• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ラブの顔について

  • 質問No.372756
  • 閲覧数2050
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 80% (161/201)

黒のラブラドール(オス)をいつか飼いたいと思っているのですが
性別は別として、同じ種類なのにずいぶん顔の雰囲気が違うなぁと
思うことがあります。
そこで大人になって、りりしい雰囲気を持つ顔のラブを選ぶには、
子犬の時、顔のどこをポイントにすればよいでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 57% (48/84)

ブリーダーさんから聞いた話ですので、参考になるかどうか...

「ラブの子犬を選ぶ時は顔が一番不細工なのを選べ」

というのも、ラブの子ってかなり大きくなりますよね。もちろん顔も皮も骨格も伸びます。子犬の時に丸顔で鼻も高くて?可愛い子はその部分が将来伸びて結構ゴツイ感じになるようです。頭なんかも丸くてとんがってると「可愛いー」と思ってしまいますが、どんどん伸びて平たくなるとききました。
その話を聞いて、顔が一番不細工なラブを飼いました。いまでは美人です。(と飼い主が思っているだけかも)

それと私が気づいた感じでは、ショータイプよりフィールドタイプのラブ(については過去に回答した例参照して下さい。)の方が細身で顔も凛々しい感じかなあと思います。

でも、最終的にはみなさんおっしゃられているように、生活スタイルにあった健康で優しい子を迎えると良いように思います。

私も最初はかなり顔にこだわっていたのですが、いろいろラブのこと知るうちに健康で優しい子がいいという結論にたっしました。

それに、今となってはうちの犬が一番美人(たとえそれが最初に抱いていたイメージと異なっていても)と心底思えるから不思議...
お礼コメント
hanrice

お礼率 80% (161/201)

回答ありがとうございます。
一番不細工なラブですか。ちょっと勇気が必要ですね(笑)。
まぁ一番不細工なラブを選んで、仮にそのまま不細工のままだったとしても
思いっきり可愛いがっちゃうんでしょうけど。
投稿日時:2002/10/04 22:04

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 53% (1514/2852)

ひとつ忘れててはいけない事にラブラドールの場合には大きく分けてイギリス系とアメリカ系に
分かれていて、日本では両方から輸入され混在しています。

↓はAKC(アメリカン ケンネルクラブ)のラブのスタンダードです。
http://www.akc.org/breeds/recbreeds/labdoret.cfm
↓はKC(イギリスのザ ケンネルクラブ)のラブのスタンダードです。
http://www.the-kennel-club.org.uk/discoverdogs/gundog/g964.htm

他の犬種でもヨーロッパとアメリカ系は違いがありますが、ラブは大型ですから違いが判りやすい。
どこが違うかですが、見てすぐわかるのは
1.イギリス系は胴が太く丸い感じで、少し体高も低めです。
アメリカ系の胸が深い印象で腹がしまった感じです。
2.頭部はイギリス系は短めで横幅のあるガッチリした口で、アメリカ系の口は細めで少しスマートです。

やはり多いのはアメリカからの輸入犬が多いですから、上記のAKCのスタンダードをもう一度見て下さい。
この絵は理想的なスタイルですが、実際輸入されている犬の写真などを見るとやはり顔がスマートですから
その子孫はより細いものが多いです。

イギリス系の「血」をしっかり守ってイギリスのスタンダードに近づこうと
頑張っている人も
ありますが、多くの場合には混じっているのが現状ですから、当然の事ながら色んな顔があります。

それとNo.2の方が書かれた股関節の遺伝病などについては特に注意して健康が一番と認識してください。
また、繁殖に無理があるのか鼻などの色素が抜けやすい個体が多いのも事実です。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 31% (262/827)

私も下記の方と同意見です。

友人がブリーダーをしていますが
やはり、不細工を選べと言われました。
また、黒い子は、比較的凛々しく見えると思います。
我が家には、薄いイエローと黒と、ゴールデン
がいますが、やはり、色の薄い子は
ほのぼのした感じですし、黒い子は凛々しいです。

顔や色に最初はこだわってしまいがちですが
1日くらぜば、もう家族。
どんなに不細工でも、
「うちの子がいちばん!」ってくらい
愛情を注いでいます。

顔や色などではなく、どうかさわった感じや
遊んだ感じでえらんでいただきたいなぁーと思いますが、、。
お礼コメント
hanrice

お礼率 80% (161/201)

「不細工を選べ」わりと定説なんですかね。
それにしてもイエロー、黒とゴールデンですか。すごいですね。
本当は2匹飼いたいって言う気持ちもあるんですけど、現実は無理です。
うらやましい限りです。回答ありがとうございました。
投稿日時:2002/10/04 22:14
  • 回答No.2

ベストアンサー率 51% (41/79)

良い犬を選ぶ基準というのは、仔犬だけを見て分かるわけではありません。
プロの間でも、仔犬が化けるという言葉があるくらいです。
ですので、仔犬を入手するとき必ずした方が良いと言われているのは以下のことです。(外見的なものの部分)

1:親犬を見る(父犬、母犬)
2:親犬だけでなく、それまでその犬舎でブリードされてきた同じライン(血統)の犬を見る。
3:他のラインと比べてみる。

上記を行なうことで、仔犬の顔を見ずとも、成犬になったときの顔がおおよそ想像がつくことになります。

ただし、ラブの場合、大切なのは顔だけではありません。
むしろ本当に大切なのは健康です。健康であれば、長い間楽しく一緒に暮らせます。
そして現在のラブには多くの遺伝疾患が報告されています。
ですので、ブリーダーを訪ねるときは、以下のことを必ず聞くようにすると良いでしょう。

*両親犬のCHD(犬股関節形成不全)の検査結果は?また、検査機関は?
*両親犬のPRA(進行性網膜萎縮症)の検査結果は?また、検査機関は?
*両親犬以外にも同じライン上に癲癇の犬がいないか。
*両親犬以外にも同じライン上にアレルギーや皮膚疾患の犬がいないか。(免疫不全・障害)
*同ラインの平均寿命と死因は?(死因がブロート:鼓腸症などの場合、遺伝的な素因がある場合が指摘されている)

また、初めて飼われるのであれば、しっかりとフォローをしてくださるブリーダーを訪ねるべきでしょう。ラブの仔犬はエネルギーの塊です。男の子であれば、破壊活動が3歳くらいまで続く子もいます。

まずは、ラブが多く見られる場所、例えばドッグショーやアジリティ会場、訓練競技会会場などに何度か出かけ、自分の好みのラブ像をしっかり把握します。
その上で、そのラインのラブを探すようにすれば見つかることでしょう。

ペットショップでの購入は勧められません。査定が甘くなり、その責任は最終的に飼主が負わなくてはならないシステムになっているからです。
そして、その責任とは、成犬した時点で股関節の手術代に両足で100万かかったり、肘関節の手術で60万かかったり、若くして盲目になってしまったラブと暮らすために家をリフォームせざるをえなかったり、癲癇の発作で苦しむラブを世話し、かかりっきりになってしまうと言ったことも含まれます。当然、これらの代わりに安楽死を選ぶ場合もあるでしょう。それでもその責任は誰も取ってくれません。ですから、仔犬を選ぶ時に、きちんと選ぶことが重要なのです。

仔犬はどの子も可愛いものです。
本当に、どの仔も同じように可愛く尊い命であることに変りはありません。
ただし、それはただ感情的なものだけであってはいけないと思っています。
人は犬の一生の命に責任を持たなくてはなりません。感情だけでの決定は、いずれ感情だけゆえ躓くことも出てくるでしょう。
そして、感情につけ込んだ商売が子犬商売であることも事実です。
罪の無い子犬たちに障害を背負わせて売らせているのは、そうしたところから購入している一般の人たちの意識にもよるのです。

仔犬選びに費やす期間は、長いようであっという間です。
そして、犬と暮らす期間は、その後10年、15年続きます。
しっかりと時間をかけて、自分の人生の15年を共にするパートナーを見つけてください。
素晴らしい犬との出会いを祈っています。

長文失礼いたしました。

以下のサイトは真面目にラブラドールの繁殖と繁栄に取り組んでおられるクラブです。参考まで。
お礼コメント
hanrice

お礼率 80% (161/201)

丁寧な回答ありがとうございました。
私も買うならブリーダーからと思っておりました。
インターネットの普及で情報が氾濫していますが、商売としてがんばっているブリーダーに惑わされないように健やかなラブを見つけたいと思います。
投稿日時:2002/10/04 21:50
  • 回答No.1

ベストアンサー率 17% (7/41)

こんんちは。
ラブラドールを飼おうとされているのですね。羨ましいです(笑)

参考になるか分かりませんが、私の身近で感じたことを。
確かに、子犬時代と成犬時代では顔が多少なりとも違ってきますね。
私も昔、犬を2匹飼っていましたが、1匹は捨て犬でした。
お世辞にも可愛いとは言えない(どちらかと言うと怖い、不細工)でした(苦笑)
でも、いざ飼ってみると可愛くなるものです。
性格が顔をカバーしていた・・・ってわけでもないですが、とても喜怒哀楽のある犬で
甘え上手と言うか、なんつーか。目が多くのことを語ってるんですよ。
一方、もう一匹飼っていた犬は、他人からは可愛いと寄って来られるくらい可愛かった(らしい)です。
でも、性格は可愛く無かったですよ(苦笑)外面がいいと言うか・・・。
どっちも私にとっては可愛い家族の一員でした。
飼ってしまえば飼い主バカじゃないけど、自分の家の犬が一番!って思えますよ(笑)

あと、近所にラブを飼ってる方がいましたが、その犬は買い手も無く、
仕方なくペットショップ兼動物病院で飼われていました。
ガリガリでお世辞にも可愛いとは思えない、むしろ可哀想・・・と思えてしまうくらい。
それを見たうちの近所の方が可哀想だと引き取りました。
数ヵ月後、その犬と会いましたが、それはそれは立派な可愛いラブになってました。
育った環境でも表情って変わるのかな??って私は思います。
ちなみに、もし今度私が犬を飼う事が出来るなら、選ぶポイントは目です。
クリクリのどんぐり目の犬がいいです。
あの目で色々訴えられるともうメロメロです(笑)
お礼コメント
hanrice

お礼率 80% (161/201)

回答ありがとうございます。
実際に飼ってしまえば自分の家の犬が一番!ってきっと思っちゃうんでしょうけど、今のところは雑誌とかHPの画像で理想ばかり追っちゃって、どうせなら第三者から「かわいい」とか「かっこいい」と言われるようになりたいという思いで、質問させていただきました。
>選ぶポイントは目です。
確かにそうですね。つぶらな瞳は人もそうですけど魅力的ですよね。
投稿日時:2002/10/04 21:30
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ