• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

満州開拓団の土地の取得方法

 いま、終戦直後の満州開拓団の状況を書いた本を読んでいるのですが、その中で開拓団の人々が現地中国人に襲われた一因として日本人に土地を奪われたことをあげているのですが、同じ本の中で体験者の談として「未開拓地に農場をつくった。」ということも載っています。  実際のところ、日本から行った開拓団の人達が手にした土地は現地人のものを奪ったものなのか、それとも文字通り「未開の地」を一から開墾したものなのか、どちらなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数723
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8
noname#49020
noname#49020

 NO.4,6,7です。NO.7の補足のURLありがとうございました。  大分細かく出ていますね。まあ、あちら側のレポートですから丸のみは危険かもしれませんが、強制的地上げは事実でしょうね。  私が真実だと思っていますのは、次のような理由からです。 (1)【開墾は大変】私は終戦前から戦後にかけて、小規模ですが開墾らしきものの経験があります。果物では腹の足しになりませんので、柑橘類の果樹園をサツマイモ用の畑地に仕立て直しましたが、こんなものでも大変な作業でした。  森林を畑にするのはもっと大変です。樹木を伐採するだけではすみません。切り株を掘り起こし、処分しなければなりませんが、大木になると切り株を掘り起こして処分(薪用に細かくする)するのに丸一日以上かかります。  樹木の生えている森林については、樹木を取り払えば作物の取れる畑地になります(松林の場合はあてになりませんが)。しかし、草がパラパラとしか生えていない荒地は難しいでしょうね。  移民は資金力の無い人がほとんどです。採算の取れる畑地に何年もかける余裕はありません。  移民から破産者が多く出たり、移民希望者が減ったりすると軍や役人の責任問題になります。 (2)【過去に多くのマスコミが取り上げていること】今までに新聞、雑誌に多く書かれており、本も沢山出ています。私はそれらが正しいとも間違っているとも、断定できる能力を持ち合わせていません。  しかし、それらを読んでみると、まあ大筋ではそういうことはあったんだろうな、という感じは十分にします。否定する根拠は思い浮かびませんでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 満州の残留孤児についての本を探しています。

    終戦直後、満州からの引き上げ時に、様々な理由で孤児になり、中国に残留してしまった子どもたち(当時)が大勢います。その子どもたちが、なぜ孤児になり、その後どんな運命をたどったか、詳しく書かれた本があれば教えて下さい。特に、何年か孤児として中国で生活し、その後、ラジオ放送などによる日本からの人探し活動で見つけられ、帰国した方々について詳しく知りたいと思っています。

  • 満州やブラジルへの移民について

    歴史について、ほとんど勉強しておらず、情けない質問になることを承知の上質問させていただきます。 満州への移民など、過去に日本人が幸せな生活を求めて移民した歴史がありますが、結局現地にたどり着いたら全く予想していた希望の地ではなかったんですよね。 そこから日本に帰国したい、、と願う人々も多かったようですが。。 これは、今で言う、「おいしい話」に乗せられてしまった人々・・という形とはまた違うんでしょうか。 「ここに行けば幸せな生活が待っている」と、こういうふれ込みが広まったけれど、結局、富裕層の人にしか行けない現実とか・・・。 行ったら全く違って、、騙されてしまった、、というような現代でいう「おいしい話」とかというわけではなかったのでしょうか。 確かに現代と時代背景が違うので、今の話と一緒にしてはいけないことはなんとなく分かります。 自分の祖先が満州に行っていたので、知人に話すときに安易に言っていいものなのかどうなのか、考えてしまったのです。 失礼な質問になっていたら申し訳ありません。本当に歴史の背景が分からなくて質問させてもらっています。 ブラジルの移民も同じような感じなのでしょうか。

  • 中国残留孤児の裁判

    こんにちは。 今日、大阪地方裁判所で中国残留孤児の国に対する訴えが棄却されたというニュースがありました。 中国残留孤児は戦争当時の政府の、誤った政策の賜物だと思います。 国の命令で満州等へ開拓団として出向き、終戦と共に中国に残されてしまった日本人。 日中国交回復した後も積極的な帰国支援が行われなかったため、いまだに苦しんでいる方々が多くいます。 これは国の罪なんじゃないでしょうか? 私は「大地の子」を見て何度も泣きました。 残留孤児は戦争の被害者です。 一度棄却という判例が出てしまうと、今後の裁判でも同じような判決になっていくのでしょうか? よろしくお願いします。

その他の回答 (7)

  • 回答No.7
noname#49020
noname#49020

NO.4,6です。 >現地人たちはその「地上げ」をどのように受け止めていたのでしょうか? また「安い値段」とは日本人にとってなのか現地人にとってなのか? ・・・下のURLは比較的真面目な論文です。参考にどうぞ。  用地買収を巡って満人の請願や暴動が起こったと言うことは、満人が不満であったからで、暴動は不満の爆発と解釈するのが普通でしょう。 http://ideaix03.ide.go.jp/Japanese/Publish/Ajia/pdf/2006_04/01_article_ozu.pdf 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご紹介の論文を拝見いたしました。まだ途中なのですが,このペースだと全部読み終えるのはだいぶ先になりそうなので、とりあえずこちらへ戻ることにしました。 これによると、当初は関東軍が直接関与して用地買収に関わっていたようですが、不満をつのらせた現地人たちが暴動を起こしたことを受けて、それ以降は満州国政府が用地買収に関わるようになったようですね。 たいへん参考になりました。

質問者からの補足

ちなみにご紹介の論文からたどっていきこんなものを見つけました。 劉含発:日本人満洲移民用地の獲得と現地中国人の強制移住 http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Ajia/pdf/2003_04/article_ryu.pdf ご参考までに。

  • 回答No.6
noname#49020
noname#49020

NO.4です。 ●『国が満州人の農地を安い値段で強制的に買い上げ、日本人開拓団を入植させた』・・・このことを書いた本は無慮数百冊はあるでしょう。  とりあえずウィキペディアの記事を下に貼っておきます。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E8%92%99%E9%96%8B%E6%8B%93%E7%A7%BB%E6%B0%91  酷寒の北満の荒野を、イチから開墾してものにするのは至難の業です。そんな土地を日本人にあてがっていたら、満州への移民は進みません。ですから、移民を促進するために、満人の農地を安い値段で強制収用し、日本人移民に与えたわけです。  戦争に負け、結局は棄民同様になってしまいましたが、少なくとも当初は政府も(満州国政府=日本政府)、満人には苛烈でしたが、日本人には親切?であったわけです。戦後の南米ドミニカ移民に代表される外務省の無責任な棄民策よりマシだったといえますかな? http://s-tamura.cocolog-nifty.com/oioi2/2006/06/post_160f.html  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

No2です。「満州開拓団の土地の取得方法」というお題からは若干ズレますが、 「開拓団引き揚げ時に満人が襲ったのは、土地を強制的に地上げされた恨みもあったかもしれませんが、単に「物が欲しかった」という追剥ぎ的行為の可能性の方が強いと思います」 について。 開拓団が現地人から徹底的略奪強姦を受けた様子は、 満州・その幻の国ゆえに 中国残留妻と孤児の記録 ちくま文庫 林郁/著 筑摩書房 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=04062653 満州女塾 杉山春/著 新潮社 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=19761895 祖国よ 「中国残留婦人」の半世紀 岩波新書 新赤版 386 小川津根子/著 岩波書店 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=19515660 などに詳細に書かれています。いずれも、あまりにも凄惨な内容で最後まで読むのが辛い本ですが。前二者は絶版ですが、アマゾンのマーケットプレイスなどで入手可能です。 ※ 古本が気軽に自宅で手に入る便利な時代になりました。 さて、そのような状況が起きたのは、 「開拓団の人々が現地中国人に襲われた一因として日本人に土地を奪われたこと」 よりも、 「単に「物が欲しかった」という追剥ぎ的行為」 であり、さらに言えば 1. 開拓団は、ソ連参戦前後の「根こそぎ動員」でほぼ全ての成人男子を徴兵で失っており、女と子供と老人だけだった。それらが非武装・集団でモノを持って避難しているのですから「襲って下さい」と言っているに等しい状況です。開拓団が避難する過程で召集令状が届き、開拓団を守るべき男性がまた一人徴兵されていく(そしてシベリアへ送られる)エピソードも、上記の本に記録されています。 2. 当時の中国では「売買婚」の習慣があり、貧民は一生嫁を貰えずに終わるのが普通でした。その前に大量の「若い女」が守る者もなく現れたのですから、これを略奪しない手はありません。「モノ」以上に「オンナ」に価値があったのです。 先に示した文献「満州女塾」には、 「開拓民の妻として生きる道を絶たれた女性たちが、現地の農民の「臨時の妻」となって辛うじて生命をつないだ。結局は多くが「残留婦人」となって日本に戻れなかった」 ことが記録されています。 現代中国で、長年の一人っ子政策で若年人口の男女比が崩れ「嫁不足」が起きています。そのため、農村の女性、北朝鮮から脱北した女性、海外から出稼ぎに来た女性などが人身売買され、「複数の男性の共有物」にされるような事態が起きています。原因はまったく別ですが、結果は同じようなことです。 開拓団の人たち(多くが若い女性)は、避難する過程で全てを略奪されて本当に「丸裸」にされました。辛うじてハルビンや新京といった都市にたどり着いた開拓民には、「裸足で全裸の上に穀物を入れる麻袋を着ている人」や「うつろな目で、全裸で手で前を隠しながら歩いている若い女性」が見られたといいます。これは、それらの都市に元々住んでいた日本人の手記に出てきます。 (そういった人たちは、昭和20年秋の時点で一文無しになっている以上、100%日本に帰れずに死んでしまうか「残留婦人」になったから) みいちゃんの視た満洲の最期 小西惠/著 文芸社 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31553834 また 「勤勉で農業技術が優れた日本人が入植したので、ウンと立派な畑になり生産量が格段にあがりました」 現代の中国で「美味しいコメ」の主産地は黒龍江省など日本から開拓団が入植した地域です。中国の中で、気候が水田耕作に適していると思われる 淮河 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%AE%E6%B2%B3 以南の地域ではありません。意外なことですが事実です。 これは、平たく言えば「日本人開拓団の農地や技術を中国人がそっくり継承した」結果が現在も生きているということです。喜ぶべきか悲しむべきか良く分かりませんが…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再び詳しい解説をいただき、ありがとうございます。 私も襲われた主原因が土地だとは思っておりません。やはり、いわゆる「追い剥ぎ」であったと思っております。

  • 回答No.4
noname#49020
noname#49020

(1)>未開の地を一から開墾した・・・こういうケースはあります。ただ、内地とは比較にならない気候の厳しいところですから、軌道に乗せるまでは長い年月と大変な苦労を要します。  ですから、(2)の方法によったことが多かったわけです。 (2)>現地人のものを奪った・・・ただで収奪したということはないと思います。  この時代はもう、アメリカンインディアンの土地を白人がただで収奪したような時代ではありません。法治国家でしたから満州人の農地を金を払って買い取った形になっています。  国が安い値段で強制的に買い上げ、日本人開拓団を入植させたわけです。まあ、今で言う「地上げ」の強烈なやつです。  この土地は満人がまがりなりにも作物を作っていたわけですから、勤勉で農業技術が優れた日本人が入植したので、ウンと立派な畑になり生産量が格段にあがりました。  満人は「未開の土人」と言うほどではありませんが、あらゆる面で日本人に比べレベルが低く、日本人の彼らに対する蔑視はひどいものでした。  なお、開拓団引き揚げ時に満人が襲ったのは、土地を強制的に地上げされた恨みもあったかもしれませんが、単に「物が欲しかった」という追剥ぎ的行為の可能性の方が強いと思います。  まあ、こういうものを考えるとき、加害者(ただし引き揚げのときは満人に襲われた被害者)とされる日本人の側から見るか、被害者の満人の視点に立つかで評価は全然変わってきます。  日本人であれば、一度先方の立場で考えてみれば、多少なりとも彼等の気持ちが理解できるんじゃないでしょうか。  自分の立場からでしか物事を考えられない人や国は、実社会や世界で生き残っていくことができません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 立場が違えば物事の捉え方も違ってくるというお話はよくわかります。 ですが、oboeteGoo様のご回答文の中の「今で言う「地上げ」の強烈なやつ」を受けた現地人たちはその「地上げ」をどのように受け止めていたのでしょうか? また「安い値段」とは日本人にとってなのか現地人にとってなのか? この辺がはっきりしてくれば、立場の違いを超えてある程度客観的な見方ができるのではないかと考えております。

  • 回答No.3
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

どちらもあったんでしょうね http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=44259 鳥取県の公式HPにある満州鳥取村はどうみても北満ではありません。 朝鮮よりの場所。 日中の認識の違いがあるかもしれません。 粗放的な農業をやっている場所は日本人にとっては「開拓されていない土地」に見えます。 別の言い方をすれば、満州族が狩猟を行っていた森林を切り開くことは、切り開いた日本人にとっては未開拓地に農場を作ったことになりますが、満州族にとっては狩猟の場所を奪われたことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございます。ご紹介のリンクを拝見いたしました。 なるほど、確かに現地人の開墾地を明け渡す形で入植している事例のお話ですね。たいへん参考になりました。  ただちょっと惜しいのは、リンク先の文中で、既墾地に入植したから→「入植地は先住の中国・朝鮮人農民から安く強制収用した既耕地」とか「理想の村は侵略と収奪のうえに成り立っていたのです」とか結論づけているのですが、「安く強制収用」や「侵略と収奪」と表現した部分の裏付けを書いてないのが残念でした。

  • 回答No.2

No1で紹介されているURLは 「天皇制政府は「満州」人から広大な土地をとりあげ、国内の過酷な支配体制――大地主制度などの搾取のもとで苦しめられていた農民たちを、「満州に行けば自分の土地がもてる」との甘言でさそい、大量の移民者をおくりこんだ」 という書き方からしてマルクス主義史観丸出しですので、あまり信用しない方が良いと思われます。 内地から開拓団が入植したのはソ連との国境に近い地域「北満」がほとんどです。日露戦争の頃の奉天から北の満洲は「ロシアが作った鉄道沿い以外は未開の大地」であったようです。 曠野の花 中公文庫 石光真清の手記 石光真清/著 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=00887423 に、その頃の満洲の様子が詳しく書かれています。それから20年ほどで、満洲の農業開拓が中国人の手で急速に進んだという話は聞きません。 北満の農地化が進んだのは、満州国が建国され、日露戦争以後もロシア→ソ連が所有していた長春より北の東清鉄道(中東鉄道) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%BA%80%E9%89%84%E9%81%93 が、満州国に売却された1935年以降でしょう。これ以後、北満に鉄道網が短期間で建設され、農作物を遠方に出荷することも容易になりました。開拓団の入植は、北満鉄道網の整備と並行して行われたと思われます。農作物を作っても、それを消費地に輸送する手段がなければ仕方足りませんので。 開拓団についての記録を見ると、質問者様が指摘されるように「未開拓地に農場をつくった」という趣旨の記述を多く見ます。一方「中国人から土地を奪った」という趣旨のことを書いた本も確かに見ますが、具体的な根拠は書いていないものが多いように思います。 満蒙開拓青少年義勇軍として入植した人の妻となり、昭和20年の敗戦とソ連侵攻を迎え、南満洲の鞍山まで移動して昭和20年の冬に死亡した女性の手記が下記の本に掲載されています。古い本ですが、県立図書館等で探して下さい。 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=05194748 ああ満蒙開拓青少年義勇軍 森本繁/著 出版社名 家の光協会 「私たちが耕作していた土地は、森林を切り開いて開拓した土地であった」 「だから、日本が戦争に負けてもそのまま耕作し続けられると思っていた」 「そのような考えは甘いことがやがて分かり、中国人の絶え間ない略奪強姦を受けながらの逃避行に移った」 という趣旨のことが書かれています。北満の歴史を考えても、そうした例(未開の土地を開拓団が切り開いた)が多かったのではないか、と推測します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な解説をいただき、ありがとうございます。たいへん参考になりました。 ご紹介頂きました資料、当たってみたいと思います。

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速ですね。ありがとうございます。 ただ…、どうでしょうか…? 記述内容が少々偏っているかのように思えるのは私がシロウトだからでしょうか?また土地取得についての記述が薄いのが残念です。

関連するQ&A

  • 満州国での現地人への支配はどのようなものだったのでしょうか?

    満州国が成立して日本の傀儡政権が中国の関東地方を支配するわけですが、 元々満州に住んでいた人たちに対してはどのような方針で政策を行ったのでしょうか? 農民から土地を取り上げるとか、ビルを接収するとかいうことはあったのでしょうか? GHQが日本に行ったような、現地の人にも喜ばれるような合理的な政策が行われたのでしょうか? それとも軍事力にものをいわせて強引なことをやっていたのですか。 満州の開拓ということが大々的に行われていたようですが、現地の人たちと協力して行っていたのでしょうか? 当時の様子を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 中国残留孤児について

     少し前ですがこのカテゴリーで中国残留孤児の質問があり、多くの興味深い回答や史料が出たのですが、消されてしまっています。  再び質問を立ち上げたいのですが、よろしくお願いします。  私は終戦前のこと(満州事変、シナ事変、ソ連侵攻、満鉄、満蒙開拓団および引き揚げ時の悲劇等については、比較的知っているつもりですが、その後の残留孤児たちのたどった運命については詳しくありません。  ただ帰還したあの人たちのお顔の皺をみますと、過酷な体験をされたんだろうということは、容易に想像できます。  しかしまた、あの酷寒の土地で幼いときに実の親の手から離れて、よく生き延びたものだと感心もしています。そこで質問なんですが・・・ (Q)残留孤児たちが満州の人から受けた「心温まるエピソード」及び「ひどい仕打ち」等について、ご存知のことや参考となる本、URLがありましたら教えてください。

  • 土地の権利と登記について

    昔、私の両親は終戦で都会から、父の姉が嫁いでる家の傍の土地に家を建てました。(1948年ごろです) その後、叔母の一家は土地と家を売り、町に出て行きました。 我が家は叔母の土地に実家が建ってるものと思って、生活していました(土地の名義は叔母の家になってると、思ってました) 1975年ごろに私が車を購入するために車庫証明を取ろうとしたら、 父親名義の土地は全然ありませんでした。 父に聞いてみると、登記をしてないからだ、田舎の土地は原野で持ち主不明の土地は沢山あり、 境界線なども無いから、開墾しても良いし住んでいいのだといいます。 登記は測量代もいるし登記代も高いので、しなかったそうです 確かに近くには開拓者の家も数件あり、父の言うことは本当だと思います。 そこに母が父亡き後、2000年ぐらいまで住んでいましたが、母は今は老人ホームに入っています。 現在その土地の名義は誰になってるかは分かりませんが、誰か所有者がいるはずです。 実家は田舎の村では、一応村民と認められて共有林などが売れたときには、分配金などを受け取っていました。 今は村を出たと判断されて受け取れません。 実家は、現在、廃屋になった家があります。 時折、母が行きたいというので廃屋の実家に行きます。 相談は、この状態で母が登記出来るのでしょうか。 今日、電力会社から実家の敷地にある電柱の高圧線に、杉の木が届くようになったので 木を切らせてほしいと連絡がありました。 電力会社には、電柱の立てられてる土地は父の土地と記されてて、振込みもあります。 実家の土地には、固定資産税も払って無かったし、原野なので 何十年も住ませて貰っただけで感謝していましたが、今日の電力会社からの電話で 今でも登記出来るのか、知りたくなりました。 もし、何のトラブルもなく登記できるなら、したいと思います。 土地は斜面の原野で、300坪程度です。 こういう問題に詳しい方がいましたら、よろしくお願いいsます

  • 満州事変は侵略ではありませんよね?

    満州事変は侵略ではありませんよね? 1911辛亥革命 これ以降、一国多政府の時代に突入、天下大乱の時代が始まる。 1915年 二一箇条要求 日本が清と結んだ条約を、清が消滅したので中華民国と正式に締結し直す必要があった。 中華民国は旧清朝の領域の継承を主張したが、各地に軍閥が跋扈し治安維持能力がなかった。 1919年3月 コミンテルン結成、直後に北京で五・四運動 それまでの中国の伝統や歴史を一切否定する西洋化運動、そして排日運動 四年たってから二一箇条要求がやり玉に挙げられる。 1922年 九カ国条約締結 日本だけが違反したのではない。 蒋介石は1927年米英と紛争を起こしているし、張学良は1929年ソ連と紛争を起こした。 要するにそもそも中国側が違反していた。 1928年 六三カ国で不戦条約締結 米英が重要な点において留保を行うなど実質的に空文となった。日本は自衛戦争については留保していた。 1931年9月18日 柳条湖事件(満洲事変の発端) 中華民国が満州事変を日本の連盟規約違反として国際連盟に訴えたが、国際連盟は日本を侵略国と認定していない。 張作霖が排日運動の高まりや欧米からの支援をとりつけようと日本との距離を置き、 海外資本の提供をうけて、満鉄の平行線を建設し始めると、両者の関係は悪化しました。 当時中国は日本との条約を次々と破り、無知な住民を煽って暴力的なボイコット運動を起こさせ、 商鉱農工業妨害、日本国民の命に関わる圧迫行為、反日教科書などの侮日行為、 居留民襲撃や鉄道運行妨害など数百件のテロ行為を重ねていました。 満州には清や列強から承認された日本の特殊権益が存在しました。 日露戦争で日本がロシアに勝たなければ満蒙はロシア領になっていたはずです。 中華民国や張作霖は日本の勝利に何も貢献しなかったのに 日本が10万の戦没者、20億の戦費を費やして得た権益を 「満州は中国だから出て行け」というのはとうてい受け入れられません。 それに満州は万里の長城の外であって満州族の土地です。 もともと、満州に合法的に駐留していた関東軍はそれを守ろうとしただけです。 中央政府の中華民国も現地軍閥の張学良も犯罪に対する治安維持能力と条約遵守能力がなかったのです。 こういった事情から関東軍は権益を自衛するためには満州全土から匪賊同然の奉天軍を追い出す必要があると判断しました。 これは侵略に当たりません。 外国人への犯罪が放置され責任を持って対処する政府が存在しない。 これは国際法的には「無主の地」です。 責任を果たさないのに権利・主権など主張できない、という慣習国際法である。 こうしたなかで不法行為を黙って許容しているとそれを認めたことになります。 ラストエンペラー溥儀の英国人家庭教師であったジョンストンはリットン報告書の ”満州独立運動が日本による教唆によって発生した架空の民族運動であった” という点を全くの事実誤認であるとして批判しています。 溥儀の忠臣たちは満州族による帝政復古運動を展開していた。 満州事変は日本がこれらにさんざん隠忍自重した末に起きた事件です。 満洲事変は侵略ではなく自営のための軍事行動であったのです。 戦乱と飢饉の拡大、繰り返しによって絶望の淵に追いやられていた中国の流民にとって満州国こそ最後の駆け込み寺でした。 年間百万あまりの流民が長城を乗り越え、満州に流入したことがその何よりの証拠です。 毛沢東はかつて「かりにすべての根拠地を失っても東北さえあれば社会主義革命を成功させることができる」と語った。 実際戦後の満州は中国の重工業生産の九割を占、中華人民共和国を支えたのは満州国の遺産であった。 豊満ダム完成後見学に来たフィリピン外相は 「フィリピンはスペイン植民地として350年、アメリカ支配下で40年が経過、住民の生活向上に役立つものは一つも造っていない。 満州は建国わずか10年にしてこのような建設をしたのか」と語りました。 参考)黄文雄、岡田英弘、宮脇淳子、倉山満 歴史にお詳しい方、私が調べた上記の記述でどこかおかしいところはありますか? よろしくお願いします。

  • 満州開拓団員の国籍は?

    開拓団の人々の国籍はどうなっていたのでしょうか? 満州もいちおうは国だったわけで、、、、。

  • 5000平方メートルの土地開拓・・・

    5000平方メートルの雑種地を開拓して宅地にするにはいくらくらいかかりますか? (全面生い茂っている草木を伐採して、土の土地をコンクリートの土地に開拓するまでです。) あと、5000平方メートルの土地の値段はおよそいくらですか?(郊外だとして) 工事現場、開拓費用、土地管理に詳しい方に回答お願いします。

  • 満州開拓って言うのは、関東軍が行った地上げですかね

    満州開拓って言うのは、関東軍が行った地上げですかね 土地を奪われた人はその後どうなりましたか また土地を奪った人達はその後どうなりましたか

  • 日本の朝鮮半島、満州の植民地化の落ち度について

    日本の朝鮮半島、満州の植民地化についていつまでも戦後処理が終わらずに、今世紀に入ってももめ続けています。しかし歴史を紐解くと単に日本は朝鮮国内の仲間割れの片方に付いただけだったり、ロシアへの対抗が主目的だったりという事で、純粋に植民地収奪が主目的だった欧米ほど悪質でもない。さらに言うなら帝国主義全盛の当時とはすでに時代が変わった今でも他国の国内紛争の片方に軍事援助しておいしい汁を吸おうという国があるのも事実です。さすがに日本が非難されすぎというのもそう思います。が、戦争に負けたから仕方ない。 負けたから不条理もやむを得ないという意味ではA級戦犯の分祀を(民間の神社に政府が命令できないという表向きの理由で)拒み続けてきたわけですが、犯罪者であるという認定には納得できない日本政府もA級戦犯に結果責任を負わせて戦後処理を解決してしまうというのも損得だけで考えれば一つの手だろうと思います。 === ただ日本の朝鮮半島、満州の植民地化について、日本の落ち度や悪意については正確に把握しておきたいと思います。例えば上杉謙信のように軍事力で弱い国を助けて終わったらさっさと帰ってしまったわけでもないのだから、何か収奪その他の下心を疑われても仕方がない面もあります。実際に日本は何か悪い事をしたのでしょうか? === 時代の違いや国ごとの立場の違いがいろいろあるだけで複雑になっていますが、少なくとも国ごとの立場の違いを超えた中立な視点で見た事実を知りたいと思います。戦後の総括が済んでいないと言われる日本ですが、では何が悪かったのかよく知っておきたいと思います。戦争に大義名分がなかったのか、植民地化がまずかったのか、植民地化時代に何か悪い事をしたのか、具体的に何が悪かったのかよくわかりません。 戦争や植民地支配や南京大虐殺や慰安婦問題についても、中国・韓国がいう事が嘘だらけだろうことはかなり明らかですが、どこまでウソなのかもよくわかりません。少なくとも日本人でも団塊Jr以下はそうだろうと思います。それを知ることはとても大事だろうと思います。日本人だって先の戦争で悪い事をしたならしっかり謝って解決して済ませたいと思っているでしょうが、いったい何が悪かったのか、(少なくとも戦争でお互いおびただしい数の人を殺しあっていますからなにがしか謝る必要性はあると思いますが)逆に何が謝る事の障害になっているのかわかりません。植民地時代の日本による統治は善政だったという見解も聞かれますが、善政だったらその内容については何も詫びる必要もないのだから、だったらはっきりと勝手に善政で統治してすみませんでしたと謝っておけば済むことじゃないでしょうか。どんな善政であっても現代の価値観ではよその国を統治していいという理屈はないのだから。創氏改名や日本語教育についても明らかにしていけばいいと思います。 呉善花さんの著作は史実に忠実であるという評価が高いですが、そのような何冊かの本をセットで上げて頂いても構いません。 (実はやっぱり植民地支配によって現地住民を踏みにじったのか。対ロシアという軍事的意味は現地民には関係ないわけですから。もちろん韓国だってソ連に編入されるよりは良かっただろうことは明らかですが、それはともかく。) (もしかすると日本は上杉謙信のように軍事援助しただけでなく、その後もその地にとどまって近代化を成し遂げるなど政治・経済的にも援助をして謙信以上の事をしたのかもしれません。特に朝鮮半島に対してはそれが真実だったような気がします。気になるとすれば日本語教育の強制くらいですか。慰安婦にしても単なる高給取りの実態が明らかになりつつありますし、ともかく事実を知りたいところです。) (もしかすると売春行為のように当時は全く合法かつ正当だったものが、現在の法令・価値観によって糾弾されているだけかもしれません。)

  • 西部開拓史 ただで広大な土地をもらえた

    西部劇映画のシーンが気になっているのですが、西部開拓史時代のある日ある時刻に家族単位の幌馬車が並んで、騎兵隊が横で見ていて、ピストロの号砲で一斉に西部(カルフォルニア方面、その先は太平洋→日本)に向けて全速力で移動して「ここは俺の土地だ」と宣言すると自分の土地になってしまう。その後は、カウボーイが曳きつれる多数のウシに畑を踏み荒らされたり、川を含む自分の土地にカウボーイとウシが勝手に通過して川の水を飲ます・飲まさないでピストル騒ぎになったりするストーリーなのですが、この土地をただでもらえるイベントは史実でしょうか。 猿渡先生の西部開拓史(岩波文庫)には全く触れていないので、映画のなかのフィクションかも知れませんが、ご存じでしたらお教え下さい。 映画の題名も判ればありがたいです。 よろしくお願いいたします。

  • チュニジア旅行

    来年1月~2月に海外旅行に行きます。 女性ひとり旅です。 チュニジアには2日ほど滞在予定です。 他にまわる地はいい現地ツアーが見付かりました。 しかし、お楽しみのチュニジアは・・・・(涙) 日本で現地ツアーを探したのですが見付からず、そこで自分でまわる事にしました。 一人でまわると決めたはいいのですが、いいガイドブックが見付かりません。 私のいい本というのは、一人旅に適した地図・交通情報が深くのっているものです。 実際チュニジアを旅行された方で、いいガイドブックを紹介していただきたく質問しました。 また、チュニジアでのよかった観光スポットも教えてくださると嬉しいです。(主観で結構です) 私は遺跡も街歩きも大好きで、その土地を楽しめるものなら何でもOKです。 どうぞ宜しくお願いします。