• 締切済み
  • 暇なときにでも

雑所得と住宅ローン控除

給与所得者で住宅ローン控除を受けている者です。 別途 雑所得がある場合、確定申告をして、納税することになると思います。 今年から、税源委譲に伴い、所得税で控除しきれなかった分を住民税で控除する制度がスタートします。 私の場合、源泉所得税は年末調整で全額還付され、源泉徴収票に記載されている「住宅借入金特別控除可能額」の範囲に、まだ余裕があります(源泉所得税額<住宅ローン控除可能額)。 その場合、この余裕枠は、雑所得にかかる所得税・住民税にも適用することが可能なのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1747
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • kaichoo
  • ベストアンサー率63% (272/431)

実際確定申告書を書いていただくとわかりやすいかと思いますが、 住宅借入金等特別税額控除は文字通り税額控除ですので、給与所得と雑所得を合計をして、そこから算出した税額から控除することになります。 ですので、給与所得の源泉徴収票上の源泉所得税では控除しきれていない場合も、その他の所得を申告するときに控除することができます。 もし、雑所得を申告することによって、住宅借入金等特別税額控除を全部使い切れることになれば、「市町村民税及び道府県民税住宅借入金等特別税額控除申告書」を提出して、住民税から控除する手続きは必要ありません。 雑所得を加算しても尚、住宅借入金等特別税額控除が控除しきれない場合で住民税から控除する場合は「市町村民税及び道府県民税住宅借入金等特別税額控除申告書」(確定申告をした者用)を税務署、もしくは市役所、区役所等に提出する必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 住宅ローン控除は税額控除だけあって、ものすごい威力を発揮するのだということが分かりました。 枠を活用できるように頑張りたいと思います。

関連するQ&A

  • 雑所得になりますか

    所得税の税源移譲により市・県民税が還付されます。この還付金は雑所得として申告しなければならないのでしょうか。また、別の問題として市の誤徴収により3年間取られていた固定資産税が還付されました。こちらも雑所得として申告しなければならないのでしょうか。私としては、どちらも多く払っていたものが帰ってきただけで所得とは思えないのですが如何なものでしょうか。

  • 雑所得に対する住民税

    通常の給与に加えて、雑所得がありましたので確定申告をこの春に行ないました。 雑所得の支払い総額に対して、所得税が減額されて手取りとなっている(源泉徴収あり)ことを申告した上で、追加の税金も払ってきました。 しかし、住民税の計算の通知書では、給与所得+所得税込みの雑所得から、住民税が計算されていました。 これだと、税金の2重取りだと思うのですが、これが普通なのでしょうか? それとも、この旨を伝えると税金の計算し直しがしてもらえるのでしょうか?

  • 税源委譲後に行う医療費控除と住宅ローン控除

    税源委譲後の住宅ローン控除を行うに際し、 医療費控除を行った方が良いのか、しない方が良いのか 良く分からないのでアドバイス願います。 会社員で年末調整が済んでいます。 住宅ローンの税額控除が所得税内で収まらず住民税からもを控除する必要があるので、 個別に対応してくださいと会社の方から言われました。 また、医療費控除額を計算すると101,370円ほどありました。 (確定申告書Aの医療費控除(18)が101,370円) 源泉徴収表を見ながら医療控除しない場合で計算すると 所得控除後の金額    4,820,629 所得控除の額の合計額 2,348,468 源泉徴収税額 0 住宅借入金等特別控除の額 149,700 住借控除可能額 180,200 前年分の所得税の課税総所得金額 4,820,629-2,348,468=2,472,000 税源委譲前基準の所得税額 247,000 税源委譲後基準の所得税額 149,700 年末調整で控除できなかった分     180,200-149,700=30,500円 となり、今年の住民税から控除可能です。 また、市役所の申請書類「市民税・県民税住宅借入金等特別税額控除申告書」の 確定申告しない版で計算しても同様の額が出ました。 医療費控除をする場合(確定申告書Aの医療費控除(18)が101,370円) 確定申告所Aを作成し、 「市民税・県民税住宅借入金等特別税額控除申告書」の確定申告を行う人版を入力指示通りに作成していくと、 10,200円の住民税控除となってしまいました。 まず、この10,200円の住民税控除の計算結果は正しいのでしょうか? あるいは作成方法がおかしいのでしょうか? 医療費控除を加えても税源委譲前基準の所得税額は 住借控除可能額の180,200円を超えているので 医療費控除なしで計算した30,500円(住民税控除)を 下回ることが無いと思うのですか。 あるいは医療費控除を行うことにより、昨年の所得税額が下がり 年末調整で控除しすぎた分の所得税が住民税から差しひかれての結果なのでしょうか? そして、翌年以降の住民税と今回の住民税控除を考えた場合、 今回の医療費控除を行った方がよろしいのか?しない方がいいのか? 私にとってどちらがよろしいのですか? アドバイス願います。

  • 雑所得の確定申告について

    全くの初心者なので教えてください。 私には給与所得の他に雑所得が年間20万円以上あります。 なので確定申告をせねばなりませんが、雑所得を得る際に 所得税として既に20%の源泉徴収をされています。  この雑所得に関わる経費等はなにもありません。 確定申告をすればさらに住民税が加算されるのですか? すでに20%もの税金が差し引かれてるのに、さらに徴収されるのなら なんか少しの金額を運用するのは無駄な気もするのです。 どなたか教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 雑所得が赤字の場合還付はできる?

    確定申告のことについて教えて下さい。 スポーツクラブのインストラクターで色んなクラブに教えに行ってます。 去年までは給与として渡される源泉徴収表と、報酬として渡される源泉徴収表があるので一緒に申告していました。 控除は社会保険、生命保険、基礎控除、必要経費(雑所得の方のみ)で、所得税が返ってきていました。 今年は報酬として渡される源泉徴収表しかないのですが(給与で渡されるクラブは行かなくなったので)経費が収入を上回り赤字の場合でも所得税が返ってくるのでしょうか? 控除に上記+医療費控除も合わせたいのですが雑所得のみで控除は可能なのでしょうか? 還付される方法を教えて下さい。 理解力がないので簡単に教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 住宅ローン控除について

    当方サラリーマンで住宅ローン控除税を受けております。 昨年末の年末調整により戻ってきた額がその前の年と比べおよそ半分程度とかなり低い額だったので、 ネットなどで調べたところ 税源移譲に伴い所得税が減少したことにより、平成20年分の年末調整での住宅ローン控除額が所得税で控除しきれない場合、 住民税から控除できる。 ということがわかりました。 なので源泉徴収が出るまで待っていたのですが その、源泉徴収票に 「住宅借入金等特別控除可能額」の記載がなく対象外となっておりました。 突然、半分の額ほどに還付金が減るものなのでしょうか? また、「住宅借入金等特別控除可能額」や「還付金」の計算式などありましたら教えてください。 入居は平成13年で15年間の控除を受けられることとなっていると思います。

  • 雑所得の税金を損したのでしょうか?

    宜しくお願い致します。 昨年、保険満期による雑所得がありました。所得税は現年課税、住民税は翌年課税ですから、雑所得に伴う所得税は去年(正確には今年の確定申告)そして住民税の増え分は今年(給与天引きで)払っていますよね? ということは、今年の5月くらい?に所得税と住民税の税率が逆転したので、去年所得税が高いときに所得税をとられ、今年住民税が高い税率になってから住民税をとられたんですよね?違いますでしょうか?もしそうだとしても、タイミングが悪かったとあきらめるしかないんですよね?税金が少しでも返ってくれば嬉しいのですが、、、。

  • 住宅ローン控除で所得税が少なく控除仕切れなかった場合、住民税からも控除

    住宅ローン控除で所得税が少なく控除仕切れなかった場合、住民税からも控除が可能ですか? 住宅ローン控除の初年度で、所得税の確定申告はしましたが、住民税からも控除できるとは知らなく、確定申告の期限は過ぎていると思われますが、住民税の申請は受けうけてもらえるのでしょうか?ちなみに、住宅借入金等特別控除額が182,500円で所得税が66,500円です。

  • 確定申告の雑所得について

    確定申告で雑所得が5万円、医療費控除が15万円ほどあります 国税庁のHPで申告書を作成すると雑所得の5万円にも所得税がかかるみたいなのですが 20万円以下でも申告しなければいけないのですか?

  • 配偶者 雑所得 控除について

    本年末 配偶者は給与所得があり約60万、雑所得FXで22万収入があります。 所得税はいくらかかるかご教示ください