• ベストアンサー
  • 困ってます

企業年金の裁定請求と受給について

企業年金の裁定請求についてお尋ねします。 私は昭和22年10月生まれの男性です。現在60歳3ヶ月。 昨年10月の誕生日過ぎに特別支給の老齢厚生年金の裁定請求を行い、 同年12月から支給が開始され、現在、特別支給の老齢厚生年金を受給中です。 過去に数度の転職を行いましたが、その中の一つに企業年金が掛けられていた会社があった様で、 本日(1/15)、企業年金連合会から老齢年金裁定請求書が送られてきました。(企業年金が掛けられていた事は知らなかった) ※企業年金の名称:東芝 ※加入期間は1年3ヶ月です。 特別支給の老齢厚生年金を受給中ですが、企業年金の裁定請求を行った方が良いでしょうか? また、企業年金の裁定請求を場合には、受給中の年金額に影響致しますでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数645
  • ありがとう数19

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • k-josui
  • ベストアンサー率24% (3219/13021)

以下のページを見ると、請求した方がいいように思いますけど。 http://fp-nenkinnavi.com/77/300/001060.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイス有難う御座いました。 参考URLを拝見し、企業年金の給付を受ける権利がありながら 当方の様に掛けている事を知らずにいる人や忘れている人が多くいる事と 裁定請求がされずに未支給の企業年金が124万人、1544億円とは驚きました。 今回はたまたま裁定請求書が送られて来たから掛けている事が判明して良かったです。 近日中に裁定請求に必要な書類を揃えたいと思います。

関連するQ&A

  • 年金の繰り下げ受給について

    日本年金機構のホームページには「老齢基礎年金と老齢厚生年金は別々に繰り下げ受給を設定出来る」とあり、老齢厚生年金を繰り下げした場合は、加給年金や企業年金連合会の企業年金も繰り下げ受給になる(ただし増額は無し)という記述があります。 では、例えば老齢基礎年金だけを繰り下げ受給の設定にし、老齢厚生年金だけを通常の65歳からの受給にすれば、厚生年金+加給年金+企業年金だけの受給という事になるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 厚生年金、企業年金の手続きについて

    現在10月で64歳になる者です。厚生年金証書は既に発行されて、企業年金は9月中旬頃裁定請求書を送っているところです。初めてなので良く分からないのですが、最初に支給されるのはどっちでいつ支給されるのか気になります。

  • 60才からの年金 受給について

    ねんきん定期便が届きました。現在、専業主婦です。 結婚する前 会社勤めを6年間しました。私の受給開始年齢は 昭和29年4月2日~昭和33年4月1日に 該当します。 私は老齢基礎年金は 繰上げ支給をしないで 65歳から受給するつもりです。 そこで質問です。老齢基礎年金は65歳から受給する事は いいのですが、ねんきん定期便の厚生年金 部分 60歳~の欄の特別支給の老齢厚生年金の(報酬比例部分)に60,000ほど 65歳~老齢厚生年金(報酬比例部分)特別支給と同じ金額60,000と(経過的加算部分)30,000ほど記入されてます。 そして、企業年金連合会からの郵便で年金支給義務承継通知書を受け取り そこには将来支払われる年金の見込み額として年間50,000ほど あります。 この企業年金連合会の年金の引継ぎの お知らせ(年金支給義務承継通知書)の基本年金額は ねんきん定期便と別物でしょうか。 別物として 60歳~受給すると、ねんきん定期便の厚生年金部分の年金額は 減るのでしょうか? そして 又 ねんきん定期便の特別支給の老齢厚生年金の(報酬比例部分)だけを60歳~受給すると65歳~の経過的加算部分)30,000は なしと言う事でしょうか? そして 障害年金が 気になってます。たぶん老齢基礎年金部分だけ関係すると思いますが念の為教えてください。60歳~特別支給の老齢厚生年金の(報酬比例部分)に60,000受給した場合は、それ以降に障害等級に該当したとしても障害基礎年金は支給されないのでしょうか。?この事は企業年金連合会の年金の引継ぎの 基本年金の 受給年齢にも関係するのでしょうか? 質問の内容が うまく書けなくて すみませんが よろしくお願いします。 

  • 元の勤務先の倒産は、企業年金に影響するか

    上場会社に40年弱勤務した退職者♂77歳です。現在、厚生年金(厚労省年金局から130万円/年)と企業年金(企業年金連合会から80万円/年)を受給中です。レナウンなど新型コロナウィルスカ禍での倒産報道を見ます。元の勤務先(転職なし)が倒産したら、企業年金受給額に変化はあるのでしょうか。厚生年金へは影響なしと思っています。詳しい方 回答よろしくお願いいたします。

  • 年金特別便の再裁定について・・。

    前回の私の質問に対し、専門家様の明快なお答えに心から感謝しています。 ちょっと前回の質問の補完になってしまいますが・・。 旧法の通算老齢厚生年金(コード0230)を現在受給中のお婆さん(大正9年生まれの87歳)について・・ 配偶者の遺族年金を月額10万ほど受給しているそうです。 つまりお婆さん本人の老齢年金と遺族年金を重複して受け取っています。 配偶者は25年間以上、厚生年金を掛けていたと思われます。 【質問(1)】 お婆さんが現在受け取っている老齢年金(月額1万円)は、お婆さん本人の過去の2年ほどの勤務期間(加入期間)基づいて支給されているものと思われます。 厚生年金を受け取るには加入期間25年とかの要件があったと思いますが、お婆さん本人は、国民年金等は納付していた記憶がないそうです。 お婆さんが、たった2年程の厚生年金加入期間で、月額1万円の老齢年金を現在受け取れるのは、亡くなった配偶者の加入期間が25年以上あるからなのでしょうか? 【質問(2)】 これに新たに今回発見した、15か月分の厚生年金加入期間が加算されて、年額4万ほど年金額が増加して再裁定されるとのご見解でしたが、さかのぼって支給される年金の起算点は、60歳からでしょうか?それとも65歳からでしょうか? 以上、教えていただけると非常に助かります。 たびたびすみませんがよろしくお願いいたします。

  • 企業年金と公的厚生年金の受給とのかねあい

    将来、厚生年金の受給がありますが、別に企業年金も受給するつもりでいます。以前、厚生年金基金(当時の名称)に加入していた時期がありました。 同時に、どちらも減額されることなく受給することはできるのでしょうか。

  • 企業年金連合会老齢年金振込通知書の件

    お世話になります 企業年金連合会老齢年金振込通知書の件 私は57才で退職して10年になります 毎年1月の終わり頃 企業年金連合会老齢年金振込通知書が来ますけど 振込額が256円と意味の分からない金額が振り込まれます 会社は早期退職で退職金. 企業年金. は税金の関係上全額 受け取りました なのに毎年なぜ 振込額が256円通知書が来るのかはがき代だけでも52円かかるのに どうしてか分りません 企業年金に詳しい方教えて下さい  

  • 退職後、給付金 裁定請求書が送られてきた

    給付金 裁定請求書というものが来ました。 一時金で受給や企業年金連合会に移換とかいてました。 これはどういったことでしょうか? よろしくお願いします。

  • 年金基金、厚生年金について

    現在、64歳の男性です。 60歳から厚生年金の比例報酬分を受給しながら、フルタイムで働いており、在職老齢厚生年金保険料を払い、また、60歳から年金基金に加入し、その保険料も払っています。 今年65歳になりますので、何かしらの手続きが必要になると思いまして、調べ始めました。 そこで、OKWaveの皆様方で、ご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイスの程をよろしくお願いいたします。 1)企業年金の受給方法は、企業年金連合会から通知が来るまで待っていればよいのでしょうか?   (友人が、65歳到達時に通知が来る筈と言っていました。) 2)企業年金は60歳加入ですので、たいした金額ではありませんが、その受給額はどのように計算されるのでしょか? 3)65歳から老齢厚生年金が支給されますが、この手続きは日本年金機構から通知が来るまで待っていればよいでしょうか? 4)在職老齢厚生年金保険料を支払いながら働いた分の加算は、どのように計算されるのでしょうか? 以上、無知な小生にアドバイスを頂ければ幸いです。

  • 企業年金連合会から支給されるものは?

    もう24年くらい前のことになりますが、建設コンサルタンツ厚生年金基金に参加していたA社を9年6カ月勤めた後退職し、別のB社に転職しました。 その数ヵ月後に建設コンサルタンツ厚生年金基金からの脱退に伴う支給義務の引き継ぎを受けた(承継)と、厚生年金基金連合会(現:企業年金連合会)から連絡のはがきが来ました。その葉書には将来支払われる年金額として約300,000円と記されていました。 また、転職した先の企業も厚生年金基金のある会社でしたので、社会保険庁の加入記録ではA社(基金)114か月、B社(基金)290か月というように表示されています。 B社は老齢厚生年金の代行を行っているため、B社の290カ月分の老齢厚生年金はB社の厚生年金基金からおしらせがあり、社会保険庁からの年金見込額のお知らせには含まれていません。 社会保険庁の年金見込額のお知らせには、老齢厚生年金(報酬比例部分)の年金額として約200,000円のみが記載されています。 Q1. さてA社の114カ月分ですが、この2階部分の老齢厚生年金(報酬比例部分)の年金は、企業年金連合会から支給されるものとして理解してよろしいのでしょうか?  その部分の年金はおよそいくらになるのでしょうか? Q2. また、企業年金連合会は(旧:厚生年金「基金」連合会)ですから、3階部分に相当する厚生年金基金も企業年金連合会から支給されるのでしょうか?  この部分の年金はおよそいくらになるのでしょうか? Q3. 社会保険庁の年金見込額のお知らせにある約200,000円の老齢厚生年金(報酬比例部分)はA社とB社に勤めていた期間全体(404か月)分の再評価部分のみと考えてよろしいのでしょうか? 年金は、いろいろとわからないことばかりで苦労しています。 年金に詳しい方、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひご教示ねがいたく。 よろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう