• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

前田珠子さんの書籍について

最近、前田珠子さんの作品の『空の呪縛』と『天を支える者』にすっかりハマってしまいました。それで、『破妖の剣』と『聖石の使徒』も読んでみようかな、と思いました。 そこで、お尋ねしたいのですが、これらの二つのシリーズはズバリ、読む価値(時間のムダだったと思わない)はありますか?よければ、簡単なあらすじも付けて回答してもらえると嬉しいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数279
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • mshr1962
  • ベストアンサー率39% (7416/18946)

先に言っておきますが、読む価値はありますが未完の状態です。 それは覚悟していてください。ではネタばれしない程度ですが ■破妖の剣 妖鬼がはびこる、中世のトルコやアラビアに似た世界の話 妖鬼に対抗する力を持つ物が集まる砂の城、そこに住むラエスリールは 一切仕事が与えられない破妖剣士で、いつも水汲みや野菜の世話ばかりしていたが 妖鬼がラエスリールにちょっかいをかけてくる。 そんなある日、大国の姫が妖貴(妖鬼の貴族)に狙われ、最強の剣と呼ばれる朱烙を持つラエスリールが召集される。 以降、ちょっかいをかけた妖鬼が護り手となってラエスリールの苦難が始まります。 ■聖石の使徒 本の冒頭で語られますが、諍いを起こした二人の月神が祟り神のような存在になっている世界の話です。 石炭の聖石を持つアークは落ちこぼれ、砂金水晶のミイノに世話ばかりかけています。 そんなある日、二人の聖石の使徒がアークとミイノの力を借りたいと申し出ます。 以降、事件は解決しますがアークの放った力をみた3人がアークを連れて旅立ちます。 ※基本的に本編と主人公を別にした短編で構成されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます! どちらもまだ、未完なんですね。

関連するQ&A

  • コバルト文庫について

    『マリア様がみてる』を読んですっかりハマってしまいました。 それで、他のコバルト文庫のものも読んでみようと思い、前田珠子さんの『空の呪縛』や『天を支える者』、藤原美里さんの『桃仙娘々伝』を読んだところ、またハマってしまいました。たぶん、ファンタジー系の作品にハマりやすいのだと思います。 以下のポイントに一つでも当てはまるコバルト文庫なら何でも大歓迎ですので、みなさんのオススメの作品を教えてください。簡単なあらすじも付けてもらえると嬉しいです。 1.女の子が主人公であるもの。 2.一人称であるもの。 3.感情移入しやすいもの。 4.西洋風ファンタジーのもの。 5.中華風ファンタジーのもの。 6.異世界へ主人公が行ってしまうもの。 7.主人公が日々、成長していくもの。

  • 前田珠子さんの同人誌

    前田珠子さんの同人誌を手に入れたいのですが、方法がわかりません。 以前に購入した本に載っていた方に手紙で連絡したところ、転居地不明で戻ってきました。 どうすれば良いのか困っています。どなたかご存知ないでしょうか?

  • おすすめファンタジー系の小説

    私は一度作品に出会ったらずっと同じ作者のまま読み続けるので、中々新規開拓が出来ません。 小説はメインで読んでいるのはコバルト、角川です。 作者としては前田珠子、冴木忍(この作者は付き合いが長いです) 神坂一。すらっとでてくるのはこれくらいです。 後はシリーズ名しかわかりませんが、ちょ~シリーズ、汝シリーズも読んでました(共にコバルト) 短編よりシリーズものが好きなので、ちょっと長めで読み応えあり、挿絵も綺麗めなお勧めファンタジーあれば教えてください。

  • 雑誌コバルト誌上においての対談

    集英社から発刊されている雑誌コバルトで、過去、前田珠子さんと厦門潤さんが対談された号があったと思うんですけど・・・ 何年、何月に発売されたものだったでしょうか。 分かる方、教えてください。

  • どうなっているのでしょう?

    いまから18年程前の話ですが、前田珠子さんの小説で、「カルランシィの王女」シリーズを読んでました。 しかし、主人公の婚約者が建物の瓦礫の下敷きになって生存不明になってから続きの話がでません。 いまや書店でそのシリーズの本もなくなりましたが、続きは出るのでしょうか? 御存じの方があればご一報いただきたいと思います。

  • ファンタジー小説のおすすめを教えてください。

    ファンタジー小説のおすすめを教えてください。 好きな作家はタニス・リー、ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、アーシュラ・ル=グウィン、ジェイン・ヨーレン、グレゴリー・キイズなどです。 海外作家の描く雰囲気が好みで早川FT文庫を結構買っています。 「時の旅人クレア」のような歴史トリップや、「暗黒の塔」シリーズなども好きです。 所謂お姫様ものも好きです。 今はライトノベルを読むことは殆どないですが、学生の頃はコバルトの前田珠子やゆうきりん、「夢の宮」シリーズなどが好きでした。 こんな傾向に合うおすすめがありましたら、作家や作品の名前をぜひ教えてください。 知ってるものでも、雰囲気があれば日本の作家さんでも構いません。 よろしくお願いします。

  • 小学校3・4年生にすすめる文庫

     小学校3・4年生の子ども達(男女)に読めるような文庫を探しています。  自分の経験ではコバルト文庫だったので貸してみたら、ちょーっと難しいかも・・・と言われました。  まだ、自分の知らない漢字がフリガナなしであったからか、思ったよりも文章が多かったのか・・・。  私の持っているコバルト文庫だったので、読みにくいのかな?とも思ったのですが(前田珠子、須田しのぶなど)。  小学校3・4年生の読めるいわゆる児童文学作品の文庫ではなく、読み物の文庫でおすすめがありましたら教えてください。

  • 眼球を交換するシーンのある作品

    自分と他人の眼球を入れ換えるシーンや、入れ換えたという描写・設定のある話を探しています。 ゲームやアニメなど、書籍以外の情報も大歓迎です。 眼球は人間のものでなくてもかまいませんが、単なる義眼ではなく、入れ換えた目が誰か他者のものであったことが明確な作品が希望です(細かくてすみません)。 「邪眼譚」井上雅彦 「破妖の剣」前田珠子 「マイノリティ・リポート」ディック 以外で、当てはまるものはないでしょうか? ジャンルは問いません。 よろしくお願いいたします。

  • 聖石の使徒について

    今日発売予定のコバルト文庫 「聖石の使徒 其は天秤をかざす者(2)」前田珠子 は、書店に入荷されていなかったのですが発売中止になったのでしょうか? 乙女ちっく通信にはのっているのですが、集英社の発売予定から消えてました。 もし発売中止ならいつ頃発売されるかわかりませんか?

  • おすすめの本を教えてください

    こんにちわ。 おすすめの本を教えてくださいという質問をよく見かけますが私も質問させていただきたいと思います。 基本的にはミステリー・SF・ファンタジー・ライトノベルなど勝手気ままに読んでいます。 そんな私なのですが、何か新しいものを読みたいと思いながらなかなか気に入ったものが見つからずにいます。ぜひ、みなさんのおすすめをおしえていただきたいです。 今まで読んだ本は大体以下のようなものです 星界シリーズ 創竜伝・薬師寺涼子・銀河英雄伝 新宿少年探偵団 森博嗣(S&Mシリーズ、Gシリーズ) 薬屋探偵妖綺談シリーズ 奇談シリーズ 英国妖異譚シリーズ 小野不由美(十二国記、悪霊シリーズ、屍鬼) 篠田真由美、橘香いくの、前田珠子、ひかわ玲子etc...