• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

高気密・高断熱住宅の実際を教えて下さい

ローコスト系ハウスメーカーで新築しました。 標準仕様より断熱等は増強しましたが、やはり施工実績の乏しい業者では 十分な効果が出ていないように思います。(仕様自体もまだまだ低いこともあります。) そこで、DIYにて断熱補強を考えています。 効果のほどを確認する為に、高気密・高断熱住宅にお住まいの方に、 室内環境の実際を教えていただきたいのです。 ちなみに我が家の現況は、  早朝・外気温0℃前後にて、室温12℃程度。(1階の南面リビング)  かなり寒いです。やはり足元・窓際の冷えを室温より感じます。  エアコン暖房のみで、午後11時頃にはOFFしてます。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
noname#78261
noname#78261

http://homepage3.nifty.com/an-sekkei/kimitu_k.htm 気密工事例です。 ここからは、次世代基準のIII、IV地域と仮定して書きます。 まず、床。基礎断熱ではないようですね。床は剛床ということですから1回の根太隙間から床下の空気が壁体に入ることはないように思うのです、それとも2×4かな。通気工法の空気の流れでしょうか?それだと止めるわけには行きません。構造材を乾燥させるために必要な空気の流通です。 この断熱材の質から言えば必要な厚みは95ミリです。 この断熱材はボードですから、気密は構造材間にこのボードをぴっちり挟み、気密テープをすると思います。やってなくても今からは出来ませんね。せめて出来るのは厚みを増すことでしょう。 次に壁、ロックウールの内側に気密シートをぴっちり施工するのが基本でしょう。必要な厚みは90ミリです。かといっていまから足せるわけもなく・・ 次に天井、必要厚さは160ミリこれも気密シートの施工が必要です。厚さを足すにしても天井を抜かないように充分施工には注意が必要です。 正直温かい地域の多くの工務店では苦手な工事でしょうね。 長野で次世代基準I地域実験棟で外気-5度でも中は17度という結果も出ており、12度というのは換気回数が多すぎたり、暖め不足、気密不良というのが原因でしょう。他のデータで15度というのを読んでいたので15度と書きましたが、出典を忘れてしまいました。 完璧な高気密高断熱住宅になっていないという事です。(断熱材が薄いんだからしょうがないか・・) 断熱材の厚み以外にも原因は考えられるので必ずしも設置によって3度上がるとは思いません。 http://www.house-support.net/seinou/kimitu.htm わかりやすそうな図を発見しました。 参考にして少しでもすごしやすくDIY下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答を感謝致します。 ほとんどご推察の通りの仕様です。(2×4ではなく、木造軸組みです。) IV地域になります。次世代基準での対象断熱材必要厚は把握しておりました。 ですので、メーカー依頼においてその必要厚を目指した訳ではないですが、実感としてやはり足らなかったか...というところです。 床は、床下断熱・ねこ土台・剛床です。 合板気密ですから、おっしゃる通り床下からの空気の流入は少ないと思います。 通気工法による外気の流入については、気密パッキンや先張りシートの概念や施工実績がなかったので仕方ありませんでした。 ただ、間仕切り壁を含め、乾燥材による通気止めを上下で行なってはいます。(実際の納まりが不十分ではあるのですが。) 合板の隙間は気密テープ張りとしていますので、断熱材の補強ですね。 壁は...言葉がないです。(泣。甘かった。) 天井にもメーカーが気密シート施工してあります。 DIYで、もう天井裏へはアクセス済みです。こちらも補強でいきます。 追加の実際データ:17℃~ は、正直、辛いところですが、まさに『少しでもすごしやすく』するためのDIYですから。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9

続きです。 足元が冷えるのは、床の断熱がXPS55mmであれば、窓からの冷気による方が影響が大きいのではないでしょうか(足は冷たさに敏感な部位であることもあるでしょう)。 単なるペアガラスでは、空気層が12mmとかですから、その程度の厚さの断熱材ということになりますよね。 お手軽に窓の断熱性能を上げるには、数年前はホームセンターに良く見かけたのですが、最近はあまり置いてありませんが、窓用省エネ透明フィルムというフィルムがあります。 http://www.rakuten.co.jp/ismmarket/811201/574791/ サランラップのようなポリエチレンフィルムを両面テープで、サッシのフレームに貼って、空気層を作るものです(ドライヤーで暖めると収縮し、ピンと張ります)。要は、お手軽に複層サッシ化するフィルムです。 以前は、サッシのフレームに貼るスペースが無い場合、ガラス面に貼るためのスペーサーになるアタッチメント(プラスティックの中空棒状のもの)も売っていましたが、最近は見かけませんが、住友スリーエムに問い合わせると入手出来るのかもしれません。 単なる(ガス、Low-E無し)ペアガラスのサッシに貼って3層ガラス化すれば、ガラス面の断熱性能を倍に出来るはずですね。 大まかに、家の熱の半分が窓から逃げているとして、これでサッシの熱貫流率を半減出来たとすれば、暖房エネルギーを25%減らせることになりますね。間欠暖房で家の冷え方という見方をすれば、外気0℃で夜20℃で暖房OFFで朝12℃になっているとすると、それが25%改善して朝は14℃ということになりますね。 このフィルムのネックは耐久性でしょうか。 フィルムを破いてしまったり、両面テープの接着がどの程度持つかによって、元を取れるかというと何とも・・ 以上、こんなのもあるよという単なる参考でした。

参考URL:
http://www.34al.com/pea-netukan01.htm,http://www.ads-network.co.jp/tokusyuu/t-14/K.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の回答をいただけるとは思っていませんで、 お礼が遅くなりました。m(__)m 以前の賃貸住まいの際に、この種のフィルムを使ってたこともあります。 確かに効果はありました。(シングルガラスでしたし...。) でも、家族には大変不評でした。その鬱陶しさからです。 当初予定のDIYを実施してから、暖房器具やフィルムについても再検討してみようと思います。

  • 回答No.8

2x6の家に住んでいます。場所は、南関東IV地域です。 断熱材は、壁:高性能グラスウール16K140mm、天井:高性能グラスウール16K240mm、床:XPS90mmです。また、サッシは、アルゴンガス入りLow-E複層木製で、熱貫流率は約1.9W/m2Kです。 C値は約0.4cm2/m2なので、そこそこの高気密・高断熱だろうと思います。 暖房は、ヒートポンプ式の全館空調を24時間稼動していますが、22℃前後の室温を保つために、50坪強の広さですが、最も寒い1月分の電力量は約600kWhかかっています。一時間当たりにすると、850Wくらいの電力を消費しています。あまり当てになりませんが、ヒートポンプのCOPが仮に4程度とすると、時間当たり3.4kW相当の熱量が必要ということになるでしょうか。 無暖房住宅並みの高気密・高断熱でもない場合、早朝の室温を保つには、夜間も暖房を入れておくしか無いのではないかと思います。 次に断熱ですが、窓からの冷えを最も感じます。 窓の断熱性能は、熱貫流率も1.9W/m2Kと壁より一桁悪いですので、当たり前ですね。おそらく(計算すれば出るでしょうが)家全体の熱の半分程度は、窓から逃げているのでしょう。 これは、我が家だけでなく、一般的に、窓は断熱の最弱部と思いますので、複層ガラスのインナーサッシを追加する、あるいは、ガラスを真空ガラスなどすれば、劇的な効果が見込めると思いますが、いかがでしょうか。 お金がかかるのが難点ですが・・・ 私もやはり足元・窓からの冷えを感じますので、暖房設備は、パネルヒーターによる全館暖房(ヒートポンプ熱源)とすべきだったと後悔しています。 以上、ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 C値は約0.4cm2/m2で、そこそこの高気密・高断熱だなんて言われると、 コチラは恥ずかしくなってしまいます。(^^ゞ ツーバイとはいえ、充填断熱(ですよね?)で、我が家と同様な断熱材を 使用されているので参考になります。 しかし、XPS90mmでも足元の冷えが気になりますか...。 (ちょうど、その位までに『増し張り』しようとしてたんですが。) 外気温との差が大きくなると、電気代が掛かってしまうのは仕方がないですね。 高高住宅でのCOP・全館空調は妥当な線なんでしょうけど、22℃って、 結構、高い設定ですね。私と同じで寒がりでしょうか。(笑) やはり、床と窓からの冷輻射やコールドドラフトは、かなり手ごわいということですか...。 さて、ウチはどーしたもんか? 当然、大したコストは掛けられませんし。

  • 回答No.6

我が家も質問者様と同じく瀬戸内沿岸の温暖な市内に新築しました。 C値Q値いずれも2以下の一応高気密高断熱で建てました。 いくら高気密高断熱にしても、夜間の暖房なしにしてしまっては朝方に12℃くらいになってしまうのは当然なような気がするのですが・・・ ちなみに我が家では蓄熱式暖房器を使っています。 延べ床52坪、吹き抜けを含めると55坪の家に7kWを1台だけなので、計算上ではかなり容量不足なはずですが、朝方の室温は17℃程度。 日中から夜間にかけては21℃~23℃程度です。 輻射熱による暖房のおかげで足もとの冷えもありません。 夕方になればシャッターを閉めるためか、窓際もあまり寒さを感じません(ガラスはLow-eと防犯のペア、サッシはアルミ樹脂複合です)。 我が家ではエアコンは朝方に30分から1時間程度だけ使用しています。 他の回答者のかたと同じく、質問者様のおうちも、断熱を追加するよりも暖房方法を変えるほうが効果が出ると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

同じ地域で高気密・高断熱住宅にお住まいの方からのご回答とは、 ありがたいです。 投稿時点の質問では早朝の現況のみ記述したのですが、日中も暖房を切ると あまり室温を保持出来ていないように思いますし、その変化の具合が外気温などに影響を受け過ぎている実感があります。 蓄暖をメインに補助的にエアコン暖房ですか...。(終日運転でしょうか?) やんわりとした輻射熱で暖める蓄暖こそ、高気密・高断熱が前提の暖房機器かと考えます。 吹抜けのない我が家よりかなり大きなお宅のようですし、やはり住宅仕様が物を言っている印象を受けますが。

  • 回答No.5

他の回答者さんの通り、そんな程度ではないでしょうか。 「早朝・外気温0℃前後にて、室温12℃程度」今の時期だと、早朝はまだ日が昇っていませんし、エアコンも外気温度が低いと性能が出ませんのでしかたがないでしょうね。エアコンと床暖房を併用するとだいぶ違うとは思いますが。 いくら断熱を良くしても、冬は外の方が温度が低いので、熱が逃げる事に、夏も熱が入ってくる事に変わりはないです。いくら断熱を良くしても、換気による熱の出入りがあるのである程度以上の断熱は意味がないです。 しかしながら、窓の断熱はどうしても壁より劣りますので、ここにDIY断熱の的を絞るのがいいと思います。 オーソドックスで簡単にはカーテンですね。最近では断熱を謳ったカーテン生地や、カーテンレールを囲うようなボックスを付けたり、カーテンレールの端を曲げて、壁と密着するようなものもあるようです。これでだいぶ熱の出入りが減るのではないでしょうか。 窓ガラスにフィルムを貼るという手もありますが、2重ガラスだと場合によっては割れる事もあるようなので注意してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

エアコンの効きが悪いというようなことではないんです。 比較的早く効きますし、我が家の地域で使用することおいては、機器の性能には不満はありません。 ただ、床暖房のような輻射熱暖房の設備がないので、より高い室温でないと快適度が得られにくいとは思います。 (特に暖房開始直後は。この部分の不快感を解消したいのです。) 換気は熱交換型のものを使用していますし、カーテンについては既に考慮済みです。 窓ガラスフィルムも考えましたが、おっしゃる通り『熱割れ』するので使っていません。

  • 回答No.4
noname#78261
noname#78261

高気密高断熱では朝の室温が15度に保たれている程度です。12度ならあと3度ですね。 でも、気密工事をしていないのであれば効果はそこまでは出ません。 あとわずかの温度上昇を期待して何をすべきかは今の施工状況が わからないとなんともいえませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>高気密高断熱では朝の室温が15度に保たれている程度です。12度ならあと3度ですね。 このあたりのお話を期待していました。 体感的にもその室温がキープ出来れば、快適度が増しそうです。 気密工事はしているのですが、通常その種の工事を行っていない不慣れな業者が施工した為、十分とは言えない状況です。 (間仕切り壁内の通気止めが不十分で、中で風が吹いてるとか。他にも...。) 気密性能試験もしていません。まぁ、数値要求したわけでもないんですが。 仕様は、天井:ロックウール100mm・壁:ロックウール75mm・床:押出法ポリスチレンフォーム3種55mmの内部充填断熱で、 在来工法・剛床です。 天井及び床への断熱材増強を予定していますが、ご意見いただけると幸いです。

  • 回答No.3

外気温0℃で室温が12℃は、そんなに悪くないと思います。 建物の熱損失の50%以上は開口部と言われています。壁の断熱よりも窓の断熱を中心に考えられた方が効率的だと思います。 新築された方の室内環境が出ているページを参考URLに入れておきました。

参考URL:
http://yes-net.ddo.jp/myhome/page2/201.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

窓部分は、断熱サッシ(半樹脂ではないです)・Low-E(ペア)ガラス仕様です。 枠部は十分とは言えませんが、まぁまぁかと考えています。 参考URL拝見しました。 気密性能は特別高くはないようですが、 外気温に大きく影響されない室内環境のようで、 うらやましいです。

  • 回答No.2

>早朝・外気温0℃前後にて、室温12℃程度 性能は上々でしょう。 最近の住宅の性能はどれもその程度だと思います。 高気密高断熱というのは、24時間全館空調して生きるものとも言えます。 手を加えられるなら断熱より設備を見直したほうがいいように思います。 というより、それで普通なんですが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

上々ですか...。 仕様自体もそれほど満足の得られるものではないんですが。 ほんの少しの室温差を実現出来れば、体感として大きな改善となりそうなので、 コスト的にも断熱補強でいきたいところです。

  • 回答No.1
noname#48034
noname#48034

うちは蓄熱式なので終日暖房です 年中夜は15度程度その他は23度くらいになるようにしてます 窓際10cmはちょっと寒いかもという程度

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

実際のお声、参考になります。 我が家は瀬戸内海沿岸の比較的温暖な地域ですので、 終日暖房は検討しませんでした。 確かに外気温がもう少しある時期で、室温が15℃程度保たれている早朝もありましたが、体感ではそれほど寒さを感じませんでした。

関連するQ&A

  • 高気密高断熱 輸入住宅は暖かい?

    高気密高断熱のふれこみの輸入住宅をハウスメーカーで 建てました。沖縄本島に住んでます。 輸入住宅は冬も暖かいといわれてますがひと冬を越してみて 本当にこんなものかと気落ちしています。 というのもここ沖縄もさすがに冬には寒い日があり 外の温度は12.3度位なものでしょうか。 その12.3度の時、特に暖房器具はつけていいなくて 室温は17度程です。 ムクの床材で暖かいと聞いていましたがヒンヒン冷たく スリッパは欠かせません。 本題にもどりますが、本土の方々で輸入住宅にお住まいで 冬も暖かいと感じている方々は外気が何度で室温が 何度位の時そう感じるのでしょうか? 室内温度がどれくらいの時、暖房器具をつけ部屋の温度を 何度くらいに保っているのでしょうか? ちなみに断熱材は発砲ウレタン、窓は全てペアガラスの ローイー仕様、吹き抜けと大窓が3カ所あります。 よろしくお願いします。

  • 高気密高断熱 冬の陽射し

    高気密・高断熱の家に住んでいます。暖房器具は、エアコンのみです。 夏の暑さ対策として、1階の東・南・西面が遮熱の複層ガラス・北面が断熱の複層ガラスが入っています。2階は、東・西が遮熱ガラス、北・南面が断熱ガラスです。 地域としては、冬、雪が降ったとしても、冬場に1回~2回少し積もらないほど降るくらいで、夏場は、軽く30度を超えます。寒冷地なのか、暖かい地域なのかどちらなのか分かりません。きっと、暖かい地域だと思っています。 住んでみて、寒くて寒くてしかたがないと困っています。遮熱ガラスのせいなのですが、リフォームをして、冬の陽射しを取り入れるようにしたいと思っています。後、エアコン暖房の過乾燥にも、とても困っています。 (まだ、新築なので、あまりお金はかけられないのですが・・・) ただ、かなり怖いのが南面に庇・軒が全くない総2階のつくりになっていて、冬の陽射しを取り入れると夏が恐ろしいことになりそうです。 今、現段階としては、まず、一番に冬の昼間の陽射しを取り入れたいです。 冬場の窓際でポカポカしたいので。 1階の南面を遮熱から断熱にすると、効果は期待できるのでしょうか?今は、天気がいい日中も1日暖房をいれている状態です。1階と2階の南面で遮熱と断熱ガラスの違いを体感したいのですが、2階の庇が結構長く、2階の窓の位置が高いため、あまり陽射しが入りにくく、いまいち違いを体感することができません。 南面を断熱ガラスにすると、冬場、日中暖房なしで陽射しだけで部屋は暖まりますか?窓ガラス越しにポカポカを感じることはできるのでしょうか。 そうなると、夏の暑さ対策としては、すだれ、よしずで対処できるのでしょうか?今の遮熱ガラスでも夏場、ほとんどの面をすだれ、よしずで覆っている状態です。夜は、ほぼ毎日エアコンです。遮熱でもこの状態なのに、断熱になると、どうなるのか、とても心配です。 遮熱・断熱でも、よしず、すだれをすると夏場は、同じくらいの暑さで、今以上にひどくならないなら、遮熱ガラスから断熱ガラスに変えたいと思っています。 それとも、よしず、すだれよりも、庇、軒のほうが効果的なのでしょうか?今でも、夏場は暑くて、暑くて困っています。その場合、総2階の造りでも、後から後付で庇、軒をつけることができるのでしょうか。(その場合、費用はどれくらいかかるのか知りたいです。) 後、選択肢として考えているのが、1階に蓄熱機を置くことです。蓄熱機は24時間暖房で、冬の陽射しのような暖かさが感じられると聞いたので。 どうすれば、冬の寒さを解消できるのか、どなたかよろしくお願いいたします。

  • 断熱材の変更(長文)

    在来工法、充填断熱、ネダレス、外壁通気層工法、気密シートなし、通気止めなしで、建築中です。(静岡県西部) 床はサニーライト400ミリが入り、これから壁と天井と2階床下にパーフェクトバリア(標準仕様)10k100ミリを予定していますが、工務店から”壁の断熱だけ、ネオマフォーム45ミリでやろうと思っています”と提案されました。(プラス料金なしです。) なぜこのようなことになったのかと言いますと、窓枠のまわりなどの狭い所は、耳付きパーフェクトバリアを切って施工している、つまり、耳が無くなった方に隙間ができやすい、という事と、下地(後々重い時計などをつけるための補強)を入れると、どうしても隙間ができる、ということからです。よく、石膏ボードと断熱材の間には隙間は作るな、と言いますよね?  ただ、現在の我が家の工法に、ネオマをつけてもあまり効果がないのではと思うのですが。 柱と、ネオマの間には、エースクロスという、気密テープをはるそうです。このテープの耐久性やネオマの収縮も心配です。ネオマの断熱の良さは知っておりますが、デメリットってありましたっけ? 何の問題もなく、しかも、少しでも効果があれば、使いたいのですが、 使うことによって何かデメリットがでてしまうのなら、パーフェクトバリアでいきたいと思うのですが。答えがでません。 単に断熱材だけの問題ではないので、本当に混乱してしまっています・・・ 高気密の家ではないので、夏涼しく、冬暖かいというのは無理という事は、承知しています。 ちなみに天井の100ミリは少ないと思うのですが(屋根はガルバです)

  • 屋根瓦の種類と天井断熱材について

    いつも参考にして大変役に立っています。 今年に新居を建てようと考え、ハウスメーカーと仕様の話をしています。木造従来工法の家ですが、外壁はALC、壁断熱材はグラスウール100mm、サッシはペアガラスにLow-e仕様と断熱にはかなり気を使ってオプションなど組んでいます(シックハウスや暖房器具の関係で高気密にはしませんが)。しかし、屋根がカラーベストで天井断熱(勾配天井)にネオマフォーム20mmが標準仕様なので断熱性能に疑問があります。そこで質問ですが・・ 1、屋根材質をカラーベストと瓦にした場合の断熱効果はどれほど違うのか? 2、天井断熱材がネオマフォーム20mmで断熱性能が十分といえるのか、また厚みを増すならどのくらい必要か?(次世代エネルギー基準IIIかIVにはいる地域ですが断熱材の必要厚さを見ると100mmくらいは無いといけないように思うのですが・・勾配天井なので夏の暑さが気になります。) 屋根材質の選択によっても天井断熱の方法が変わってくると思うのですが、どなたかお知恵をお貸しください。

  • ユニットバスの断熱について教えて下さい

    IV地域の断熱について質問です。 TOTOのユニットバスを使用しています。 床は断熱材の入った〈ほっカラリ床〉を使用しています。 浴室は北西の角部にあるのですが、北側と西側の基礎コンの内側には断熱材が 貼られていません。南と東側は断熱材が貼られています。 基礎パッキン+気密テープで外気を遮断しています。 外壁部は断熱材が施工されています。 ユニットバスの上は断熱材がなく、1階と2階の間の空間とつながっています。 ユニットバスの床が冷たく感じます。 室温が13度、ユニットバス下(基礎内)8度、床表面温度8度、外気0度です。 ほっカラリ床はもっと温かく感じるものだと思っていました。 お湯をかけて座れる温度にしても、しばらくすると冷えてきて冷たく感じます。 基礎全面に断熱材を施工していれば、これほど冷たくならないのでしょうか? 工務店に言っても普通の施工だと言われています。 IV地域の施工としてはこれが普通なのでしょうか。 もし、正しい施工方法があればそれが記載されている資料を教えて頂きたいです。 DIYでユニットバスの上面に断熱材を施工して、1階と2階との空間を遮断すれば 室内の温度は現在よりも暖かくなりますでしょうか?

  • 建売住宅、断熱材について(勾配天井)

    いつもお世話になっております。 新築戸建を購入検討中のものです。(フラット35S対応物件=耐久性・可変性のところが該当) 二階リビングの南側ベランダに面した3畳分を勾配天井にしてあります。 勾配天井4.96m2とのこと。(これは面積?) リビングには床暖房もあり、窓はLOWーEペアガラス使用です。 仕様書には、外壁部分および屋根直下階天井グラウスール14K・1階床スタイロフォーム65mm と記載されていました。屋根は、構造用合板12下地 アスファルトルーフィング22Kg。 ネットなどで勾配天井、デメリットなどを見ると、勾配にすることにより屋根部分に 断熱材が使えないとか、もちろん広さが増すので、夏は冷房が効かない!など 書いてあり、この断熱材で大丈夫なのか、気になっています。 木造ストレート葺二階建て、基礎はべた基礎、JOTO基礎パッキンロング仕様、モルタル刷毛引き 合板類⇒構造用合板9・12・24mm コンパネ9・12mm  F★★★★ 上記のなかで、素人なので、いろいろと調べてもわからず。。。 そこで 1)断熱材は、この仕様(厚みとか?)は、レベル的には問題ないのでしょうか? 2)勾配天井にした場合、本来の天井部分がないので、そこに断熱材がなければ   かなり効果がなくなるのでしょうか? 3) 屋根には通常、断熱材は入らないのでしょうか?(無知ですみません)天井に入るということ? 4) 上記仕様条件で、これは気になる!という個所はありますでしょうか?    (あまりにも、これは安すぎるのでは?みたいな。) 気密性、通気性とかいろいろネットには書いてありますが、素人には、建売の仕様書を 見ても、なかなかわかりかねます アドバイスお願いします!

  • 工法・断熱材で悩んでます!

    現在、条件付の土地(関東)に2×4で2階建てを建築予定です。 そろそろ確認申請を出さなければいけない時期となり、断熱方法と工法自体に迷いがあり、焦りまくってます。 断熱材は標準仕様で・・・ グラスウール10K  75mm(外壁) グラスウール10K 100mm(天井裏) 押出法ポリスチレンフォーム1種 30mm(床下)(浴室・玄関土間は除く) とあるのですが、経年劣化等の不安から、他の断熱方法を工務店に確認したところ、発泡ウレタンなら対応可能との事でした。 それ以外だと、工法自体を「スーパーシェル」にグレードアップするしかなさそうで、金額的にもかなりのUPが予想され、どうしたものか悩んでおります。 また耐震等級も(間取りや間口等で変わると思いますが)現況で「1」。スーパーシェルで「3」。 我が家の間取りは、南面にルーフバルコニー(6畳)があり、その部分だけ上下階の外壁位置がずれてますので、断熱性能だけでなく、耐震性もUPさせた方がよいのかなぁ・・・と。 日々こちらのサイトで勉強させて頂いてますが、高高住宅にもメリット・デメリットがあると知り、ますます悩みは深まるばかり。 実際に2×4やスーパーシェルで建てられた方のご意見や、断熱方法等詳しい方からのアドバイスを頂けたら嬉しいです。 よろしくお願い致します。

  • アルミサッシ断熱対策

    現在、一軒家でペアガラスのアルミサッシの窓になっており家全体が寒く、外気とほぼ変わらない温度まで下がる状況です。  色々調べた結果、結論は、あと付け、樹脂製窓を取り付ければ、断熱効果で温かくなると言う事は、理解していますが予算的な問題で、ローコストで出来ないか?考えておりました。そして先日有る物見て是非、その真似をしたく自宅に取り入れたいのですが、ネットで調べてもそれがなんの素材なのか?分からず質問させて頂きます。  サッシ枠及びレールに貼る、カッティングシートのような物で、ペラペラしておらず、若干硬いもの。例えば、クリアファイルより硬くパリっとした感じ。(良く市販されている、ニ○ムズのサッシ枠断熱テープではないです。こちらは逆に何本も使用しハイコストになってしまいます。)そのカッティングシートのような硬い素材の物は、マクドナルドの有る店舗の全てのアルミ部分に貼りつけられており、触っても若干ヒンヤリはするものの、かなりの断熱効果が有ると思っています。(実際、窓際に居たにも関わらず全く寒くなかった。)その時の写真も添付します。是非、分かる方、またはその業界で施工された方、正体を教えて頂き、また何処で入手出来るか、ご教示ください。

  • グラスウールを発泡断熱に。コスパ的にどうでしょうか

    注文住宅を契約することになりました。(前の質問に回答頂いた方、ありがとうございました。結局B社を選びました) できるだけ断熱性能を向上させるため、効果のある順にオプション施工をしたいと思います。 まず、窓を樹脂アングルサッシから複合樹脂サッシに変更しました。(複合樹脂が+62万、フル樹脂が+102万・・・フル樹脂は値段と性能のバランスから見送りました) 次に、断熱材なのですが、次のような選択肢があります。 【変更前】アクリアマット14K(壁90mm、天井90mm、床75mm) 【オプション1】発泡ウレタン(壁80mm、屋根120mm)、床は変更なし → +35万 【オプション2】発泡ウレタン(壁80mm、屋根160mm)、床は変更なし → +40万 (ついでに、透湿防水シートにタイベックシルバーを選択) 変更前後の熱伝導率は0.038→0.034なので、壁についてはR値は微増、天井(屋根)は2.36→3.52(オプション2だと4.7)になります。 ここに30-40万かけるだけの効果があるかで悩んでいます。 光熱費や室温が明らかに変わるのであれば選択しようと思いますが、ローコスト系住宅で断熱材だけピンポイントでアップグレードするお客は珍しいらしく、営業さんも効果については煮え切らない答えでした。 「屋根からの熱移動は10%も無いので無駄」「気密性が上がるのでお勧め」「グルニエが快適になる」「ケチると夏場、二階が地獄を見る」等、色々な見方があると思いますので、アドバイスをお願いできればと思います。

  • アルミサッシに高断熱ガラスって意味ありますか?

    昨年都内に新築した高気密高断熱仕様のコンクリート住宅に住んでいます。各居室はアルミ樹脂複合サッシ(トステムのシンフォニー)にペアガラスで十分に快適なのですが、意匠に拘ったために、北側の玄関上にW2500×H2500ほどの大開口2段3連窓サッシ(トステムのビル用アルミサッシ)があり、一応、断熱Low-eガラス仕様なのですが、冬には、玄関ホール周りが結構寒い状況です。 そこで、この大開口サッシの断熱性能を高めるために、2段3連窓の6枚のFIXガラスを、日本板硝子のスペーシアSTまたはスペーシア21に換えようかと検討しています。 スペーシア21は、グラスウール50mmに近い断熱性能があるとのことで、 とっても期待しているのですが、サッシ自体が断熱仕様ではなく 単なるアルミサッシなので、その効果が期待できるものなのか強い不安があります。 結露、防音に不満はありませんので、あくまでも断熱性能に関してのみの心配です。 どなたか、体験者、ならびに詳しい方からアドバイスを頂ければ 幸いです。  ※樹脂製のインナーサッシを検討し、YKKAPの「プラマードU」+   「スペーシア」が取り付け可能だと分かったのですが、   意匠的に少し厳しいものがあり、こちらも躊躇しています。