• 締切済み
  • 困ってます

群動詞+間接目的語+直接目的語は可能ですか?

前に群動詞について質問した者ですが、もう一つ解決したいことがあるので質問させていただきます。 (○give the book back to him (○)give back the book to him (○)give it back to him (×)give back it to him と教えていただきました。そして独自にいろんな辞書で調べてみると give him the book back も可であるような例文を発見しました(ある辞書で)。 では give back him the book は可能なのでしょうか。どの辞書を調べても例文がないし、×マークとして挙げてあるわけでもありませんでした。 英語に精通されている方、どうかお答えいただけないでしょうか。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数133
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3

No.2です。もう少し補足します。 I gave him the book. のとき、直接目的語は、動詞の直後にあるわけではなく、間接目的語が動詞の直後にあり、あたかも、動詞と直接目的語が間接目的語をサンドイッチしているように思えます。このサンドイッチ構造がI gave him という、これだけ見れば「彼を与えた」と言う意味の不自然さを消して、「彼にその本を」と言う意味にさせているわけです。 つまり、第4文型を取るときの動詞は、その支配領域が広く取られている感覚があるのだと思います。 ところが、動詞と間接目的語の間に前置詞が入ると、その前置詞の目的語が間接目的語になり、あたかも、動詞の直接目的語がその間接目的語であるような錯覚を生んでしまうはずです。そのため、句動詞が動詞+前置詞のときは、第4文型はまず使われないと思います。 また、句動詞が動詞+副詞の場合も、副詞により動詞と直接目的語でのサンドイッチ構造に副詞と言う他の要素が入ってしまうので、サンドイッチという感覚があまり出ないので、避けられる傾向にあるのではないでしょうか。 あと、第5文型、例えば、感覚動詞などの場合は、句動詞でも、問題なく使えます。これは、句動詞がまとまって一つの動詞であり、それが、一つの目的語を取るだけなので、特に、動詞が一つのものとの違いがないということだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 つまり動詞+前置詞のときは第4文型はまずなくて、動詞+副詞の場合は+IO+DOは可能なのかもしれないが、普通は使わなく避けられる傾向にあると思われる、ということでいいでしょうか。 この質問ってなかなか難しいみたいですね。でもある程度の見解がもてたのでそれでいいのかもしれません。 大変参考になりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 群動詞の直接目的語

    I give the book back to him.・・・(1) =I give him back the book.・・・(2) と辞書にありました。(正確には「I」はなかったのですが) 「give back」は動詞+副詞の群動詞だと思います。動詞+副詞の目的語は動詞の後ろでも副詞の後ろでもよい、と参考書にありました。しかし目的語が代名詞の場合は動詞の後ろに置く、とも書いてありました。 ここで言ってる目的語とは直接目的語のことを言っているのでしょうか?「him」も目的語ですが、間接目的語だから(1)も可、ということでいいですか。直接目的語が「it」であれば I give it back to him.・・・(3)は可能だが I give him back it.・・・(4)は不可ということでいいですか? そこまで親切に書いてあるのが、見つからないので悩んでいます。 わかられる方おられましたら回答よろしくお願いします。

  • 群動詞について教えてください。

    群動詞の (1)“動詞+副詞”と(2)“動詞+前置詞”について教えてください。 たとえば、 (1) I turned on the computer,but soon turned it off. (2) I called on him. (1)の場合、代名詞をはさむ が、(2)の場合はそのままの語順であるということを 学びました。 副詞と前置詞の見分け方ってどうするのですか? よろしくおねがいします。

  • 動名詞を目的語にとる動詞

    平素よりお世話になります。 動名詞を目的語にとる動詞を、ノートにいろいろ書き加えていたら、 give up ~ing, put off ~ing, enjoy ~ing, mind ~ing 等等と どんどん増えてゆき、覚えるのは効率が悪いんじゃないかと思う ようになりました。そこで、to 動詞を目的語にとる動詞を覚えて、 後は全部、(TOEICの穴埋めで聞かれたら)ing に丸をつけよう、と 思うにいたりました。 この甘い考えは、TOEIC対策で通用するのでしょうか? もし、通用する場合、plan to do, need to do, agree to do, propose to do, 等以外に何を覚えれば良いでしょうか? 一方で、remember forget cease など、両方の形を取り得て、更に 異なる意味も覚えておかない単語も幾つもあるわけですよね?? 例えば、上の3つ以外に何を覚えておけば良いでしょうか?? いつも質問ばかりで恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

  • 回答No.2

動詞+前置詞の組み合わせのとき、前置詞の次に来るのは、前置詞の目的語です。動詞の目的語ではないわけです。 それに対して、第4文型の二つの目的語は、動詞の目的語として意味があるわけなので、ご質問への回答は、句動詞が前置詞で終わっている場合は、出来ないとなるはずです。多分、前置詞の支配が及ぶ範囲が、前置詞の直後しかないと言う感覚があるからだと思います。 しかし、句動詞がご質問にあるような、give back なら、これは、動詞+副詞の組み合わせであり、目的語は、動詞の影響をそのまま受けますから、第4文型での使用も可能だと思います。しかし、あくまで可能だと言うだけで、普通は使わないと思います。 理由は、第4文型に見られる動詞と直接目的語との密接な関連性が途中に副詞が入ることでうまく表現できないからだと思います。別の言い方をすれば、副詞により、動詞の支配領域が狭まってしまうと言うことだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • tjhiroko
  • ベストアンサー率52% (2281/4352)

回答がつかないようですので、少しでも参考になればと書かせていただきます。 Google.com で"give back him * " で検索してみますと http://www.google.com/search?hl=en&q=%22give+back+him+*+%22 多分英語圏のサイトと思われるところで、該当する形の含まれた文と思われるのにこんな例がありましたが >I purposefully lingered a bit more at the gates to give back him a smile, but I couldn't spot him in the crowd でもあまりなさそうですね。 him のところを他の人称代名詞に変えたりして、いろいろ検索してみるといいかもしれません。URLやタイトルを見ると大体そのサイトが英語圏かどうかが分かりますので(ハズレももちろんありますが)、判断の手がかりにしてみて下さい。 英語に精通なさっている方からちゃんとした回答がつくといいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。確かにいくつかの使用例がありますが、日本語による解説ってないですよね~(残念)。でもNO2さんにある程度の解説を教えていただいたので、それで一段落にするしかないかもしれません。英会話教室にでも行ったらネイティブに聞くしかないかな・・・(^^ゞ。 参考意見ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 群動詞について

    少し細かい質問かもしれませんが・・・ 群動詞について、文法書には ・自動詞+副詞→一つの自動詞 ・自動詞+前置詞→一つの他動詞 ・他動詞+副詞→一つの他動詞 として働くとあります。 ですが、例外として lay back(自動詞・のんびりする) let out(自動詞・学校などが終わる) など、他動詞+副詞で一つの自動詞のように働くものもあるここで教わりました。 では、自動詞+副詞で一つの他動詞として働くことも例外としてあるのでしょうか? つまり、「自動詞+目的語+副詞」の順になることも例外的にあるのか、ということです。 少しマニアックになりますがどなたか分かる方よろしくお願いします。

  • 電子辞書で構文を指定して例文をひけるもの

    英語の電子辞書、英和か英英で、例えば ”動詞+目的語+to”のように指定すると、 give it to him imparted the secret to them ... のように、その構文の例文が出てくる機能を持った電子辞書はありますか?

  • it が形式目的語の時の文

    I thought it useless leaving so early.              「そんなに早く出発しても意味がないと思った」 という例文で useless の後 to leave so early. でもいいと思っているのですが、 leaving so early にしたら なにが to leave so earlyの時と かわるのでしょうか? また このような  主語+動詞+形式目的語it + 形容詞 + 動詞ing の例文が他にもあったら教えて欲しいです。   上記のタイプで to 不定詞が使われている場合は、理解しています。 よろしくお願いいたします。

  • 間接目的語が意味上の主語になる?と書き換えについて

    I gave her a comic book to read.・・・1 私は彼女に読むための漫画本をあげた。 という例文がありましたが、to readの意味上の主語はherでよいのでしょうか? She read a comic book.という関係になると思いました。 間接目的語が意味上の主語になることはあるのでしょうか。 また、 Nancy was the first girl to come. ナンシーは最初に来た女の子だった。 これは Nancy was the first girl who came.・・・2 と書き換えても同じでしょうか? 二つ関連が薄いですがまとめて質問させていただきました。 よくわかられる方、よろしくお願いします。

  • 動詞と目的語の間に副詞を置くのは間違いですか?

    動詞と目的語の間に副詞を置くことは可能ですか?例えば、"It would have been possible for him to realize the actual situation of poverty and segregtion in the cities in the North of America earlier."のearlierをrealizeのすぐ後ろに持っていくことは文法的に正しいですか?realizeの目的語が長いので、earlierを文の一番最後に置くと、語調が変になる気がするので…教えて下さい。お願いします。

  • come on 目的語の使い方がわかりません

    熟語帳に[come on/upon]「~をふと思いつく」とありました. これは他動詞のように使われるのかと思ったら例文には It came upon him that he had been there before. とありました.Itはthat以下の代わりだと思います. なぜ[He came on that he had been there before.] のようにならないのですか?

  • 目的語駆動力と言う考え方について(2)

    こんにちは。taked4700 です。 英語文法について、普段からいろいろ考えてきましたが、高校段階でやる動詞の語法について、それを説明するのにとても便利な考え方として、目的語駆動力と言うものがあると思います。 それについて、幾つか、説明を考えてみました。この考え方が正しいか、または、これと同じような考え方が、以前、誰かによって言われていたか、それを知りたいと思います。 4.目的語駆動力のような感覚は、目的語が無くても、文型の理解に役に立ちます。 たとえば、advocate と言う動詞ですが、Cambridge のInternational Dictionary of English には、She advocates taking a more long-term view. と言う例文が載っています。つまり、advocate to take ...と言う形はとらないと言うことなのです。 なぜ、advocate to do がだめかと言うと、一般に、主語+動詞+to do と言う形は、主語が to do と言う行為を直接すると言うニュアンスがあり、advocate には、「提唱する・唱導する・賛成する」のような意味しかなく、自分が直接やると言う意味ではないから advocate to do がだめなのです。 では、なぜ、これが目的語駆動力と関係があるかと言うと、対象の一般性のようなものが関係があるのです。advocate は、「一般にこれがいい」とか「社会全体にとりこれがいい」のような意味で使い、「彼にとってこれがいい」のように、特定の対象に対してどれがいいと言う意味で使うことは無いのです。つまり、特定の対象(目的語)が無いため、駆動対象が無いと言うイメージなるわけです。(これが、第5文型で使わない理由となります) 翻って、駆動と言う感覚は、何かに対して、静止している状態から動かすというイメージになります。つまり、どうしても、現状から遠い、つまり、静止から動きへ変化するので、現状そのものではないのです。そのため、いろいろな使役動詞では、補語部分に to do の形が来るのですが、 advocate は、そういった駆動対象そのものを持たないため、単に、事実として「いいと判断すること」を名詞として示すわけなのです。 つまり、He advocated to do... だと、「彼がdoする」と言うこと以外に、提唱する内容自体が、何か今のことではない、何か遠い実現できないようなもののようなイメージになるのです。それに対して、He advocated doing...なら、doing と言う名詞形なので、もうすでに実際にやってみたことがあると言うようなイメージになるわけです。 日本語で考えると、あたかも、将来のことなので to do を使うのかと感じる動詞が他にもいろいろありますが、上のような理解の仕方で、ほぼ完全に正しく使えるようになるはずです。 5.I believe him to be honest. はOKで、 I believe him to play tennis. はだめとされています。これも、一種の目的語駆動力と言う考え方で説明されます。つまり、to be ... は、状態であるため、駆動と言う感覚ではないのです。そして、だからこそ、believe という、駆動と言う感覚の無い動詞に使うことが出来るのです。 逆から言うと、I believe him to play tennis. は、これから彼がテニスをするように自分が彼に「信じる」と言う働きかけをする、と言う意味になってしまい、それが、「信じる」と言う意味にそぐわないのです。 しかし、I believe him to have played tennis. はある程度OKだといわれています。これは、過去のことなので、これから駆動すると言うイメージは無く、過去のことつまり事実、言い換えれば、状態化したものを述べると言う感覚になるからです。 believe のほかにも同様な制限がある動詞は結構あります。 以上、です。 なお、これらの文章は、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3014982.html で、自分が回答したものでもあります。

  • 「give」 「buy」 動詞との結びつきの強弱

    「give」 「buy」 動詞との結びつきの強弱 某文法書で 「与える」の意味のI gave him a CD.(=I gave a CD to him.)はI gave a CD.と言えないが 、I bought him a CD. (=I bought a CD for him.) はI bought a CD. と言える。これは for him は「彼のために」という意味で動詞との結びつきがgiveなどよりも弱いからである。 という記述がありましたが、 動詞との結びつきがgiveなどよりも弱い とはどういう意味でしょうか? buyもhimがないと買ってあげる相手が分からないので、必要ではないですか?

  • 目的語駆動力と言う考え方について(1)

    こんにちは。taked4700 です。 英語文法について、普段からいろいろ考えてきましたが、高校段階でやる動詞の語法について、それを説明するのにとても便利な考え方として、目的語駆動力と言うものがあると思います。 それについて、幾つか、説明を考えてみました。この考え方が正しいか、または、これと同じような考え方が、以前、誰かによって言われていたか、それを知りたいと思います。 1.request とか、recommend と言う動詞の使い方を覚える時に一番問題になるのは、これが第4文型で使えないと言うことです。つまり、I recommend him that he go there at once. のような文は間違えになるのです。これは、request もrecommend も、提案、推奨しているだけで、一体性、既遂性のようなものが無いからです。逆から言うと、第4文型と言う表現形式は、二つの目的語が直接並ぶことによって、一体性、普遍性のようなものが強調され、たとえば、He taught me English. と言う文は、「私が英語を身につけた」度合いが、He taught English to me. よりも高いと言うニュアンスが生まれます。また、He gave me that book. は、同様な行為が結構日常的にあると言う前提があります。He gave that book to me. なら、与えると言う行為があまり無いことを暗示するか、または、その時の一回きりの「本を与える」と言う行為に注目した言い方です。つまり、recommend, request, suggestのような動詞は、提案、示唆しているだけで、行動が決定されるわけではないので、request + 目的語(人)+薦める内容 と言う語順を取りえないのです。 動詞 + 目的語(人)+薦める内容 と言う語順は、I wish you a Merry Chistmas. のように、目的語(人)と薦める内容とが一体感のある文で使われると言うことになります。 2.なぜ、I request to him とは言わずに、I recommend to him は、ある程度使われることがあるかと言うと、request には一種の目的語駆動力というか、目的語に対する働きかけの力のようなものがrecommend よりも強く感じられ、それが、request to him のようにしてしまうと、to him の持つ距離感と言うか、目的語が離れていると言う感覚と矛盾してしまうからでしょう。この目的語駆動力と言う感覚は、実を言うと、とても大切な感覚で、使役動詞などの使い方を理解するうえで、とても役に立つものです。 3.目的語駆動力と言う考え方と、名詞節の独立性、目的語+to不定詞(または原形不定詞)の被駆動性(つまり、動詞によって駆動されやすいその度合いの意味)の組み合わせにより、ほとんどの動詞の動詞パターンを説明することが出来ます。なぜ、hope+目的語+to do の形が取れないのか、などその説明が非常にきれいに出来ます。 たとえば、want は、「望む、要求する」のような意味で、目的語駆動力が非常に高いのです。その結果、I want him to go there. のような形が出来ます。しかし、hope は、「現実的な訳、実現可能性を証明する根拠のようなものが無いまま、希望する」と言う意味なので、当然、目的語駆動力がほとんど無いのです。その結果、I hope him to go there. のような文型は取れないのです。しかし、目的語+to do ではなくて、that節なら、駆動すると言う意味は無くなり、単にある情景を望んでいるだけなので、hopeの目的語として成立できるわけです。つまり、反面から言えば、だれでも、どんなことでも願うことは出来るわけで、その「願う」という意味を表現する言葉がhopeということです。 反対に、駆動力の高いwantは、that節を取ることが出来ません。I want that he go there. のような文章は、駆動力の対象となる目的語が無いわけで、駆動力が空回りする印象になるからです。that節は、一種の文章であり、駆動する対象ではないのです。 want と hope を駆動力と言う視点でもっと強いものと弱いものの両極端とすると、advise は、その中間と言えます。つまり、目的語に何かをしてもらいたいと言う圧力を与えるイメージがwantほどではなくても、かなりあるのです。「忠告する」というのは、単に、何かを解決する方法を述べているのではなくて、友人関係とかで相手と何か関係性があり、「こうしてほしい」という気持ちがもともとあるはずですから、目的語駆動力がある程度あるとイメージするわけです。その結果、I advised him that he go there. も、I advise him to go there. も、I advised that he go there. も I advised going there. も許容されるわけです。

  • 形式主語と形式目的語

    形式主語と形式目的語について、主語と目的語にあたるものがthat節である場合の説明をあまり見つけることができませんでした(to節についての説明が多い) 例えば次の文 It occurred to me that he was holding something back. は形式主語itはthat節を表しています。it seems that構文も同じようになってると思います。このように、形式目的語itの対象が句の場合はto不定詞節になり、節になる場合はthat節が来るということで良いのでしょうか?(第5文型SVOCの形式目的語の場合も同じでしょうか?) また、このthat節を導きやすい動詞にはどのようなものがあげられますか?