• 締切済み
  • すぐに回答を!

不動産売買の手付金の保全方法は何ですか?

近々ある不動産を信頼できる知人から不動産業者を 通さずに直接買う予定です。 売買価格5千万円で2千万円を手付として支払います。 2千万円を払う場合残金の3千万円を支払うまでは 所有権移転登記ができないので所有権移転の仮登記を したいのですがこれは第3者に対し対効力がありますか? また仮登記は登記に素人の私でもできますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数491
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

>売買価格5千万円で2千万円を手付として支払います。 どちらが2千万円の金額を持ち出したのでしょう。手付金なら保全不要の額、5万とか十万円でなぜいけないのでしょうか? 譲って1割の500万円でしょう。信頼できる知人の連帯保証人になってホームレスになった人が少なからずいます。おいしい話をしてくれる知人は、たとえその人が詐欺師であっても「すべて信頼できる知人」になってしまうものなのです。 おいしい話の例としては、都市計画道路用地に実は入っていて、もしくは山林原野の地目が近く宅地指定される」みたいに、家や店が建てられないと判っている土地を「知り合いのあなただけに格安でお売りします」と持ちかけられ、高値でつかまされてしまう話が多いようです。役所の都市計画課に行って、将来の土地利用に支障が無いか調べておくとよいでしょう。その他、土地の購入に当たっての注意点を都市計画課の人に聞くと、場合によってですが大抵は、詳しく教えてくれるでしょう。 >また仮登記は登記に素人の私でもできますか? 質問者さんが5000万円の土地代金を即金で払える人だとすれば、こういう馬鹿なことは考えないことです。 登記事務は、電話帳で近くの司法書士さんに電話し、2,3件の候補の中から質問者さんの一番良いと思う司法書士さんを選定し委任します。手数料は数万円でしょう。金額は確かめてみてください 手付金の残金を払うときに、司法書士さん、売主、買主が一同に会し、現金または小切手を、登記実行の白紙委任状と交換に、売主に引き渡します。つまり司法書士さんが代金支払いの生き証人になるわけです。 売買契約書については、押印する前に、弁護士会の法律相談を受けで入念にチェックすべきです。売買契約に署名押印して、手付金を打つと、雨が降ろうが、雪が降ろうが、地震が起きようが戦争が起きようが、手付金を倍返ししないと取り戻すことは不可能に近くなり、裁判になっても裁判所は質問者さんの味方になってくれるとは絶対考えない方がよいです。当事者の合意が最優先しないと取引の安全性が保たれないからです。 手付金二千万円打つと、質問者さんは4000万円、つまり残り2000万円払わないとこの契約は解除不能になります。ですから私は、5万、十万円でなぜだめなのですか?と聞くわけです。この額でしたらいつでも解除できるわけです。五百万円ですと、五百万円はらわなければ解除できませんから、質問者さんが五百万円位ならOKであればOKでしょう。 今更、こう言う方法を売主に切り出せないなら、銀行ローンを申し込んであえて銀行を本取引に巻き込んでしまう方法もあるでしょう。「この土地に対し5000万円は融資できません」と言われれば「では幾らなら貸してくれます?」と聞けば、その金額を0.8で割った位が客観的な土地価格ということができます。 質問者さんが、とてもセレブな方で、「5000万円位、どうなっても気にしない」方なら、私の上の回答は忘れてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

土地は駅前の1等地で銀行の前です。 今回買う不動産は隣家です。 隣人はそこに45年住んでいる地元の人です。 決して怪しい人ではないです。 路線価は100万円/坪ですが路線価の2.5倍で買います。 接道間口が倍になるのでぜひ手に入れたい土地です。 今回500万円を手付金として契約することになりました。 又仮登記はしなくなりました。 個人間売買で不動産業者を通さない取引の 注意点を教えてください。

関連するQ&A

  • 不動産登記の仮登記について

     司法書士を受験しようと思っていますが、ちょっとした事例です。  2例ありますのでよろしくお願いします。  (1)仮登記  甲区1番でAさんが所有権を取得し、その後、甲区2番で「条件付 所有権移転仮登記」で(条件 農地法第5条の許可)Bさん名義で仮 登記のある不動産があります。この度、Bさん名義で所有権移転の登 記申請をしたいと思いますが、仮登記と同じ原因日付で本登記ではなく、3番で所有権移転登記ができるのでしょうか?  なお、地目は仮登記後にすでに農地から他の地目に変更しています。    (2)利益相反行為(不動産登記)  所有権移転登記をする際、A株式会社の取締役の名義からA株式会 社への所有権移転登記は利益相反行為に該当し、議事録等が必要にな るのでしょうか?  

  • 不動産売買契約した後、売り手が不動産移転登記前に死亡した場合の取り扱い

    不動産の売買契約したが、その物件について所有権移転登記しないうちに売り手が死亡した場合、 1.その契約は有効ですか。 2.契約済みの物件を、所有権登記権利者(買い手)の名義に所有権移転登記するにはどうすればよいでしょうか?

  • 不動産登記法109条 仮登記

    不動産登記法109条 仮登記 1項に、所有権に関する仮登記に基づく本登記は第三者の承諾があるときに限り申請できる旨かかれていますが、 2位 抵当権設定冬季 3位 所有権移転登記 みたいになっているとき、1位の所有権移転仮登記を本登記するには、2位と3位の承諾が必要ということでしょうか? もしそうだとして、承諾がなかった後はどのようになるんでしょうか? ご教授のほどよろしくお願いします。

  • 不動産登記法についての質問です。

    不動産登記法についての質問です。 条件付所有権移転仮登記は1号と2号のどちらの仮登記なのでしょうか? 所有権は移転していないので1号ではないようです。 でも2号仮登記であれば条件付所有権移転「請求権」仮登記になると思うのですが。 詳しい方よろしくお願いします。

  • 仮登記について教えください。

    売買予約を原因とする所有権移転請求権仮登記の登記がされている土地に、その後、根抵当権が設定されました。 所有権移転請求権仮登記を本登記として所有権移転登記を行ったときには、仮登記後に登記された根抵当権はどのようになるのでしょうか、教えて下さい。 そして、仮登記を本登記にしたいのですが、所有権者が応じないときには、どのような方法で対処するのでしょう、ご教示をお願いします。

  • 登記費用の質問です

    不動産の所有権移転についてです A所有の不動産をBに移転する予定です(AとBとの本人申請です)。 この場合、 1)所有権移転登記 2)所有権移転仮登記 1と2とでは、(法務局に登記申請書を提出する際に貼りつける)登記費用(印紙代)は同じですか?異なりますか? 仮登記の方が安くすむのでしょうか? ※所有権移転は急ぎではありません。第三者に対抗できるようにするための当座の対策のためで、仮登記費用の方が安ければ、当座の間、仮登記で済まして、数年後、本登記をと考えています。 詳しい方、ご教示を

  • 所有権登記名義人住所変更の可否と変更証明情報

    所有権移転仮登記があり、所有権が移転し、その後に、仮登記の本登記を行う場合において 登記義務者とされる仮登記義務者の住所が、仮登記時と仮登記の本登記時で、相違している場合、当該仮登記に基づく本登記の申請には住所に関する変更証明情報を添付してすることになるのでしょうか?? 所有権登記名義人住所変更登記の対象は、現に効力を有する登記名義人のことっとテキストにあります。 類似?で (1)売買を原因とする所有権移転登記について、所有権更正登記を申請する場合の、前所有者(2)「受戻し」を原因とする所有権移転を申請する場合の、権利者(仮登記義務者であった者) の場合、変更証明情報を添付するとテキストに解説があるのですが、 仮登記に基づく本登記においても、同様の取扱いになるのでしょうか?

  • 不動産取引で困っています。

    知人が不動産を購入しました。しかし,事情により,売主と合意の上,私が売買契約書上の買主となり,私名義で所有権移転登記をしました。その後,知人と売主がトラブルになり,売主から,登記の抹消を求めるという通 知が私あてに来ました。通知には,不動産の所有権は売主にある,もし,私が知人との売買を主張するなら,売買は虚偽表示で無効であり,登記は不実の登記だと反論すると書いてあります。どのように対応したらよろしいでしょうか,教えてください。

  • 「錯誤」の不動産取得税について教えてください。

    土地を取得し登記した後、同日付けで家族の名義で売買契約をやり直したため、自分の所有権を「錯誤」登記して、家族が所有権移転の登記をしました。 ある方から伺ったのですが、その際、私にも、「錯誤」により所有権が一時戻った業者さんにも、そして現在の所有者である家族にも、不動産取得税がかかるということでした。 同日売買の所有権移転登記なのに、3者に課税されてしまうのでしょうか。 課税を取り消してもらう申告はできますか? また、その際に必要な書類等があればおしえてください。

  • 売買の解除による所有権抹消登記

    売買による所有権移転登記後に抵当権が設定登記されている場合に、売買が合意解除された場合、法定解除された場合において、所有権移転登記もしくは所有権抹消登記を行うのはどのような場合か?利害関係人の承諾が得られない場合には、所有権移転登記でなく「真正なる登記名義の回復」登記を行うのか?承諾があれば所有権移転登記でなく、所有権抹消登記をするのか? 抵当権は所有権移転については「利害関係人」でないのか?抹消登記の場合には「利害関係人」になるのか?合意解除も法定解除も「利害関係人の承諾」があれば所有権抹消登記で、承諾なければ所有権移転登記なのか?混乱しています。教えてください。