• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

血液一カ所にが集まるとは?

食事後にいに血液が集まるとか、 炎症は血液が集まって赤くなったものとききますが、 そもそも体を循環する血液が一カ所に集まるのは不思議な来もします。 その原理はどういうものなのでしょうか? つまりどうして一カ所に集まることができるのでしょうか? また、集まった場所には血液中のすべての成分が同等に結集するのでしょうか? 医学素人です。

noname#2813

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数448
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • yoyoyo
  • ベストアンサー率22% (133/601)

その部分の血管が広がって、前よりもたくさんの血液が流れるようになる、という意味です。 食後は胃の運動が活発になるため、胃の筋肉では空腹時よりもたくさんの酸素が必要になります。 ですから、よりたくさんの酸素を筋肉に補給するため、血管が広がるのです。 炎症も、その部分の血管が広がっていると考えればいいと思います。 (実際はそれだけじゃないんですが) 確かに、血液は体を循環していますが、その部分にいつもより多く流れるということで、 相対的に「集まる」という言い方をしてるんだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。素朴な疑問の一つでしたがたいへん良く理解できました

関連するQ&A

  • 死人 血液 新鮮度

    医学については素人なのですが、気になったので質問します。 死人の血液はどのくらいの時間まで、血液検査などに使えるのでしょうか? 一時間ほどで硬直が始まって、血液も駄目になってしまうのでしょうか? 回答お願いします。

  • 成分献血で体に戻す血液にはどんな液が混ぜてあるのですか?

    成分献血では、一度血液を体から抜き必要なものを抜いたら、残りを体にまた戻すのですが、体から抜いた血液から必要なものを抜いたあと、体に戻す血液の中にその血液が凝固してしまうのを防ぐため、なにか液体(薬?)を入れると聞いたのですが、その液体はどんなものなのでしょうか? 人によってはその液体によって唇がはれてしまうこともあるようで、無害ではあるようなのですが、それがなにか知りたいのでご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。 ちなみに、成分献血何十回もしている方もたくさんいるようなので、気にする必要はないのですが、今度成分献血をしようと思っているため、ちょっと心配になったもので。 赤十字に聞けばいいとは思いますが、こちらで質問させていただきます。

  • 血液どろどろ

    テレビを見ていますと、やたらと「血液さらさら」を謳ったサプリが売られています。 以前、医学番組か何かで、「血液は体が自動的に調整するから、粘度が増してどろどろにはならない」という医師のコメントを聞いたことがあります。 実際には、例えば片栗粉で固めたような状態になるのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

まだ見てるかな?補足があったのにきづかないでご免なさいね。 さて、血管外に出るというのは、細胞の中に貯まるということではなく、細胞同士の隙間に貯まるということです。 そうすると、その部分の体積が増えるので、結果的に血管を締めつけて血の巡りが悪くなり、極端な場合、栄養や酸素が不足してどんどん状態が悪くなります。そうすると治りにくくなるし、また、ばい菌などで炎症を起こしてる時は、体の免疫機構が負けて、細胞が死んでしまい、化膿してしまいます。 あと、ほかの人の返事に書いてあった好中球、好酸球、好塩基球ですが、これらは、酸性のものを食べるとかじゃなくて、顕微鏡で見ると、小さなつぶつ(顆粒)をいっぱい持ってるんですけど、この顆粒が、酸性の色素によく染まるのか、塩基性色素によく染まるのか、という分類です。まあ、よく染まるのだから、食べてるのかもしれないけど・・・これは白血球に聞いてみないと判らないですね。 私は、族にバソーと呼ばれる好塩基球が大好きです。濃い藍色のブドウの房がまるくなったような恰好です。ちなみに、好酸球はエオジノと略されオレンジ色~真紅のまるいブドウの房みたいです。好中球はノイトロと呼ばれ、ピンクの細かい顆粒で、さらに、細胞の中の核の形でスターブ、とセグと略されるものがいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指摘ありがとうございます。 名前からかってに勘違いしてましたね(汗)。 とても勉強になりました。

  • 回答No.4

まず、食後の血液量の増加についてですが、yoyoyoさんも記述のとおり空腹時には胃は休憩状態にあるわけです。よって血液量はさほど必要がない訳ですが、食後は要は異物が体内に侵入してくるわけですから、それを消化、吸収(吸収のメインは十二指腸及び小腸ですが)する訳ですから、その時に酸素が必要になる訳で血液量が胃に増加するわけです。補足ですが最も重要なエネルギー源はATPと言われるもので、これは各細胞のミトコンドリアによって生成されるわけです。ATP生成には酸素及び糖が必要となりますが、それは通常の呼吸で供給されます。酸素を運ぶのは赤血球ですから、赤血球のなかにヘモグロビンというのが存在してそこから供給される訳です。胃の血液量増加については一時的なものなのでなんら影響はありませんよ。食後にはよく眠くなりますが、それは血糖値が上昇するためです。血糖値が上昇すると眠くなる作用が現れます。だから、食後はよく眠くなるわけです。 胃に関する血液増加に関しては理解頂けましたでしょうか? 次に炎症についてですが、炎症自体は細菌及びウイルスが関与しています。 細菌の場合にはリンパ球のE細胞が指令を出してリンパ球のB細胞が主に関与していて、そのB細胞からの指令により白血球(マクロファージ、好中球、好塩基球、好酸球)が細菌を取り込んで退治するわけです。また、ウイルスに関してはリンパ球のE細胞が関与していて各細胞(マクロファージ、好酸球、好塩基球、好中球)に指令を出して取り込んで退治する訳です。炎症の時に赤くなるのはマクロファージ等の死骸によりもので、それは徐々に吸収されて腫れ等が収まって行く訳です。 専門的になりましたがご理解頂けましたでしょうか? また、分からないことがあったら質問してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても分かりやすかったです。 好中球の名前も不思議に思ってましたが、好酸球、好塩基球があるということは中性のものを食べる白血球なんでしょうね。 ありがとうございました。

  • 回答No.3

 炎症についてだけ。  炎症は、外傷などの部分から例えば細菌等が侵入したときにおこります。まず、侵略された、と感じた周囲の細胞がSOS信号を出します。(化学物質です。)次に、この信号を受け取った近隣の血管は、戦闘員となる好中球やマクロファージといった血液成分を呼び止めるために、血管の内側に目印を出します。(これも化学物質です。)好中球・マクロファージは目印に結合すると、近くで侵略があったことを知り、血管を抜け出して戦場へと移動を開始します。すなわちこの場合は、好中球・マクロファージ等は実際に集合するが、赤血球は流れ去ります。常にすべてが集まるとは限りません、場合によりけりですね。ただ、流量は多くなるので赤く見えるわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 成分それぞれの役割がとても良く理解できました。

  • 回答No.2

yoyoyo さんにちょっとだけ補足します。 あと、流れが悪くなって滞留するって場合もありますね。 基本的には血液の全ての成分が同時に結集するんですけど、特にこの場合には液体の成分なんかは、血管の隙間などから外に染み出したりするけど、固形成分(赤血球などの細胞等)は中に貯まるので濃縮されて、いわゆるどろどろな状態になり、悪影響を及ぼします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 ところで、液体成分が血管の外に出るというのは細胞の内部にはいるということでしょうか? 細胞に対してはどのような影響があるのでしょうか?

関連するQ&A

  • ヒトの体内の血液のめぐりかたについてお教えください。

    ヒトの体内の血液のめぐりかたについてお教えください。 1 体循環と肺循環がありますが,肺胞から酸素を受けとる血管と肺胞の細胞でできたアンモニアを受け取る血管は,それぞれ別で,肺循環専用(右心室をでて左心房に帰る),体循環専用(左心室をでて右心房に帰る)の2系統の血液循環があるということなのですね。肺胞には,体循環用の血管も行っているということでいいのですね。 2 酸素は動脈内に,二酸化炭素は静脈内に入るということでいいのでしょうが,小腸で吸収される栄養分や,細胞でできたアンモニアなどは,動脈に入るのか,それとも静脈にはいるのでしょうか。 3 そもそも,右心房に戻ってくる血液は,2酸化炭素が多い静脈血100%だ思いますが,右心房の中に戻ってくる血液は,アンモニアや尿素を含むものと,栄養分を含むものなどごっちゃなのでしょうか。

  • 血液データに関して

    最近体の調子が悪くて 病院に行って今回で3回目の 採血なんですが 血液のデータって そんなに変動するのですか?? 5.24 WBC 9640 Neu 84.8% lym 9.6% 5.28 4300 46.5% 42.5% 6.2 4280 21.1% 66.3% でした リンパ節にゴリゴリしたものが できていますが 前エコーで検査した時には 炎症と言われました でも治らないです(/_;) 炎症反応は今回ありませんでした.

  • 血液型別の食事

    血液型別の食事 血液型別で体に合う食べ物があるらしいのですが、どれが信憑性高いですか? 全ての血液型教えて下さい!! あと、AA型とAO型の違いと BB型とBO型の違いってありますか? 宜しくお願いします<(_ _)>

  • 蚊は自分で血液を生成することが出来ないのでしょうか

    特にメスの子を身籠ってる蚊は人の血を吸うと言いますがそもそも、蚊以外に、よその血をもらって生きてる(血液の元になる食べ物を食べて体で作ってるのが大体で血自体は吸ったりしない)そもそも、人どうしでもそうですが、血液にも型があったり、他の動物の血をすすったり体内に入れたら炎症が起こって然るべきなんだけど、蚊は何故それがないんでしょうか?

  • 血液検査に詳しい方教えてください。

    血液検査に詳しい方教えてください。 わけあって一ヶ月くらい前からダイエットをはじめました。運動を毎日して、食事制限もしました。野菜中心で米などの炭水化物を極力とらず、それでも一日3食たべていました。 三週目くらいから、体がだるく、疲労感がすごく、立ちくらみもよくありました。そして、運動ができなくなりました。おそらく、肝機能が低下していたか、貧血ぎみだと思います。 それから、一週間後に血液検査があるのでさすがにやばいと思い、一週間は普通に食事をとりました。 普通に食事を採り始めて2,3日は体のだるさ、疲労感はとれず、4日目くらいから徐々に回復してきました。そして、検査の日、体調はなんとかよくなったという感じです。 わけあって検査の結果を自分は知ることができないのですが、なにか異常がでてる可能性はあると思いますか? 三週目くらいに検査をしたら、確実に異常が出ていたと思われます。一週間普通食を食べただけで、普通の状態に戻るとおもいますか? 因みに普段は健康です。 宜しくお願いします。

  • セル・サルベージ(血液回収)

    医療関係者の方にお聞きしたいことがあります。将来、手術をするのに輸血ではなく、セル・サルベージ(血液回収)を行いたいと思います。テレビを見て輸血の危険性を知り、最近、輸血を受けない人が増えてきていることを知り、輸血以外の方法はないかと調べましたら、ある本にセル・サルベージ(血液回収)について書かれていました。そこには、「手術の際、失血の量を減らすのに外科手術の際、傷口や体腔から血液を回収しフィルターにかけてから患者の体内に戻す」ということが書かれていました。 体腔について調べたのですがよく分かりませんでした。辞書には「哺乳類では横隔膜により胸腔と腹腔に分かれる。」と書いてありましたが、セル・サルベージ(血液回収)の体腔とは、違うような気がしました。 体腔は、体のどの部分にあり、体腔は、どういうものなのかを教えてもらえませんか? *人体図の中から体腔の場所が分かる本、あるいは、ホームページを教えてもらえませんか? 医学の知識や人間の体の仕組みについてよく分からないので、簡潔に教えてくださったら助かります。

  • 血液型の糖鎖は何の為にある?

    血液型を決める糖鎖は、当然ですが輸血の為にあるわけではない。 その存在場所も別に赤血球だけでなく体中の細胞表面にある。 では、本来のその存在意義は?機能は何なんでしょうか? 生物学的に何かあるはずですよね。

  • 血液中のブドウ糖の行方

    単純な疑問です。 食事を摂取すると、様々な栄養素が吸収され血液により各組織や臓器に運ばれます。 血液中のブドウ糖濃度がいわゆる血糖値だと思います。 糖尿病などでは血糖降下剤を服用して血糖値を下げますが、血液中から強制的に排除された糖はどこに行くのでしょうか。 素人考えでは筋肉に取り込まれると思いますが、強制的に取り込まれた糖は筋肉内で悪さをしないのでしょうか。 筋肉以外に運ばれて分解されるのでしょうか?

  • 血液検査結果の異常について教えてください

    血液検査結果の異常について、教えてください。 血液検査で、血沈60分:35↑、120分:77↑、CRP:3.2↑、血清鉄:24↓、血小板数:39.5↑、という異常値がでました。 要治療のコメントだったので、病院には行く予定ですが、しばらくお休みが取れないので、事前に質問をさせていただきました。 場合によっては、無理にでもお休みをとって病院に行ったほうが良いのかな‥とも思っているのですが、自分ではなかなか判断できずにいます。 炎症が疑われるのかな?とも思いましたが、白血球数は正常です。また、血清鉄はかなり低値ですが、Hbや赤血球数は正常でした。 それから、血小板数の高値は以前からのことで、これは今まで特に気にしていませんでした。 ただ、実は自覚症状として最近気になることがあります。それは、体のダルさ(発熱時のような痛みがあります)、疲れやすい、などです。 血液検査の異常値と、何か関係あるのでしょうか? 他には、子宮筋腫があり半年に1度検診を受けています。今のところ摘出の必要は無いとのことですが、血清鉄低値はこのせいかな?とも思いましたが、どうなのでしょう‥。 もし、何か考えられる疾患があれば教えていただければ嬉しいです。 大変お手数ですが、コメントよろしくお願いいたします。

  • 献血の血液検査

    39歳男です。 私は、春に実施した健康診断において、血液検査項目の中性脂肪と尿酸値が基準をオーバーしていました。 実際の内容は恥ずかしながら 中性脂肪197(基準値149以下) 尿酸値7.7(基準値6.9以下) です。 今は禁酒と食事に気をつけ、さらに運動するようにしています。 ですから、最近はその成果が現れているか気になっています。 そこで、献血車が本日近場にくることもあり、血液検査も兼ねて、献血しようかと思いました。 しかし、献血の血液検査は尿酸値を検査対象にしていません。 ですから、尿酸値は献血の血液検査で知ることはできないわけですから、病院に行くしかないわけです。 それで、気になったのが、献血における血液検査の対象成分が今後追加されることはないか?ということです。 赤十字社では検査項目に尿酸値を追加するなどの話しは上がってないものでしょうか? 以上、宜しくお願い致します。