• 締切済み
  • すぐに回答を!

12月25日の基礎英語2の聞き取れなかった部分を教えて下さい

12月25日放送のNHKラジオ基礎英語2で、以下の英文の一部(.....)が聞き取れませんでした。 It's (.....) that counts. テキストを持っていませんので書店に行きましたが既に売り切れでした。 どなたか、教えて下さい。よろしく御願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数97
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • ocanada
  • ベストアンサー率30% (33/107)

失礼します。その番組のことすら聞いたことがないんで、合ってるかは分かりませんが、 It's the thought that counts. ではないでしょうか? よく使うフレーズで、プレゼントをあげたりする時に、「そういう気持ちが一番大事」という意味です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • NHKラジオ講座「基礎英語2」のテキストをお持ちの方にお願いがあります

    NHKラジオ講座「基礎英語2」のテキストをお持ちの方にお願いがあります。 私、今年度、NHKラジオ講座「基礎英語2」の本文をディクテーションして勉強しています。 テキストを買うと頼って、中途半端に聞いてしまうため、 テキストを購入せずに、何度も何度も聞いて、辞書で調べて続けています。 が、どうしても聞き取れない文があって、モヤモヤしています。 5月27日放送分の本文の最後の文。 Ms.Jordan が<Would you like to join me?>と言った次の Yasuo の言葉です。 日本語訳は「面倒を起こしちゃダメだよ」と放送されていました。 テキストをお持ちの方、ここの英文を教えていただけませんでしょうか? お願いします。

  • NHKラジオ講座基礎英語2から

    NHKラジオ講座基礎英語2から 題名のもののテキストから質問です 気をつけて。というとき Watch out Look out の2表現があるとありましたが 使い分けについては何もありませんでした そのため意味の違いを教えてください 再度失礼しました

  • It's ...thatの基本を教えて下さい。

    NHKラジオ英会話講座より It's perseverance that counts. 大切なのは粘り強さだよ。 質問:It's ...thatの構文をよく理解していません。よろしくお願いいたします。 (1)It's ...thatの構文ですね? (2)It=that counts ですね? (3)that counts is perseverance.とも言えますね? (4)that の品詞は何ですか?関係代名詞それとも接続詞? (5)that +S+Vなら判りやすいのですが、主語がありません。that countsで「大切なこと」という名詞節ですか?whoやwhatが主語を兼ねた関係代名詞は見かけますが、thatは知りません。教えて下さい。 (6)質問がまとまりませんんが、理解できる範囲でご回答いただけると嬉しいです。類似の例文も幾つか教えていただけると助かります。  以上

  • ...the thought that counts.

    NHKラジオ英会話講座より My husband give me this blouse. I know it looks tacky. This kind of shirt is way out of style.(このてのシャツは全然流行ってないし) But it's the thought that counts.(でも気持が大切なのよね) Wearing it makes me feel good. (質問)it's the thought that counts.についてお尋ねします。 (1)thatはit...that構文ですか?それとも関係代名詞? (2)the thought that countsを「気持が大切」と訳していますが、理解できません。countsの意味に何かヒントがある様に思います。推量でも結構ですのでお願いします。覚える糧にします。以上

  • It's the thought that

    It's the thought that counts.  「気持ちが大切なんだ。」 という文がありますが,文法的にはどうなっているのでしょうか? (1)It is ~ that … の強調構文でしょうか? The thought counts. → It's the thought that counts. たぶん合っていると思うのですが。

  • NHKラジオ新基礎英語の再放送

    よろしくお願いします。 今年からNHKラジオ新基礎英語2を聞き始めたのですが、放送にどうしても間に合わない日があって何度か聞き逃してしまいました。(タイマーで録音するすべがないんです) 以前どこかでNHKラジオの基礎英語は夏休みなどに4月からの分をまとめて再放送していると読んだおぼえがあるのですが本当でしょうか。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

  • 昨年のNHKラジオ基礎英語2の8月号の英語について

    昨年のNHKラジオ基礎英語2の8月号の英語について タイトルの教材で英語を勉強しています。 その中に書いていた英語について質問があります。 【質問1】 一問一答のような感じでMCの2人の話が続いていくのですが、 ここで次のような会話がありました。 A:OK then, what's your favorite dessert? B:In america, my mother made apple pie. I loved to eat it warm with vanilla ice cream. となっておりました。 しかし、warmの位置が何故あの場所に来るのかがわかりません。 今までこのような位置にwarmが来るのは見たことがありませんでした。 「バニラアイスと暖かいアップルパイを一緒に食べるのが好き。」という日本語訳は思いつくのですが、 どこかこのような位置にwarmなどの単語が来ることを説明しているサイトなどはないでしょうか? 【質問2】 A:Why did you come to Japan? B:I wanted to know more about the country of my ancestors. That and I had a good job offer. という会話もありました。 この前後の会話は全然違う話題になっています。 この中のBの方の「That and I ~」のThatが何を指しているのかが分かりませんでした。 ご教授宜しくお願い致します。

  • 英会話の勉強法について

    みなさんこんにちは。 私はいまさらながら「英会話」に目覚め、勉強中のものです。 テキストはNHKラジオ「基礎英語2」と「英会話入門」を使っています。 毎月々々テキストを読んでいて、なんとかこの膨大な「words & phrases」を憶えやすいようにまとめたいと思うのですが、いい方法が思い浮かびません。 みなさんはどのようにされてますか? べつにNHKテキストに限らずとも「オススメ」のまとめ方があったら教えてください。 やっぱりいつの時代も「単語帳」なのかなあ。。。。?

  • 去年のNHKラジオの基礎英語2の中に出てくる英文の意味などを教えて下さ

    去年のNHKラジオの基礎英語2の中に出てくる英文の意味などを教えて下さい。 私はNHKラジオの基礎英語2で英語を勉強していますが、 テキストの中で分からない文章があるので、教えて下さい。 【質問1】 lesson 26の本文中に what a start to your stay in conneticut!という文章があります。 訳文を見てみると、「なんというスタートなんだろうね、君のコネチカット滞在は!」となっています。 本文中ではstartを名詞としての用法で使用していますが、startのあとにtoが来ています。辞書を見たら名詞としてのstartの意味を見ても、後ろにtoが来た時の意味ではこの訳文が完成するような適当な意味が書かれていませんでした。 この時のa start toはどのような具体的にどのような意味なのでしょうか? 【質問2】 lesson 26の本文中にBut for her, it's early morning. That's jet lag.とあり、訳文は「でも彼女にとっては、早朝なの。それが時差ぼけよ。」とあります。 そして、lesson 27の本文の上に書いてある前回のおさらいの文章中にはIt's early, but it's very late to her.とあり、訳文は「早いんですが、でも彼女にとってはとてもおそいんです。」とあります。 toとforが「~にとって」という意味で使用されています。 学校でtoとforは両方「~にとって」という意味があるのは習いましたし、色々なサイトでforはふんわりしたアナログな感じ、toは直線的なデジタルな感じというニュアンスということが書かれていました。 両方とも同じような意味でforとtoが使用されていますが、これはこの場合は2つの文で相互にtoとforは入れ替えが可能という認識で大丈夫でしょうか? 【質問3】 lesson 28の本文の上に書いてある前回のおさらいの文章中にShe didn't see anything during the drive home.とあります。 訳文は「家に帰るドライブ中に、何も見ませんでした。」と書いてあります。 このdriveは名詞として使用されているようですが、「家に帰るドライブ」とするならここはdrive to homeになるような気がします。 homeは副詞だと「家へ」という意味があり、driveを動詞として使用してShe drives homeなどなら分かりますが、名詞でdriveが使用されているならその文中のhomeは副詞ではない意味で使用されていると思いますが、homeは形容詞としての意味は限定的な用法でしか使用されないようでした。 ここは何故drive to home ではなく、drive homeとなっているのでしょうか?文法的にはこれで合っているのでしょうか? 【質問4】 lesson29の本文中にSo you're Ryota, my fan from across the world, aren't you?という文章があります。 訳文は「じゃあ、君が、世界をまたいで来たぼくのファン、良太ということだね?」となっています。 from across the worldとありますが、from acrossの意味が調べてもわかりません。具体的にどのような意味なのでしょうか? 【質問5】 lesson30の本文中にChris and I used to catch tadpoles and crayfish here.という文章があります。 訳文は「クリスとわたしはむかしオタマジャクシやザリガニを取ったの」となっています。 上記の文章を見て思い出したのですが、以前辞書を見ていてI like a comicは間違いで、I like comicsとするのが正しいというのを見ました。 中学生の時は初めて出てきた可算名詞にはaを付けると習いましたが、「I like comics」や「Chris and I used to catch tadpoles and crayfish here.」というように複数形にする場合もあるようです。 初めて出てくる単語にaを付けるか、または複数形にするかを、どのように使い分ければいいか具体的に教えて下さい。 長文ですが、宜しくお願い致します。

  • thatの後になぜ動詞がくるのですか?

    It's not your title that counts. that 以下は、that SV となるのではないでしょうか? よろしくお願いいたします。