• 締切済み
  • 困ってます

2次RCフィルタ、カットオフ周波数計算方法

2次RCフィルタのカットオフ周波数計算方法を教えてください。 ------15kΩ-----│-------15kΩ---│             │        │       0.01μF      1000pF              │        │ ---------------│--------------│ のような回路の時のカットオフ周波数のくわしい計算方法をお願いします  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数4141
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2
  • inara
  • ベストアンサー率72% (293/404)

信号源の出力インピーダンスを r 、終端抵抗を R としたとき、複素利得 G(ω) は以下のようになります(計算方法は後述)。    G(ω) = Vout/Vin = 1/[ 1 + ( R1 + R2 + r )/R - C1*C2*( R1 + r )*R2*ω^2 + j*ω*{ C1*( r + R1 )*( 1 + R2/R ) + C2*R2*( 1 + ( r + R1 )/R2 ) } ] --- (1) ω = 2*π*f です( f は周波数)。もし r と R が純抵抗ならば、利得 |G(ω)| は    |G(ω)| = 1/√[ { 1 + ( R1 + R2 + r )/R - C1*C2*( R1 + r )*R2*ω^2 }^2 + ω^2*{ C1*( r + R1 )*( 1 + R2/R ) + C2*R2*( 1 + ( r + R1 )/R2 ) }^2 ] となります。DC利得は    |G(0)| = 1/{ 1 + ( R1 + R2 + r )/R } です。 カットオフ角周波数 ωc は、利得が |G(0)|/√2となる角周波数なので、もし r と R が純抵抗ならば、ωc は以下の方程式の解となります(ω^2 に関する2次方程式)。    { 1 + ( R1 + R2 + r )/R - C1*C2*( R1 + r )*R2*ω^2 }^2 + ω^2*{ C1*( r + R1 )*( 1 + R2/R ) + C2*R2*( 1 + ( r + R1 )/R2 ) }^2 = 2*{ 1 + ( R1 + R2 + r )/R }^2 特に r = 0、R = ∞ ならば    |G(ω)| = 1/√[ { 1 - C1*C2*( R1 + r )*R2*ω^2 }^2 + ω^2*{ C1*R1 + C2*( R1 + R2 ) }^2 ]    |G(0)| = 1 なので    (ωc)^2 = [ 2*C1*C2*R1*R2 - { C1*R1 + C2*( R1 + R2 ) }^2 ± √A ]/{ 2*( C1*C2*R1*R2 )^2 } --- (2)    A = [ { C1*R1 + C2*( R1 + R2 ) }^2 - 2*C1*C2*R1*R2 ]^2 + 4*( C1*C2*R1*R2 )^2 となります。R1 = R2 = 15kΩ = 15e3Ω、C1 = 0.01μF = 0.01e-6F、C2 = 1000pF = 1000e-12F ならばカットオフ周波数 fc は    fc = ωc/( 2*π ) = 949.8Hz で(回路シミュレータでも確認しました)。式(2)では解が2個ありますが、この場合、- 符号のほうは (ωc)^2 < 0 となってしまうので + 符号のほうだけが解となります(いつもそうなるのかどうかは分かりません)。 【式(1)の計算方法】     i1 →  V1   i2 →    Vout  ┌── R1 ─┬── R2 ──┬───┐   r        │         │     │  │  i1-i2 ↓C1    i2-i3 ↓C2    R↓i3  Vin      │          │    │  └────-┴──────┴───┘ 入力電圧を Vin、出力電圧を Vout、R1 と R2 の間の電圧を V1 とすれば    i1 = ( Vin - V1 )/( r + R1 ) --- (1)    i2 = ( V1 - Vout )/R2 --- (2)    i3 = Vout/R --- (3)    i1 - i2 = j*ω*C1*V1 --- (4)    i2 - i3 = j*ω*C1*Vout --- (5) 式(1),(2) を式(4) に代入して i1, i2 を消せば    ( Vin - V1 )/( r + R1 ) - ( V1 - Vout )/R2 = j*ω*C1*V1 --- (6) 式(2),(3) を式(5) に代入して i2, i3 を消せば    ( V1 - Vout )/R2 - Vout/R = j*ω*C1*Vout --- (7) 式(6),(7) より V1 を消せば    Vout/Vin = 1/[ 1 + ( R1 + R2 + r )/R - C1*C2*( R1 + r )*R2*ω^2 + j*ω*{ C1*( r + R1 )*( 1 + R2/R ) + C2*R2*( 1 + ( r + R1 )/R2 ) } ]

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細な部分まで回答していただきありがとうございます。 理解できてなったところが理解できそうです。

関連するQ&A

  • オペアンプを使用した微分回路のカットオフ周波数

    オペアンプを使用した微分回路を作り、カットオフ周波数を求めたのですが(f=1/2πRCで求めました)、計算上は約7[kHz]になるのですが、 回路シミュレータを使うと約5[kHz]になります。 微分回路は反転増幅回路のR1とCを直列に繋いだ回路になります。 おそらくオペアンプによる影響だと思うのですが、オペアンプによるカットオフ周波数への影響は何が原因で起こるのでしょう。

  • RCフィルタ的回路について

       -----R1---------------出力   |       |    |  AC電圧    R2     C   |       |    |    ----------------------GND   なRCフィルタ的な回路にて、出力のカットオフ周波数の計算式は どうなるのでしょうか? すいませんが、お助け願いたく。

  • カットオフ周波数とは何ですか?

    ウィキペディアに以下のように書いてました。 遮断周波数(しゃだんしゅうはすう)またはカットオフ周波数(英: Cutoff frequency)とは、物理学や電気工学におけるシステム応答の限界であり、それを超えると入力されたエネルギーは減衰したり反射したりする。典型例として次のような定義がある。 電子回路の遮断周波数: その周波数を越えると(あるいは下回ると)回路の利得が通常値の 3 dB 低下する。 導波管で伝送可能な最低周波数(あるいは最大波長)。 遮断周波数は、プラズマ振動にもあり、場の量子論における繰り込みに関連した概念にも用いられる。 ですがよくわかりません。 わかりやすく言うとどういったことなのですか?

  • 回答No.1
noname#101087

in-out の終端条件がわからないので、まず縦続行列の出し方だけ。   R1 = 15kΩ   C2 = 0.01μF   R3 = 15kΩ   C4 = 1000pF として、順番に縦続行列を書くと (s = jω)  F1 = |1 R1|     |0 1|  F2 = |1  0|     |sC2 1| (F3, F4 も同じかたち) 行列の乗算を施せば、in-out の縦続行列が得られます。  F = F1*F2*F3*F4 = |A B|           |C D| ---------------------------- in が入力インピーダンスゼロの定電圧源V1、out の負荷インピーダンスが無限大とし、出力電圧V2 の場合ならば、  V1/V2 = A である。 この場合、|A| = 1/2 を解いて 3dB ダウン点(ωc = 2πfc)を求める。ふつう、この周波数fc を「カットオフ周波数」という。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変ありがとうございます。 まだまだ自分の知識が足りないことに気づきました。

関連するQ&A

  • D級アンプのLCフィルタのカットオフ周波数

    可聴域の最大20kHzまできれいに出力するにはD級アンプのLCフィルタのカットオフ周波数は40kHz,50kHz,60kHzのどれがいいでしょうか。 カットオフ周波数の1/2でゲインが変動することがあるとかいう情報もあり悩んでいます。音質で大差がないのであればfcを高めにすることでL、Cを小さくできるのでお得ですよね。

  • オペアンプのカットオフ周波数の計算式

    オペアンプのカットオフ周波数の計算式でf1=1/2π*R1*C1 f2=1/2π*R2*C2と本に書かれていたのですが バンドパスフィルターの計算式とは違っています f1 = [ √{ ( C1 + C2 )^2*R1^2 + 4*C1*C2*R1*R2 } - ( C1 + C2 )*R1 ]/( 4*π*C1*C2*R1*R2 ) f2 = [ √{ ( C1 + C2 )^2*R1^2 + 4*C1*C2*R1*R2 } + ( C1 + C2 )*R1 ]/( 4*π*C1*C2*R1*R2 ) この計算式の違いが解りません またQ値は1次フィルターでも大きくできるのか、ハイパスフィルターでもQは発生するか、説明書では2次フィルターのローパスフィルターでのQ値しか説明がありませんでしたので教えて下さい

  • 積分回路のカットオフ周波数が

    積分回路のカットオフ周波数がf0=1/(2πCR2)となるのはなぜなのでしょうか。わかる方いらっしゃいましたら教えてください。

  • 反転増幅器のカットオフ周波数の求め方

    基本的な反転増幅回路における周波数特性が右下がりになる理由を理論的に説明したいのですが、回路にコンデンサが使われていないので、カットオフ周波数が求められなくて困っています。 オペアンプは751です。 右下がりになる理由はカットオフとオペアンプの周波数特性によるものですよね?    

  • カットオフ周波数について

    カットオフ周波数について質問があります。 例えば、カットオフ周波数が1MHzの1次のLPFがあったとき、もし1MHzの信号を送信したとき信号は1/√2に減衰すると思います。 しかし、この信号がパルス信号だとしたらどうなるのでしょうか? もし、周波数1MHzのパルス信号のデューティ比が50%だとした場合、パルス幅は500nsとなります。 以下のURLを参考にして500nsのパルスが通過できるカットオフ周波数を計算したところ約700kHzとなりました。 http://www.analib.com/blog/calculator/rise-time/ つまり、カットオフ周波数1MHzのLPFならば周波数1MHzのパルス信号は減衰はほとんどなく通過できるということになります。 おそらく私が何か変な勘違いをしていると思うのですが、どなたかこの質問に回答できる方いらっしゃいましたら教えていただけると幸いです。

  • ローパスフィルタのカットオフ周波数について

    こんにちは。 行き詰ってしまったので質問させてください。 2次のローパスフィルタの代表的な回路の「サレンキー型」のカットオフ周波数Fcの求め方を教えてください。 アンプゲインを K  FcをR1 R3 C2 C4 K を使ってあらわしたいのですが。。。。。。。     ---------------      |                 |      =(C2)              |      |                 |      |                 | ー(R1)-●-(R3)-●--(K)----●-               |               =(C4)               |               GRAND 図がわかりにくくてすいません。。 よろしくお願いします!

  • ローパスフィルタのカットオフ周波数と次数について

    ローパスフィルタにおいて、カットオフ周波数や次数を大きくしたり小さくしたらどのような結果になるのか(メリットとデメリット)を教えていただきたい

  • RCフィルタ回路のR,Cの求め方

    カットオフ周波数が既に算出されている回路において、RとCの求め方が分かりません。 カットオフ周波数を求めるには、「f=1/(2πRC)」という公式だと思います。 仮にカットオフ周波数が200kHz、回路に入力される周波数が100Hzだとすると、 200kHz=1/(2πRC) RC=(1/(2π))×200kHz とまでは分解したのですが、ここから煮詰まっています。 どなたかわかりましたら宜しくお願いします。

  • カットオフ周波数について

    CPUのタイマーを使用してPWM信号を生成しLPFを使用して正弦波を生成する回路を考えています。LPFは、オペアンプを使用する予定です。PWMの周波数に対してLPFのカットオフ周波数はどの程度に設定するのが最適でしょうか?

  • 自己共振周波数を超えた場合のコイル

    仮に自己共振周波数が100kHzのコイルを使って、カットオフ周波数が500kHzのLCローパスフィルタを作ることはできるのでしょうか? 但し、コイルのインダクタンスは500kHzで100uHとします。計算ではコンデンサは1nF程度になると思うのですが、フィルタになるか疑問です。