• 締切済み
  • すぐに回答を!

耐震性 

耐震性について教えて下さい。 現在1989年5月完成の鉄骨造の1階に住んでいます。 1階が5世帯、2階が2世帯+大家さんの家が2階~3階にかけてあります。 中野区はただでさえ地震のとき崩壊する家が多く、火災も発生する家屋が多いと某HPにありました。 今の住居の耐震性も心配なのですがいかがなのでしょうか。 他の情報としては確か借りるときにへーベルハウスとあった記憶があります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数371
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3

ヘーベルハウスのへーベルメゾンでしょうね。 構造は重量鉄骨ALC 一言で言うとかなり耐震性に優れています。 こちらで地震に危なければ他の建物はほぼ全滅でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • bell753
  • ベストアンサー率37% (70/187)

築年が89年なのであれば新耐震法(81年施行建基法施工令)は満たしているはずです。 が、2000年の建基法及び同施行令の改正(性能規定の概念が導入され、構造計算法として従来の許容応力度等計算に加え、限界耐力計算法が義務付けられる)には当然対応していません。 申し訳ありませんが、ご心配されている耐震基準の云々は私から言わせていただけば全く的外れと言わせていただきます。 万が一の大規模災害を恐れているのであれば、最も注意すべきはお住まいの土地の地盤なのです。 どんなに強固で耐震性の高い建物を作っても地盤が緩いとお釈迦ですから。 ある程度強度のある地盤に建てる場合、耐震性が物を言います。 中野は武蔵野台地中央部に位置し、区内の大半は台地面で占められていますが、そこには北部域を東西に流れる妙正寺川や江古田川、南の善福寺川、東側境界に沿う神田川などの小河川に刻まれおり、一面台地ではなく大小の谷地も形成されています。 台地面、例えば若宮や中野駅又は新中野駅周辺は比較的海抜高度が高く起伏の少ない平坦面で、関東ローム層と呼ばれる火山灰土で覆われており、安定しており比較的大きな強度が期待できるため、表土部分に注意すれば住宅地盤として良好な場合が多くなります。 一方、谷底低地である沼袋駅、鷺ノ宮駅、中野新橋駅周辺は小さい河川などによって削られて形成された低地で、台地部の間に樹枝状に分布しており、非常に軟弱な地盤です。 このような立地の建物は、長期的な沈下(圧密沈下)を防止するような基礎補強策が必要となることが多いのです。 あなたが中野のどのエリアにお住まいか存じませんが、その土地に見合った基礎施工がされているかがまずは大きな問題となるかと思います。 ちなみに、震災時の家屋崩壊や火災はそのエリアの建物の構造や築年数が大きく影響されるだけの話です。 昔ながらの商店街や一昔前に建てられた木造の低層住宅地は自ずと被災率も高くなります。 また、建物がへーベルハウスであろうが何であろうが関係ありません。 地場工務店の建物でも地盤に見合った適切な基礎施工がされていれば大手HMやデベより余程安心です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました、有難うございます! 頂いた情報からすると、比較的強度が期待されるところには住んでいるようです。 詳しく書いて頂きとても参考になりました。

  • 回答No.1

通常は新耐震以降の建物は耐震性能があると考えて良いと思います。 建築基準法(建物を建てるのにいろいろな決まり事が書かれている最も基本的な法律)が1981年に改正され、その時に建物に求められる耐震性能が大幅に厳しくなりました。新耐震というのは、この1981年以降に確認申請が通っている物件のことです。ただ、この法律に則っていても100年に一度くるかこないかの超大型地震では倒壊の可能性もあります。あくまで通常考えうる地震の時、倒壊しない、もしくは建物にある程度の被害がでても中にいる人の安全は確保される、程度の耐震性があるということです。阪神大震災の時、新耐震以降の建物は多くが無事だったという調査報告も出ています。 ご質問の建物は1989年5月完成で鉄骨造3階建てのようなので、おそらく確認申請も通常ならば前年(1988年)頃に申請しているはずですので新耐震以降の建物だと思われます。(大家さんが確認申請の写しを持っているはずですのでそれを見せてもらえばわかります) おそらく中野区に崩壊する家が多く火災も発生しやすいというのは、古い(新耐震以前の)建物が多いからではないでしょうか?あと木造の家屋が多いのも一因かと思います。火災については自分の家は崩壊もせず火災も起こさず…でも隣家から延焼してくる可能性もないわけではないので何ともいえませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 >阪神大震災の時、新耐震以降の建物は多くが無事だったという調査報告も出ています。 やはり新耐震の物件ではないので心配です。 少しの地震でも建物がすごく揺れるんです。 何年か前にリフォームはしたようなのですが、耐震強度を高めるために何かしたわけではないでしょうし。(確認はしていませんが) 周りの建物は確かに木造の家がよく見られますね。ただ地震が来たときに家にいるとも限りませんし、何ともいえませんよね・・・。

関連するQ&A

  • 賃貸アパートの耐震性を知りたい

    賃貸アパートに1年ぐらい住んでいるのですが、築20年経っている建物ですので、耐震性は大丈夫なのかなぁーと不安になることがあります。 耐震性のチェックをして欲しいなぁーと思いますが、大家さんに相談する以外に方法はないでしょうか?個人でもできるのでしょうか? 家は鉄骨造の3階建ての6戸です。

  • 耐震性について教えてください。

    今度賃貸物件に引越しをする予定の者です。 建物の耐震性についてお伺いします。 ひとつは 建築年が1983年鉄筋コンクリート、1階/3階建ての物件 もうひとつは 建築年が1993年軽量鉄骨造、2階/2階建ての物件 この場合、やはり築年数的にも後者の物件の方が耐震性は優れているのでしょうか? 防音は前者のほうが優れているでしょうか? また、耐震性の気になる物件(前者の物件)に住む場合、気をつけることはありますか? 実際には耐震性、地震のことを気にしているとどこにも住めないのですが、気になったのでご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

  • 高層ビルの耐震性について

    職場が高層ビルの14階にあるのですが、場所が東京の下町地区で地盤が弱いと言われているところに建っているので地震が心配になっています。 そこで数点質問があるのですが、 1.地盤が弱いところでも高層ビルであれば倒れないように工夫がしてあるのでしょうか?(例えば杭が深くまで埋めてあるとか) 2.契約書を見せてもらったところ建物の構造が鉄骨造になっていました。賃貸マンションに住んでいる私のイメージで、建物は鉄筋造の方が頑丈というイメージがあるのですが、やはり鉄骨造だと耐震性において劣ってしまうのでしょうか?

  • ピロティ形式の耐震性に不安があります

    こんばんは。 過去の質問を検索しましたが、同一内容が見当たらなかったので質問させて下さい。 タイムリミットがあと2日しか無いので、お早めにアドバイスいただけますと助かります。 現在引っ越しの為、東京都内で賃貸物件を探しています。 本日とても気になる物件を見つけたのですが、1階がピロティ形式の駐車場で、素人目に耐震性に不安が残りました。 不安ならやめるべきと思いますが、昭和55年の建築法改正後の建物ならとりあえず大丈夫という話しも目にすること、 木造は鉄筋構造に比べ地震時における建物自体へのストレスが少ないとのことから、借りるかどうかをとても迷っています。 建物の概要は以下の通りです。 実際に地震が来てみないと大丈夫かどうかは分かりませんが、些細なことでも構いませんので、これに対しコメント・アドバイス等を戴けないでしょうか。 不足の点は適宜補足させていただきます。 ・平成2年築 ・3階建てコーポ。居住部分(2階&3階)は木造。 ・1Fはピロティ形式の駐車場。建物は剥き出しの鉄骨の柱数本に支えられている。 ・2Fは普通の住居が2棟。 ・3Fは大きめの住居が1棟。元々大家さんがここに住んでいた。今回、ここへの入居を検討中。大変綺麗でメンテナンスの行き届いた部屋でした。 ・物件情報には「鉄骨造一部木造3階建て」とあります。(1階部分が鉄骨造?) 以上です。 宜しくお願いします。

  • 中古住宅の耐震性について

    築20年の軽量鉄骨の住宅を購入するか検討中です。 耐震性が心配です。 リフォームで2階の部屋の壁がぶち抜かれていて、2部屋を1部屋にしています。 1階も外壁を一部無くして、リフォームで部屋を大きくしています。 また、リフォームではありませんが、2階のある部屋は部屋の角の部分がXY 方向とも窓で壁がありません。 住人が2回ほど入れ替わっているため、新築時の図面も残っていないそうです。 耐力壁が壊されているってことは考えられないでしょうか? 耐震診断も考えましたが、壁をめくる必要などがあるため、購入前の診断は難しいですよね。 仲介会社の人からは、1980年の法改正以降の家だから今の基準と大差がない基準で建てられた家だという説明と、耐震診断については建築確認申請時に構造計算書等を添付するから普通は再調査をすることは無いということを聞きました。 物件を見たところ、外壁や基礎にヒビなどはなかったです。 購入する前に何か耐震性について調べられることがあるでしょうか? そんなに心配せずに、購入しても良いでしょうか?

  • 中古戸建ての耐震性を知るにはどうしたらいいですか?

    昭和45年築の中古戸建てを購入予定です。 10年ほど前に1000万ほどかけてリフォームしたお宅で、 築年数の割には綺麗です。 2階は30平米程度増築してあります。 前向きに購入を考えているのですが、 この建物の耐震性が気になっています。 10年ほどで建て直す予定なので、地震の時に死なないよう潰れなければいいと思っています。 (地震後に住めなくなってもかまわない) 不動産屋に「耐震性が知りたい」旨伝えたら、 建築家を紹介して下さり、 次回の内覧の時に建築家の人が同行してくれる事になりました。 同行料は1万5千円ほどです。 同行料を払うのはまったくもってかまわないのですが、 同行する事によって何が分かるのかが不明です。 こちらとしては何を聞けばいいのかも分かりません。 不動産屋いわく、「潰れるか潰れないかは家の壁をはがしたり、超音波の検査をしたりしないと分からないと建築家に言われた」そうです。(費用は数十万) 耐震性が悪かったら購入しない物件に数十万はかけられませんし、 壁を壊したりもできません。 中古戸建ての購入前の耐震性は一体どうやって知ればいいのでしょうか。 ご存じの方、詳しい手順をお教え頂けたらありがたいです。

  • 住宅の耐震性について

     現在、私は新築住宅をハウスメーカーに依頼して、建設中です。 軽量鉄骨の3階建てで、一階にビルドインガレージを作る予定にしています。 建築面積は約35m2で、延床面積約105m2(ただし、約10m2のガレージを含む)です。  建設中の場所は、過去に大震災の影響をもろに受け、その大震災で死者ワースト10に入るような場所です。従って、耐震性は非常に重視しています。  木造住宅のメーカーにもいろいろと相談したのですが、ビルドインガレージを確保した上で耐震等級3を確保できるメーカーがなく、結局軽量鉄骨のメーカーにお願いしました。このメーカーでは耐震等級3を確保できるとのことで、また説明を聞いた限りでは、耐震性が非常に高い建物を扱っておる印象を受けました。  しかし、昨日、過去の図面等を見返しているなかで、非常に気になる点に気付いてしまったのです。このハウスメーカーの営業さんは非常に熱心で、特に昨年の決算時期には毎週のように打ち合わせの依頼がありました。しかし、私は別に急ぐ必要もなく、決算時期だからと言ってすぐに決める気もありませんでした。月末までに決めてもらえれば、大幅に値引きするとの話しもあったのですが、話しを聞いて見ると、別にすぐに決めたいを思うような値段ではないと思ったので、その時は契約はせずにいました。もちろんコストも重要なので・・・。  新しい期に入ったところで、もう少し無駄な部分を減らせば少しは値段も安くなるのではないかと思い、私なりにいろいろと考えてみました。そのメーカーのプランでは、4つのベランダがついており、また屋根が段違い屋根になっていました。私としては、ベランダは4つもいらないし、また、屋根についてもそれほどこだわりはなかったので、ベランダを1つ減らして、屋根を通常の切妻屋根にすれば、コストが安くなるのではないかと提案したところ、かなり安くできるとのことだったので、そのプランの作成をお願いしました。  そしてそのプランが出てきたのですが、値段としては、110万円ぐらい低減出来ていました。あとで分かったこのとなのですが、このメーカーでは、ベランダはおおよそ1畳で20万円ぐらいなので、ベランダを減らした(4畳分)ことで単純に80万円がコストダウンでき、屋根の形状を変えたことによって30万円ぐらいのコストダウンできたんだと思っていました。  しかし、昨日、何気に過去にもらった図面を眺めていると、柱の数がかなり減っていることに気づきました。そこで正確に柱の数を数えてみると、なんと11本も柱が少なくなっていることに気づきました。1階部分2本、2階部分4本、3階部分6本です。  はたしてベランダを1つなくし、屋根の形状を変えただけで、こんなに柱を抜けるものなんでしょうか?それに柱11本抜いて、さらに屋根の形状を変えて30万円の価格低減はものすごくぼられた気分です。どうなんでしょう?  なお、このプランを持ってくる前に、あえて筋違を減らしたプランを見せて筋違を減らすと耐震等級がガタ落ちになるということを刷り込まれていたことから、筋違の数はよくチェックしていたのですが、まさかその直後に耐震等級を同じにして柱をこれほど減らすようなことをするとは想像もしていませんでした。こんなことして、問題にならないのでしょうか?テレビ等でCMも行っているメーカーですよ。  構造計算等の資料では、このプランでも耐震等級3であるとの資料をもらっているのですが、なにせ場所が場所だけに非常に不安です。  なお、地盤調査では、この土地は非常にしっかりしており、特に地盤調査等必要なしとの結果でした。  どんなことでも結構ですので、色々とアドバイス頂ければ幸いです。  

  • はじめまして。 今、気になっている物件がありまして

    はじめまして。 今、気になっている物件がありまして、3階建てで、1階ラーメン屋、2階.3階は2Kの1世帯という感じです。マンションの鉄骨造になります。 2階の部屋が空いているのですが、ラーメン屋の上です。いろいろ調べましたが、ラーメン屋の上では、ゴキブリが大量に発生するとのこと。 こればっかりはやはりしょうがないですかね。

  • 太陽光発電システムと家の耐震性

    45年ほど前の鉄骨プレハブ(永大ハウス製)ですですが、二階の屋根に太陽電池を設置しようと思っています。心配は家の耐震性ですが、神戸市では耐震診断は木造建てでないと出来ないと言われました。何処で耐震診断してもらえるのでしょうか。一部では耐震診断を依頼すれば相当ぼられるようなことを聴きましたので、安心して頼める所はあるのでしょうか。 また設置可能な場合、どこの太陽光発電システムが良いのでしょうか、教えて下さい。

  • 1階鉄骨造3階建木造を4階建て鉄骨造にできますか?

    現在、1階鉄骨造2.3階木造の築12年の建売住宅に住んでいます ちなみに、土地47平米 建平60% 容積率300% 床面積88平米です これを1階の鉄骨を残して上に3階建て増しして鉄骨4階建てにリフォーム?(立て直し?)って可能でしょうか?もし可能ならばっくりとでいいのでいくら位かかるものなのでしょうか?