• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

強迫神経症のまま海外に飛び立ってしまった

私はすでに10年くらいこの病気と関わっているものです。 初めてかかったのは、おそらく高校生くらいのことなのですが、病気と強く認識するのが遅く、3年程前から心療内科に通い、薬を飲むことになりました。3つ行った病院の全てで、強迫神経症と判断されました。薬は毎日パキシルを飲み、調子の悪いときはレキソタンを頓服で服用していました。 たまに薬を飲み忘れるときや、期間の開いてしまうときもあり、仕事を始めてからはそんなに病気のことが気になりすぎることはありませんでした。しかし仕事の都合上海外で働くようになり、薬をやめてしばらくした頃、また症状が気になるようになりました。 日本の先生は、海外では精神障害の症状も全く異なるから、現地でパキシルやレキソタンといった薬を手に入れることは難しいだろう、と言っておりました。そのときは、そんなに病状が強くなかったので気にしていなかったのですが、ここへ来てまた頭を悩ませております。 ちなみに、症状は強迫観念の方で、確認行為といったものは全くありません。ただ、日常の些細なことにも優先順序を付けて順番どおり1つ1つ片付けていかないと気が済まず、メモ書き等をして整理しようとするのですが、書いたメモの存在がまた気になる、という悪循環です。 サイトをあれこれ見た結果、行動療法を行うのが良いのかな、と思ったのですが、行動療法は強迫観念の症状には適用するのが難しいようなので、途方にくれているところです。何か良いアドバイスがありましたら是非お聞かせ下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数584
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

続けての回答になりますが、貴方が、私の言った事を、ある程度理解しようとしていますので、もっと、奥深い事を話します。多分分からないかも知れませんが、それで良いかと思います。只今は、分からなくても将来、分かる時が来るかと思います。 「平常心是道」という言葉を聴いた事が在るかと思います。この「道」という意味は、「あたりまえの心」ということです、神経症との対比なのです。お釈迦様の言った「一切皆苦」と言うのは「神経症」の事なのです。嫌な事、或いは、忘れられない事等を、「意識」して心から排除しようとして、楽しい時でも、楽しいという、感情が沸かなくなってしまう事、なのです。普通の人は、明けない夜は来ないとか、冬来らば春る遠からじ、そんな言い方をします。意識し続けて、不安を恐怖にまでしてしまい、地獄まで作ってしまう。それが、人間には宗教が必要と言う事なのです。 ところで、貴方の神経症の事ですが、貴方の症状は雑念です、妄想です。貴方が、勝手に作り出しているものです。ですから、雑念はそのままにしておくことです。雑念をそのままにして、受け流す事です。そして、普通に生活してゆくことです。症状(雑念)を大事にするか、目の前の事(平常心)を大事にするか。この事が、神経症になるか、普通の生活になるかの、分かれ道となります。 平常心と言う事が分かった時には、貴方は神経症を脱した時です。その事がはっきりと分かったなら、その時は「見性」しているかも知れません。私が学んだ森田療法の師である鈴木知準先生が言っていた事を言います。「ノイローゼは悟りを開かないと治らない。」貴方には将来分かる日が来ると思います。今は、良くても喜び過ぎないように、落ち込んでも、落ち込み過ぎないようにして、ただたんたんと目の前の生活に、励んでいってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

強迫症に森田療法は向かない、という話をどこかで見たことがあるんですが、どうやら正確ではなかったようです。実際どんな治療をするのか結局あまり理解出来ていませんでした。このような教えを通じて雑念を受け入れるよう慣れさせていく方法なのですね。何か妙に納得してしまいます。 >嫌な事、或いは、忘れられない事等を、「意識」して心から排除しようとして、楽しい時でも、楽しいという、感情が沸かなくなってしまう事 というくだりは、あまりに当てはまっていたので驚きました。自分の感情をコントロールしようとするあまり、本当に大切な感覚を損なってしまっているんだと思います。ただたんたんと過ごすことが何か悪いことに感じもがくのではなく、それを受け入れる勇気がいつか解決への糸口を与えてくれるものだと信じます。 同じ経験をされ、立ち直られた方から親身になってお応えをいただき、救われる思いでした。何とお礼を申し上げてよいか分かりません。 道のりは長いかもしれませんが、時折いただいたアドバイスを思い返し、根気強く付き合ってみようと思います。 心より感謝申し上げます。

関連するQ&A

  • 強迫神経症と強迫観念の違いとは?

    タイトル通り強迫神経症と強迫観念の違い を教えてください。 強迫神経症って何ですか? 強迫観念って何ですか? 最近、私の友達で強迫観念が強いと自身で豪語する人がいます。 専門家でないのでピーンと来ません。 よろしくお願いいたします。

  • 強迫性障害(強迫神経症・OCD)克服法。

    こんにちは。タイトル通り強迫性障害を克服する仕方って薬や行動療法しかないんでしょうか? 自分は軽度の強迫性障害で病院通ってます。貰ってる薬はレキソタン5・ソラナックス0.4・パキシル10・ジェイゾロフト25・ハルシオン0.25です。通院歴は5ヶ月ですが一向に治る気配がしません。特に確認癖が強いのです。何度も戸締りを確認したり。 自宅でもできる療法はありますでしょうか?また強迫性障害の方、そうだった方の経験談も聞かせてください。

  • 強迫行為のない強迫神経症

    自分の強迫神経症は、たとえば、自分の顔の前でだれかが油性マジックを手から手にパスしているときなど、「あれ、今さっき、はーはーって呼吸していなかったか?」と気になったり、「今なんか無意識に隣にいる人の悪口をいってないか?」と気になり、ずっと悩みます。とくに何か行動してその不安を消そうとすることはないです。あるとすれば、自分が先ほどあげたようなことをしていないか、確認しようと考えるだけです。これらは強迫観念であり、強迫行為ではないのですか?そして、強迫観念だけがある人でも、治る方法はあるのでしょうか。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

神経症を30年くらい前に卒業した者です。14歳から18年懸かってしまいましたが、完治した者です。神経症とは、その元となっているものが、人生に対して、或いは自分に対しての疑問からかと思います。それが元にあって、不安を感じやすくなって、その事で不安を恐怖にまでしてしまいます。 人生に対する認識の誤りがその根底に在って、そういう風になります。自分は、一番症状が重い時に、「森田療法」に出会って、2ヶ月間入院しました。治ってから、約30年経ちました、神経症になった事も、入院した事も全て忘れていて、28年経って、インターネットなどで「神経症」で今も大勢の人達が苦しんでいるのを知って、何か出来ないものかと、考えています。ところで、貴方は強迫神経症との事です。神経症の原因と治りに付いて、説明したいと思います。その先輩として。 神経症の始まりは、意識するところから始まります。意識しないで、無意識にやれば、なんとも無い事を、意識してしまいます。その意識が頭から、離れなくなってしまう事です。それがどうして、起こるかと言うと、世の中の認識の誤りから来ています。どういう風に誤っているかと言うと、よい事と、悪い事とものを二つに分けて見る見方から起こります。 具体的に言いますと、自分の感情の事で説明すれば、分かりやすいと思います。「好きな事、楽しい事」をよい事として見ている事です。是だけでは、何とも有りません。ところが、嫌な事、好ましくない事等、そんな感情が沸いた時です。その時に、ただ嫌な事と受け流せれば「神経症」にはなりません。神経症になる原因は、それを受け流さない事です、妙に意識して、それを強く意識して、自分の意識から「排除」しようとします。それが、「神経症」の始まりです。 何か、嫌な感情が沸いた時に、それを意識して、今度はそれを排除しようとする。この事が「神経症者」の「人間の心」の認識の誤りと言えます。世の中を論理的に考える「クセ」が付いてしまった、現代の、又は人間の苦しみの始まりと言っても良いかと思います。貴方の他にも、沢山の様々な症状が世の中には有ります。ですが、その根本原因は、自分自身の心のメカニズムの無知から「人間」は苦しんでいます。 神経症の治りというものを、説明します。認識の誤りを正せば良いのです。悪いものと、良いものを二つにして見ていた、見方を変えればよいのです。具体的に言います、例えば、心地よい感情が沸いた時はどうですか、手を加えないはずです。悪い感情が沸いた時はどうですか、嫌だと思って手を加えようとしていませんか?そのままにしておく事なのです。良いものも、悪いものもそのまま受け取る事なのです。 従って、貴方が「神経症」を解決した姿とは、その「症状」を受け入れる事が出来た時なのです。ですが解決したと言っても「症状」は続きます。その「症状」がその症状を受け入れることによって気にならなくなる時があります。その時が、完治した時です。その時は貴方が自分自身を知る時です。そして自分自身を全て受け入れるときです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

目の前が少し明るくなった気がしました。 何故神経症が始まるのかということを分かりやすく説明していただけてありがたかったです。 余計なことは考えたくない、そして頭の中を整理させたいと思う気持ちが逆に神経症に導いていたんですね。出来るかは分かりませんが、排除したい考えも普通のこととしてあまり意識せず、少しずつ現状を受け入れられるようになるよう頑張ってみます。 本当にありがとうございました。

  • 回答No.5

ANo.3のthirdforce です。よく理解してくれて、うれしいです。治ったと言うより、かなりましになりました。30年以上かかりました。ましになった原因は、母と姉と僕の3人暮らしで、母は介護で、家でなくなりました。本人も辛かったでしょう。よく怒りました、後悔してます。同じ介護するなら、笑って介護してやるべきで、今でも、後悔の念が消えません。その後、一年以内に、姉が脳の病であっという間に亡くなりうつ状態になり、テレビも、パソコンもする気も起きず、食事も、たべれなくなりました、僕の病気で経済的に,困ってました、姉は僕より8歳年上で、母と、姉をかねたようで、迷惑をかけて、本来なら僕が家計を支え、家族をやしなっていくべきそんざいです。その他、離婚などいろいろいやなことばかり続いて、この有様です。 良くなった原因は、正直いってよくわかりません。年をとり強迫行為がつかれたのか、母と姉が一年以内に亡くなり、頼る人がいなくなり、それが原因か、薬が徐々に効いてきているのか良くわかりません。 今思えば先にも書いたように、病に逆らわず、仲良く付き合っていくような、心構えがあれば、早く良くなっていたような気がします。 焦らず、落ち着いて誰にでもある、観念を無理に排除しようとせず、のんびり、そのうち良くなると確信して、過ごしてください。きっと早く良くなるはずです。さようなら。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

自分も介護の経験がありますが、後になって振り返るとあぁしておけば良かったと、後悔の念が絶えないものですよね。 でも、そのときは自分に出来る精一杯だったんだと自分に言い聞かせています。 ケースは異なりますが、少しはこうした観念を受け入れる覚悟を持ち、 意識しすぎないように気をつけようと思います。出来るか自信がありませんが、頑張ってみます。 本当にありがとうございました。

  • 回答No.4
  • wingx
  • ベストアンサー率0% (0/3)

森田療法については、「生活の発見会」という自助グループがあります。 会員になると機関誌「生活の発見」が送られてきます。 この機関誌を読むと、みんな努力していることがよくわかります。 上海にお住いとのことですが、上海に送っていただけるかどうかはメールで問い合わせるといいと思います。 以上

参考URL:
http://www.hakkenkai.gr.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

他の方々の苦労や努力を知ることで、自分だけではないという安心感から、少し強迫観念から開放されるかもしれませんね、ありがとうございました。

  • 回答No.3

海外へ行く場合、必ず、医師の、診療内容、投薬の薬、症状などを書いた書類を持って行くべきです。国によっては、薬があるかないか、わかりませんので、期間によっては、出国時に、可能な限りの、量の薬をもって行った方が、いいでしょう。医師の処方箋があれば、税関を通してもらえるはずです。それと順序だてて、物事をやる行為そのものが、強迫行為です。メモ書きを利用するのも、強迫行為です。僕も強迫行為で悩まされています。しかし、メモでチェックしたり、などの行為は、返って、悪化するのです。そういった小手先の行為は、止めたほうが、ましです。なぜなら、チェックしたかどうかも、気になるし、順序だての行為から、頭は離れず、ますますとりつかれます。まずは、行動療法、カウンセリングなども、いいかもしれませんが、そういった行為を、自分の癖だと思い、誰にでも癖や。縁起担ぎなどありますので、それくらいの考えで、自分の場合は人より癖が多いと位、思い人生そういった時期があると、焦って治そうとか考えず、のんびりして、とおりすぎるのを待とうと、考えたほうがいいです。薬もいいのが、ありますし。 繰り返しますが、焦って小手先の、行為で治そうとしないほうがいいとおもいます。僕の強度の、強迫行為の経験上からです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます、目から鱗でした。結局その順序立てた行動をしようとすることが強迫行為そのものだったんですね。メモで書いたりというのが良いという話もどこかに書いてあったので続けても良いのかなと思っていましたが、自分のやり方は確かに悪循環を招いていると感じました。 thirdorceさんは強度の強迫行為からどのように立ち直ったのですか?

  • 回答No.2

海外での医療についていくつかできることとして ●日本の主治医に英文の診断書を書いてもらえないか  お願いしてみる(ただし、日本語の診断書より費用がかかります) ●英文の処方箋など医師が薬について証明する文書を必ず携帯し、  薬を持ち込むか、現地で似たような薬を処方してもらう といった方法でしょうか。ただし、メンタル系の薬物の中には 国によっては持ち込み禁止になっているものがあるので、 持ち込み禁止指定になっている薬物を調べたり、代替できる薬にするか、 場合によっては在日大使館に問い合わせるのもいいでしょうね。 さて、森田療法については、外来と入院2つのやり方がありますが、 個人でやるのは難しいと思われます。外来でも「日記療法」といって、 自分が一日に起こした行動を日記にまとめ、それを治療者(医師など)に 見せてコメントをもらうというやりとりをとおして、自分を見つめ直す という過程になります。「生活の発見会」という自助グループで行う やりかたもありますが、書いた日記に森田療法的なコメントを いただけるといったやりとりができなければ、個人でただ日記を 書くだけになってしまいますので、あまり意味がありません。 http://www.mental-health.org/mh13-3-11.html ちなみに、森田療法と行動療法は全くの別物です。 森田療法は「森田神経質」といって、神経症患者にほぼ共通する 性格傾向に着目し、性格傾向からくるさまざまな不安や恐怖と、 その裏にある人間の「より良く生きようとする欲望」をも 受け入れることで症状を治していく、という心理メカニズムに 働きかけるものです。行動療法は「行動主義」という、数十年前の 心理学の一つの視点にたったもので、「人間の行動は学習の結果である」 という前提にたち、行動の学習の“やり直し”で症状にアプローチ していくというものです。行動療法の場合、嫌なものにあえて 触れるなど、観念(とらわれ)よりは行動中心にやっていくわけです。 最近では、人間のマイナス思考の枠組み(スキーマ)に働きかけて プラス思考を取り戻すという認知療法・認知行動療法というものも ありますが、どの療法にも人によって向き・不向きがありますので、 できれば事前に医師と相談をしたほうがいいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に貴重な情報をありがとうございました。 おかげさまで各療法につき、なんとなく理解することが出来ました。 やはり強迫観念を弱めるのはお医者さんが一番なんでしょうね。 もう少し勉強してみます。

  • 回答No.1
noname#51209
noname#51209

現地で医者にかかったらどうでしょうか。薬はそんなに強くないものですから、似た薬でもじゅうぶんです。ソラナックス・デパスその他マイナートランキラザーは何種類も有りますから、そんなに心配はいらないのでは?レキソタンは不安神経症にも使われていますね。症状としては、薬を飲むのを忘れてしまうというのは、医者から見ればとても良い事ですね。今また症状がでてきましたが、その繰り返しでしょうね。意識はしないという事は無理なので、症状にひたされながらも、仕事や家事をするしか方法は無いと思います。あるがまま、なすがまま、にする。森田式等は行動療法ですが(森田~医者~が神経症になり、経験から生み出した療法。)これは何も与えないところで行動をさせるようにします。仕事が有る以上、避けては通れませんから、行動療法と同様、自分がおかれた環境の中でひとつひとつ行動していくしかないですが、それで良いのだと思います。脅迫も強度の不安もたいして変わらないし、薬も変わりません。メジャーをしようすることなく、あるがままに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! やはり現地にもおそらく薬がありますよね、、なぜ先生はあんなことを言ったのかは謎です。薬を飲んでいるときは症状は和らぎはしましたが、おそらく余計な観念は多少なりとも残っていました。語学の心配がありますが、このまま続くようでしたら思い切って病院に行くことも考えなければなりませんね。 私の場合、仕事が忙しいとき、やることが多いとき、切羽詰ったときというのはあまり余計な観念に捕らわれる余裕が無いのですが、時間のあるときに限って悩み込んでしまうんですよね、、厄介な症状です。 森田療法は、ちょこちょこインターネットを使って調べているのですが、なかなか実態がつかめていません。勉強不足です。個人で出来るものなのでしょうか。

関連するQ&A

  • 強迫神経症(?)が再発しました

    25歳男です。強迫神経症といっていいのかわかりませんが、神経質な症状が再発してしまい困っております。 思春期に『○○ができなくなるのでは?』という強迫観念に悩まされていました。(例えば『勉強に集中できないのでは?』って思うと、不安で勉強が全く手つかなくなったり、『趣味が楽しくなくなるのでは?』って思うと、趣味をするのが苦痛になったり) 大人になった今でもこの観念が邪魔をしてきますが、あまり相手にしない(思い浮かんだら無意識に思考を停止する)ようになりました。 しかし、最近ふとした拍子に、『強迫観念が思い浮かんだら思考を停止させているが、これって強迫観念を恐れて逃げているのでは?完全に克服するためには、強迫観念が思い浮かんだら、むしろそれをちゃんと相手にして、向き合った方がいいのでは?』という考えが思い浮かびました。 これを機に、今まで思考を停止してうまくいっていたのが、強迫観念が頭をよぎると、実際は相手にしたくないのに、相手にしなくちゃ、と思うようになり、また以前のつらい状態に戻ってしまいました。 私としては、強迫観念の相手をしても意味がないことをわかっているので、以前のように思考を停止して、相手にしないことで平穏な日々を取り戻したいのですが、一方で、ちゃんと克服したいなら恐れずに強迫観念を相手した方がいい、という考えが頭をよぎってしまいます。 非常に内面的な話で伝わりにくい部分があるかもしれませんが、もし強迫観念の克服法に詳しい方がいらっしゃいましたら、どう克服すればよいかアドバイスをいただけると助かります。 P.S. 本日久しぶりに精神科にいき、先生にアドバイスをもらおうと思ったのですが、『そういう話はカウンセラーにしてくれ、私が聞きたいのは君が薬が欲しいか欲しくないかだけ。』とあしらわれてしまいました。そのため、多少長文にはなってしまいましたが、ここで質問を投稿させていただいた次第です。

  • 彼女が強迫神経症です。してあげられる事・・・

    現在付き合っている彼女が強迫神経症という病気にかかってしまっています。 一言で強迫神経症と言っても様々なパターンがあると聞きました。 彼女は主に人間関係が強迫観念みたいです。 「人に対して気を使いすぎる。」「人に会いたくない」など。 その他にも「施錠の心配」「イライラしたくないのにちょっとしたことでイライラしてしまう」などもあるみたいです。 自分は専門的な知識などは全くありません・・ 彼女は病院へ通院して薬も飲んでいます。 頻繁に会う事があるので少しでも彼女の力になることが出来ればと思い、詳しい方にご意見をいただけたらと思いました。 「会社に行きたくない」など、彼女をイライラさせてしまったときなど、どのような言葉をかけてあげれば良いのでしょうか? また、言ってはいけない言葉などありましたら是非教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 強迫神経症の治療期間

    人を殴って傷つけるのではないか、人を傷つけたのでないかという強迫観念で苦しんでいる者です。病院に通ってもう2年になります。医師の言うとおり、薬もちゃんと服用しているのですが、全く良くなりません。まあ、少しは改善はしたのですけれども・・・。 強迫神経症を克服した方、現在、病気と闘っている方、ご意見いただけませんでしょうか?

  • 強迫神経症、行動療法でマインドコントロール?

    強迫神経症にはいろいろな行動療法がありますよね。 不安が生じたら「これは虚構の不安だ」と思い込むものや、まずは体質改善として、心のリラックスの体操などもあると聞きます。 いずれも薬は一切使わず、「○○神様」を信じなければならないなどの宗教的なものでなく、かつ、強制的ではなく自発的な行動療法とします。 その前提を踏まえて、 行動療法によって、療法の実践者がマインドコントロールにかかってしまったりすることはあるでしょうか。 強迫神経症は心の問題である上、マインドコントロールなどについても詳しく知らないため不安を感じております。 皆様のご見識をお聞かせ願えればと思っております。どうぞ、よろしくお願いいたします

  • 強迫神経症の治し方 克服方法を伝授して

    強迫神経症です。 確認行為と儀式的行動を何十回もしないと、心配で不安でたまりません。 強迫観念に襲われたら何にも対策しようがありません。 強迫神経症を少しでも緩和、克服できた人がいましたら、 治し方を教えて下さい。 主に自分の安全に関する強迫観念と、絶対大丈夫だと思えるまで(といっても思えないですが・・・・)確認行為をしてしまう強迫行為があります。 引き籠もるしかないのでしょうか?

  • 強迫神経症の治療法

    私は6年前に強迫神経症の症状があり(家の鍵を何回を確認する・送信したメールの答えが友人からメールを届かないと同じメールを何回も送信する。(それで友人をなくした事があります。)、この時は大学の図書館で本で読んでいたら強迫神経症ないかと思いましたがどうすればいいかわかりませんでした。 何年か経ち、ある事で精神的につらい事があり、漢方の安定剤を飲んでいました。色々な物に頼り、何とかしのぎました。 去年、過換気症候群で倒れ、専門の病院へ行ってから、急に言動が頭で考えている事と心の中で考えている事が全く異なり、診察したら強迫観念と診断され、行動(納得しないと確認しないと気がすまない)が出たのでトレドミン25mgを毎食後2錠ずつ・メイラックス2mgを夕食後、服用してほしいと言われましたが突然、診察していた病院が無期限で休診になり、役所のセカンドオピニオンで自宅で1番近い専門の病院に行き、そこは自分の話を聞き、薬を出されるだけでトレドミン25mgを毎食後2錠ずつ・メイラックス2mgを夕食後2錠、服用しています。 今は強迫神経症はましにはなっているのですがなぜか神社・お寺・病院・お墓・葬式・通夜で強迫観念が出ます。 正直、トレドミン25mgを毎食後2錠ずつ・メイラックス2mgを夕食後2錠、服用したままで治るのかわかりません。 どうすればいいのでしょうか?

  • 強迫神経症に困ってます。

    もともと神経質だったのですが今年の3月頃、家の外壁の隙間から雨漏りがするんではないかと急に不安になり、家の構造などを調べるようになったり、一日中雨漏りした場合のことを考えるようになりました。雨漏りした場合どこを通ってどこにでるんだろうと考えたり内側からわかるのだろうか、雨漏りで家が崩壊したりしないだろうかと、どんどん悪い方向に考えるようになりました。不安で3~4日寝れない時もありました。それで隙間という隙間をコーキングしまくりました。早朝だろうが深夜だろうが不安になった時にすぐに・・・。でも不安は一時的に下がるだけで、しばらくするとまた不安になりコーキング箇所を何度も何時間も確認するようになりました。さすがに頭がおかしくなったのかと思い精神科を受診しました。そこで始めて強迫観念、強迫行為からなる強迫神経症を知りました。最近では毎日違う強迫観念に悩まされそれを取り除くために駄目だとわかってても強迫行為を続けてます。毎日です。最近の原因は家が電気配線の接触不良などで火災にならないか、配線をすみずみまで確認し傷などないか調べたりプラグがきちんと奥までさされているか、トラッキング現象がおきないだろうかなど不安が絶えません。3年前に家中の電気スイッチを自分で交換したことも今となってはかなり不安です。自分が信じれなくなってます。そして他人も・・・。現在は通院している精神科で脳の状態を良くする薬をくださいと頼んでセニラン5mgを朝と夕方に飲むように言われ飲んでますが、波がありあまり変化がなく仕事にも支障がでてきてます。強迫行為に半日、ひどい時にはまる1日かかることもあり仕事を休むこともしばしでてきました。薬だけでは効き目がないような気がします。考え方を変えたいのですがなかなかうまくいきません。 同じような悩みをもってる人や克服できた人がいたらどういう風に強迫神経症に立ち向かってるか、また克服したか教えてください。  

  • 強迫神経症

    私は、7年ほど強迫神経症で薬による治療をしています。 一番の悩みは、体に締め付けるものを身につけることができないこと。 特に、ブラジャーが着けられないことが、一番辛いです。 これが強迫神経症なのか?といわれると、自分でもよくわからないです。通院しているお医者さんからは、強迫神経症といわれています。 こんな変な病気、悩みのかたみえますか??

  • 不安神経症、強迫神経症です

    長年、不安神経症と強迫神経症で悩んでいます。 些細なことが気になり、精神科に行っているのですが、躁うつ病で不安障害の治療はしていません。 処方されている薬は、スタビライザ中心で、抗不安薬はありません。 仕事がやっと決まったのに、採用取消になるのではないかとか、予期不安に陥っています。 自分でも考えすぎだと思っているのですが、強迫観念のようになっていて問題解決できません。 あまりにも、不安なので形成外科でデパス1mgとレキソタン5mgを処方してもらいました。 少しは調子良いですが、精神科の主治医に報告したら「よくない」と当たり前のことを言われました。 もう20年以上もこうした悩みに苛まされています。 どうしたら解決できるのでしょうか? 疾病恐怖症や予期不安、強迫が酷いです。 問題解決するとコロリと忘れています。これが曲者です。 だから、主治医も抗不安薬を処方しないのだと思います。 どうすれば良いかアドバイスを御願い申し上げます。

  • 強迫神経症

    わたしは、強迫神経症(とくに確認行為)になやまされています。最近はだんだんと以前よりかは良くはなってきているかと思うのですが、まだ完全ではありません。いろいろな本とかみては実行していますが、なかなか思うようにはいきません。薬で治す療法もあるそうですが、なるべくだったらそういったものを使用せずにと思っております。なにか良い方法がありましたら教えてください。