• ベストアンサー
  • 困ってます

微分方程式の一般解の求め方で・・・・

次の微分方程式の一般解を求めよという問題です。 xtan(y/x) - y + xy' = 0 これってどうすればいいのでしょうか? u=y/xとおいたのですがとけませんでした。教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数282
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • info22
  • ベストアンサー率55% (2225/4034)

>∫{1/tan(u)}・du= ∫(1/x)・dx > ⇔log(tan(u)) = logx + C >となったのですがこれって間違いですか? 3重に間違っています。 左辺の積分、右辺の積分、対数の真数の絶対値なしの3つの間違いがあります。 なお、ln(natural logarithm)とlog_e は自然対数で同じです。 積分結果が対数になる場合、対数の真数が正でないといけない。 しかし、対数の真数の中の変数が正負の値をとるとき絶対値をつけることが必要になります。 ですから ⇔log(|sin(u)|) = -log|x| + C となります。なお、1/tan(u)の積分も右辺の1/xの積分の符号も間違っています。 ∫1/tan(u) du=∫cos(u)/sin(u) du=∫1/sin(u) d(sin(u)) =log_e (|sin(u)|) +C 高校ではlog_10とlog_eを常用対数と微積分では同じ記号ですが 使う範囲で同じ記号のlogを使って紛らわしく、前後の文脈関係で log_10かlog_eのどちらの対数かを使い分けないといけません。 大学の数学や理工学ではlogの共用で紛らわしいのでlog_10を単なる log,log_eをlnで表す事が多くなります。特に対数の底が明確で ないような対数の記号の使い方を避ける意味でそうなったのかも 知れませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 微分方程式

    微分方程式 dy/dx-2xy=2xy~2 について。 (1)z=1/yとするとき、z=z(x)が満たす微分方程式を求めよ (2)(1)で求めたzに対する微分方程式の一般解を求めよ (3)yの一般解および特殊解を求めよ という問題があります。 これは教科書にあるような、微分方程式の公式を用いて解くのでしょうか よく分からないので詳しく教えてください。

  • 微分方程式で一階問題なのですが・・・。

    微分方程式の問題なのですが、勉強不足の為よくわからないです・・・。 問題は 1) 初期値問題 xy'=y-xtan(y/x) y(1)=π/2  同次系だと思い、xで割った後、y/xをuとおきその結果 u'x=-tanuまで出たのですが、その後の計算がわかりません・・。 2) y'+(e^x)y=3e^x の時、lim(x→∞)y を求めよ。  これは、線形微分方程式だと思い、一般解の公式を使ったのですが、自然対数の積分がよくわからずに挫折しました・・・。 3) y'=(y-1)(xy-y-x)の一般解を求めよ。  これは、どの手法でとけばいいのかわからず解けませんでした・・・。変数分離系なのでしょうか?? 沢山質問してしまってすみません。どれかひとつだけでもいいので教えてください。よろしくお願いします。

  • 微分方程式

    y’-2/xy = xy^3 は y’/y^3-2/x*1/y^2と変形できる。 ここで、1/y^2 = uとおくと、この微分方程式はx、uに関する1階線形になることを示せ。 次にそれを解くことにより、この微分方程式の一般解を求めよ。 この問題を教えて下さい。 よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • info22
  • ベストアンサー率55% (2225/4034)

u=y/x(x≠0,u)とおくと y=ux dy/dx=u+xdu/dx これを代入 x tan(u)-xu+xu+(x^2)du/dx=0 x≠0よりxで割ると tan(u)+xdu/dx=0 du/tan(u)=-(1/x)dx ln|sin(u)|=ln|C'/x| (C'は積分定数) sin(u)=C/x (CはC'に絶対値をはずす時の符号をつけた定数) u=y/xを代入  sin(y/x)=C/x (更にyについて解くことも考えられるが、解はこれでもよい。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

du/tan(u)=-(1/x)dx から ln|sin(u)|=ln|C'/x| (C'は積分定数) の部分へのプロセスがわからなかったです。 ∫{1/tan(u)}・du= ∫(1/x)・dx ⇔log(tan(u)) = logx + C となったのですがこれって間違いですか?

関連するQ&A

  • <微分方程式>

    y’-2y/x = xy^3 は y’/y^3-2/x*1/y^2と変形できる。 ここで、1/y^2 = uとおくと、この微分方程式はx、uに関する1階線形になることを示せ。 次にそれを解くことにより、この微分方程式の一般解を求めよ。 この問題を教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 微分方程式

    次の問題が解けません。教えて下さい。 次の微分方程式の一般解と初期条件を満たす特殊解を求めよ。 (1) y’+y=2   y(0)=0 (2) xy’+2y=3x    y(1)=5 (3) xy’-y=x    y(1)=7 (4) y’+y=e^x   y(0)=1 この4問が全く分からなくて困っています。解き方教えて下さい。 できれば途中式など詳しい解説があればうれしいです。 宜しくお願いします。

  • 微分方程式の一般解について

    微分方程式の一般解についてなんですが、特性解が重解や2つあるときはわかるのですが特性解が1つのときの一般解の求め方がわかりません。 今、yの二階微分をA、一階微分をBとします。 例えば4D-12B+9y=0という微分方程式があったとして、これの特性解は3/2です。 どうやって求めたらいいのでしょう?

  • 微分方程式の一般解を求めたいです。

    dy/dx = (a+by)(c(x)+d(x)y) ここで、a,bは定数、c(x),d(x)はxの区間Iで連続とする。 (1)この微分方程式は、変数変換y = 1/b(1/z - a)により次の線形微分方程式に変換されるという。 dz/dx = f(x)z + g(x) をf(x),g(x)をa,b,c(x),d(x)を用いて表せ。 ********************************************* これはf(x) = ad(x) - bc(x) g(x) = -d(x) として答えがでました。 ********************************************* (2)a = b = 1,c(x) = x + 2/x , d(x) = xとするとき、微分方程式の一般解を求めよ。 dz/dx = -2z/x -x という式になると思うんですけど一般解をどう導き出していいのか分かりません。よろしくお願いします。

  • 非同次線形微分方程式の解

    非同次線形微分方程式の解は、 「同次線形微分方程式の一般解+特殊解」 だと思うのですが、このとき、 「【同次線形微分方程式の一般解】は、非同次線形微分方程式の解である。」と言えるのでしょうか?

  • 微分方程式の一般解の曲線族

    微分方程式の一般解の曲線族 微分方程式をといて、曲線族を書くという問題が手元にあるのですが、(宿題ではありません) 方程式が解けても曲線族がかけません。 y=exp(-ax+C) ならまだ書けるのですが、 1.(y-2x)^2(y+x)=C 2.(y-x)^3=C(y+x) 3.y^2-xy+x^2=C (Cは積分定数) とかさっぱりです。 他にもあるので、他のが自力で書けるように詳しい説明お願いします。

  • 微分方程式の一般解

    y'+(e^x)y=3e^x という微分方程式があるんですけど 一般解を求めたいんですけど 求めてみたら ∫(3e^x)・e^(e^x)dx+c)e^(-e^x)になりました これってどうやって解くのでしょうか?

  • 微分方程式

    (y-x)y’=y+x この微分方程式の一般解の求め方を教えてください。よろしくお願いします。 答えは x^2+2xy-y^2=C です。

  • 1階非同次微分方程式の一般解について

    1階非同次微分方程式の一般解の解釈について不明点がございます。 一般化した1階非同次微分方程式:y' + p(x)y = q(x)の一般解は y = e^(-∫p(x)dx) * ∫q(x)e^(∫p(x)dx)dx + ce^(-∫p(x)dx) で表されるのは理解できるのですが、この一般解が非同次微分方程式の特殊解と同次微分方程式の一般解の和になっていることが理解できません。 つまり右辺の1項目、e^(-∫p(x)dx) * ∫q(x)e^(∫p(x)dx)dx が非同次方程式の特殊解になる理由がわかりません。 個人的に考えるに右辺の2項目のcが-∞~∞まで全ての値をとることが可能なので c=0の場合に、右辺の1項目は非同次方程式の特殊解になる、と勝手に推測しているのですがその考えでよろしいでしょうか? どなたかその辺詳しい方がいらっしゃいましたら是非ご教授お願い致します。

  • 微分方程式について

    2階線形同次微分方程式を解く場合、方程式が2実数解、重解、2虚数解のどれを持つかによって、一般解は異なります。 しかし、微分方程式をラプラス変換で解けば、一般解を求めるための公式は気にしなくともよいのでしょうか。

専門家に質問してみよう