• ベストアンサー
  • 困ってます

シャドウイングのやり方と意味

英会話の練習のため「シャドウイング」を最近始めました。(初心者です) シャドウイングにはどのような効果があるのですか。 また、効果的なやり方はありますか。何秒位遅れて言えばいい等・・・。 通訳もこの練習をしていると聞きますし、このサイトや英会話習得法のような本でも薦めていますよね。 リピーティング、オーバーラッピングの場合は、英文を全く同じように発音する練習、イントネーションやスピードに慣れる等、やっていて効果があると思えるのですが。 シャドウイングはそれとは違った効果があるのでしょうか。 続ければ効果は分かるのでしょう。しかし「ほんとに意味あるのかな~」などと思いながらやっているのでいまいち熱が入らないんです。アドバイスをよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数788
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#2891
noname#2891

 No.1 です。回答が長くなってきたのでハショリました。分かりにくいとは思いましたが…。  mainhazu さんのレベルが分かりませんので、一般論でしか言えませんが「英字新聞」に取り組むと効果があるのは、英語力がかなり上級になってから。新聞で使われる言葉が「ネイティブ対象の書き言葉」だからです。英検2級レベルや、トウイック700点台レベルの学習者の場合、ストレスがたまるだけでしょう。  ただ、「書き言葉」は軽視してはいけません。ホストファミリーに出す手紙に「わたし、今度お世話になるけど、よろしくね。すっごく期待してるんだよ」と書く人はいません。  初級・中級学習者にとって役に立つ文章というのは、中学生・高校生・大学生が教室で触れるテキストの類いだと思ってください。(実生活に即していない・難しすぎるものが多い、というのが大問題ですが、それはテキストを選ぶ教師の力量次第。)  同じ教室で同じ教育を受けていて、英語に出来不出来が出てくるのは、「昨日(先月)出てきた単語・表現」を覚えているか・覚えていないかが分かれ目です。ただ、教室で使うテキストはどうしても「会話表現」の比重が軽すぎますので、シャドウイング教材、というよりNHKラジオの語学講座クラスのテキストの必要性が出てくるのです。(使用語彙が明らかにちがいます。)  では「文字教材」としてはどれがいいかというと、これはもう、書店にあふれているさまざまな本から「自分のレベルにあった、興味をひかれたもの」という以外にわたしは思いつきません。「会話教材」や「リスニング教材」ばかりでは語彙が明らかにかたよってしまいます。(初級段階ではかたよりは少ないですが)  ただ、「文字」も「音声」もどちらも互いに補完しあうものです。わたしは今日、リスニングの勉強で ‘plaid car coat’ というのを覚えました。聞き取れましたが、意味がわからなかった。で、調べたら「チェックの七部丈のスポーティなコート」。これが朝の話です。午後になって、小説を読んでいるときに偶然、’plaid’ と ‘car coat’ が別々の場面で出てきてびっくりしました。これと逆のケースも多々あります。  あまり長い回答はするのも読むのも好きではないので、このあたりで止めます。(今日のは、わたしの最長記録!かな?)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

akatoraさん、お忙しい中早急に回答を下さったのにも拘らずお礼が遅くなりまして申し訳ありません。「文字から吸収する語学力」とても興味深い言葉に再度質問をさせて頂きましたが、とても分かりやすい説明をありがとうございました。英語の「書き言葉」など二の次だと思っていたのですが大切さを知りました。英字新聞は私には遠い道のりということが分かりましたので(いいタイミングで10月から始まる)NHKの新講座を取り入れて行くことにしました。今までは適当に観たり聴いたりしていたNHKですがテキストを買って地道に単語や表現を覚えていこうと思います。朝調べた単語が午後本を読んでいてふと出てくる…なんてうれしいですね。私もそんな体験をして楽しく勉強を続けて行きたいと思います。本当にありがとうございました。(最長記録を出させてしまいごめんなさい 笑)

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

 シャドーイングの効用は英会話の力を劇的にスピードアップさせることです。「聞く」→「考える」→「理解する」→「考える」→「話す」という一連の流れから「考える」という行程を省く、または短くできるからです。 個人的には「ペラペラ」レベルに到達する最適な(最速じゃないですよ)勉強法だと思います。  使い古された例ですが"Good Morining"を「よい朝」と訳す人はいません。 Good Morningと聞けば誰でも「おはよう」と理解できます。考えなくても理解できます。 なぜならGood Morningは"Good Bye"や"OK"と同じくほとんど日本語化してるからです。 それがもし「明後日までに見積もり書提出してくれる?」とか「この鍋だと料理が冷めにくい」なんて英語表現も"Good Morning"と同じ感覚で反射的に聞いたり話せたら?  これこそが俗にいうペラペラ状態の第一歩です。 つまり考えなくても聞いたり話せるパターンをどれだけ持っているかでその人のペラペラ度は決まります。 そしてこのパターンを増やすのにシャドーイングが非常に有効だと思います。  ただ#1の方が指摘しているように意味や文法の理解もなく漠然と音の追いかけっこをしていても永遠に意味は取れません。 だからこそよい教材を選び、きちんとした「準備」をした上でのシャドーイングが大事になると思います。 そして一度始めたら半年間はその教材を最低半年は繰り返して下さい。 そうすればその教材で出てくる表現やセンテンスはみんなあなたの"Good Morning"になります。  シャドーイングの教材の選び方や「やり方」、準備などはKHシステムの本や特集に詳しく書いてありますのでそちらをお薦めします。(ちなみに市販されているKHシステムの本はあまりよい出来ではないので、できればセミナーに出る方がよいと思います。)  あと教材に関しては私は"Online Newshour"を利用しています。 少し話題が固いですが、きれいな英語のVoiceと原稿が両方手に入るサイトです。  がんばってください。

参考URL:
http://www.pbs.org/newshour/newshour_index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。シャドウイングが英語ペラペラへの最適な道と聞いて俄然やる気が湧いてきました。 >その教材で出てくる表現やセンテンスはみんなあなたの「Good Morni ng」になります。 そのお言葉とって~も気に入りました!そして分かりやすい例えでした。もっと練習して、いろんなフレーズが私の「Good Morning」になるよう頑張りたいと思いました。KHシステムの本を見てみましたが、立ち読みのせいか分かりにくかったので、本よりセミナーへの参加を今後考えてみたいです。ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#2891
noname#2891

「やり方」 ・ 文字にいっさい頼らず、耳から入ってくる音を聞いたら「即座に」自分の口で再現してみる。これだけです。ただし、初心者のうちは、耳から入る英語の音量はやや大きめの方がいいでしょう。また、自分で出す音はごくごく小さな声でいいのですが、口まわりの筋肉や舌の動きをしっかり意識しましょう。「意味を考えながら」とかはあまり意識しなくていいと思います。 次に「効果」を書いてみます。  1 シャドウイングができたかどうかで、リスニングがしっかりできているかをチェックできるため、リスニング練習用の教材などをやるより、短時間ですみ、効率よく学習できる。つまり、「リピート」や「オーバーラップ」より短時間で済むということです。短時間で済めば、おなじ時間内にもっとたくさん練習できますね。  2 それと同時に、会話力・舌や口周りの筋肉のトレーニングになる。プロがこれをやる理由は、おもに「滑舌(かつぜつ)」を良くするためのようです。  しかし、「シャドウイング」はあくまで語学学習のうちの「一部」にとどめておかねばなりません。いや、「シャドウイング」だけやっていても、力は伸びないといったほうが正確でしょう。理由はこうです。  会話力はリスニング力に比例します。そして、リスニングが苦手な場合、原因をあげれば、   a)文字を見れば知っている単語なのに、音声だと理解できない。   b)早すぎてついていけない。   c)単語のつながりがわからず、二語・三語が一語に聞こえてしまう。    d)どうしても頭のなかで日本語に訳してしまう。 などが挙げられると思いますが、じつは「単語力不足」が圧倒的な位置をしめるのです。もちろん「単語」には「イディオム・口語表現」も含みますが。それと、「文化面の違いから、英語の意味はわかっても言っていることが理解できない」というのも厄介な問題です。  カトー・ロンブ、最所フミ、デーブ・スペクターなどの蒼々たる語学の達人たちは一様に「文字から吸収する語学力」の大切さを説いています。この「文字を通しての学習」と合わさったときに初めて「シャドウイング」が威力を発揮してくるのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

シャドウイングのやり方とその効果について分かり易く教えて下さりありがとうございます。シャドウイングだけをやっていてはいけないということも分かりました。また単語不足が聞き取れない理由のひとつとはまさにその通りなので、これから総合的に英語の勉強していかなければと思いました。 「“文字”から吸収する語学力」が大切というのは、例えば「英字新聞を読んだり」することも大事ということなのでしょうか。理解不足ですみません。もしよろしければその辺のお話も簡単で結構ですので教えて頂けないでしょうか。

関連するQ&A

  • CNN ENGLISH EXPRESS で勉強されている方へ

    CNNイングリッシュエキスプレスを使ってリスニング向上をしたいのですが、巷で効果的だと言われるシャドウイングは私の実力ではとても無理で、スクリプトを見ながらのオーバーラッピングがやっと(30回以上繰り返してやっとスラスラついていけるようになる)ですが、オーバーラッピングだけでは効果は薄いですか? それから、月刊のこの雑誌、毎月、実践編までやっと聴き終えるペースで、オーバーラッピングは基礎編までしか終わりません。 このペースは遅すぎでしょうか(リスニング向上目的という点で)? 皆さん、翌月号が出るまでの全部聴き終えてオーバーラッピングなりシャドウイングまでされてますか?? 毎月1冊終わらない時点で翌月号の発売日が来てしまうので消化不良感が残って気持ち悪いんです。特に毎月知らない単語たくさんあるので完璧に覚えてから次に行きたいのに・・。

  • オーバーラッピングとシャドーイングの違い

    こんにちは。 オーバーラッピングとシャドーイングの違いは、テキストを見るか見ないかの違いだけでしょうか? また、オーバーラッピング、シャドーイング、ディクテーションの他に、英語練習法があれば、教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • ピアノ奏法で・・・

    ピアノ奏法で、オーバーラッピング・アンダーラッピング・スライドとはどのようにするものでしょうか? また、よい練習等ありましたら教えて下さい!

  • 英語のリスニング

    英語についての質問です。 今高校生でリスニングについて困っています。 自分は将来も英語を使っていきたいとおもっております。 ついこの間まで速単必修編のCDでシャドーイングやらオーバーラッピングやら やっていまして、最近になって単語の確認をしつつDUOでディクテーションからのオーバーラッピングや、今度受ける予定の準一級のプラス単語帳のCDでオーバーラッピングなどをしているのですが、DUOの短い文はともかく、準一級のCDともなると5個の例文につき2個ぐらいしか聞いて完全に理解できるのものがありません。 単語は聞き取れるのですが、間に入っている前置詞が分からなかったり、読むのが早いので 自分の思考が追いつかなかったりと・・・・。 細かいところを聞くのは練習量の問題のような気がするのですが、 聞いた英語をすばやく理解するにもやはり練習量でしょうか?(それなら安心なのですが) もしかしたら間違った訓練をしているかもしれないので そうだったら言ってください。

  • 英語リスニング脱落、同化の音を練習

    英語リスニングでの脱落、同化の音 をディクテーションしたり、 オーバーラッピングしたりして練習しますが、 その結果 聞き取れる同化とか脱落の音は練習したものにくわえて、 ほかの初めて聞く音も聞こえるようになりますか。

  • イントネーションとアクセントの練習方法

    英会話をやっています。 文法・発音・語彙・表現は問題ないといわれるのですが、イントネーションとアクセントが悪いと言われます。 イントネーションとアクセントを身につけるのにはどのような練習をすればよいのでしょうか?

  • 英会話はTOEICスコアアップに繋がりますか?

    社会人1年目です。 大学院卒でメーカーのR&Dです。 TOEIC対策にお詳しい方、宜しくお願い致します。 学生時代から英語学習の一貫としてTOEICを受けてきました。 単語集や問題集を空いた時間に取り組み、スコアアップを図ってきました。 しかし、現状での最高は490点で、学習の成果を感じていない状況です。 原因は語彙力不足に伴う解答スピードの遅さだと考えています。仮にはやく解答できても一杯一杯で受験しているのでパート7に差し掛かったあたりで力尽きています。 リスニングもパート3,4は全く聴き取れない時があり、勘に頼るしかないことがよくあります。設問の先読みは徹底していますが甲斐がないです。 そこで質問ですが、新しく英会話に通うことはTOEICのスコアアップに繋がるでしょうか? 語彙力強化のために毎日単語集をやりながら(リピーティング、オーバーラッピング必須)、週1で英会話に通うスタイルを考えています。 問題集はTOEIC受験の数ヶ月前から期間限定で取り組もうかと考えています。 仕事柄、英語がすぐに必要かというとそうではありません。むしろ学会発表や特許などの専門性が評価されています。ただ、将来的にTOEICスコアが人事考課に加えられたり、仕事で海外に行ったりすることもありそうです。 そうなると、TOEICスコアを上げながら対話力も上げたいところです。 日常会話が英語でできる方がTOEIC600以下という話も聞くことがあるので、このような質問をさせていただきました。 よろしくお願い致します。

  • 語学(英語)留学とその効果 教えてください! 

    |テーマ 語学(英語)留学とその効果 教えてください!| 【スペック】 独学で英語を勉強(公式本は使ってない)して大体1年(今まで何してたかは聞かないで^^;), 理系の現役大学院生です. リスニング350 リーディング320 これは2,3カ月前の実力で,最近オーバーラッピングやシャドーイングをしているので,リスニングは20,30点上がっているはず^^;だと思っています.というような実力ということを前提として本題に入ります. 【本題】 さっそく質問ですが,例えば1カ月程度留学して英会話ができるようになりたい, とした場合それは可能ですか? とにかく英語が話せるようになりたいという思いで独学で勉強をしているのですが, (切羽詰まった状況ではなく,個人的にと,もしかしたらビジネス的に^^;) 結局は海外いかないと無理ですよね. 【まとめ】 ようは実際に大金?払う効果があるかどうか知りたいです. (そこで何を行うかによるのでしょうか?(勿論勉強するつもりで行くのですが・・・))

  • 英語:リスニング・英会話

    現在高二で速読英単語必修編の二週目半ばです。 使い方は (1)CD聞く→(2)文章を見ないでシャドーイング(自分が完璧だと思えるまで)→(3)文章見てシャドーイング(違ったところと特によく聞く)→(4)文章を見ないで再度やる(完璧まで)→(5)オーバーラッピング→(6)単語のページで意味確認 といった感じです。 一週目で7割方単語はカバーしました。 なので二週目は単語の抜けがないかチェックしつつリスニング&シャドーイングをメインにやっていますが、この方法は効率的でしょうか?また二週目ということで一日二課やって大体一時間ぐらいです。(一課のシャドーイングは20分強)このようにどんどん違う文章をやっていくのは効果があるのでしょうか?また自分は将来国際的な仕事に就きたいのでそのためには英会話が不可欠です。そのためにはこの訓練方法でよいでしょうか?ほかに何かお勧めの英会話上達法がありましたらご教授のほうよろしくお願いします。

  • 英会話での日本語固有名詞のイントネーションについて

    英会話を聞いていると、たまに日本語の固有名詞が出てきますが イントネーションが日本人の話すものと違います。 何故なのでしょうか? 例)富士山、相撲、寿司、日本人の名前、etc... そもそも疑問に思った理由は、英語を勉強しようと思いNHKニュースを英語(副音声)で聞いていたのですが 天気予報での「関東地方」「東北地方」、スポーツでの選手名など イントネーションが外国人の方のイントネーションだったからです。 NHKの副音声は恐らく、バイリンガルの方が日本語を聞いて英語にリアルタイムに通訳しているのだと思います。 ということは通訳の方は日本語が話せるはずです。 日本語の固有名詞の発音も、正しいものを知っていると思いました。 ですが、英語に混ぜて固有名詞を言うときのイントネーションは、英語圏の人のそれなのです。 英語圏の人が分かりやすいように敢えて英語圏用のイントネーションにしているのか、そんな風に気になってしまいました。 (蛇足ですが、これって日本人向けに、英語を無理やりカタカナにしたときのイントネーションと同じことなんですかねー?)