-PR-
締切済み

食物の成分を調べるには?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.37307
  • 閲覧数270
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 51% (152/294)

様々な食物に含まれる物質について、主な成分から微量成分までを調べるにはどうしたらいいのでしょうか。
徹底的に調べたいのですが、皆さんよろしくお願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 48% (117/243)

 まず、有機物の定性・定量分析(特に糖・脂質・タンパク質)  について    電気泳動法やクロマトグラフィー  あとは、燃やして   元素分析  そのあと、灰分の微量物質(特に金属)の分析   原子吸光分析  などです。   何十年も前にやったことなので、現在は全く違った方法があるかも? ...続きを読む
 まず、有機物の定性・定量分析(特に糖・脂質・タンパク質)
 について 
  電気泳動法やクロマトグラフィー
 あとは、燃やして
  元素分析
 そのあと、灰分の微量物質(特に金属)の分析
  原子吸光分析
 などです。
  何十年も前にやったことなので、現在は全く違った方法があるかも?
補足コメント
bigsea

お礼率 51% (152/294)

回答、ありがとうございました。
私の質問の仕方が悪かったようです。実際に実験をするのではなくて、すでに分かっている成分について、データベースのようなものが存在しないかどうかということです(何を調べれば良いかと言うこと)。私が思うには、日ごろ我々が口にするような食物などは、かなり調べられていると思いまして、この質問をさせていただきました。
誤解を与える質問で申し訳ありませんでした。
投稿日時 - 2001-02-06 22:45:10
関連するQ&A


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 39% (64/164)

徹底的といっても、レベルがあると思うのですが。。。 主な成分というのは、重量の約半分を占める水分だったら乾燥機で重量変化を測定すれば測れるでしょう。また、食物中に極低濃度で存在しているダイオキシンを測定しようと思えば、GC/MSという何千万円もする測定装置が必要です。 魚の中といったら、それこそ5万と化学物質は存在するかも知れません。  どのくらいの濃度レベルまで測定したいかによって、測定機器は ...続きを読む
徹底的といっても、レベルがあると思うのですが。。。
主な成分というのは、重量の約半分を占める水分だったら乾燥機で重量変化を測定すれば測れるでしょう。また、食物中に極低濃度で存在しているダイオキシンを測定しようと思えば、GC/MSという何千万円もする測定装置が必要です。
魚の中といったら、それこそ5万と化学物質は存在するかも知れません。

 どのくらいの濃度レベルまで測定したいかによって、測定機器は全然異なってきます。

 具体的に食物中の●●という成分を●●g/kgの濃度レベルまで分析するためには、どのような測定方法で測定したらいいでしょう?という聞き方でないと、ちょっとお答えしかねます。。(^-^;
  • 回答No.3

以下の参考URLサイトがありますが、如何でしょうか? 「物質関連データ(化学物質、食品成分、表面分析) のデータベース化に関する調査研究:食品成分データベース 」 更に、 ○http://food.tokyo.jst.go.jp/ (食品成分データベースへようこそ) 成書として有名なのは、 --------------------- 日本食品成分表 四訂・フォローアップ・五訂(新規食 ...続きを読む
以下の参考URLサイトがありますが、如何でしょうか?
「物質関連データ(化学物質、食品成分、表面分析)
のデータベース化に関する調査研究:食品成分データベース 」

更に、
http://food.tokyo.jst.go.jp/
(食品成分データベースへようこそ)
成書として有名なのは、
---------------------
日本食品成分表 四訂・フォローアップ・五訂(新規食品)成分完全収載  山口迪夫∥監修
版表示 :第5版
出版地 :東京
出版者 :医歯薬出版
出版年月:1997.12
資料形態:458p  15×21cm  1100円
件名  : 食品化学/ 栄養
内容  : 索引あり
ISBN:4263703502
NDLC: PC25
NDC : 498.51
請求記号:PC25-G72
------------------------
さらなる改訂版が出版されているかもしれませんが・・・??

Take_chanさんの回答のように微量成分に関しては、個別に文献検索する方法しかないとおもいますが・・・?

ご参考まで。
お礼コメント
bigsea

お礼率 51% (152/294)

回答、ありがとうございました。
微量成分に関しては、やはり個別に文献検索するしかないんですね。
投稿日時 - 2001-02-06 23:37:30
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 39% (64/164)

旧科学技術庁の食品成分データベースがありますよ。(^-^) こういうのでいいのかな? http://food.tokyo.jst.go.jp/ 情報量少ないけどこういうのとか。。 食品添加物含有量データベース http://www.nihs.go.jp/hse/food/food-db/food-index.html ...続きを読む
旧科学技術庁の食品成分データベースがありますよ。(^-^)
こういうのでいいのかな?
http://food.tokyo.jst.go.jp/

情報量少ないけどこういうのとか。。
食品添加物含有量データベース
http://www.nihs.go.jp/hse/food/food-db/food-index.html
  • 回答No.5
レベル8

ベストアンサー率 53% (15/28)

女子栄養大学出版の五訂食品成分表を長年愛用しています。  成分表は、エネルギー、水分、蛋白質、脂質、炭水化物、無機質、ビタミン(12種類)、脂肪酸、コレステロール、食物繊維、食塩相当量、廃棄率が1882食品について掲載されています。  五訂では、無機質が9種類になって載っています。付録には、食生活、健康の向上に役立つ諸表として、蛋白質、ビタミン、無機質、プリン体窒素、脂肪酸、食物繊維の解説がなされてお ...続きを読む
女子栄養大学出版の五訂食品成分表を長年愛用しています。
 成分表は、エネルギー、水分、蛋白質、脂質、炭水化物、無機質、ビタミン(12種類)、脂肪酸、コレステロール、食物繊維、食塩相当量、廃棄率が1882食品について掲載されています。
 五訂では、無機質が9種類になって載っています。付録には、食生活、健康の向上に役立つ諸表として、蛋白質、ビタミン、無機質、プリン体窒素、脂肪酸、食物繊維の解説がなされており大変重宝して利用しています。
 成分表は、あくまでも100gでの記載ですので実際に食べる時の量に注意しましょう。普通の大根は、100gは食べられますが、切干大根の一回の使用量は10gぐらいですので可食量に気をつけましょう。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ