• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

変形労働時間制とフレックスタイム制の詳しい意味がよくわからず困っています

1ヶ月単位の変形労働時間制とフレックスタイム制の詳しい意味がよくわからず困っています。 ある週の平均の労働時間が40時間を超えてもよい。とする制度で、フレックスタイム制は労働者が出勤時間や退勤時間を管理するなどはなんとなくわかります。 それぞれの制度についてなのですが、例えば ある月の初めの1週を一定の期間または清算期間として労使間で定めた場合、 月初の1週の労働時間の平均が週40時間であったならば その後8日~月末までは、週平均が何十時間であろうとも関係ないということになるのですか。 何か違うような気がしますので、宜しくよろしくおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数7318
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • monzou
  • ベストアンサー率61% (189/307)

1ヶ月単位の変形労働時間制は、1ヶ月を平均して週40時間の勤務とすることができる制度です。 例えば、仮に1月が丁度4週だとすると、1週目35時間、2週目40時間、3週目50時間、4週目35時間という感じですね。 上限は1週52時間ですが、1日の上限10時間までという制約もあります。 また、あらかじめ労働者にどの週が何時間か明示する必要がありますので、結果としてというのは認められません。 それぞれの週について、日単位で始業時間と就業時間を決めますので、それに従えなければ、遅刻又は早退になります。 フレックスタイム制は、1ヶ月での総労働時間(例えば8時間×営業日数)を決めておいて、あとは労働者の裁量で1日何時間勤務すればいいかという制度です。 こちらは、あらかじめ定めるのではなく、結果としてで構いません。 決めた総労働時間に足りなければその分は「控除」、超過していれば「残業」になります。 コアタイムというのを設けて、その時間には必ず勤務させることも可能ですが、それ以外の時間は、例えお客様との打ち合わせがあろうとも、社長とのミーティングがあろうとも、勤務時刻を会社が指示することは一切できません。 遅刻や早退という概念は基本的にありません。 コアタイムに遅刻すれば、遅刻は遅刻なんですが、この遅刻時間を控除するのはできません。控除はあくまで月の総労働時間との比較になります。 (つまり、いくら遅刻しようとも、他の時間で埋め合わせをしてしまえば、遅刻分給料を減らすということができないということですね) ざっくり言うと、どちらも「一ヶ月を平均して40時間」と考えれば良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 労働時間の基準は基準として原則があり、それゆえに基準内に収めるべく 仕事の時間を調整する方法について定めた制度 でよいですか。 上限時間/週、日のことまで、参考になりました。

関連するQ&A

  • 3ヶ月変形労働時間制について

    3ヶ月変形労働時間制について 私の働いている会社は企業のサーバー保守の仕事をしています。 会社から3ヶ月変形労働時間制をとり、夜勤業務もあります。 月単位での変形労働時間の場合、週の平均勤務時間を40時間に収めればよいのでしょうか? <第一週> 月曜日 夜勤業務(16:00~翌8:00、休憩時間を除く15時間) 火曜日 - 水曜日 休暇 木曜日 9:00~17:30(7.5時間) 金曜日 9:00~17:30(7.5時間) 土曜日 9:00~17:30(7.5時間) 日曜日 休暇 このスケジュールだと週40時間に収まるのですが、 稀に下記のような勤務があります。 <第1週> 月曜日 夜勤業務(16:00~翌8:00、休憩時間を除く15時間) 火曜日 - 水曜日 休暇 木曜日 9:00~17:30(7.5時間) 金曜日 9:00~17:30(7.5時間) 土曜日 夜勤業務(16:00~翌8:00、休憩時間を除く15時間) 日曜日 - <第1週合計時間45時間> <第2週> 月曜日 休暇 火曜日 9:00~17:30(7.5時間) 水曜日 休暇 木曜日 9:00~17:30(7.5時間) 金曜日 9:00~17:30(7.5時間) 土曜日 9:00~17:30(7.5時間) 日曜日 休暇 <第2週合計時間30時間> 週平均だと、37.5時間となります。 この場合、変形労働時間では問題ないのでしょうか?

  • 変形労働時間制の悪用?について。

    現在勤務している会社は、1年単位の変形労働時間制を運用しています。 接客業ですが、1年を通して特に繁忙な時期はありませんので、特定期間も定めていません。 なので、毎週日曜日と祝日の一部、隔週土曜日が休みです。1日8時間の労働時間の増減もありません。 年間平均で週40時間以内にはぎりぎり納まっています。 労働組合もなく、従業員の代表も会社の言いなりみたいな人間なので、労使協定も結ばれてしまいます。 しかし、変形労働時間制の元々の趣旨は、繁閑の労働時間を調整して総労働時間を減らすという物だと思うので、「週40時間を超えても割増賃金を支払わなくてもすみ、労働日数も増やす事ができるため経費の削減ができる」という運用の仕方は違法ではないのかもしれませんが、公序良俗に違反しないのでしょうか? 会社の利益の為に、労働者の本来の権利が奪われているような気がして納得できません。 会社に直接訴えても改善するつもりは無いようでした。何か対処方法は無いでしょうか?労基署に相談したら良い方向で解決できるでしょうか? 知恵や経験をお持ちの方がいましたらどうか助けてください。 よろしくお願いします。

  • 変形労働時間制での事前の勤務作成における労働時間カウント誤りについて

     変形労働時間制を採用している場合、変形期間に入る前に当該変形期間の労働者の勤務予定を確定し、周知する必要があると理解しています。従って、例えば1ヶ月単位の変形労働時間制においては、例えば「8月25日に、1週平均40時間の労働時間に収まるように組んだ9月1日~9月30日の労働者の勤務予定を公表する」ということになります。ところで、この「所定勤務予定」における労働時間カウントに誤りがあった場合、例えば9月なら総所定労働時間が171時間25分を超えてしまっていて、週平均40時間を超える勤務を組んでしまっていた場合、どのような処理をすべきかについて迷っています。  仮に9月に172時間の総労働時間を組んでその通り勤務させてしまったとし、事前に指定した以外の勤務はさせていない(いわゆる「超勤」はさせていない)ものとして、まず思いつくのは、週平均40時間を超える部分を時間外労働として割増賃金を支払う、つまり「172時間マイナス171時間25分」分の労働時間について時間外労働割増を支払うというものです。  一見、それで問題ないように思うのですが、変形労働時間制そのものの基本思想に立ち返ると、労働時間が週平均40時間になるような所定勤務を組むことが変形労働時間制が成り立つそもそもの大前提であるとの考えも有り得ると思われます。つまり、9月の所定労働時間が172時間になっている時点で、変形労働時間制の存立条件が崩れるから「1日8時間、週40時間」のいわば「原則労働時間制」を適用すべきというものです。その場合、1日8時間を超える労働時間を指定している部分及び各週ごとに見て40時間を越える労働時間の部分をすべて割増とするとの考え方です。この場合、所定勤務の状況によっては、割増賃金を支給される時間数がかなりの数に上ることになります。  多くの場合、労働者としてもまさか所定勤務が誤っているとは思わないので、日々のいわゆる「超勤」さえきちんと割増されていれば、労働者にもサービス残業の実感はないので、こうしたケースが表面化することは少ないかも知れませんが、現実問題として、こうした勤務指定の誤りは意外と有り得るケースだと思います。勤務作成者に正しい知識をつけさせることは前提としても、いざこうしたミスに気づかず1ヶ月働かせてしまった場合、適正な割増賃金支給を行い、コンプライアンスを確保するためには、いずれの考えをとるべきか(あるいはさらに別の案があるのか)、お詳しい方ご教示願えれば幸いです。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

変形労働時間制は、月単位や年間で考えて休日を何日とするような形だと思います。それによって週40時間とか48時間とか決まってくるのでしょう。何十時間でもよいということはないと思います。 製造業などはほとんどこの形でしょう。 フレックスタイム制は始業時間・就業時間が人によって異なる形のことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 業務内容に応じて、労働日や時間をずらすことができる制度ということになりますか。

関連するQ&A

  • 変形労働時間制 1か月 1週間

    変形労働時間制について、 「1 ヶ月単位の変形労働時間制は、1 ヶ月間以内の一定期間の労働時間の平均が、1 週間の法定労働時間を超えない限り、特定の1 日の労働時間が8 時間を超えても良い制度です。つまり、1 日あたりの労働時間ではなく、1 ヶ月間で平均した労働時間が制限となります。」 「1 週間単位の変形労働時間制は、労働者が30 人未満で、特定の業種のみ導入で きる制度です。その業種とは、小売業、旅館、料理店、飲食店です。これらの条件を満たせば、1 週間の労働時間が40 時間を超えない限り、特定の1 日の労働時間が8 時間を超えても良いという制度です。」 というのがテキストにあります。 こちらの一週間単位については、あまりどこも使っていないといのもあるサイトでみたのですが、1か月のほうがあれば、一週間のほうは概念的に1か月の方に包括されると思うので不要と思うのですが、どうなのでしょうか。 適用するうえで1か月のほうで何か困難があったりするでしょうか。

  • 【1ヶ月単位変形労働】 残業時間のカウントについて

    1ヶ月単位の変形労働時間制について分からないことがあるので教えてください。 1カ月以内の期間の所定労働時間を1週平均40時間以内に設定すれば、 特定の日に8時間もしくは特定の週に40時間を超えて働かせても、 割増賃金を払わなくて良い制度だということは理解できました。 しかし勤務シフトによりあらかじめ決められた日・週に法定労働時間を 超えた場合には割増賃金が必要になりますよね。日・週単位でも 労働時間のチェックが必要だということで、ここで疑問が湧きました。 ■週単位での労働時間について 月初や月末に、日曜日から土曜日の間で月をまたいだ場合、 つまり勤怠期間が別れた場合の週単位での労働時間はどのように チェックするのでしょうか?例えば水曜日が月末の場合、 1.日曜日から土曜日の週単位でチェックを行い、残業時間となった   分は翌月度に加算して残業代を支払う。 2.勤怠期間に従い、日曜日から水曜日で労働時間をチェックする。   翌月月初は木曜日から土曜日で労働時間をチェックする。 通常の週残業(40H)は1の方法が適法な方法だと理解していますが、 1ヶ月単位の労働時間制の場合はどのようになるのでしょうか? 見識者の方、お手数ですがご教示ください。 よろしくお願いします。

  • 労働基準法の1カ月単位の変形労働時間制について

    労働基準法の1カ月単位の変形労働時間制について 素朴な疑問なのですが時間外労働時間の基準は、 <1>1日については、8時間を超える時間を定めた日はその時間、 それ以外の日は8時間を超えて労働した時間 <2>1週については、40時間(特例措置の事業場は44時間)を超える時間を定めた週はその時間、それ以外の週は40時間(特例措置の事業場は44時間)を超えて労働した時間 <3>変形期間においては、変形期間における法定労働時間の総枠を超えて労働した時間 こうありますが、例えば<1>に該当して<3>に該当しないとか(またはその逆)、 <2>に該当して<3>に該当しないとか(またはその逆)にはどんな例がありますか?

  • 変形労働時間制 1ヶ月単位

    変形労働時間制 1ヶ月単位 1ヶ月単位の変形労働時間制について教えてください!! 例えば、 所定労働時間が8時間の勤務の日に10時間勤務する…残業単価×1.25×2時間(法定外残業) 所定労働時間が7時間の勤務の日に10時間勤務する…残業単価×1.00×1時間(法定内残業) 残業単価×1.25×2時間(法定外残業) 週の清算や月の清算を行い算出された時間に対しては残業単価×何%の割増率になるのでしょうか? 1.25でしょうか、それとも0.25でしょうか?

  • 変形労働時間制について

    現在、転職活動中です。 先日ハローワークの求人で良いのを見つけたのですが 就業時間が変形労働時間制(1ヶ月)で時間外が5時間でした。 一定で就業時間が決まっていて、時間外があった場合には残業代が支払われる制度より 変形労働時間制って言うのは労働者側はデメリットにしかないように思えるんですが、どうなんでしょうか? 今まで変形労働制で働いたことがないので解らないのですが、 実際にこの制度で働かれてる方、詳しい方からの意見お願いします。

  • 変形労働時間制を簡単に教えてください。

    変形労働時間制を簡単に教えてください。 転職を考えています。変形労働時間制について教えてください。 1日何時間、ではなく1ヶ月や1年単位で労働時間を決めるものですよね? たとえば勤務時間が9時~18時となっている会社で、ある週で19時まで5日間勤務しても、次の週で17時まで5日間として帳尻をあわせれば前の週の超過分は残業にならないという解釈でOKですか? なんだか会社にごまかされそうな制度だなぁと思うのですが・・・(繁忙期に波があるなら効率がいいんでしょうが・・・) ここで示されている勤務時間はあくまで目安で、まったく違うということもけっこうあるものなんでしょうか。

  • 変形労働時間について

    お世話になります。 変形労働時間について無知なところがありますので教えていただければ幸いです。 1か月単位の変形労働時間制、会社の休日は第1、3土曜・日・祝だった場合、 1日10時間を超えず、1週間の平均が40時間以内に収まればよいのでしょうか。 1日平均8時間とすると第2、4の土曜に出勤した週の労働時間が48時間になるので、 週40時間を超えないようにするために、週6日出勤ある週のことも考えて、1日平均6時間ちょっとになるようにしなければならないのでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

  • 変形労働時間制と残業代の関係について

    残業代の算出方法で質問があります。 現在の勤め先では、1日8時間、週6勤務でみなし残業の制度はなく、変形労働制が導入されています。(最近知りました。この時点で給与の算出方法が周知されていないこと自体が違法ですよね。) 直近12ヶ月間の給与明細書を計算したところ、勤務日数290日の総労働時間が2825時間となり、法定労働時間である2085.6時間を超過しています。この内、505時間分(一日辺り8時間を超えた分)のみが残業代として支払われています。 2825-505=2320時間、つまりまだ234.4時間分の超過がありますが、明らかに支払われておりません。 会社に説明を求めても変形労働時間制なので問題ないとの回答です。週6ということは48時間なので最低毎週8時間は超過してるはずですが、所定労働時間内だという主張でした。 例えばこれらが年間平均した週で法定時間内に収まっているのであれば、問題ないかと思いますし、変形労働時間制の有効な使い方であるとも理解できます。しかし、週48時間は12ヶ月間に渡って(日曜祝日は休みです)続きました。 このような場合、これらを支払わないで済むような制度など存在するのでしょうか? また、中小企業ですと月60時間を超える残業は1.5割増しと聞いたことがあるのですが、法定時間を60時間超えた月においても全て1.25割増しの計算になっております。 これも変形労働時間制とは関係ないですよね? 変形労働の制度は法定労働時間を割り振り出来るようになるだけとの認識でいるのですが…

  • 労働基準法に於ける変形労働時間制の有給について

    下記、認識で法律上、間違いないでしょうか?自分としては、法律が間違っていると思うのですが・・・。 1、「変形労働時間制」なのでそれぞれの日によって、労働時間が違う→という事は、取得した日の所定労働時間を長い時間にすれば今後の有給休暇を消化する時に労働者にとって得になると考えて間違いないですか? 2、「変形労働時間制」以外の認識は、その月の月給でしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 変形労働時間制について

    変形労働時間制について 今の会社はこの四月から変形労働時間制を取り入れ8時間半労働になりました。 しかし調べると月単位や年単位で労働時間を調整する事と書いてあります。 そこで疑問に思ったのがそれなら来年は7時間半労働にならないとおかしいって事ですよね? これからずっと8時間半労働だと違法ですよね? 詳しい方よろしくお願いします。