• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

コーヒーと紅茶について。

  • 質問No.3640023
  • 閲覧数235
  • ありがとう数1
  • 回答数4

お礼率 11% (2/17)

コーヒーと紅茶の原料が、同じと言ってる香具師がいます。

つまり、同じ植物の豆と葉っぱの違いだと言ってます。

自分の記憶では紅茶は緑茶と同じ原料で、製法が違うという認識をしてましたが、
実際の所、どうなんでしょう?

詳しい方、よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 50% (2950/5879)

質問者さんが正しいです。
コーヒーはアカネ科に属する植物、茶はツバキ科に属する植物であり、全く違います。
また、紅茶と緑茶が同じというのも その通りです。
茶は、摘んですぐに発酵が始まります。発酵が十分に進んだ物が紅茶、摘んですぐに
蒸すなどして発酵を止めてしまった物が緑茶、ある程度発酵させて、途中で発酵を
止めて半発酵状態にしたものがウーロン茶になります。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 0% (0/5)

調香師さんですから、香りの成分について言っているのではないのでしょうか?
大夫香りも違う気がしますが、大分類では、香りの基が同じなのでしょうか?
  • 回答No.3

ベストアンサー率 32% (2123/6444)

コーヒーの木は
 アカネ目アカネ科コフィア属アラビカ種
 アカネ目アカネ科コフィア属カネフォラ種
など、和名:コーヒーノキ属に属する樹木です。

対して紅茶・緑茶・ウーロン茶は一般に
 ツバキ目ツバキ科ツバキ属
の樹木です。

どちらも植物には違いありませんが、全く別の種類の樹木ですよ。
どこで間違った知識を得たのでしょうね。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 28% (2/7)

お茶は同じお茶の木から作られますが、製法の違いから紅茶・緑茶・中国茶になります。お茶の木の種類によって、紅茶に適したアッサム種と緑茶に適した中国種に分かれます。

一方、コーヒーはコーヒーノキから作られます。

コーヒーノキはたまに観葉植物として売られていますね。あれを見る限り、お茶っ葉になりそうにありません。香具師さんによろしくです。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ