• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ギアチェンジで『カックン、カックン』なる

MTです。特に低速ギアっで起こるのですが、1速→2速に変える時『カックン、カックン』とかなり息つきします。 2速→3速でも若干息つきします。3速→4速はほとんどしません。 正直、乗ってて不愉快ですし、息つきするせいで、加速が鈍り、走りだしが遅くなります。 車はアルトワークス 平成10年式 走行7万5千キロ ツインカム ターボです。 運転が悪いと言うわけではないと思います。購入した車屋も運転して驚いていた感じなので… 回転数上げたりしてもなります。 ※もちろんかなりゆっくりクラッチ繋げば息つきは起こりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 国産車
  • 回答数5
  • 閲覧数2230
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • uzurara
  • ベストアンサー率35% (260/737)

スロットルセンサーやバキュームセンサーやターボまで色々考えてましたが、カックンカックンとなる症状って、クラッチを繋いだ瞬間の事ですね? スロットルバルブ付近に付着したカーボンの影響が、少なからず影響しているとは思いますが クラッチ板に備わっている ダンパースプリング(モノによっては ダンパーゴム)の劣化による症状ですね。 クラッチのOHをすれば完治しますよ。 シャクる と表現して頂ければ、絞込みが楽になったでしょう^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

具体的にお答えしてもらいありがとうございます。スロットルバルブのカーボンですか 加速にも不満がある為、考えられるとおもいます。 クラッチも若干ですが、滑り気味なので、一層のこと交換が必要かもしれませんね。OHがかなりの安上がりならそれに越したことはないですが。 シャクるという表現は分からなかったですね…。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • puyosen
  • ベストアンサー率47% (37/78)

こんにちは お返事を伺い、思考の取っ掛かりになってくださったようで、嬉しい限りです。 >オイル交換と一緒に行うエンジンフラッシングでいいんですか? 私の時はそれを行いました。古いエンジンにそれは良くないとか言われていますけど、カックンカックンの困りものには、かえられなかったので・・・ NO3さんのように、専門家のかたがおっしゃるっていることが、やっぱり一番正しく、最善策でしょうね。  あと、自分を振り返って・・・  燃料代高騰の折り何年もの間、私の車は超エコ運転に徹し、遠乗りもかけず、高速道路も走らず・・・どうやらこれが、エンジンに良く無かったらしいですね。ときどき、低回転で少しふかし気味に走ってやらないとエンジンはなまくらになり「病気」にかかるらしい・・・。機械なのにまるで人間と同じですね。  愛車が健康になってもどってこられること、願っています!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

エンジンフラッシングはお手ごろ価格でできるみたいなので、行ってまたいと思います。 エコ運転ですが、私の車の前のオーナーは落ち着いた年齢の女性だったみたいなので、同じようなことが考えれますね。 他の箇所で修理予定もある為、色々見てもらいたいと思います。

  • 回答No.3

ども。 2級ガソリン自動車整備士です。 カックン、カックンというだけの情報では判断しかねます。 このような症状は現物を確認しないと判断が難しいですね。 1-2速での症状がきついとのことから、回転数に差があるときに起こる症状みたいなので、クラッチのすべりとも考えられます。 回転数は上がらないのですか?下がるのですか? エアフロ、ACCバルブ辺りの不良かも考えられますし。なんともいえません。 一度整備工場に持ち込まれることを推奨します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに回転数の差から考えられますが、色々回転数変えても解消されませんね…。自分もエンジン周りが怪しいとは見てます。今度整備工場に見てもらいたいと思います。

  • 回答No.2
noname#160785
noname#160785

単純に、オイルが効くのでは?? そちらの車屋さん、信用できる所ですか? しかしまぁそもそもターボとかって、メンテに手間かかりそうですよね…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

オイル交換は結構まめにしています。車屋は確かに信用に欠けますね…。そこが一番の痛手ですね。

  • 回答No.1
  • puyosen
  • ベストアンサー率47% (37/78)

こんにちは  わたしの車も最近同じ様な現象だったので、ご参考にお話します。 わたしの場合は、スタート時が最もひどく、高速になるほどその症状が少なくなっていました。エンジン内部のメンテは10万キロ以上した事もなかったので、ディーラーに持って行って、エンジン内部の清掃をしてもらったら、それからその症状がぴたっと治まりました。  原因は、カーボンやスラッジがパイプやエンジン内部にかなり付着しており、スロットにきちんと反応して燃料が充分供給されていなかった事が原因だったようです。実は、修理に出す前に、おそらくそんなところが原因だろうと予想をつけ、カー用品売り場に行って、エンジン内部やパイプの洗浄剤をしこたま入れて様子を見てみたのですが、結局効果はほとんどなく修理にだした次第です。ひどい状態になると、やっぱり素人の手には負えないみたいでした。ハイ・・・。  ということで、修理にだすのが一番かと・・・。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重な回答ありがとうございます。私も市販の洗浄剤を使いましたが全然でしたね…。エンジン内部洗浄はよろしいみたいですね。 それはオイル交換と一緒に行うエンジンフラッシングでいいんですかね?

関連するQ&A

  • 70のギアチェンジが・・・

    平成5年車のランクル70(MT車・ディーゼル3500cc)を乗り続けています。 平成19年春頃より、3速から4速にギアチェンジするとシフトレバーは4速に入るのですが、ギアが4速に切り替わらずアクセルを少し踏んだままにするとやっと切り替わる状況が発生。ディーラーに聞くと今まで2速発進で運転してきたのでロー発進で運転して、と言われて実行して何とか治まったように思っていました。がしかし、11月頃よりギアチェンジに異常が… それまで、ギアチェンジ後アクセルを吹かせば何とか切り替わっていたのにどうやってもダメ、さらに3→4速だけではなく全部のギアチェンジがうまくいかなくなってしまいました。例えば、2→3速に切替えアクセル踏むと吹けてしまいエンジンの回転数が異常に上がってしまうんです。だからアクセルをちょっとしか踏めずにゆっくり加速するしかないのです。 徐々に悪化しているように感じているので、お助け頂けると幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • MT車のギアチェンジ

    新車のMT車を買いました。(バンバン200) 信号待ちや渋滞などで止まった時に、ペダルを踏んでも、ギアが下がらない事があります。(1速まで下がらない、ニュートラにならない) その場合はどうしたら良いのでしょうか (停止時にニュートラから1速に入らない事もあるのですが その時はクラッチを握りなおせば1速に出来ることがわかりました。) 1速に出来ないので、2速、3速からの発進になってしまい エンストもたまにしてしまいます。 1速に入らない場合に1速に入れる方法ってありますでしょうか

  • 軽自動車での左足の置き場所

    H4式のアルトワークスieターボに乗ってます。 よく、クラッチに足を置く癖はクラッチが滑る原因になると聞きますが、うちのアルトワークスにはクラッチの横に足を置くやつ(←分かるでしょうか)がありません。 仕方ないのでよほど余裕があるときは足を少し後ろに引いて、地面に足を置いているのですが、これはすごい運転していてもぎこちないのです。 ああいった足の置き場みたいなのを取り付けることはできないのでしょうか?

  • MT車の加速・シフトアップのなめらかさはどこまでC

    MT車の加速・シフトアップのなめらかさはどこまでCVTに近づけると思いますか? MT車を数年運転しています。 走り屋や車に詳しいとかではなく、単にMTが好きで乗っています。 車はFITの1.3G 5MT。 コスパや燃費、実用性重視でRSにすらせず、それでもATはイヤで主体的に運転できるMTがいいという気持ちが勝ったので選びました。 走りを楽しむクルマ好きが選ぶ車種でないことは良く分かってます。 そういう人が乗ってあまり楽しめる車ではないことも。 まあそれでも私はそれなりに楽しく乗れていますが。 ここから本題なのですが、 私がMTの運転にとくに楽しみを見出しているのは、走り出し、とくに低速域の加速とシフトアップをどれだけオートマ車のようにシームレスに、スムーズに行えるかという部分です。いかに無理なく無駄なく軽快なスピードでなめらかにシフトアップして加速できるか、つまりCVTのような途切れを感じさせない加速に近づけるかというところに奥深さを感じていて、もう少し上達の余地はないかなと質問しました。 中速域以降、3~4速, 4~5速へのシフトはスムーズにいきますが、低速域、とくに1~2速、次いで2~3速へのシフトアップの精度が自分の中で納得がいかず、けど10年近く乗っていてある程度以上は正直限界があるようにも感じています。 これらは熟練者のシフトアップの技術をもってすればオートマのCVT同等のレベルでのスムーズさを実現することはできるのでしょうか? もう少し具体的にどういうシフトアップを指すのかと言うと、 私が理想的なシフトアップに欠かせないと思うポイントは以下の3つあって、 (1)シフトチェンジにかかる時間をどれだけ短縮できるか (クラッチを切ってギアを変えて再びクラッチをつなげて動力が伝わる・加速が再開されるまでの時間) (2)クラッチを切ってつなげるまでにノッキングなどのショックをどれだけ0に近づけられるか (3)シフトチェンジ中の、加速のための推力に直接結びつかない半クラッチやアクセルのふかし(無駄になってるエネルギーやエンジンの空転音)をどれだけ少なく(短く)抑えられるか。静かさ。 シフトチェンジの時間だけ短くしたいなら雑なシフトでガグガクでも、とにかくつないでしまえばいい 緩やかな加速でクラッチをゆっくり丁寧につなげるorクラッチ切ってから回転数が落ちてくるまでじっと待ってからクラッチを一気につなげればショックはほぼ0にできるけど、バスの運転手の変速みたくモタついた感じで軽快な加速のリズムが犠牲になる 車速の速さ、変速の早さとなめらかさを両立させるために半クラッチのさじ加減やつなげる早さを突き詰めたり、シフトアップ中にアクセルを少しあおったりしても、どうしても無駄な時間やふかしができてしまう。 アクセルを離したとき、回転数の落ちがとても遅く、クラッチを一気につなげたときにショックが起きない回転数に一瞬で持っていくことができない。 アクセルの反応も遅く、回転数を合わせるのが困難で時間もかかる。 これらはこのクルマの構造的な問題かもしれません。 ただ他のもっとスポーツ仕様の、いわゆる走るための車の動画とかを見てても、低速域のシフトチェンジにおいて上記の(1)~(3)の条件をすべて満たしたシフトアップというのはあまり見たことがないように思えます。 この車がダメなのか、私の技術がまだ至らないのか、目標自体が無理のあることなのか、どれも当てはまる気がしますが、周りにそういう事に詳しい人がいないのでよく分からないのです。 (1)~(3)を踏まえた、主に1~3速までのなめらかで力強く、ショックのないATのCVTみたいな加速は私のこのクルマで、またクラッチのあるフロアシフトのMT車ではどこまで実現できると思いますか?? 皆さんの意見をお聞かせ願います。

  • MTギヤ車

    この前、オークションで50ccのMT車のエイプを買ったんですが、 運転の仕方がイマイチわかりません・・・ ニュートラルにして、エンジンをかけるのはわかるのですが、 それからクラッチレバーを握って、チェンジペダルを踏み、一速、 それからが、よくわかりません・・・ アクセル回しながらクラッチレバーを開いていく? それで2速へ入れるタイミングなど、 一速からの動作がよくわからないです・・・

  • カブのギアの入りやすさについて

    カブにはクラッチレバーが無いですがアクセルを戻すと勝手にクラッチが切れギアチェンジが出来ますけれど、アイドリング状態でも簡単にギアチェンジが出来ます。 3速で走っていて信号で止まった時、止まったまま3から2、1速へとギアが変えられます。 ギアが入らないことのほうが少ないです。 どうしてでしょうか? 普通のMT車ではクラッチを握ったままでもギアを一気には下げられず多少半クラ状態にしたり車両を前後に動かさないと出来ません。 なぜカブはこれが可能なのでしょうか?

  • 4tトラックの正しい運転方法について

    運送業で毎日4t車に乗ってるんですが MT車の運転のコツを知らないまま運転していたせいか入社3カ月でクラッチ板がダメになり 交換した1ヶ月後(現在)で又、ひどくクラッチが滑る状態になってしまいました。 原因として狭い道、バックでの半クラ多用が考えられるんですが 半クラを使用しない場合で精密な動作をしたい時はどのようにすればいいのでしょうか? コツを教えて下さい。 後、3か月の段階でクラッチ離すのが遅いと言われたので、現在は半クラ使用で3速発進、充分加速したらクラッチベタ踏み、4速にギア入れ、クラッチ完璧に離してから排気ブレーキ効き始めた時にアクセル踏んで加速、クラッチベタ踏み、5速にギア入れ…って感じですけどこれで合ってるんでしょうか? クラッチベタ踏みの前にアクセルも完璧に離すんでしょうか? 発進と加速はスムーズですけどクラッチ板が傷んでないか心配です。

  • ギアが抜けるのですが・・・

    10年ちょっと前のダイハツのアトレーのMT、走行距離は10万キロ程度なんですが、走行している時に2速のギアだけが抜けてしまうことがあります。クラッチは踏んでいません。特に段差などを乗り越えた時、あるいは交差点を曲がる際にアクセルを戻している時はギアが抜けることが多いです。 原因は何でしょうか?

  • 回転数が高いとギアチェンジできない(SX125R)

    中古のSX125Rを個人売買で購入して乗っていますが、ギアチェンジができずに困っています。(すばやく加速ができません)バイク暦は長いので、へたくそだからできないのではなくて、バイクに以下の症状があります。どのような原因があるのか、どのような修理をしたら良いのか、アドバイスいただきたく。 では、現状のバイクの症状ですが、通常1速からスタートして2速へとギアチェンジしますが、回転数高いと、ギアチェンジができません。明らかに低い回転数だと、ギアチェンジはスムーズにできます。 走り出す際は、1速に入れてスタートした直後にすぐに2速、少しスピード上げて、さらに3速といった状態です。このようなスタートのため、走り出しがひじょうに遅いです。 加速時は、回転をあげてスピードを上げるのですが、次のギアは回転数が明らかに落ちるまで、待ってから上げている状況です。

  • 暖気しないとクラッチが切れないギアが入らない?

    二ヶ月前に中古車でミラージュアスティ(CJ4A)MTの改造車を購入しました。(強化クラッチ・クロスミッション) 助手席に乗っての試乗でしたが、問題無さそうなので購入に踏み切りました。 店側から、クラッチトラブルで納車が遅れますとのことで、遅れに遅れて一ヵ月半待ちで納車されました。 納車の再に、暖気してから乗ってくださいとのこと。 納車された日は、すでに車も温まっていて、快調に走りました。 次の日の朝、エンジンをスタートして、クラッチを切って一速に入れようとしても硬くて入らないんです、他のギアも試そうと入れようとしたら硬くて入らないとこと、ギアにけられて受け付けなかったりします。 追加メーターが五つほどついていたので、温度を確認しながら様子を見ていたら、水温40度、油温20度ほどでやっと嫌がりながらも一速に入りました、しかしながらクラッチを切っているのに、少し半クラ気味で前に進もうとします。 ギアのつながりも悪く、三速はダブルクラッチしないと入らない状態。 10分ほど暖気に時間を食われてしまい、遅刻しそうになる始末^^; 水温、油温ともに80度まで温まってくると、クラッチも切れるようになり、ギアのつながりもちょっとましになったので、まぁリモコンエンジンスタータをつければいいか、と思っていたんですが、だんだん調子が悪くなってきて、25分ほどの暖気(水温80度、油温60度)をしてもギアは無理矢理しか入らず、温まってきても一速のクラッチを切っても半クラ状態が出てくるようになりました。 クラッチの調整で直るのかどうか、行きつけのディーラーで相談しましたがアスティは元々油圧クラッチが採用されているそうで、調整は不可能との回答。 信号待ちで一速ににギアが入らない時もあり、しょうがなく、エンジンを切り一速に入れてからエンジンを掛け無理矢理スタートする場面すら出てきています。また、ギアのつながりも悪くなってきていてシンクロギアついているのか?と思われるほどで、いまは、ダブルクラッチで対応しています。 買った車屋はクラッチトラブルなどといいながら完全に直せる技術がないと思われるのでそこでは直したくないんです(遠方のためでもある)。 クラッチがちゃんと切れて、ギアのつながりを良くするにはどういった手法が考えられますか?