると言うのは、1回目に自賠責と2回目の自賠責、両方に請求できる為です。 自賠責の限度額は、例えば12級であれば224万円ですが、両方に請求できる為、倍の448万円となる訳です。 2.逸失利益についてですが、先ずは慰謝料について。 12級の慰謝料は93万円です。 これは両方に請求できたとしても変わりません。 逸失利益ですが、以前はこれに特化して回答していますので、もう少し詳細に回答します。 貴方の年齢が30歳、年収が350万と仮定します。 自賠責の考え方は「35歳未満であって事故前1年間の収入額を立証することが可能な者」については、 「事故前1年間の収入額、全年齢平均給与額の年相当額(419600円×12ヶ月)及び 年齢別平均給与額の年相当額(370600円×12ヶ月)のいずれか高い額」とされています。 一番高い金額は全年齢平均給与額の年相当額ですから、 (419600円×12ヶ月=503万5200円)×0.14×16.7112=1178万0192円となります。 そこで448万円-93万円は355万円。 355万円<1178万0192円となりますから355万円と、慰謝料の93万円を加えて合計448万円が支払いされる事になります。 ※12級の場合、殆ど以下のような事はありませんので、あくまでも例えとして以下を読んでください。 35歳で年収150万円の場合、 150万円×0.14×15.8026=331万8546円です。 355万円>331万8546円となりますから93万円と331万8546円の合計額428万8546円がが支払いされます。 3.休業するまでの所得もその後の稼動期間(67才まで)とういのも・・・ 休業するまでの所=事故前の所得の事と思います。 これは「休業損害証明書」および「源泉徴収票」で証明します。 通常は事故前の源泉徴収票で年収を出します。 しかし、就職後3ヶ月とか言うような場合は出せませんので「休業損害証明書」から1日の額を出し、365日を掛けて年収を出します。 労働能力喪失期間は症状固定日の年齢を67歳から引いて出します。 これは裁判の実務であり、自賠責もこれにならっています。 70際まで請求可能ですが当然却下の憂き目に会います。 55歳以上は平均余命の1/2で計算します。 4.ライプニッツ係数は労働能力喪失期間に対する係数です。 例えば10年後に100万円を貰う物を、今貰うとすれば当然利息分は引かなければなりません。 逸失利益も例外ではありません。 1年後、2年後、3年後という風に貰う物を一度に貰うわけですから、利息分を差し引きします。 40年後の係数が17.159となるのは、利息分を複利計算で差し引くためです。 年5%で計算しますから、被害者にとっては損ですが、これも最高裁が認めた金利ですから仕方ありません。 金利を単利で計算する方法(ホフマン係数)というのもありますが、最近の訴訟では殆ど認められていません。 因みにライプニッツ係数の算出式は{ 1 - 1/(1+0.05)^n } ÷ 0.05出だします。 nが労働能力喪失期間です。 ここまでしなくともライプニッツ係数の「年金原価表」と言うものがありますので、検索すれば直ぐに出てくる筈です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつも的確なアドバイスありがとうございます。因みに10級で年収500万円、42才の場合について後遺障害慰謝料及び逸失利益の額に教えていただければ幸いです。最後になります。何卒宜しくお願い致します。

関連するQ&A

  • 後遺障害14級9号の慰謝料と逸失利益について。

    認定された場合、自賠責保険だと後遺障害慰謝料75万円の中に逸失利益32万円も含まれていますよね?(つまり、慰謝料43万円逸失利益32万円) (1)自賠責保険の限度額を超えて任意保険になった場合、裁判基準だと後遺障害慰謝料110万円の中には逸失利益は含まれていないんですか? つまり、慰謝料110万円の他に逸失利益を請求できるということでしょうか? (2)自賠責保険の75万円が不服の場合は紛センなどで増額が可能でしょうか?

  • 後遺障害の逸失利益の係数についてなのですが、新ホフマン係数とライプニッ

    後遺障害の逸失利益の係数についてなのですが、新ホフマン係数とライプニッツ係数の2種類がありますが 新ホフマン係数の方が数値が大きいので、新ホフマン係数を使って請求をしたいと思っています。 調べてみると、最近はライプニッツ係数の方が採用されている傾向にある様なのですが 新ホフマン係数を使っての請求は認められないのでしょうか?

  • 後遺障害の逸失利益の算出に使われる係数についてなのですが、新ホフマン係

    後遺障害の逸失利益の算出に使われる係数についてなのですが、新ホフマン係数とライプニッツ係数の2種類がありますが、新ホフマン係数の方が数値が大きいので、新ホフマン係数を使用して請求したいと考えています。 最近の傾向では、ライプニッツ係数の方を使われる傾向がある様なのですが・・・ 実際のところ、新ホフマン係数を使っての請求は認められるのでしょうか? (※ おそらく、京都地裁になると思います。)

  • 交通事故の示談・後遺障害逸失利益+慰謝料について。

      「後遺障害逸失利益+慰謝料」に関する点での、 損害賠償額の提示金額が妥当かアドバイスいただければと思います。 ■事故当時26歳・症状固定時27歳。家事従事者(主婦)。 先日、頚椎捻挫にて後遺障害等級14級9号の認定がおりました。 (被害者請求後、既に自賠責より75万入金済み。) 任意保険会社からの損害賠償額の「後遺障害、逸失利益・慰謝料」は、 全年齢平均給与額(全国計・学歴計)=275,100円の、 喪失期間2年で計算、計706,913円となっており、 自賠責との差額が無い(自賠責基準額が上回っている)ため、支払いは無い、との事でした。 喪失期間が「2年」というところが引っ掛かるのですが、 妥当なのでしょうか? 皆様のお知恵を拝借いただきたく、よろしくお願いいたします。   

  • 交通事故の後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益について

    後遺障害14級09号の示談後に12級13号が認定されたんですけど、追加請求できるのは後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益だけですか? 示談書には14級09号以上の等級が認定された場合は別途協議するという条項があります。 (1)追加請求できるのは後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益だけですか? (2)そしてその際に、12級13号の後遺障害慰謝料290万円から(既に入金された14級09号の後遺障害慰謝料110万円)が差し引かれて、支払われるのは180万円になるんですか?(紛セ基準) (3)後遺障害逸失利益は12級13号の場合の14%×7.72から(既に示談している14級09号の場合の5%×4.32)が差し引かれて、9%×3.40が適応されるんですか? ご回答をよろしくお願い申し上げます。

  • 後遺障害の逸失利益について質問いたします。

    後遺障害による逸失利益は、以下の計算式によって算出されますよね。 (基礎収入)×(労働能力喪失率)×(労働能力喪失期間に対するライプニッツ係数) 当方36歳男性、10年前にリストラされそれ以来デイトレーダー(個人投資家)をしています。 儲けがある年とない年があります。 源泉徴収票は4年前のものしかありません。(年間所得金額70万円) (1)この場合、14級9号が取得できた場合の逸失利益はいくらになりますか? (2)賃金センサスは自営業に分類されますか? (3)全年齢平均の賃金センサスを用いることは可能ですか? 以上、ご回答をよろしくお願いいたします。

  • 後遺症障害の逸失利益について

    100/0の事故で 額に傷跡が残り 後遺障害9級16号に認定されました。 しかし保険会社には 慰謝料は払うが 額の傷なので逸失利益は認められないと言われました 本当にそうなんでしょうか? 弁護士や紛争センターに相談したほうが良いのか悩んでいます。  どうか教えてくださいお願いします。ちなみに35歳の女性でパートです。

  • 後遺症障害の慰謝料と逸失利益の金額

    こんにちは。いつもお世話になります。 昨年9月に娘(高校生)が事故に合い顎に怪我をしました。 過失割合は10:0(相手:娘)です。 傷跡はギリギリ3cm有り、先日後遺症障害12級の認定がおりたようです。 それで今度の火曜日(6月12日)に保険屋さんと話をする約束をしました。 そこで、保険屋さんが提示してくる金額が妥当なものなのかどうか、 また、話をしていく上で注意しなくてはいけない事など、教えていただけると嬉しいな と思い質問しました。 自分なりに調べてみたところ、 【後遺症障害12級】で224万 とか、290万とか・・・。 弁護士基準だと高額になるようですが、その為には弁護士さんに間に入ってもらわなくてはなかなか通らないものなのでしょうか? 逆に224万よりも低い金額になる事も有るのでしょうか? また、逸失利益というのはこの224万とは別に請求できるものですよね?あるサイトで調べてみたところ 【後遺障害の場合】 年齢      17歳 年収      2,961,500円(高校卒女子) 労働能力喪失率 14.000000000000001% ライプニッツ係数(年利率:5%)を選択 17歳から67歳まで50年間に対応するライプニッツ係数 18.25593 17歳から18歳まで1年間に対応するライプニッツ係数 0.95238 【計算式】 2,961,500×(14/100)×(18.25593-0.95238)= 7,174,224円 というすごい金額が出てきました。まさかこんなには貰えないとは思いますが(笑) 今後大学にも進学するつもりですが、やはり大卒女子の平均では請求できないですよね? ・・・というより、今現在ではまだ高校も卒業していないのでもしかして中学卒の計算になってしまいますか? ただ、外貌醜状の場合逸失利益はあまり出ないという話も聞きます。 全くおりなかったりもするのでしょうか? 他に治療までの期間14日で通院日数はちょうど7日間だったので 14×4,100=57,400円も請求するつもりです。 病院の治療費は全て立て替えていただきました。 物損の方の示談は済んでおります。 あと他に・・・・何か請求できるものはありますか?

  • 逸失利益の請求は出来ますか?

    昨年12月に事故に遭い、約半年間治療を行い顔面の醜状痕で後遺障害等級14級10号(男性ですので)の認定を受けました。現在保険会社との示談交渉中で、最近賠償金額の提示がありました。傷害慰謝料、休業損害、治療費などは提示金額に問題は無いのですが、後遺障害慰謝料の提示が750,000円で、これは自賠責の上限金額です。保険会社の担当者に任意保険の逸失利益の保証は無いのかと確認したところ男性の顔面醜状痕には、逸失利益の保証はしない決まり(保険会社の判断)になっているとの返答でした。この場合、一般的に逸失利益の請求はしても貰えないものなのでしょうか。教えてください。

  • 異時共同不法行為と後遺障害申請について

    交通事故の被害者(当方無過失決定)として通院中にまたまた事故被害者(今回も停止中に横から衝突されてまたも当方無過失)となってしまいました。 初回の事故では間違いなく後遺障害が発生すると主治医に当初から告知されていました。この件で異時共同不法行為が成立(医師穂診断で同部位に再度負傷したとの診断が出てます)して今回の事故の任意保険会社が全て引き継いだのですが、症状固定後は後遺障害申請を自賠責会社2社に請求するんですけど…後遺障害慰謝料は2社から頂けるみたいなのですが、逸失利益分についてはどちらの自賠責会社が出すんですか? どなたかご存知又は経験者の方或いは知識者の方、宜しくお願い致します。