労働時間について

いわゆる週40時間制というのは管理職たとえば課長や部長には適用されないんでしょうか? 土日にも労働をさせられたり、深夜...

shoyosi さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2001/02/04 04:44
  • 回答No.1
  • ベストアンサー
shoyosi

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 管理監督者と認定されれば、労働時間、休日、休憩の適用はありません。深夜労働の割増賃金については適用があります。詳細は、下記のURLを見てください。
お礼コメント
jetstream

お礼率 70% (334/474)

お礼が随分遅くなってごめんなさい。
1ヶ月ほど出張があったものですから。
URL有難うございました。
大変参考になりました。
投稿日時:2001/03/18 00:05
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 残業申請。どこに相談すべきか?しないべきか? その他(法律)

    損害保険会社の営業担当者です。九州の田舎で勤務しています。 時間外労働をしても、残業手当は付きませんが、労働時間は厳しくチェックされます。自己申告とパソコンの稼働状況の二つで管理されています。 勤務時間は9時から6時が標準ですが、始業前の研修が毎日あり、8時の出勤を間接的に強制されます。週3日は直属の上司が講師となる勉強会。週2日が先輩社員がリードするロールプレイング。どちらも1分でも後れると上司の注意があり、ご機嫌次第ではかなり厳しい注意があります。 上司は自主参加である旨を強調し、勤務記録に8時出社(実際は10分前に出社)にて記録すると修正するように指導されます。 さらに、零細企業や個人を営業相手にしているため、顧客の訪問が夕方になることも珍しくなく、直帰も簡単に許されないため、退社時間が7時から8時になることは日常的にあります。 管理職は月の超過勤務時間が30時間を超えないように厳しく指導されているようです。朝のトレーニングで時間外が月に20時間になり、夕刻の残業も20時間は超えるのが実情です。正しく記録すると、頻繁に勤務記録を修正されることを求められます。朝のトレーニングは自主参加だから、勤務ではないと明確に言われます。朝のトレーニングは全社の方針でかつ伝統であり、一様に勤務時間とはしていないので、勤務記録をつけることは出来ないとのこと。 夕方はパソコンの稼働記録がシステムに自動的に登録されるため、勤務終了時刻は正しい申告になりますが、残業をする際には1時間以上の休憩が必須と言われ、7時まで勤務した場合、60分の休憩をしたように記録することを求められます。よって、勤務記録上は7時までいると、休憩するために会社に1時間いたことになります。このようにして30時間以内になるように修正を求められます。 残業手当がなく、超過勤務の実態は給与に全く影響しないため、あまり深く考えずに修正には応じてきました。それが上司との関係維持と思っていました。しかし、最近、風邪のせいもあり、体調が思わしくない状態が続いています。このような上司の思いのまま、修正された勤務形態記録が一人歩きした際、万が一体調が本格的に悪くなって会社と対立することもあるかもしれません。正しく記録するほうがいいのではないかと思うようになりました。残業手当というわかりやすい主張もないので、声高に主張すべきなのかどうかわかりません。 朝のトレーニングは必須の知識を学習しており、かつ前述のとおり、上司から参加を半ば強制されていると私は思いますので、勤務時間に値すると思います。 正しい行動をとるべきでしょうか?その際は、労基署でしょうか。明確な実益がないため、どうすべきか悩んでいます。単に、朝のトレーニングをしたくない、という怠け者と思われるかも、という思いもあります。 弊社は全国展開しており、すべての支社で同様に朝のトレーニングは7時半から8時にスタートしています。夕刻の仕事のパターンも全国でさほど大きく変わらないと思います。そのため、本社の人事担当に相談しても、あまり意味がないと思います。...

  • 管理職の労働時間について 経営・管理職

    管理職かどうかの判断として法律で、 「経営者と一体的な立場」 「労働時間を管理されない」 「ふさわしい待遇」 の3つの条件を満たすよう定められていますが、 労働時間について好きな時間に出社・退社しても良い事になりますよね。 極端な見方をした場合、一般職の就業時間が8時間と就業規則で 決まっている会社で、管理職が3時間とかで帰った場合に 残り5時間分は給料から引かれたら違法ですか?...

  • 三六協定未届下での管理職の残業代の請求可否について その他(法律)

    この度、転職する事になったので、今まで払って貰った事の無い残業代を過去二年分、今までの勤務先に請求したいと考えています。 今までの勤務先は、労使間での合意のみで、三六協定は未届けです。 今までの勤務先での過去二年間の私の役職は、いわゆる管理職です。 管理職ですが、経営に関しての会議等に出た事は一度もありません。 また、フレックスタイム制でしたが、出勤・退勤時刻等も記録する事が必要とされ、特に出社時刻に関しては自らの意志を通す事を良しとされませんでした。 ちなみに、毎月の実際の時間外労働は平均50時間程度です。 しかし、給与明細上では残業時間は0時間とされ、22時以降の労働も当たり前でしたし、徹夜も有りました。 それでも給与明細上の時間外労働時間は、0時間です。 給与形態は年俸制で、年俸の内15%は割り増し賃金(みなし残業代?)です。 上記の様な状況ですが、残業代を請求する事は可能でしょうか?  ...

  • 労働時間が長くて休日がほとんどない勤務について その他(法律)

    私の家族の勤務状態について疑問があります。1日の勤務時間が16時間ほどなので、1ヶ月の勤務時間が450時間を越えることがほとんどです。また休日は1ヶ月で1日取れたらいいほうです。 いわゆる「管理職」ではありますが、もちろんただのサラリーマンなので、上司の指示のもと働きますし、経営者ではありませんが、実質上、役職名がつき残業手当などのない「管理職」(男性)です。よく管理職は労働時間や休日に対する規制にあてはまらない、と聞きますが、このような労働環境は、労働基準法的には問題ないのでしょうか?労働基準監督署がよく是正勧告などをされていますが、課長や部長といった「管理職」の場合は、監督署にとっても「仕方ない」とみなすものなのでしょうか?過労死ラインと言われる残業時間を軽く超える仕事状況でも、仕方ないのでしょうか?...

  • 変形労働時間制と時間外労働 その他(法律)

    いつも参考にさせてもらっています。 このところ疑問に思うことがあります。例えば1ヶ月単位の変形労働時間制下の時間外労働については、日の時間外労働、週の時間外労働、月の時間外労働の3つのプロセスを経て算出しなければならないとされています。それはわかるのですが、実績の月間総労働時間がその月の法定総労働時間を超えている場合は単純に月間総労働時間から法定総労働時間を差し引いた時間数を時間外労働とすればいいだけのように思います。上記のような煩雑な計算をしなければ結果が変わってくる事例がいくら考えてもわかりません。月間総労働時間が法定総労働時間に至らない場合、この計算では支給モレになる恐れがあるのはわかりますが、すでに法定を超えてしまっている場合は単なる差引きだけで正しい結果が出るというのは誤解でしょうか。...

ページ先頭へ