-PR-
解決済み

振動次数

  • 困ってます
  • 質問No.37515
  • 閲覧数1050
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 60% (6/10)

振動次数とはなんのことをゆうのですか?教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 51% (86/168)

補足の内容から推測すると、
次のようなことを意味するのではないかと思います。

試料を伝わる振動の速度:√(E/ρ)
両端が自由端のときの振動の波長:2l/n (n=1,2,3...)
したがって、v=fλより
 
f=(n/2l)√(E/ρ)

振動の波長が次数nを用いて 2l/n のように書けるというところは
下記URLの
§5 開管楽器と閉管楽器における倍音の発生の仕方 
を参考にしてください。
お礼コメント
ipenshi

お礼率 60% (6/10)

たいへん参考になりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-15 12:11:20
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか? 「並列微小振動子の動特性」 更に、 ・http://www.scinc.co.jp/html/contents/products/sap-iv/sap04.html#pagetop (バネマスモデルによる固有周期算出) 土木関連の「橋梁」「骨組構造」との関連でしょうか? 補足お願いします。 ...続きを読む
直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「並列微小振動子の動特性」

更に、
http://www.scinc.co.jp/html/contents/products/sap-iv/sap04.html#pagetop
(バネマスモデルによる固有周期算出)

土木関連の「橋梁」「骨組構造」との関連でしょうか?

補足お願いします。
補足コメント
ipenshi

お礼率 60% (6/10)

回答ありがとうございました。参考に載せて頂いたURLにもありましたが材料の内部摩擦を測定しています。使っている装置は内部摩擦と固有振動数を測定できるので、固有振動数からヤング率を計算したいのですが、その時に下の式を使うとすると、nの振動の次数というのがよくわかりません。
材料の固有振動数を測定して両端が自由な棒の固有振動数f
f=(n/2l)√(E/ρ)
n:振動の次数 l:試料の長さ E:ヤング率 ρ:密度
質問の内容不足ですみませんでした。
投稿日時 - 2001-02-08 12:37:53


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ