• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

民事訴訟の訴えの変更について

現在、不当利得返還請求の原告です。 口頭弁論も4回目となり、最終口頭弁論(次回は違います)が、近づいています。 次回期日までに、不法行為に対する損害賠償と慰謝料を被告に請求しようと思っていますが、この際に、訴えの変更(拡張)をすることになると思うのですが、 1、追加的変更になるのでしょうか? 2、次回は最終口頭弁論ではありませんが、変更の申し立てをしても、時期に遅れたとして却下されるのでしょうか? 3、一審で主張が認められそうもないので、控訴しようと思っているのですが、今、請求の拡張をするのではなく判決後の控訴審で拡張した方がベターなのでしょうか? 拡張するタイミングがよくわかりません。拡張することによって、相手にダメージが大きい方を選択したいのですが、どのタイミングで出した方がいいか教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1259
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

訴えの変更は、請求の基礎となる事実関係が共通であれば認められます。不当利得を不法行為に変更するというのは、かなり事実関係が異なるのではないかという気がします。 どうして変更を思いたったのか、やや疑問ですが、追加的変更か交換的変更かは、原告自身が決定すべきことで、追加したければ追加すればよいのです。追加的変更は、新たな訴えの提起と同視されますので、改めて印紙を貼らねばなりません。 変更のタイミングについては、被告にとって不意打ちになるようなタイミングでは許されません。時期に送れたものとして却下される可能性は低いと思いますが、終結間際だと、印象はよくないかもしれませんね。可能は可能だと思いますが。 控訴審は余計な事実調査はしませんから、変更するのであれば、一審でしておく方が賢明でしょう。 訴えの変更そのものが相手にダメージを与えるかどうかは、変更後の訴えそのものが、いかに説得的であるかにかかります。要するに内容です。出す訴えの内容自体にインパクトがないのであれば、いつ出したってインパクトが強くなる道理はありません。 終結間際であれば、一日も早く出すことです。変更後の訴えが被告にとって困るような内容であることを条件として。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございました。 過払金返還訴訟で一連計算をを認めてくれなさそうなので、43条を満たさないので架空請求→不法行為→損害賠償→慰謝料と請求の拡張をしようか、と思っていたのですが、 >終結間際だと、印象はよくないかもしれませんね そうですよね…やぱっり… でもどう書いても認めてくれない印象なので、高裁で争うつもりで、請求を拡張しようかと思いました。 何かいい方法があれば良いのですが、初めてなもので思いつきません。 なにか良いアドバイスでもあればお教え下さい。お願い致します。

関連するQ&A

  • 民事訴訟の再審について

    お世話になります。 損害賠償請求の民事訴訟を提起し、1年前に一審で敗訴し、控訴しませんでした。 再審の理由がみつかった場合、 1.再審は、一審や控訴審に関係なくできるのでしょうか? 2.また、再審できる場合は、一審からやり直すのでしょうか? 3.費用はどのようになっているのでしょうか? 以上、よろしくお願い致します。

  • 民事訴訟中ですが不安です

    損害賠償請求の訴訟中で、来週第2回口頭弁論を控えています。 昨年秋に初めて依頼し、今年6月にようやく提訴、7月に第1回口頭弁論がありました。 弁護士についての相談ですが、こちらから電話をしないかぎり、一切連絡をしてきません。 第1回口頭弁論から2カ月間で、こちらから2度ほど、経過と今後について尋ねた他は何も連絡が来ません。 被告の答弁書に対しての反論を、来週の第2回口頭弁論でしていくと思うのですが、その準備書面は弁論期日の1週間くらい前には裁判所や被告側に提出するのではないでしょうか? もしそうだとすると、今日明日中には提出しなければなりませんが、相変わらず何も連絡がなく非常に不安です。それとも弁論日当日に提出するのでしょうか? 以前から何度か、弁護士に直接、定期的に(決してしょっちゅうではなく1カ月1回程度)連絡してほしい旨を伝えてきました。その都度「すみません。わかりました。」と言うのですが、まるで改善されません。 こちらから何も連絡しないと1~2カ月音沙汰ないという状況でした。 弁護士が多忙であるのは想像できますが、このような状態は普通なのでしょうか? これまで弁護士と関わった経験もないので、こちらは何も分からないのですが本当に不安です。 この弁護士は私の依頼をやる気がないと受け取ってよいですか? 訴訟途中で弁護士を変えるのは不本意ですし、こちらが解約する場合、支払ったお金は戻らないわけで…。新たにお金を支払って、果たして良い弁護士につけるかどうかを考えるとどうしていいかわかりません。 (ちなみに訴訟内容は親族間の横領での損害賠償請求で、きちんと証拠もあり、こちらは堂々と主張できます。) 弁護士会の相談窓口にも相談し、そこからも伝えていただいたのですが変わりません。 こういう場合、どうしたら良いでしょうか。

  • 控訴審の陳述擬制について

     一審の口頭弁論の第1回期日においては、陳述擬制が認められるため、たいてい被告の代理人は欠席していることが多いと思います。一審で原告が敗訴した控訴審の場合も、同様に第1回の弁論期日での陳述擬制が認められ、被告代理人が欠席することが可能でしょうか。それとも控訴審の場合は、一審の場合と異なるのでしょうか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

補足だけでは、事実関係がはっきりわかりませんが、 過払金返還請求では、充当計算は裁判所が行います。被告が、過去の判例等に反する計算方法を主張してきたとしても、事実関係に基いて、裁判所が行うわけです。 したがって、原告としては、裁判所が原告主張の計算方法を取らない場合、裁判所に対し、「その計算方法は違う。」と主張して、注意を喚起すべきです。 被告に対し、訴えの変更を求める場面とは違うように思います。 訴えが変更されたからといって、裁判所が計算方法を変えるわけではないでしょう。 主張内容もよくわかりませんが、一連の事態として計算すべきであるとする根拠を、説得的に展開すべきだろうと考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答ありがとうございました。 >一連の事態として計算すべきであるとする根拠を、説得的に展開すべきだろうと考えます 一連一体として説得的にいきたいと思います。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 民事訴訟上の相殺の抗弁

    不当利得及び不法行為を請求原因として本人訴訟を検討していますが,相手方が,相殺の抗弁を主張する可能性があります。 主意的請求を不当利得,予備的請求を不法行為とした場合とその逆では,相手方の相殺の抗弁の扱いはどのような判断になるのでしょうか?

  • 民事訴訟で被告が欠席した場合?

    民事の損害賠償請求事件で 被告が答弁書も出さない、 第1回口頭弁論にも欠席した場合、 裁判長によっては欠席裁判で第1回目の口頭弁論であっても欠席裁判で原告の全面勝訴の判決を言い渡すことはありますか?

  • 適用する法令を変更することを何というのでしょうか?

    例えば、他人の事務をしたのに、その費用を払ってくれないと訴訟を起こしたとして、最初は、民法第703条の不当利得返還請求権に基づき請求していたのを、途中から(訴訟の途中や控訴審で)民法第702条の管理者の費用償還請求権に基づく請求に変更するような場合、訴えの変更(請求原因の変更)とは、違うような気がするのですが、このことを何というのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 訴えの変更

    賃金請求事件としてただいま裁判中なのですが、先週第一回の口頭弁論が終わり被告代理人から答弁書をもらいました。法定休日に働いた賃金の請求は原告本人が業務に必要なく行われたという内容でしたので、頭にきたので計算に入れていなかった法定外休日についても割増賃金の請求をしようと思うのですが、この場合は原告が訴えの変更(請求の趣旨と請求の原因が変わるので)を裁判所にすると訴えの変更に対して被告側が新たに答弁書を作成するものなのでしょうか。それとも先に前回被告から提出された答弁書に関する原告からの答弁が優先されるのでしょうか。どなたか詳しい方教えてください。

  • 訴えの変更は控訴審でも出来るとなっておりますが、

    訴えの変更は控訴審でも出来るとなっておりますが、 追加的変更の場合は、被告の審級の利益を害するとおもうのですが、 どうなんでしょうか? 例えば 売り掛け代金30万と70万あったが、 当初、30万だけ履行遅滞で70万は未到来なので 30万の訴えを提起、 控訴審で70万も遅滞。 同じ商品の同じ継続取引なので請求の基礎の同一性は認められると思うのですが 被告は70万について、1審では審議されていないので可愛そうだと思うのですが?

  • 民事訴訟法がさっぱりです。

    レポート提出があるのですが民事訴訟法がさっぱりわかりません。 たくさんわからないのですが、特にこの2問がさっぱりです。 わかる方がいらっしゃいましたら教えてください。 ここのURLを調べたらいいよとか、この判例を見てとかでもかまいません。 (A)XのYに対する所有権に基づく動産引渡請求訴訟において請求容認の確定判決の既判力が及ばないと考えられる者はだれか (1)訴えていき舞えから当該動産をYから寄託されているA (2)訴えていき舞えから当該動産をYから賃借しているB (3)口頭弁論終結後に当該動産をYから購入し、かつ、即時取得等の固有の防御方法を有しないC (4)口頭弁論終結後にYを相続したD (B)確定判決の既判力が及ぶ「口頭弁論終結後の承継人」の例として、以下のうちで誤っているものをひとつ選びなさい。 (1)賃貸借終了に基づく土地引渡請求訴訟の被告であった会社を吸収合した存続会社 (2)所有権確認請求訴訟の原告であった者から目的物を譲り受けた者 (3)不法行為に基づく損害賠償請求訴訟の親を相続した子 (4)判決会議取り消し請求訴訟の被告であった株式会社の株主 よろしくおねがいします。

  • 民事訴訟法の問題を教えていただきたいです。

    民事訴訟法の問題を教えていただきたいです。  Xらを原告、YとZを被告とする遺産確認の訴えをした場合で、  この訴訟は固有必要的共同訴訟であるにもかかわらず、裁判所は弁論を分離して、 XらのYに対する請求を認容し、XのZに対する請求を棄却する判決をしました。  これに対し、XはZに対する請求を棄却する判決について控訴を提起したが、Yは控訴も附帯控訴もしなかったとします。  控訴審は、原審被告であるYおよびZの主張に理由があると判断した場合どのような判決をすべきなのでしょうか。  控訴の問題が絡んでいて難しくて分からないです。どなたかご教授いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 離婚裁判について

    離婚裁判をしています。私は被告です。本人訴訟です。一審は敗訴しました。 控訴審が7月にあります。口頭弁論で私が離婚を認めたとすると、 (1)和解離婚になるのでしょうか?それとも一審確定ということで判決離婚になるのでしょうか? (2)判事の気分次第では和解は認めず、あくまでも判決を出すということもありえるのでしょうか? (3)判事の指示で「協議離婚せよ」ということもありうるのでしょうか?

  • 民事訴訟、第1回口頭弁論後

    はじめて質問させて頂きます。 現在、民事訴訟にて慰謝料を請求されています。 私の立場は、被告です。 原告側には弁護士が代理人としてついていますが、私は経済的に 弁護士を立てるのは無理があるので立てていません。 第1回口頭弁論が、今月下旬にあります。 ネットや、弁護士会の相談所にて答弁書の書き方を教わり提出しました。 第1回口頭弁論は、次期的にも出頭できないので答弁書のみで擬制陳述として扱ってもらいます。 そこで、第2回、第3回とこれから進んで行くと思うのですが、 具体的にこれからどのような形で裁判は進んで行くのでしょうか? 第2回、第3回の出頭の際、私自身はどのような準備をすれば良いのでしょうか? どうぞ宜しくお願い致します。

  • 裁判で控訴するときに請求の趣旨変更を行うやり方は?

    現在、本人訴訟の原告として裁判を行っています。 被告との間の売買契約にもとづき、対象物を被告に引き渡しましたが、契約に不備があり、代金が不明確になっていたため、被告から適切な代金の支払を受けられませんでした。 そのため、一審では、「売買代金請求訴訟」として争いましたが、契約無効と判断され請求が棄却されました。そこで、控訴審では、請求の趣旨を変更し、「不当利得の返還請求」として、既に引き渡している対象物の返還を求めていきたいと考えています。 そこで、控訴審では、請求の趣旨の変更の申立てをどのタイミングで行えばいいのかわからないため教えてください。 具体的には、控訴状を出したあと、 (1)控訴理由書の中で請求の趣旨の変更を行えばいいのか(この場合の理由書の書き方は?) それとも、 (2)一旦、一審の訴えのまま控訴理由書を書き、その後、請求の趣旨の変更申立書を出して変更すればいいのか(この場合、控訴理由書の内容が無駄になると思われます。) それとも、 (3)まず、請求の趣旨の変更申立書を出し、その後、変更に基づいて控訴理由書を出せばいいのか 上記(1)~(3)のどのやり方が正しいのか、おわかりになる方がいらっしゃいましたら、是非、ご教授ください。 なお、請求の趣旨変更が認められるには、請求の基礎が同一である等の条件が必要なことは理解しています。 以上、よろしくお願いします。