• 締切済み
  • 暇なときにでも

日銀の政策金利が上がると市中銀行利息が上がるのは何故か?

 日銀は、「政策金利と市中銀行の預金利息はリンクしていない」という趣旨の発言をしているようですが、現実は日銀の政策金利に連動しているように見えます。アメリカもEUもその他の国も、中央銀行の政策金利と市中銀行の預金利息はリンクしているように見えます。  そこで質問しますが各国の中央銀行は市中銀行に権力を行使しているのかどうか、又、していないとすれば、なぜ、市中銀行の預金利息が政策金利に連動するのかです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数767
  • ありがとう数15

みんなの回答

  • 回答No.4
  • hirosi3
  • ベストアンサー率50% (72/143)

 ●政策金利とは日銀の貸出金利ではなく短期市場での金利●  >つまり、実質預金は53.7兆円に対して、日銀の貸出は0.1兆円、とすると、桁が3桁違いです。例えると、風呂の中にコップ一杯のお湯を注ぐようなもので、風呂の温度はほとんど変わらないが、市中銀行の預金利息変わるというわけですね。有難うございました。  違います。政策金利とは日銀の貸出金利ではなく短期市場での金利なのです。日銀の貸出額は少しですが、短期市場でのやり取りはもっと多いのです。昔は日銀からの借入が多く、そのため日銀の金利が影響力をもっていましたが、補完貸付制度(ロンバート型貸出制度) http://www.boj.or.jp/oshiete/seisaku/02101008.htm が2001年に導入され日銀からの直接借入は少なくなり、そこで、「公定歩合」から「政策金利」へと変わったのです。  では、系統機関、信託銀行、投資信託会社などが出し手になって、都市銀行などが借り手となる短期市場での取引額はどの程度なのでしょうか。東京短資株式会社のHP http://www.tokyotanshi.co.jp/market/daily1.shtml#daily_d によると、 2007年12月20日のコール市場の残高は、全国市場残高 258,466億円となっています。25.8兆円です。これなら、「風呂の中にコップ一杯のお湯を注ぐようなもので」でないことが分かるでしょう。  銀行は日銀からの借入よりもずっと多くの資金を債券市場で運用しています。タンス預金をしないためです。ただし、債券は即時現金にはできません。そこで、緊急時には債券を売るのではなく、短期市場で系統機関、信託銀行、投資信託会などから借りるのです。政策金利とはその場合の金利です。  金融市場は昔の、日銀が資金を直接銀行に貸し出す仕組みから、金融業界で貸し借りを行い、日銀は間接的にコントロールする仕組みに変わりました。社会主義のような当局が直接コントロールする仕組みから、市場重視の仕組みに変わっています。 最近では、新規口座を開いてもポケットティッシュ程度のノベルティーで、日曜相談会でローンの相談に行くともっとイッパイのプレゼントがもらえます。つまり銀行は預金不足ではなく、借入需要不足なのです。発展途上社会からゆたかな社会になった、と頭を切り換えなければなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>2007年12月20日のコール市場の残高は、全国市場残高 258,466億円となっています。  日銀から25.8兆円借りる、その利息を日銀が勝手に決めて取り立てる。だからと言って、市中銀行に537兆円預金している一般の人に、日銀が上げたので利息を多く上げます、なんて事は必要ないと思うのですが? 市中銀行の貸し出し利息ではないんですから。ここが分からない。  

関連するQ&A

  • 日銀の政策金利が上がると市中銀行の預金利息が上がるのは何故か?

    07/12/22 の質問の仕方があやふやだったので、改めて質問します。 日銀は、「政策金利と市中銀行の預金利息はリンクしていない」という趣旨の発言をしているようですが、現実には、日本もアメリカもEUもその他の国も、中央銀行の政策金利と市中銀行の預金利息はリンクしているように見えます。  そこで質問しますが各国の中央銀行は市中銀行に権力を行使しているのかどうか、又、していないとすれば、なぜ、市中銀行の預金利息が政策金利に連動するのかです。

  • 市中銀行の、日銀当座預金と、日銀からの借入は同じ?

    市中銀行の、日銀当座預金と、日銀からの借入金は、基本的に同じ額になりますか? もしそうでなければ、そうでなくなる要因を教えてください。 また、金融政策において、日銀当座預金残高の調整を市中銀行に指示することがあると思うのですが、単に借入金をふやしたり減らしたりするだけなのであれば、どういう意味があるのかな?と思います。 そもそもマネーサプライを調整して物価を上げたいと思っても、市中銀行は、金利がほぼ無しで、貸せるだけ貸しているわけだから、市中銀行にとって、日銀預金残高が増えて市場に対して貸せる分が増えても、市場にそれ以上お金は流れず、物価は調整できないと思うんですが。 (そういった問題ではなく、グローバルな問題なのかもしれませんが) 何か基本がよくわかっていないと思うのですが、よろしくお願い致します。

  • 日銀の政策金利について

    今朝の読売新聞11ページに、日銀が政策金利を0.0~0.7%程度にするとの記事がありました。 ここで言っている政策金利についての質問です。 1.これは、短期金利市場の「無担保コール翌日物」のことですか? 2.この政策金利を上下させると、銀行の預金や融資が上下する仕組みについて教えてください。 よろしくお願いします。

  • 回答No.3
  • hirosi3
  • ベストアンサー率50% (72/143)

 ●日銀は「公定歩合」に代わる「政策金利」により市場金利をコントロールしている●  以前「公定歩合」と呼ばれていたが、最近は「基準割引率および基準貸付利率」または簡単に「政策金利」という言葉を使う。この意味は次のとおり。  日本銀行は2006年8月11日に「公定歩合」に関する統計の名称変更を行い、今後は公定歩合という名称は使わず、「基準割引率および基準貸付利率」と呼ぶことを発表した。これは日銀の金融市場調節における操作目標が短期金融市場の金利(無担保コール翌日物の金利・コールレート)となり、それまで公定歩合と呼ばれてきた日本銀行が金融機関に直接資金を貸し出す際の基準金利(基準貸付利率)に、預貯金金利や銀行の貸出金利の目安となる政策金利としての意味合いが薄れたためである。公定歩合は2001年に導入された補完貸付制度(ロンバート型貸出制度)の適用金利となっているので、日銀がコールレートを誘導する際の上限金利となる。  銀行は預金者から預かった資金を基に、企業や住宅ローンなどに貸出し、利鞘を稼ぐ。銀行が資金を寝かせて、タンス預金をすれば(札束を銀行の金庫にしまっておいたら)利益は出せない。そこでなるべく手持ち資金を少なくし、貸出先がなければ国債や社債を買おうとする。けれども予測できない臨時出費もあり、その場合は銀行をはじめとする金融業界で組織される「短期市場」で借りることになる。この金利をTIBOR(タイボー:Tokyo Inter Bank Offered Rate)と言う。主に、地方銀行や生保などから都市銀行が借りることが多い。この金利は、出し手、取り手双方の条件に合致したものを突き合わせて出合を成立させる。  このように自由に金利が決められるのであるが、日銀が出し手として登場することによって金利は左右される。日銀が出し手として潤沢な資金を投入すれば金利は低くなる。逆に引き締めれば金利は高くなる。このようにして日銀はタイボーに影響を与えることができる。以前は日銀が直接の出し手であったため、日銀が貸し出す金利を「公定歩合」と呼んだが、現在では、出し手は、系統機関、信託銀行、投資信託会社が圧倒的なシェアを占め、つづいて地方銀行、第2地方銀行、保険会社等です。  2007年8月、国内銀行の貸出金は410,698億円。実質預金は537,367億円。日銀の貸出は1,202億円。このように銀行は資金の余裕があり、貸出総額=企業の借入総額は、銀行の資金量に左右されるのではなく、企業の借り入れ意欲に左右されます。従って、昭和20年代の、預金高よりも貸出額の方が多くなり、日銀からの借入に頼る、いわゆるオーバーローンは現在ではありません。  この数字から判断できるのは、銀行は日銀からの貸出に頼っているのではなく、短期的に短期金融市場から借りている、ということがわかる。  つまり、政策金利とは金融業界の貸出金利なのだが、実際は日銀がコントロールして、民間の短期貸出金利に強い影響を与えている、ということです。日銀はこのような手段で民間の貸出金利をコントロールしているのです。  これは東京の例ですが、イギリスのロンドンでの金利は世界の金利に大きな影響を与えています。「イレブンライボー」と呼ばれる、ロンドン市場11時の貸出金利を基に世界の金融業界は動いています。  なお、戦争直後は銀行も資金不足で日銀からの借入で企業への投資をしていたけれど、豊かな社会になって、資金が潤沢になり、日銀からの借入に頼らなくなり、そのため、ベースマネーの増減によりマネーサプライが増減する、ということがなくなった。このため、日銀が量的緩和政策をとって金融市場に買いオペを通じて潤沢な資金を導入し、ベースマネーを増やしたが、銀行貸出は増えず、マネーサプライは増えなかった。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>2007年8月、国内銀行の貸出金は410,698億円。実質預金は537,367億円。日銀の貸出は1,202億円。 つまり、実質預金は53.7兆円に対して、日銀の貸出は0.1兆円、とすると、桁が3桁違いです。例えると、風呂の中にコップ一杯のお湯を注ぐようなもので、風呂の温度はほとんど変わらないが、市中銀行の預金利息変わるというわけですね。有難うございました。

  • 回答No.2

わが国(そして大多数の先進国)では、市中銀行は預金利息を自由に決めることが出来ます。従って、「権力の行使」をすることが出来る訳ではありませんが、ご指摘のとおり、中央銀行は、市中の短期金利(おおざっぱにいって3か月物金利くらいまで)には、かなりの影響力を有しています。 これは、中央銀行は、国によって多少の仕組みの違いはあれ、銀行間市場での資金貸出を行うことを通じて、短期の金融市場における金利水準に影響を与えることが出来る仕組みになっているためです。銀行の預金利息は、銀行間市場における短期金利の状況を参考にして決められるため、結果的に中央銀行の行動の影響を受けやすくなる訳です。 では、なぜ銀行間市場で、中央銀行からお金を借りる銀行が出てくるのか、これはちょっと専門的な話になりますが、日本を含む多くの国(英国のような例外もあります)では、銀行が顧客から預金を預かる時に、一定の金額を中央銀行に再預金しないといけない決まりになっており(これを準備預金制度と呼びます)、こうした制度を通じて、一つの国の銀行界全体を通じてみると、必ずある程度の数の銀行が中央銀行からの借り入れに頼らなくてはいけないようになっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

昨年の7月ですか、日銀が久々に金利を上げて、結果的に、市中銀行の預金金利が上がってきました。ゼロ金利の頃は、預金金利が日銀の「政策金利に連動する」と言った人は少数のようでした。やはり,“かなり”影響を受けるということですね。有難うございました。

  • 回答No.1

少なくとも日本の銀行の中で、貸し出しよりも預金のほうが多いところは、ありません。 その差額を、日銀から借りることで埋めます。 日銀の貸し出しには2種類あって、1つは、銀行が持っている国債などの優良資産を担保にとって貸し出します。もう1つは、銀行が一般企業から割り引いて受け取った商業手形を、日銀で再割引して引き受けてもらいますが、その時の金利を公定歩合と言います。 だから、必ず日銀にたくさん借りなければやっていけない銀行なので、公定歩合の上げ下げが、どうしても銀行の預金金利にも影響を与えることになります。 日本でも、バブル期は銀行の預金が増えて、日銀への依存度が急激に低下したため、銀行の預金金利が公定歩合に強い影響を受けない時期もあったそうです。 ちなみに、アメリカの銀行は、預金よりも貸し出しのほうが少ないのが普通だそうです。そうすると、公定歩合は、市場の実勢の変化を通じて間接的に、銀行の預金金利に影響を与えるだけだそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

市中銀行の預金利息が「基本的にリンク状態になるのは、仕方のないこと」、との理解ですね。論理的には良く分かりませんが、参考になりました。有難うございました。  

関連するQ&A

  • 中央銀行の政策金利と民間銀行金利の関係

    経済について勉強しているものです。疑問があるのでお教えください。 日本では日銀が政策金利を決めますが、それが上がったり下がったりすると民間の銀行の金利(普通預金や定期預金の利息、あるいは貸し出し金利)が上がったり下がったりすると思うのですが、なぜ政策金利が変わると民間銀行の金利も変わるのか?その仕組みを知りたいのですが、自分で調べてもわからないのでご存知の方お教えください。

  • 政策金利 公定歩合 無担保コール翌日物 について

    政策金利 公定歩合 無担保コール翌日物の概念というか関係性がよくわかりません ウィキペディア調べですが 「政策金利」=中央銀行が一般の銀行に融資する際の金利 「公定歩合」=日銀が民間銀行へ貸し付ける基準金利 「無担保コール翌日物」=短期市場の金利 とありました。 しかし現在の政策金利は公定歩合ではなく、無担保コール翌日物だそうですが そうすると、上記の定義と矛盾するとおもうのですが。 あくまで政策金利は、日銀と一般銀行間の金利ではないのでしょか。 それとも政策金利の定義が変わったのでしょうか。

  • 日銀の政策金利とは

    日銀の政策金利とは何ですか

  • 政策金利とは

    銀行が日銀からお金を借りるときの金利が政策金利ですか?

  • 日銀からお金を借りる市中銀行のことで・・・

    Q1、公定歩合が上がった場合は貸出金利を上げる(連動)と聞いたのですが理由を教えてください。 Q2、公定歩合が上がった場合は借入金利を上げると聞いたのですが理由を教えてください。 Q3、企業は、市中銀行から借りたお金を例えば何に使うのでしょうか??

  • 政策金利と市中金利についての質問です。

    経済に関しては全くの素人です。経済記事を読んでいると、インフレ懸念から債権が暴落し、金利が暴騰する傾向にあるということですが、自分なりに色々な記事を読み合わせて以下のように理解していますが、間違っていたら指摘していただき、また、疑問点にお答えいただければ幸いです。 1.新発の10年国債が例えば予定金利2%で額面100円の場合、100円では買い手が付かず、99円とかそれ以下でしか売れないとしたら、金利は上がりますね。それに伴い長期プライムレートが上がり、住宅ローンや企業向け貸し出し金利も上がります。 2.日銀やアメリカの場合FRBが利下げをして、政策金利を低く設定した場合、最初に影響するのは無担保コール翌日物ということですね。(中央銀行はオペをして政策金利に誘導する) 政策金利は下がっても、長期金利が上がった場合、利下げの効果はなくなります?長短の金利の乖離が大きい場合、短期金利も段々と長期金利に鞘寄せされる形でジリジリ上がるのですか? また、個人向け国債の場合は金利というのは市場で決まるというわけではなく、売り出しの時の条件のままで、全部捌けなかったらそれまでということですか? 長期金利が上がると国民はローン金利が上がり、預金金利は低いまま、ローンを組んでいる人は大損というわけになりますね?銀行は儲かりますね、当面は。 アメリカは長期金利が上がり、FRBの利下げも効果がないみたいですが、益々ローン破綻が増え、企業はリセッションで減益になっても借金の金利は上がるでは倒産も増えるのでは?そうなれば、銀行は貸し倒れ がまた増えるという悪循環ではないでしょうか?

  • なぜ銀行の金利?が下がった?

    日銀が、金利??を引き下げたみたいですが、これって市中銀行が金を借りやすくなると思うんですが、間違っていますか? また、市中銀行は金を借りやすくなったのに、なぜ預金の金利が0.04パーセントにまで落ちてしまったんでしょうか?

  • 日銀の政策金利引き下げなどについて

    よろしくお願いします。 (1)日銀が無担保コール翌日物の金利を0.2%さげる (2)当座預金に0.1%の金利をつける という政策を発表しましたがいまいちよくわかりません。 無担保翌日金利を下げるのは 銀行が金を融通しあって市場にお金が流れるように、 だと思うのですが、無担保翌日物の市場に流れるお金が 大きくなる場合、そのお金はどこからでるのでしょうか? 税金とかからでしょうか(財政支出、とかいてあったので) 無担保翌日物の金利が下がったところで、どれだけのマネーが 使われるか、など計算できるのでしょうか (そもそも、どれくらいのしじょうなのでしょう・・・?) (2)銀行が日銀に預けた当座預金に金利につける のですが、これによって銀行はお金を日銀にたくさん預けるようになると思うのですが、これは何をいみするのでしょうか? 日銀がお金をたくさん持つことは、(1)の銀行から市場にお金が流れる政策と矛盾するような気がするのですが・・・。 以前も、日銀は当座預金を60兆超えるようにしよう、と政策を計っていた気がしますが、日銀の当座預金が増えるとどうなるのですか? 教えてください。よろしくお願いします。

  • 政策金利

    今日(平成20年12月19日)、政策金利が下げられましたが、マーケットは織り込み済みで、円高に歯止めはかからなかったみたいですね。めちゃくちゃ、愚かな質問かもしれませんが・・以下質問です。 政策金利は民間金融機関間の金利なのでマイナス金利というわけにはいかないと思うのですが、思い切って公定歩合をマイナス3%とかにするのは不可能なことなのでしょうか。日本銀行からお金を借りれば、利息をもらえると・・・こんなことは、マーケットは織り込んでないので円安にふれ、日本の経済はよくなると思うのですが、どうでしょう?

  • アベノミクスとは?

    アベノミクスの内容について質問です。 アベノミクスと言うものの内容にて、 ・政策金利のマイナス化 ・無制限の量的緩和 とありますよね? この内容についてなのですが、 まず政策金利のマイナスということは中央銀行が市中銀行に対してお金を貸したとしても、それを利子をつけて返さなくてはいけないのではなく、むしろ利子をつけてもらえるということでいいのでしょうか? 例えば(ありえないですが)、 ・100円借りた場合、利子が1割なら借りた方は110円で返さなくてはいけませんが、利子がマイナス なら90円返せばいい こんな感じでしょうか? しかしこの場合貸し側(今回なら中央銀行)にとって儲けどころか損ですよね? なぜこのようなことができるのでしょうか? 次に無制限の量的緩和というのは市中銀行の中央銀行においての預金残高が増やすものですよね? ・例えば100万の預金残高があった場合、量的緩和によって200万に増えました! というような感じなのでしょうか? しかしこの場合も同様に100万は一体どこから発生したのでしょうか? アベノミクスというもの自体大雑把に言うとお金をたくさん刷る政策みたいなことを以前新聞で見たのですが、確かにそれだと上の二つの疑問も解決しますよね? どちらも結果的には中央銀行から市中銀行へ、やがて人の元へと回るでしょう。 そうしてインフレを起こすということが目的、そういう認識でよろしいのでしょうか?