-PR-
締切済み

レースは危険?

  • 困ってます
  • 質問No.36032
  • 閲覧数352
  • ありがとう数35
  • 気になる数0
  • 回答数14
  • コメント数0

お礼率 33% (9/27)

先日、両親に車のレーサーになりたいと申し出たところ、猛反対されてしまいました。事故が怖いらしいのです。私としてはどうしてもレーサーになりたいのですが、両親の協力が無くては経済的にも無理です。何とか説得する方法は無いでしょうか?また実際、事故などで怪我をする危険性はどのくらいなのでしょうか?
通報する
  • 回答数14
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全14件)

  • 回答No.7
レベル8

ベストアンサー率 27% (8/29)

私も高校生の時に、レーサーに憧れていました。私は両親をなんとか説得し、自分なりにいろいろ調べてその方向の専門学校に進学しました。学校では、フォーミュラトヨタというレースにスポット参戦しており、学生はメカニックとして参戦していました。レーサーはOBがやってました。希望すれば、学生でもレーサーとして出場する事が出来る環境でした。
入学当初はもちろん、フォーミュラーレーサー希望でしたが、やはり金銭的な面もありランクを落として省エネルギーカーのドライバーになりました。
私の旦那は、当時それに参加しており学校のバックアップで在学中からフォーミュラニッポンなどのメカニックもしていました。もちろん、希望ならばレーサーへの道を手助けしてくれるような学校でした。
高校生なら、そんな専門学校に進学するのも一つの道です。
ただ、莫大な金額と精神力は不可欠ですが。
2年制の専門学校で、200万円以上は余裕で越えますし、(もちろん、レース参加は別料金です)勉強と両立するのは至難の技です。それに加えて、遠征費用などをバイトで稼ぐとなると。。。
私の言ってた学校は、整備士の取得率もかなり高いので、損をしたとは思ってません。
それどころか、年に何回かは臨時のレースメカニックとして、声をかけられる事もあります。
そのほかに、趣味でアマチュアのレースに参戦もしています。(たまに)
こんなレースへの入り口もあります。
ただ、最近パンフレットだけの学校などもかなり多いので、注意です。入学してみたら「そんなものなかった」という所は本当に多いんです。
  • 回答No.6
レベル9

ベストアンサー率 26% (31/116)

私も昔はレーサーになりたいと思い、
その道を目指しましたが、この位のレーサーは
世の中いくらでも居ると着付き諦めました(_ _)
今、人の親となって思うことは、やっぱり自分の子供には
レースの世界には入って欲しくないと言うことです!
実際年に何人かは無くなっておられるみたいですから!!
そして、きついことを言うようですが、
親の金を当てにしているようでは、
まずなれないでしょうね(レーサー)
レーサーになる方法は幾つもあります。(難しいですが)
あの元F1レーサーの片山右京さんも
最初は住み込みのメカニックとしてレースの世界に
入っていったのですからね~
他にも、レース活動しているカーショップなどから
レーサーになる為にはみたいな話を聞くとか・・・
小さなレースからまずは行くとか・・・
そして、元F1レーサーの中嶋悟や鈴木アグリ?
なんかも、レーサー養成の学校みたいなものを
確かやってたと思いますよ!!!
やる気になれば幾らでも・・・
そこで物に成りそうならば、それからでも
親の説得は遅くないのでは???
才能があれば、スポンサーが付くかも!?
いろいろきついことを言って申し訳ありませんが
きつい世界だとは思うので・・・
ここで一つ、レーシングスクールの紹介を
みれば分かります。
経済的にもって方にお勧めかな?下記URLから
上段左から3番目のSCHOOLをクリック!!!
では、がんばってください!!!
お礼コメント
quatro

お礼率 33% (9/27)

両親の心配する気持ち、良く分かります。自分の力でやれるところまでやってみて、それから説得しても遅くはないのかもしれませんね。レーサーになるのって大変なんですね。もっと良く考えてみます。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-04 13:53:54
  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 29% (37/125)

確かにご両親のお気持ちはもっともだと思います。レースが常に死と隣り合わせである事は事実でしょう。
少し前の話になりますが、あのA.セナでさえ亡くなってしまったのですから.....

しかし公道でも、道交法やルール・マナーを無視した車は同じように危険だと思います。

前に知人の助手席に乗った時に冗談のように「どんなジェットコースターに乗るよりお前の横に乗るほうが、よっぽどスリルがある」と言いました。
ジェットコースターは遊園地側のミスでもない限り事故を起こす事はないでしょう?
友人が無謀な運転で事故を起こす確率はそれよりずっと高いはずです。

レースの世界では、一般の自動車の世界より数倍安全性にはシビアですし、お金も手間もかけます。それに一緒に走る人もレーサーであり、動体視力やテクニックや運転に対する責任感も一般の人より優れています。

どうしてもレーサーになりたいのでしたら、以上のような事をご両親と話し合ってはいかがでしょう?

そして、あなた自身もレーサーになりたいのでしたら、日頃から体を鍛え、技術を磨き、心構えをしっかりしなければならないと思います。レーサーというのは生半可な体力・精神力ではつとまらないと思います。

最後に、ご両親の許可は必要です。もし、万が一あなたに事故が起きてしまった場合、「ご両親の止めるのも聞かず.....」だったのでは、悔やんでも悔やみきれません。
縁起でもない事を言ってしまって申し訳ありません。

長文を読んで頂いてありがとうございました。がんばってください。
お礼コメント
quatro

お礼率 33% (9/27)

そうですね。やっぱり両親には許可してもらいたいですね。がんばります。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-04 13:39:15
  • 回答No.9
レベル2

ベストアンサー率 0% (0/2)

スポーツとしてモータースポーツの世界に関わられるのであれば社会人になって自分の収入でやれるようになってからでも遅くはないと思います。それまでの間は体力面などを充実させる期間と考えてはいかがでしょうか?
一生の職業としてなら体力に加えて語学、特に英語は必修かと思います。学校の授業と思わずに将来へのステップとして取り組んでいくべきでしょう。車の動きを理論的につかむには物理などの知識も必要になってくるでしょう。自分を売り込む企画書を書くためにはある程度の国語力が要求されます。学校の授業を無駄なものとしてとらえず学んでいくべきでしょう。その集中力はレーサー活動をする祭の糧になると思います。
安全性に関しては、一般公道で年間1万人前後がお亡くなりになっていることと比較してレースで1年間に亡くなる人の数を考えると比較にならないほど安全性は高いといえるでしょう。
夢の実現は大変かと思いますががんばってください。
  • 回答No.8
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/4)

はじめまして、今高校生と言う事ですがはっきり言って今のレース業界は親が金を持っているかよほどのコネが無い限りトップカテゴリーまでは行けませんよ、現にレースだけだ食べている人は一握りで他はすべて持ち込み(スポンサーをチームに持ってきて乗せてもらう事)の人が大半です。みんな副業を持っていますよ。それに事故ですが危険性は高いと思います、知り合いに去年160Gで壁に激突したけど奇跡的に何とか助かった人もいますし富士で全身大ヤケドして一生懸命リハビリしている人もいます。はっきり言って事故は避けられ無いと思います。でもだからといってモータースポーツは楽しいですからまず始めにカートから始めたらどうですか、それから先の事を考えても言いとおもいますよ
  • 回答No.12
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/1)

まずは、カートを初めてみてはいかがでしょうか?
レースにかかる費用も2万くらい(1レース)ですし、カートを買うにしても自分でアルバイトをすれば1年ぐらいで50万くらいは貯まると思います、実施に私は、
カートにかかる費用全て自分で払いました。(高校生の時です)

親を説得させるには実際にカート場に連れて行くか、一緒にカートショップに行く事をお勧めします。

ショップなどで、色々と話を聞いて、試乗会などがあれば一緒に行って親も乗せてしまえば良いかも・・・。

どうしても、フォーミュラーに乗りたいなら、JAFが最近16歳でも特定の条件を付けてライセンスを発行するそうです、ただ、レース経験者でないといけません。確か、FJ1600やFトヨタに乗れるとか?

どちらにしても、車の免許が無い場合は、カートが1番だと思います。

近くのカートショップを調べて、行って見てはいかがでしょうか?
レーシングONや、オートスポーツなどに紹介されていますよ。
  • 回答No.10
レベル13

ベストアンサー率 30% (565/1854)

自動車ではありませんが、自転車のレースをしていました。
私の経験と、私の後輩を例に説明します。

まず、レースの安全性・危険性についてですが、
これは、ある意味危険とも安全とも言えます。
他の方もおっしゃっているかと思いますが、
レースコースには交差点や側道、対向車も飛び出す歩行者もほとんどありませんから、
そう言った意味では、一般道より安全性が高いとも言えます。
また、ある程度のレベルのレースになると、使用車両も、
規則で定められた安全基準を満たす様に作ってありますので、
一般車よりも丈夫にできています。
ただ、衝突時の衝撃は、速度の2乗に比例して大きくなって行きますので、
仮に一般車の3倍のスピードで衝突したとして、その衝撃を
全てカバーしきれるかと言うと、かなり疑問です。
逆に、シーズン前に、マシン1台潰してのクラッシュテストが
義務付けられているF1などでは、滅多にドライバーの死亡者は出ませんが、
それ以下のカテゴリーになると、結構死者が出ていたりします。
特に、アメリカのCARTなんかは、毎年1人くらいは、
死者か重傷者が出ているんじゃないかと言う気がします。

逆に不思議なのは、バイクのレーサーですね。
あんなに高速であれだけ転んでいるのに、
なんで死ななかったりケガもしなかったりするんだろう?って感じです
(まぁ、実際には死者も出ていますけどね)。

自転車のレースだと、車やバイクと違って、
時には100~200人と言う大集団の中で、他の選手と密集して走りますから、
集団の中に1人ヘタクソが混じると、それが原因で大クラッシュが起きる事もあります。
もちろん、たまには死者も出ている様です。

まぁ、事故の多さや死者・重傷者の多さと言うのは、
ドライバーの質(レベル)の高さにも因るところが大きいと思います。

さて、次にお金の問題ですね。
単に『レーサーになる』と言うだけであれば、レースをしていれば
レーサーなのですから、割と簡単です。
例えば、首都高をグルグル回っている連中や走り屋のアンチャン達なんかも、
『オレ達はストリートレースやってんだ!』なんて言えば、
それはそれで、レーサーなのかも知れません(私は認めませんが)。
まぁ、これは極端な話だとしても、ノーマル市販車無改造で走れる
レースやジムカーナなんかに出ていれば、立派にレーサーだと思います。
私の高校時代からの知り合いの女の子も、市販車でジムカーナに
年間何回も出ているみたいですよ。
ただし、これはあくまでも、アマチュアとして、趣味の領域であって、
職業として、プロのレーサーになろうとすると、簡単な事ではありません。
まぁ、『プロ』の定義をどこにするかでも、考え方は変わって来ますが。
例えば『お金を貰って走る=プロ』とするか、
『上のカテゴリーで走る事=プロ』と考えるか、です。
簡単に言うと、スポンサーを持ち込んで、シート料を払って走っているF1レーサーと、
チームから契約料をもらって走っているシビックカップや
カートのレーサーなどで、どちらがプロと思うか、と言う事なんですが。
プロになるには、とてつもない才能を持っているか、
とてつもないお金やコネを持っている事が重要になります。
私の大学の自転車部の後輩で、今年F1のテストドライバーになった人間がいますが、
彼の場合は、自転車から車に転向しようと思い、まずカートを始め、
それで好成績をおさめたあと、鈴鹿レーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)
に入学しました。これは、年間受講料が850万円もするのですが、
彼の両親には、それを払うだけの財力がありました。
さらに、彼自身もそのお金を無駄にしないだけの才能があり、
SRS-Fを主席で卒業し、全日本F3のスカラシップを得て参戦、
その後、イギリスに渡り、フォーミュラボクゾールなどで好成績をおさめ、
その後参戦した英国F3選手権で昨年はランキング3位となり、
今年は英国F3でチャンピオンを狙う一方でF1のBARホンダチームの
テストドライバー(正確にはドライバー育成プログラムらしい)になりました。

現役のF1ドライバーなどでも、何もしなくても乗れるのは、
ホンの一握りのドライバーだけです。ほとんどのドライバーは、
チームにスポンサーを持ち込む事でシートを得ています。
お金の無い、弱小チーム程シート料を払って乗らなければならず、
トップチームは、ドライバーからの持ち込みなど無くても裕福なので、
お金を払って優秀なドライバーを雇う事ができると言うのが悲しいところです。
今までの日本人F1ドライバーでも、タダで乗せてもらった人はいません。
中嶋悟はホンダ・EPSON・PIAAなどのスポンサーがありましたし、
鈴木亜久里はGEOやフットワークなどが、チーム丸ごと買い取って
走らせると言う事もやっていました。
片山右京は日本タバコがCABINやMILDSEVENブランドで、
また、途中からはヤマハの支援もありました。
中野信治は無限ホンダやエイベックス、高木虎之介は中嶋悟の関係で
PIAAが付いていました。
反対に運が無かったのは、阪神大震災の影響でスポンサーが
ダメージを受けてしまい、スポンサー料が支払えなかった為、
シムテックチームからの参戦が流れてしまった野田英樹や、
予定していたスポンサー料が得られなかった為、ミナルディへの
移籍が流れてしまった井上隆千穂などでしょうか。

まぁ、スポンサーなんて言うのは、何もしなくても付いてくれるものではありません。
まずは実際にレースで自分の能力をアピールしなくてはなりません。
レースに参戦する費用として、カートで50~100万円、
FJ-1600で500~1000万円、F3だと1000~2000万円と聞いた事があります。
また、純粋にレースにかかる費用だけを考えてはいけません。
quatroさんの場合、高校1年生との事で、そうなると、
運転免許も取れませんから、車両を運ぶトランスポーターも運転できませんよね。
そう言った面で、手伝ってくれる人も不可欠になります。
あ、その前に、JAF公認のレースって、免許無くても大丈夫だったっけか?
アルバイトして自費でレースに参戦するか、御両親を説得するかして
レースに参戦できれば良いのですが、それができない場合、
ドライバーオーディションなどを受けてみてはいかがでしょうか?
うまくすれば、スクールの受講料免除などの特典があるかも知れません。
オーディションの情報は、AUTO SPORTSなどのモータースポーツ雑誌に
ウィンズレーシングスクールのオーディションの広告なんかが出てたりします。
鈴木亜久里のARTAレーシングチームは、今年からオーディションを
行なわない事にしたそうです。

まとまりのない文章になってしまいましたが、参考になりますかどうか・・・
  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 38% (72/189)

カテゴリにもよるでしょうが、最近のモータースポーツは安全基準が厳しくなってますから、事故の際の怪我も普通の車より遥かに少ない怪我で済みます。
また、サーキットは公道と違って一方通行ですから、正面衝突はまずありえません。
あと、フォーミュラカーなどのオープンボディはともかく、クローズドのものだと横転したりしても、ロールケージが張ってありますから大丈夫です。
こういったことから、少々の事故で大きな怪我をすることはまずないでしょう。ただ、本当に大きい事故というのはありえますし、命を落とすこともあるでしょう。
やはり年に数人はレーサーで亡くなってる方もおられますし、ご両親が心配されるのもわかりますが、自分がどれだけレーサーになりたいか、その熱意を見せてあげるといいと思います。
お礼コメント
quatro

お礼率 33% (9/27)

ご回答ありがとうございます。安全性や熱意を伝えてみます。
投稿日時 - 2001-02-04 13:37:21
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 11% (20/178)

親を説得する以前にレーサーにはなれないと思います。
レーサーとして飯をくってる人は日本中でもほんの一握りです、まぁ趣味でレースを楽しむならいいですが、
それから私の経験から言うと職業でレースをやるとなれば
莫大な費用がかかります、借金地獄もありえます、良く考えてください。
お礼コメント
quatro

お礼率 33% (9/27)

私の両親も事故のことだけではなく経済面の問題も言っていました。レーサーを将来の職業に、とまでは考えていないのですがやっぱりそれでもお金かかりますよね。もう少しよく考えてみます。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-04 13:42:20
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 40% (71/176)

まずは、コストも安く抑えられるカートレースから始められてはいかがでしょうか?

カートなら、親から見ればゴーカートでしょうし、死亡事故に繋がる可能性は通常の4輪レースよりも低いので親も認めてくれるでしょう。

カートレースで勝とうと思えば、少なくとも毎年100万円以上の費用は必要です。ましてや通常の車を使ったレースはもっとかかります。

まずはカートレースで優勝し、チャンピオンを取るぐらいのドライビング・テクニックを持っていることを証明できなければ、レース業界で飯を食っていくことは難しいですし、親も納得しないでしょう。

実力の世界です。飛び抜けた実力があれば資金援助してくれる人は自ずと現れます。今まで、車のレースを全くやったことのない人に協力しようと思う人はほとんどいないと思います。まずはカートやジムカーナで腕を磨き、実力と実績を示すべきだと思います。

ちなみに保険に加入する際、カーレーサーを職業としている人は最も高い保険料を支払わねばなりません。保険会社も現存する職業の中で最も死傷率が高いと判断しているからでしょう。
お礼コメント
quatro

お礼率 33% (9/27)

カートですか、それはなかなか良い案ですね。それなら両親も認めてくれるかも知れません。年間100万円ほどかかるのですね。具体的な金額が分かりました。ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-02-04 13:45:08
14件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ