• ベストアンサー
  • 困ってます

化学量論係数と反応次数の意味と関係

化学反応速度論における、化学量論係数と反応次数のそれぞれの意味とは端的に言うとどういうことでしょうか? また、化学量論係数と反応次数の関係はどういったことなのでしょうか? お答えして頂けると助かります。

noname#223362

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数4265
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#160321

これは切り離した方が良いと思います。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E9%87%8F%E8%AB%96 量論係数はあくまでも「物質が単一の共有結合性物質で形成されている場合、組成式の元素の係数は簡単な整数比となり化学量論係数 (stoichiometric coefficient) であるといわれる。」 であって、分子の構成元素の整数比です。 反応に当たって必要なのは「反応次数」の方です。 関連がないといっては語弊がありますが、今は忘れて下さい。 実際に反応を扱う実験や研究をしていけば自然と理解されると思います。 名前が近いものが直接関係あると考えたくなるのは当然ですが、それは誤解の元です。 ここのスペースでは、説明するのは無理でしょう。多分基礎化学のコース一学期分必要になると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にありがとうございました! とても参考になりました! 実験を重ねて感覚をつかんでいきたいと思います!

関連するQ&A

  • 反応次数は実験的に求めるものなのに、質量作用の法則は化学反応式の係数を

    反応次数は実験的に求めるものなのに、質量作用の法則は化学反応式の係数をそのまま反応次数として用いて説明がなされ、この結論が正しいのはどうしてですか?(間違った前提から正しい結論が得られるのが疑問です)

  • 反応次数について

    次のようなレポートが出されました。 考えれば考えるほどわらかなくなってしまったので、 どなたか教えてください! よろしくお願いします! ある化学反応において、反応物質Aの濃度[A]を測定したところ、次のようになった。この化学反応の次数を求め、さらに反応速度定数kを求めよ。 ただし反応は A→生成物 とする。 反応時間t〔s〕:0  150  400  800  1200 [A]〔mol/l〕  :0.2  0.184  0.161   0.129   0.103 1)0次、1次、2次の反応である可能性を考えて、表のデータを隠反応次数に対応するようにプロットしなさい。 2)グラフに直線性が得られたものがこの化学反応の反応次数です。 3)速度式とグラフを参照して、kを求めよ。 お願いします!!

  • 化学反応速度論の問題です。

    化学反応速度論の問題です。 化学物質AがBへ転化する不可逆反応で、次の化学量論式で表される。 2A → B (1)この反応速度の関して(1)~(5)のうち、最も適切なものはどれか?ただし、AとBの濃度はそれぞれ[A]、[B]で表し、k、k’、k”は反応速度定数を表す。 (1)化学物質Aの消失速度式Raは Ra=k[A]^2である。 (2)化学物質Aの消失速度式Raは Ra=k’[A]^1/2である。 (3)化学物質Bの生成速度式Rbは Rb=k”[B]である。 (4)化学物質Bの生成速度式RbはAの濃度に依存しない。 (5)説明の情報だけでは化学物質Aの消失速度式はわからない。 (2)(1)で(1)~(5)のうち、それを選んだ理由は? (1)が正解かなと思うのですが。。。 どなたか、教えて頂けませんか?随分昔に習ったので、すっかり忘れてしまいました。。。 宜しくお願い致します。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1604/3256)

意味はそれぞれ調べる 関係は,基本的に無関係 素反応に関していえば関係はあるが,そもそも素反応が明らかである反応の方が珍しい

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

端的にありがとうございます! 難しく考えすぎていたみたいです。

関連するQ&A

  • 反応次数は反応式の係数からでも得られるのですか?

    反応次数は、通常一般的には実験的にしか得られないのは授業で習いました。しかし、反応式の係数からでも得られる場合があるというのです。それも律速段階に関係があるらしいんですが、(律速段階というのは全反応の中に生じる個々の素反応の最も遅い反応で全反応の速さが依存するということですよね?)しばらく考えても分かりませんでした。どなたか教えてくれませんか?ヒントでもいいので。お願いします。

  • 反応次数が0.5の化学反応

    レポートを書くのに反応速度の反応次数が0.5になる反応の具体例が知りたいのですが、どのようなものがあるのでしょうか?素反応全てが具体的にわかるものがいいです。また、0.5でなくても反応次数が整数にならない反応もわかれば教えてください! 調べても具体的に出てくるものがなくて…。

  • 化学平衡における反応速度と反応速度式の関係について

    教えて頂きたいことがあります。 化学平衡において、「反応速度」は反応物のモル濃度の減少速度または生成物のモル濃度の増加速度で表す。ただし、着目物質により、「反応速度」は変わる可能性があるので、化学反応式の物質の係数でそれぞれの「反応速度」を割ることで、その反応としての共通の「反応速度v」を定義できる、とあります。 一方、「反応速度式」より、v=([A]^x)×([B]^y)(A、Bは反応物)、X,Yは実験により求める、とあります。 それぞれについては、理解しているつもりですが、この「反応速度v」と「反応速度式v」の関係はどういったものなのでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 化学反応式の係数の計算の仕方

    初歩的な質問ですみません。 簡単な係数計算はできるのですが、複雑な化学反応式の係数を合わせるとき、どこに最初に目をつけたらいいかよく分かりません。係数を合わせているうちに、よく分からなくなってきます。 また、簡単に係数を計算できるコツを教えてください。 お願いします。

  • 反応次数について

    反応 2H2+O2⇔2H2O について この反応速度はH2とO2の濃度の積に比例する。 という記述があるならば反応速度式は v=k[H2][O2] よって反応次数は 1+1=2 ということで良いのでしょうか? イマイチ自分の答えに自信がもてないので、よろしければアドバイスください^^;

  • 高校化学 反応速度と反応式の係数

    化学反応の速度の問題で、分からないところがあります。 『水溶液中の物質A、B、Cの間で次の可逆反応が起こり、十分な時間が経過すれば平衡状態が成立する。 A+B←→2C (実験1) この反応の正反応の速度v1は、AとBのモル濃度の積に比例した。 A、Bの初濃度がいずれも3.0mol/Lのとき、反応開始直後のCの生成速度は9.0×10^(-2)mol/(L・分)であった。 問1 正反応の速度定数kを求めよ』 という問題です。 解き方として、実験よりv1=k[A][B]だからAとBの初濃度を代入すればよく、また正反応の速度をA,BでなくCに着目して考えて、それらをイコールで結べばよい……ということはわかります。 解答には『9.0×10^(-2)=k×(3.0)×(3.0)』とありました。 しかし、反応式におけるA、Bの係数が1でCの係数が2、であるにも関わらず、何故そのままCの生成速度を代入していいのかわかりません。 仮にAの減少速度をVa,Bの減少速度をVb,Cの生成速度をVcとおくと、Va=Vb=Vc/2となり、この問題で与えられた正反応の速度v1とはVa(=Vb)のことだから、代入する値はCの生成速度を1/2しなくてはいけないのでは?と思ってしまいます。 単純化して考えても、AとBが1個ずつ反応したときCが2個できるので、やはりA、Bの減少速度はCの生成速度の1/2ではないのでしょうか? どなたか分かる方がいらっしゃいましたら、また私が何か勘違いしているということを指摘してくださる方がいらっしゃいましたら、ご回答のほうよろしくお願いします。

  • 速度反応定数と反応次数

    いま大学一年なんですが、化学で、同濃度(1.0M)の酢酸メチルと水酸化ナトリウムを用いて25℃でケン化を行い、その時の酢酸メチルの濃度を定量する問題で、あらかじめ時間とその時間の時の酢酸メチルの濃度がわかっているのですが、この情報からどうやって速度定数と反応次数を求めるのかよくわかりません。 教えてください、おねがいします。

  • 物理化学 反応次数と速度定数を求める問題

    1Lに22.9gのシアン酸アンモニウムを含む水溶液を65℃に保ったところ、下表の速度で尿素を生じた。反応次数と速度定数を求めよ。 時間 min 0 0  50   65  150 尿素濃度 g/L 0 7.0 12.1 13.5 17.7 この問題の答えがなくてあっているのかわからないので、解説と答えをよろしくお願いします。 ちなみに、自力でやって反応次数は1、速度定数はK=-4.39×10^-3がでました。 あと、このタイプの問題で使う公式って反応前の濃度しかつかえないのでしょうか。 どうやってやったらよいかわからず反応後の濃度を使って計算してしまいましたが、これでようのでしょうか。グラフは右上がりの直線になってしまいました。

  • 化学反応式の係数の求め方

    ずばりタイトル通りです。メタノールとエタノールの化学反応式(燃焼)の係数 ()CH3OH+()O2→()CO2+()H2O ()C2H5OH+()O2→()CO2+()H2O を求めたいのですがよく分かりません。未定係数法?と目算法このどちらでも、解くことが出来るんでしょうか?もし、出来るなら両方のやり方を教えて下さい。お願いします。

  • 化学反応式の係数

    化学反応式に係数をつける問題です。 NaOH+H2SO4→Na2SO4+H2O これに係数をつけてください(´;ω;`) なかなかコツがつかめません。 数学が出来る人はパッと解けちゃいますが、バリバリ文系の私には数学力がなく本当に時間がかかり解けません。 友達に聞いたら、まあ感覚だよね…と言われますし… その感覚が私にとったら理解不能なのです!!(笑) なにかコツがあれば教えてください。