• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

この国語教科書教材の作品名と作者名を教えて

砂漠の真中にある駅。 3人の駅員(乗客だったかな?)が登場します。 そのうち2人はそれぞれ東と西に進んでゆき、そこで見たものを残っていた1人に教えます。 残っていた1人は、南に向かって歩いてゆき、そこでオアシスを見つけるというお話。 ストーリーも漠然としか覚えていないのだけど、 ご存知の方がいらしたら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数335
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • reyuan
  • ベストアンサー率30% (3/10)

見つけました。質問を見て私もにわかに思い出し、そうなったら気になってしょうがなくなってしまいました。 その作品は『三人の旅人たち』ジョーン・エイキン作、猪熊葉子訳 です。 下のHPで見つけました。“教科書タイムトラベル”の61年度版 5年生に載ってました。これが本当にそうなのかは自信がなかったのですが、いろいろ調べた結果間違いありません。「さばく駅」で働く3人駅員のお話です。 あ~、良かった。私もこれでスッキリです。

参考URL:
http://www.mitsumura-tosho.co.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

reyuanさん、ありがとう! 外国のお話だったんですね~ 教えていただいたサイト見にゆきました 今の教科書にはもう掲載されてないんですね 残念 下のサイトの「スイミー」というコーナーで 詳しいストーリー見つけてみたところ・・・ けっこううろおぼえだったようです私^^; http://ueno.cool.ne.jp/zako/index.html あ~ ずっと悩んでいたんです おかげで私もスッキリです。本当にありがとう!

関連するQ&A

  • 1978-1980年頃、国語の教科書の題材のお話

    1978-1980年頃、国語の教科書に載っていたお話です。 ある駅に3人の駅員がいました。その駅はほとんど人の乗り降りのない駅でした。 3人が交代で休みをとろうということになりました。 駅員aはその駅から東行き(もしくは西行き)の汽車に乗って素敵な所に行きました。(場所は忘れました) 駅員bはその駅から西行き(もしくは東行き。駅員aと反対方向)の汽車に乗って素敵な所に行きました。この人は確か都会に行ったような気がします。 最後、駅員Cが休みをとる時、駅員a・bともに自分の行った場所がよかったと強く薦め、挙句の果てにケンカになったか、なりそうになったか。 そこで駅員Cは「じゃあ、自分は南へ行ってみるよ。」と歩いて南下します。すると、そこにオアシスを見つけ、その後駅員は3人揃ってそこを楽しむようになりました。 ……と、いった内容なんですが、「タイトル」「作者」、出版されているなら「出版社」など、情報をご存知の方、教えて下さい。

  • 昔、こくごの教科書で読んだ作品の題を教えてください

    今から約三十年前の、「こくご」の教科書に載っていた作品のタイトルが思い出せずにおります。 あらすじは、ざっとこんなふうです。 三人の男がおりました。彼らは、砂漠の中にある駅に、住み込みで働いていました。 一ヶ月に一度、彼らのうちからひとりだけ、一日だけの休暇が与えられます。 最初の休暇日。ひとりめの男は汽車に乗って東の街に行き、遊びました。 次の休暇日。ふたりめの男は西の街に行きました。 その次の休暇日。三人目の男は、線路を横切って砂漠をどんどん歩き、オアシスにたどり着きました。 オアシス、いいぜ。たまんないぜ。ってことで、それ以来、みなみな休暇の日はオアシスに行くことにしました。 どなたか、おわかりになる方がおられましたら、お教えください。 あ、教科書は、たしか光村図書が出版していたものと記憶しています。 よろしくお願いします。

  • ★3人の駅員が居る話<国語の教科書?>

    たしか教科書に載っていた話だと思うのですが、同窓生は誰も覚えていないそうなのです。 ・人里離れた小さな駅に駅員が3人いる(駅に住んでいる?) ・小さい駅なのに3人もいるのは、2人だと喧嘩をしてしまうから ・名前は(ウロ覚えですが)ジョーンズさん、スミスさん、ブラウンさん ・ある時、一人ずつ順番に休みを一日とって、出かけることにする ・一人は遠くの海へ。お土産は貝と木の実? ・もう一人は遠くの山へ。お土産は覚えてません ・3人目は、歩いていける近くのオアシスへ。お土産は「よい香りの花」と「みずみずしい果物」 短いけれど、とても好きなお話だったのでまた読みたいのですが タイトルと作者を、ご存知の方教えていただけませんでしょうか。

  • 20年程前の教科書に載っていたお話

    昭和50年代の国語の教科書に載っていたお話なのですが、舞台は外国(多分アメリカの田舎町)で、列車、駅が出てきます。 駅員さんが三人ほど登場して、名前がスミスさんとかジェームスさんとか、そんな感じのお名前で・・・それしか思い出せません。 教科書の出版社も分かりませんが、お心当たりの方どうか教えてください。

  • 作品名・作者名を教えてください

    覚えているの内容が曖昧なので、不明瞭ですが それでもわかる方いらしたら教えてください。 ◆少女漫画 ◆「りぼん」か「マーガレット」系統 ◆最近のものではない ◆多分、恋愛もの <覚えている内容> 幼馴染の男女は小さい頃、電線と星を使って 空に楽譜を描いていた。 ふたりの身長は同じ位だったので同じ位置で星を見ることができた。 ある日、成長したふたりは 久しぶりに電線と星を使って空に楽譜を描いていたら 女の子と男の子では音(星の位置)が違っていた。 男の子の方が身長が伸びていて、同じ視線じゃなくなったから。 というような内容が収録されている漫画をご存知ないでしょうか? 短編なのか連載ものだったのかもわかりません・・・。 内容が曖昧なので間違っている箇所があるかもしれません。 星と電線を使って楽譜に見立てるという内容が印象的だったので 気になって仕方がありません。 どうぞ、よろしくお願い致します。

  • 作者名と作品名を教えてください

    祖父から掛け軸をもらったのですが 誰のなんと言う作品かわかりません。。 そとの箱の文字だけで分かる方おしえていただけませんでしょうか?

  • 作品・作者名を探しています

    友人が下記の内容のミステリー小説を探しております。 私も心あたりがなく、ネットで互いに検索をかけてもヒットしません。 どなたか教えていただいてもよろしいでしょうか。 『ある地方都市の話で、確か物の残像が見えてしまうという 特殊の能力を持った持ち主が突然失踪して一年後に街の河川にて発見される。 その事件がきっかけにその街に隠されていた秘密が続々と 暴露されていくという物語』 昨年発売されたようです。よろしくお願い致します。

  • お一人様、一駅のみの御回答でお願いします。

    駅名に方角(東・西・南・北)が入っている駅と言えば、 どの駅を思い浮かべますか? 【例】北千住

  • 駅員さんのアイデアで駅に花壇を作る童話の題名を教えて下さい

    子供が出来て童話を読むようになり、昔読んだ童話が懐かしくなりました。その中で、ストーリだけ思い出せて題名がわからないものがあるので、わかる方がいらっしゃったら教えて下さい。 駅の話です。寂れた駅があって、駅員さんか駅長さんが駅に活気を取り戻す方策を考えていました。そして駅に花壇を作ることにしました。そのうち駅の花壇に綺麗な花がいっぱい咲いて、評判になりにぎやかな駅になったという話です。昔は活気があってから寂れてしまった駅なのか、話の始めから寂れていたのか記憶が定かではありません。 絵本自体は横長で、見開き毎に真中に絵が載っていたと思います。よろしくお願いします。

  • この画像の作品名・作者名が知りたい

    現在この画像のパズルを持っているのですが これをすごく気に入っています。 パズルになるくらいなので有名な作品なのかな?と 思っているのですが作品名・作者名など分かる方おられますか?