• ベストアンサー
  • 困ってます

フランス語(仏訳、前置詞+不定冠詞)

質問は2つあります。 1.下の文章の和訳をお願いします。(訳の雰囲気はなんとなく想像できますが、各単語の和訳に自信がありません。) Pour ne plus se laisser prendre au depourvu, on developpera des techniques de preparation afin de renforcer sa presence face a des situations delicates. a. Identifier les situations a forte pression b. Elaborer des strategies a mettre en oeuvre dans les cas impliquant des enjeux de survie collective 2.三行目で a des とあります。フランス語の文法の勉強では、前置詞 a の後は定冠詞が付いて(auxなどの様に)、和訳的には不特定の物事である場合でも不定冠詞は来ないものだと思いこんでいましたし、手持ちの文法書には載っていません。 どういう場合に前置詞+不定冠詞になるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#47281
noname#47281

ご質問の文でaの後に不定冠詞が来ているのは、situations delicatesというのは全てではなく、一部だからです。つまり、このdesは quelquesの意味だからです。それで、auxとしてしまうと、a toutes lesの意味になってしまいます。 あと#1さんの補足で書かれたことですが、フランス人は一般に a+unのような母音衝突を嫌うのもあるんですが、aller au cafeとなるのは、 英語とフランス語の冠詞の大きな違いの一つです。英語なら この場合は go to a cafe でいいです。というのは英語の不定冠詞には無作為抽出の一つがそのもの全般を代表する働きがあるからです。結局 どれでもいいという感じでしょうか。そこで定冠詞を使うと、そのものが特定されてしまうわけです。 しかし、フランス語の不定冠詞にはそのような働きはなく、あくまで 「とあるひとつ」であり、他の物とは差別化しているんです。日本語で言えば「だれかさん」みたいな感覚に近いです。そして、フランス語の定冠詞は英語の定冠詞よりも指示性が弱く、一般性を表す時によく使われます。フランス人は それに cafeが大好きであり、aller au cafeというのは非常に日常的な行為です。ですから、「とあるカフェ」というように、一つを抽出する必要がないのです。まあそれでも、行きつけのカフェの場合は 特定のカフェになりますので、これも定冠詞を用いることになりますが。もっと分かりやすく言うと、フランス語で不定冠詞を使うと、聞き手の知らない何か初耳なものを表すことになります。これ以上はうまく説明できませんが、ご不明な点がありましたら、補足をください。出来る限り私の知っている範囲でお答えします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧な説明、ありがとうございます。 やはり使われる都度覚えていくしかなさそうですね。 >>もっと分かりやすく言うと、フランス語で不定冠詞を使うと、聞き手の知らない何か初耳なものを表すことになります。 この部分の意味は、 ・ヴァカンスで海や山に行くのは普通だから a la plague, a la montagne という。 ・初耳、つまり強調したい時に英語のa certain(フランス語にもありそうですが)に近い意味合いで不定冠詞を使う。 ということでしょうか? ところで、この、a+不定冠詞/定冠詞を使う状況に関して、 ・書き言葉と話言葉で、この辺り、変わってくることがあるのでしょうか? ・また、方言というか地域によって差があったりするのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#47281
noname#47281

補足ありがとうございます。今日で今年も終わりですね。私の住んでいる地域では雪が積もりました。 >ヴァカンスで海や山に行くのは普通だから a la plage, a la montagne という。 それと、定冠詞を用いるのは決まった目的が暗示されている場合が多いです。a la plageなら pour se baigner, a la montagneなら pour faire une randonnee、そして au cafeなら pour boire du cafeという風にです。 > 初耳、つまり強調したい時に英語のa certain(フランス語にもありそうですが)に近い意味合いで不定冠詞を使う。 ということでしょうか? フランス語で不定冠詞を使うのは、「強調」というより「さりげなさ」ですね。そして、不定冠詞のunやuneを強調すると、それはもはや、不定冠詞というより、数詞として「一つの」という意味に取られます。英語なら確かに certainでもいいんでしょうけど、certainだと fixedやdefiniteの類義語として、特定のものを指す場合もあり、 何となくわざとらしい感じもするので、some+単数名詞で表した方がいいかもしれません。 >書き言葉と話言葉で、この辺り、変わってくることがあるのでしょうか? また、方言というか地域によって差があったりするのでしょうか? 冠詞の使い分けに関しては 書き言葉と話言葉の差は殆どないかと思います。しかし、どちらかと言えば、話し言葉の方が定冠詞を多く使うかもしれません。地域による差も確信はないんですが、フランスの南部の地域だと冠詞自体を省略することもたまにあるようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

some + 単数名詞 は英語の場合ですね。 「さりげなさ」ならunやuneを何も考えずに多用してもよさそうですが、その辺フランス人気質を理解しないといけないところでしょうか。まだ私には理解できません。いずれにしても使用例毎に覚えていくのが無難みたいですね。

  • 回答No.3

tachihさん、 補足を拝見いたしました。最初のご質問を拝見いたしましたとき、何か最初に文法があって、杓子定規に当てはめておられるような気がしたので、素人の私が口を出したのです。私の誤解であったこと、私よりずっと分かっておられること理解いたしました。失礼いたしました。付け加えることはありません。 No.2 myrtille55さんの解説には感心いたしました。言葉を勉強する場合の方向が見えてくるようです。続編、またどなたかのコメントも待たれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

いや、まあ私の質問の仕方も悪かったです。

  • 回答No.1

>>> 三行目で a des とあります。フランス語の文法の勉強では、前置詞 a の後は定冠詞が付いて(auxなどの様に)、和訳的には不特定の物事である場合でも不定冠詞は来ないものだと思いこんでいましたし、手持ちの文法書には載っていません。 どういう場合に前置詞+不定冠詞になるのでしょうか? 1.前置詞により、後ろの言葉が規定されるのはおかしいと思いませんか。変な思いこみがあるように感じました。文法は「文字列の規則書」出はないのです。もう少し「意味を持った言葉」の規則として理解した方がよいように思います。どの冠詞が付くのかは前置詞によって決まるのではないでしょう。後ろの名詞をどう修飾するかで決まるのです。 2."a des situations delicates" あるいは "a des situations" をキーワードにして グーグルフランス www.google.fr で検索してご覧なさい。いくらでも例文は出てきますよ。「フランスのサイトのみ」にチェックを入れましょう。さもないとあなたの質問まで出てきてしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>> 2. あ、例文は調査済みです。 質問のタイトルが間違ってました。それに質問の書き方がちょっとまずかったです。 本当に質問したい内容は、aの場合で、a un, a une, a des となる場合のun une des のニュアンスについてです。 フランス語学校でフランス人に習っていた時に「今日は何するの?」と聞かれて、Je ne sais pas encore, ・・・peut etre je vais a un cafe.などと答えたら、au cafe.と言う風にallerの後のa+不定冠詞をa+定冠詞に訂正されてました。夏は海岸に行く、秋は山に行く、とかいう場合も常にa+定冠詞でした。カフェ、レストラン、本屋やデパートなどは、街中にはたくさんあって、行く直前に決めたり、歩きながら決めたりすることが都会の日常生活では多いと思うのですが、あえていつもauに訂正されるのは、何か理由があると思ったのです。複数のフランス人と話してきましたが、aller+aの後に不定冠詞を言う先生はいませんでした。まだ不特定でも日常会話ではaller au cafeなどと言ってもいい習慣があるのでしょうか?まだ不確定でもスタバとかサンマルクとかいくつかイメージが浮かんでしまったらauと言っていいのでしょうか?それともフランス人は基本的にカフェや本屋などは行きつけが決まっていて、日本人みたいに行き当たりばったりという感覚を持ち合わせていないのでしょうか?

関連するQ&A

  • フランス語 deの使い方がわかりません

    フランス語 de の使い方がどうしてもわかりません。どの文法書にも書いてある基本原則は理解しています。  前置詞+定冠詞の縮約 de+le→du / de+la 変化しない / de+les→des  不定冠詞 複数共通の des 例1 : a) Il s’adresse a chacun d’entre nous, victimes potentielles de la violence et des conflits armes…(略) - des conflits armesとla violenceはいづれもvictimes potentielles を装飾する補語(complément d’objet)と解釈。一方、victimes potentielles de の deは前置詞にあたり、英語のof 。 - des conflitsが複数、la violenceが単数なのは、des conflitsがde(前置詞) + les conflits(定冠詞 複数)の縮約と考えてよいか?この例文では不定冠詞のdesは一切使用していないと解釈。 b) Il propose de faire connaitre les normes de droit destinees aux situations anormales de crise et de conflit…(略) - crise と conflitは、situations anormalesを装飾する補語のと解釈。de は、a)と同様、前置詞(英語のof)と解釈。なぜa)ではdes conflitsと複数扱い、b) ではde conflitと単数扱い、しかも冠詞が付かないのかわかりません。 - 定冠詞を置く際、その名詞がある程度特定されている場合というルールは理解していますが、a)とb)の例文の文脈からして、特に特定されているニュアンスはなく、一方はdeの後に定冠詞でもう一方は不定冠詞を置いているようです。どの場合にdeの後に冠詞を置くかどなたか説明お願いします。 例2 : c) Toutes les semaines il y a une reunion entre les sept directeurs ou nous echangeons des informations sur la securite et le contexte… (略) - des informations の’des’は不定冠詞と解釈。echangerの目的語。 - 動詞によってdeがpostposition(後置詞)として置かれることがあります。この場合、後に続く目的語が動詞(不定詞)であれ名詞であれ、deは変化せずに置かれると解釈。 - J’ai besoin de repos. >>J’ai besoin du repos とはならない?Je parle de politique. >> Je parle de la politiqueとはならない?だがJe parle de la politique de votre entrepriseと特定された場合de la は可? d) Il avait un veritable besoin d’echange d’informations. - echange d’informations は全体を塊(情報の交換)として、besoin deの目的語と解釈。この場合d’informationsのd’の解釈は文法的に何に分類されますか? c) の様にechange des informationsとはならないか? - c)とd)を比較した場合、c) はechanger が動詞、d)はechangeが名詞であることが何らかのヒントだと思いますがもう少し的確な説明をお願いします。 例3: Alors que les attaques des pirates attirent l’attention des medias et de la communaute internationale(略).. - des pirates はles attaques の補語で、des はde(前置詞) + les pirates (定冠詞 複数)の縮約と解釈。 - des medias はl’attentionの補語で、desはde(前置詞) + les medias (定冠詞 複数)の縮約と解釈。 色々な例文や質問を列挙してしまいましたが、混乱する要因が複雑に絡み合っています。わかりやすく説明して頂ければ大変助かります。

  • フランス語:部分冠詞について

    フランスの朝食としてよく食べるものに、 「le pain grille」と「la tartine」があります。 両方とも数えられるので不定冠詞と思っていたら、 ●Je mange du pain grille. ●Je mange des tartines. と「le pain grille」は部分冠詞でした。 なぜでしょうか? また似たようなものに「les biscottes」もありますが、 これは不定冠詞でdes biscottesで大丈夫でしょうか? よろしくお願いします。

  • フランス語の冠詞についてです

    解説がないフランス語文法の問題集をやっています。il a peur des arraignees.の否定形はil n'a pas peur des arraignees. となるそうです。否定文では目的語の desは deに変わりますよね。les etudiants n'avaient pas de questions a poser のように。どうして この場合はdeのままなのでしょうか

  • フランス語の不定詞に関しての質問です。

    フランス語で動詞に不定詞+動詞を取る場合、 たとえば  aimer + V (直接動詞を従える) accepter + de V (前置詞 de を介して従える) apprendre + a V (前置詞 a を介して従える) のようなパターンがあります。手持ちの文法書ではそれぞれ動詞毎に分かれると記載があり、いくつかの動詞のグループ分けがされているのですが、リストの動詞が不十分で、何かグルーピングにルールがあれば覚えたいのです。 例えば上記の一番最初の例だと aimer desirer prefer adorer などの気持ちや欲求を表す動詞は前置詞を取らないのではないか?と推測しており、(あくまで推測です) こういったパターンなどがどこかにざっくりとでもルールとしてテキストが落ちていると助かるのですが、どなたかご存じないでしょうか? 一応文章作成時に毎回用法をGoogleで例文を引いてチェックしているのですが、正しい研究や知識に基づいたものではないのが不安なのです。

  • 中級フランス語解釈文

    名詞, que~a 不定詞 において、 (aは前置詞です) 1queは関係詞で、a 不定詞の直接目的語が、先行詞の名詞である場合 2queは同格節である場合 と二通り文法的に解釈できますよね? 1のパターンは仏語で見たことがなくてちょっと自信ないです… 例えば、次のような例文を見つけました! 現代の若者たちは反抗もしくはあきらめよりも、前の世代にはとうてい理解し、受け入れるのが難しい新しいライフスタイルをあれこれと作り出している Mais plutot que la revolte ou la resignation, les Jeunes d'aujourd'hui inventent de nouvelles manieres de vivre, que la generation precedente a bien des difficultes a comprendre et a accepter. ここで、 最後のa comprendre et a accepterのaは前置詞 a bien des difficultesのaはavoirです!! 1の場合ならde nouvelles manieres de vivreが先行詞で 2の場合ならde nouvelles manieres de vivreと同格の気がします… 追記: おかげさまで1冊を読了できました! ありがとうございます!!

  • 不定詞と前置詞

    不定詞の形容詞的用法について質問があります。 ある本に『本来、前置詞が必要と思われるが慣用的に省略することがある』と書いてあり、例として (1)money to buy a camera(カメラを買うお金) (2)time to do my home homework(宿題をする時間) の2例が書かれていました。上記の例をあえて前置詞を付けるとしたらどんな前置詞になるのでしょうか?(1)はbuy a camera with (the)moneyでwithになる気がします。(2)は何でしょうか?inでしょうか?

  • to不定詞のtoは前置詞か

    I want to get a pencil. wantは自動詞ですよね?toは前置詞ですよね? 前置詞toの後ろに動詞の原形(原形不定詞)はこれないはずなのになぜgetという 原形不定詞がこれるのでしょうか?

  • フランス語:前置詞と定冠詞の縮約

    お世話になります。 若干、質問タイトルと少しずれますが、下記をお願いします。 a + la = a la ←この場合は、縮約ならずだとおもいますが、母音・無音hで始まる名詞の前では、 al' となるのでしょうか? ※aは上に`アクサンが付きます。 また、これと同じくして、 de + la = de la ←この場合も縮約ならずだとおもいますが、母音・無音hで始まる名詞の前では、 de l' となるのでしょうか? 上記、定冠詞le, lesでは、参考書等で確認できたのですが、laではどうなるのか?確認できないので、ご存知の方は宜しくお願いします。

  • スペイン語 前置詞+関係詞 定冠詞の有無

    スペイン語の文法についての質問です。 前置詞+関係詞の構文で 前置詞と関係詞の間に定冠詞が入る場合と入らない場合が 有るようなのですが、どのように使い分けて良いかが分かりません。 教えて頂けませんでしょうか。 例文(ある問題集にのっていた例文です。) 1. La muchacha al que quiere Pedro es portuguesa (関係詞部分の元の文 Pedro quiere a la muchacha) 2. El coche de que te hablè el otro dia ya fue vendido. (関係詞部分の元の文 Yo te hablè del coche el otro dia) 問1. 関係詞入る場合と入らない場合 どのように使い分けるのでしょうか。 問2. 1の文の関係詞前の al は a + el の縮約と思いますが、 la でも関係詞前では alになるのでしょうか。 以上2点質問です。 どうぞよろしくお願いします。

  • [フランス語] 前置詞deの用法について!

    前置詞「de」の中には「種類・性質」の用法があります。 辞書の例文としては、livre d'histoire、objet de luxeなどがあり、これらは理解できるのですが、以下の例文がよくわかりません。 La question est de grande importance. (1)このdeは形容詞+名詞の場合につける冠詞deとは違うのでしょうか? (2)La question est tellement importante.とはニュアンスが違うのでしょうか?