• ベストアンサー
  • 困ってます

肝臓癌および肝硬変について

肝硬変の上にB型肝炎が併発して、癌の疑いがあるといわれたのですが、 この場合癌の摘出できないのでしょうか? この前の吐血の時の血の色は真っ黒だったそうです。 摘出したとして、転移は考えられますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数580
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

癌の疑いという段階で手術云々というのは早計ではありませんか? 肝硬変の患者さんで再生結節と呼ばれるものが時に肝臓ガンと間違えられることもあります。癌というのは確実なのでしょうか? 肝臓の予備能が十分に保たれている場合には外科的な処置も可能でしょうが、肝硬変をベースに発病するものですから仮にひとつを摘出してもまた再発することが予想されます。そこで腫瘍にエタノールを注入する方法や、血管造影を行って腫瘍を栄養する血管を詰める治療あるいは岐阜大学などではビタミンAの誘導体を使って肝臓ガンを治療する試みがなされています。 現在の文面からだけでは断定的なことは申し上げられませんが、今大切なのは吐血の方だと思われます。 肝硬変があると小腸から吸収された栄養分の豊富な血液が肝臓に戻りにくくなっており、バイパスを作るため胃や食道の静脈瘤を形成します。 これが破れると大出血を起こし命にかかわることがあります。 早急に胃カメラで食道静脈瘤の有無と程度について必ず調べてください。 必要があれば食道静脈瘤に対する処置を受けてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とってもわかりやすい説明ありがとうございました。 昨日見舞いに行ったら、 胃カメラで出血の方の検査もしたと話していましたから、 検査のほうも順調に進んでいると思います。 本当に良きアドバイスありがとうございました。

関連するQ&A

  • 肝硬変を伴わない肝臓癌だったのになぜ???

    身内が肝細胞癌になりました。 B型肝炎を背景とする肝硬変を伴わない肝細胞癌と診断され、癌以外の肝機能は良好という ことでしたのでTAE治療を2度受けましたが、1ヵ月後のCTで肝内転移、肺転移を指摘された上、 この時肝硬変も発症していることを初めて聞かされました。このような状態ではもう治療法もない ということです。通常、肝炎→肝硬変→肝細胞癌という経過を辿るものと認識していましたが、 肝細胞癌になってから肝硬変になることなどありえるのでしょうか? 癌が発覚した時には本人も家族もかなりショックを受けましたが、肝硬変を通り越しているケース で癌以外の部分の肝機能は良い状態という言葉にすっかり安心し、癌の進行さえ食い止められ れば何とかなると思っていたのでまさか癌を患ってから肝硬変になるなど予想もしていませんでした。 肝硬変がわかってからはみるみる全身状態が悪化して肝不全との診断も下され余命いくばくもないと… この経過は肝臓癌の病態として自然なものですか? そして、肝硬変はほんの数ヶ月で発症するものなのでしょうか???まったく理解が出来ません。

  • 肝硬変と肝臓癌

    先週の土曜日、母が吐血をして緊急入院をしました。 肝硬変と診断され、後にCT検査をした結果、肝臓に癌らしき影が いくつかあるから今週の今週の水曜日にエコー検査します。 この時点で、癌になってる可能性はどの位ですか? 母の今の症状等は以下です。 黄疸、腹水、足の浮腫、首筋に赤い斑点のようなものです。 今は利尿剤を使って腹水を出すようにしてはいますが、かなり お腹が出ています。最近では痒みもあるみたいで痒み止めの薬を お貰って塗ってます。 他に補足があればお答えします。 どうが教えて下さい。 御願いいたします

  • 肝臓癌、肝硬変について

    叔父が6年前に肝臓癌になりました。何度も手術をしましたが、手術をする事ができない状態になったため、肝臓にカテーテルを入れて直接抗がん剤を入れる治療を3ヶ月おきにしていました。 C型肝炎ウィルスもあり、肝硬変でもあります。 1年前に食道静脈瘤破裂して、吐血、下血し緊急入院しましたが、なんとか一命を取り止め、 その後は体調も悪くない感じだったのですが、先日体がだるいと言い始め、食事もいらないと言うようになり、炭酸水ばかり飲むようになり、黒っぽい便が出るようになり、腹水も溜まり、お腹がビーチボールを入れたようになってしまっていました。 早朝、吐血したため緊急入院し治療してもらいました。 その時治療した先生が、あっちこっち悪いところがあるから、親族の方を今のうちに会わせてあげて下さいと言われました。 十二指腸潰瘍、胃潰瘍、食道静脈瘤、肝臓の状態も最悪という事です。 5月に肝臓に血液を送らないように血管を縛るという治療をしました。癌を壊死させるためらしいのですが・・・ 今月24日にもう半分の血管を縛るという事になっていたのですが、その前にこのような状態になったので、その治療はもうできないと言われました。 医師に親族を呼んでと言われたのは始めてで、それってもう余命が短いって事なのか・・・と思うのですが・・・ 担当医は外科の医師なのですが、今後は内科の医師と相談して治療方法を決めますと言われました。 腹水は抜いてもまたすぐ溜まるから、抜くより違う方法を考えてみますと言われました。 1週間ぐらい前からほとんど食事も取っていなかったのですが、今日からおもゆを少し食べれるようになったそうです。 以上の状態で、余命はどれぐらいと考えた方がいいのでしょうか? ひとそれぞれ生命力も違うので、一概には言えないのだと思うのですが・・・ 叔父の伴侶は高齢で、思うように看病できない状況なので、私がある程度いろんな事を調べたり、 準備もしておかないといけないと思いまして。 もちろん長生きして欲しいと思うのですが・・・肝臓は一度悪くなると良くなる事はほとんど無いという事なので、叔母のためにもしっかり心の準備をしておきたいと思いまして・・・ 何かしてあげた方が良い事、民間療法で楽になる方法などもあれば教えて欲しいです。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

以前に『吐血について』とご質問されてた方だったんですね。気がつきませんでした。質問のタイトルだけをみて回答しました。今から書くことは補足です。 過去の質問でNO24606『肝臓病の食事療法について』読んでおいてください。NO19586『肥満女性の妊娠は可能ですか?』この質問事項にカロリ-計算をするのにわかりやすい本を紹介しました。参考にして下さい。 なぜ、こんなことをいうのかというと、肝硬変の患者さんはとくに栄養面でのバランスをうまくとっていかなければいけません。肝臓がうまく機能してくれにくくなっているので体内で当然作られるはずのものがつくりにくくなっています。お知りあいの方(彼)と一緒にお食事をすることありますよね。外食もあれば、あなたの手料理だったりと・・・・そんなときに肝硬変の持病がある方にはどういったものをどのくらい食べたらよいのかをしっておいてあげると何かと後々役立てられるのではないかといらぬお世話な補足を書かせてもらいました。 肝硬変の程度がどのくらいなのかがよくわからないのですが、肝不全の患者さん用にアミノレバンという薬(健康補助食品)が処方されることがあります。体内でアミノ酸が不足するのを補うためにです。だいたい一日3袋で、1袋50gで200kcalだったとおもいます。これを水180mlで溶いて飲みます。このままではのみにくいので、フレ-バ(りんご、パイナップル、ピ―チ・・・)甘味料というか香料のものを加え飲みやすくしています。これも、飲むのを嫌がられることでしょうがもし医師から処方されているのならかかさず飲むことをすすめてください。 日に3袋のみますから、これだけで600kcalもあります。栄養面の管理たいへんだとはおもいますが、あなたと過ごす時間の中は、この点に十分配慮してあげてください。ご心配でしょうが、あなたが暗くなってはいけませんよ。しっかりね―☆

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

良きアドバイスありがとうございます。 昨日様子を見に行くとアミノ酸が不足するからということで アミノ酸を補うなう粉末状の薬が たくさん枕もとにありました。 まだまだ退院には程遠いですが、 一緒に食事するときのために今からよく勉強します。 本当にありがとうございました。

  • 回答No.4
noname#211914

専門家のKen1kunさんの詳細な回答がありますが、以下のサイトは参考になりますでしょうか? 更に、 ・http://www.city.naze.kagoshima.jp/imcs/hcd/enc/123_143_244_0_0_0.html (肝硬変) ・http://www.city.naze.kagoshima.jp/imcs/hcd/enc/123_43_35_0_0_0.html (肝炎) 更に、 ・http://www.ktx.or.jp/~kenkou/link/linkcan.html (『がん克服』総合リンク集) この中で「国立がんセンター」のHPが参考になりますよ? お大事に。

参考URL:
http://www.city.naze.kagoshima.jp/imcs/hcd/enc/123_143_62_0_0_0.html 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 教えていただいた、ページなどいろいろと調べて 彼とよく相談しています。

  • 回答No.3

お知りあいの方が肝硬変になっておられるとのことですね。 吐血とおっしゃられていますが、少量だったのでしょうか? 肝硬変の患者さんの場合、Ken1kunさんが先に丁寧なご説明がされていました通り食道静脈瘤もしくは胃の内部に静脈の瘤ができます。吐血が一時的におさまったのでしたら、静脈瘤に血豆のようなものができていてそこから知らず知らずのうちに出血をしその血液が胃に溜まり胃酸により真っ黒になって吐血されたのではないでしょうか?静脈瘤破裂した場合は、生命の危険がともないますので、緊急オペになるはずです。わたしも少し前に目の前で、肝硬変で吐血という場面に遭遇したばかりです。血中のアンモニア濃度が吐血したことで更にあがり脳にアンモニアがいったせいで、意識障害(脳性昏睡)、極度の黄疸、四肢の麻痺等の症状を目の当たりに見てびっくりしました。投薬することで、血中のアンモニア濃度をさげ状態が落ち着いたあたりで、胃カメラ(内視鏡)で食道・胃の状態を検査する(静脈瘤の状態をみる)、その検査の結果で静脈瘤の処置を施すかどうか検討されると思います。肝硬変にかかられている方は、定期的に胃カメラによる診断をしておかれるほうがよいとおもいます。病院への受診怠らないことです。対処療法しかないので・・・ ガンの疑いがともお書きでしたね。きっと、肝硬変の患者さんは肝癌に移行しやすいので、それも同時に調べておきましょうとのことではないのでしょうか? 肝臓ガンの手術はすごく進んできています。内視鏡技術がすすんできているからだとおもいます。お知りあいの方には、栄養バランスのとれた食事、安静を十分にとって、アンモニア濃度をあげないためにも便もためずにゆったりと休養をとられることが一番だと考えます。 お知りあいの方のご気分を少しでもリラックスさせてあげられるようたわいもない話で楽しませてあげれればいいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 また次に出会ったら様子を聞いて、 定期的に胃カメラによる検診を受けるように話します。 本当によきアドバイスありがとうございました。

  • 回答No.1

肝癌は普通、肝炎→肝硬変→肝癌という順番でなります。つまり、肝癌の患者さんの大多数はもともと肝炎で、そのうちに肝硬変に移行してしまって、それからそこに肝癌ができてしまって・・・という方です。手術できるかというのは、肝機能と癌の状態とをみて決めるので、申し訳ありませんが、この文面だけでは分かりません。転移や予後も、この文面だけでは判断できないと思います。吐血は恐らく、肝硬変の影響で胃に静脈瘤か潰瘍ができてしまい、そこから出血したのではないでしょうか?色が黒かったというのは、血が胃液によって酸化されたためだと思われるので、癌の進行とは関係無いと思います。現在は肝癌に対しては内科的な治療のほうが多いみたいです。手術と内科的な治療のどちらがいいのかは、前述したように肝機能と癌の状態で決まるので、主治医の先生とよく相談されることをお勧めします。それでは、お大事にして下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 主治医の先生とよく話し合って、 いまのところほんの少しづつですが、 良くなってるようです。 これからが長いと思いますが 完治できるようがんばります。 ありがとうございました

関連するQ&A

  • B型肝炎→肝硬変→肝癌手術→病後手当て

    81歳の高齢ですが、昨年春、肝腫瘍6CMを摘出手術しました。20年前、B型肝炎にかかり、肝硬変へそして癌の摘出です。幸い体力があったため、何とか生きていますが、医者からは、先月「あと2年の命」と宣告されました。移植も考えましたが、もう無理でしょう。いまのところ転移はありません。2年と宣告されても、一日でも延命したいものです。どのような、治療の選択肢があるのでしょうか?全身がだるく、疲労感もあり、顔色も土気色でよくはありませんが、絶望するのはイヤです。どんな可能性にも賭けてみます。玉川温泉の岩盤浴にも行ってみようかと思いますが、体力が問題です。すがるべき「藁」があればご教示ください。

  • 肝硬変かもしれない

    私はお酒が大好きでした。あるとき吐血・下血で救急搬送されました。 食道静脈瘤破裂でした。手術で一命は取り留めたものの, その後何回か手術はしなければならないということでした。 肝硬変かそうでないかは境目くらいでなんとも言えないと言われました。 その後一年間酒も辞め、採血の検査も良好ですが8月に2度目の手術です。 医師は肝硬変かそうでないか調べてもあまり意味が無いといいますが, 肝硬変なのかそうでないのか肝生検査ではっきりしたいと思います。 肝硬変とそうじゃないのではえらい違いだからです。 でも女房は肝硬変ですってとどめ刺されるのもショックじゃないの? といいます。まだ診断書は静脈瘤なのですが、検査ではっきりすれば肝硬変と書かれて、 職場へもそう提出しなければならなくなります。 まよっています。 みなさんならどうしますか?

  • 原発性肝臓癌の放射線治療について教えてください。

    B型肝炎→肝硬変→肝臓癌となり、 食道静脈瘤の硬化剤治療を数回おこなっている家族の話です。 肝臓癌が7cm程あり、先日、癌を焼く?治療をしましたが、 場所が悪かった事もあり、3分の1程残ってしまいました。 その部分を放射線治療で治していくとの事です。 放射線治療をすれば、残りの癌も全て消滅するのでしょうか? また、放射線治療自体は、痛みがないと聞きますが、 治療後に痛みや発熱などは伴うんでしょうか。 治療費がすごく高いということは無いでしょうか。 他の臓器等への転移は、今の所みとめられないと言われています。 今度の治療で、現在ある癌が消滅したとして、 肝臓癌は、肝臓内へ再発が多いと聞きます。 その都度、放射線治療をすれば、かなり長く生きられたりしますか?

  • 肝硬変の方調子どうですか?

    私は昨年の5月に大量に吐血して救急車で運ばれました。 自分では全く自覚症状が無かったので、入院してもしばらく どうしたのかさっぱりわかりませんでした。 担当医が病室へ来て 「あんたねぇ、肝硬変と糖尿病じゃないか。今まだなにやってたんだ。」 「あんたみたいなことしているひとは10人中7人が5年で死んでるよ、 しかもぽっくり行くからいいなんていってもそう簡単にはしねないぞ。 苦しんで苦しんで死んで行くんだ。」 とありがたい?お言葉。1ケ月で退院して別の病院へ通う事になりましたが 行ったその日に「あなたは糖尿病ではありません。肝臓は肝硬変と肝炎の間くらいで 良くなるから心配するんでない。」といわれあれから11ケ月通院して採決では全く問題なし 血を吐いた食道静脈瘤はもう一度手術。これは何回かやらないと治らないとわれました。 さすがに酒は飲んでいませんが、もういたって元気です。 肝硬変って治るのでしょうか?

  • C型肝炎から肝臓癌

    父がC型肝炎と診断され現在肝硬変になり肝臓癌です。インターフェロン治療はC型肝炎初期でないと治療できないと言われました。現在の病状は水がたまってきて、足や手、顔がむくんでいます。アルブミン剤を飲んでいます。今日病院に予約外でしたが、行ってきました。丁度、父がトイレに行った時に診察呼ばれた為、先に説明を受けましたが、だいぶ数値が悪いと言われました。 まだ大丈夫ですよね?と聞いたのですが、いつまでとかはわからない、個人差もあるし、ただ最期は吐血してそのまま亡くなる人、他に転移して亡くなる人のどちらかですと言われました。血小板も5万を切っているとの事ですが、あとどれくらい父と一緒にいれるのかと思うと涙ばかりがでてきてしまいます。ただ父は気が弱いので、先生には、ショック受けるような事は言わないように伝えたので、今日は大丈夫とだけ言ってもらえたので気分的に明るくなっていますが、私は本当の事を聞いたので父の前では、笑っていますが、涙がこぼれそうです。今の癌のステージはいくつなんだろう?末期なのか?あとどれだけ一緒にいられるのか?教えて下さい。もう自分が壊れそうです。

  • 肝臓癌の腫瘍マーカーの値について教えてください。

    父が直腸がんになり、肝臓に転移していました。2ヶ月程前に手術をして摘出しました。(腸と、肝臓一部) 腸の方は人口肛門もつけなくてもよく、癌の部分は全部とれたとのことでしたが手術から1ヶ月半で肝臓に影があるといわれました。 先生の話では、腫瘍マーカーの値は前より下がっているのに・・・となんだかあやふやだったそうです。 影があるのに腫瘍マーカーの値は下がるものなんでしょうか? それとも影は癌でないのでしょうか? 知識のある方よろしくお願いします。

  • 膵臓癌 レベルIVb の治療法について

    父が上記病気と発覚し、入院しました。 肝臓に転移あり。胆管閉塞あり。糖尿病併発。肝硬変併発。 放射線、外科的治療不可、と判断され、 当初の余命は半年、と言われて居ました。 その後、入院してから細かい検査を開始し、 胆管閉塞の処置としてステント手術を行い、 ジェムザール単体の治療を行いましたが (肝硬変があった為、通常使用量より2割減で投与) 1クールで副作用が強く出ており、さらに肝硬変が進んでおり、 抗癌剤を投与してから5日目ですが 癌の進行も進んでおり、 これ以上の治療は困難と言われました。 TS-1との併用治療なども考えておりましたが 肝硬変が進んでいるので難しい、とのことです。 このまま痛みを取る治療を選択するしかないのでしょうか? 教えていただけると助かります。 宜しくお願い致します。

  • 慢性腎不全があると肝臓癌の治療はできないの?

    63歳の叔父が、長年の肝炎からアルコール性肝硬変になり、最近肝臓癌が発見されました。5cmの大きさです。叔父はその他に慢性腎不全を患っており、(透析までは至っていません)医者からは「治療法はない、5センチは大きく、手術したとしても根治はできないし、腎臓に負担がかかる、そして、予後1~2年」と言われました。腎臓に負担がかかるということで、造影剤も使えず、CTとエコーしか行っておりません。本当に癌なのかもわかりませんが、疑いはとても強いそうです。 質問ですが腎不全でも何とか治療はできないものでしょうか? ところで予後って、余命ではないですよ・・・ね?何故「予後」なんですかね。1~2年は生きられるのでしょうか?

  • 胆嚢癌について

    昨年の11月に、父が胆石で腹腔鏡手術をし、胆嚢を摘出しました。 十数年も前から胆石がありましたが大した症状もなく、放置していたけど、 昨年の秋に具合が悪くなり、胆嚢が腫れているし、石も詰まっているとの事で、摘出となりました。 摘出した胆嚢は、主治医も驚くくらい、腫れていたそうです。 その後、年明けの1月に術後の検診と、胆管にも石がある疑いで病院に行くと、 摘出した胆嚢から癌が見つかったとの事。 肝臓にくっついている臓器なので、肝臓にも癌が転移している可能性も大きいと言われました。 いろいろ検査をして、PETも受けましたが、それらの検査では転移は見つかりませんでした。 でも、PETでは分からない小さい癌が周辺に散っていることもあるし、 念のため手術をし、肝臓の一部、石が見つかった胆管も短く切ることを勧められています。 お腹を切ったとき、周辺に癌が散っていると手術はできない、そのときは余命半年。 とも言われました。(たとえ話かもしれませんが・・。) 父も手術を了承しました。 2月のはじめに手術予定でしたが、最近になり、2月の下旬に日程が変わりました。 11月に胆嚢を摘出し、癌があったのに、次の手術まで3ヶ月も放っておいて大丈夫なのでしょうか。 その間に癌が発生してしまう可能性など無いのでしょうか。 もしくは、急を要する手術でもなく、父の体も心配するほどの事ではないのでしょうか。 胆嚢癌のことを調べてみても、全く良いことは書かれていません。 いろいろ考えると、不安でいっぱいです。

  • 胆嚢癌と抗がん剤について

    今年の2月に父が胆嚢癌(SS)で手術をしました。 元々は胆石で腹腔鏡手術をし、摘出した胆嚢から癌が見つかり、 腹腔鏡手術から約3ヵ月後に、転移の疑いのある肝臓やリンパ、胆道などを一部摘出する手術を行いました。 摘出した臓器を検査しましたが、癌の転移は確認されませんでした。 父の意向で、念のため、抗がん剤を投与しています。 しかし、癌のあった胆嚢はすでに摘出しており、 周辺の臓器からも癌は発見されていませんので、 抗がん剤を投与しても、その効果はわかりません。 それでも、抗がん剤は有効なのでしょうか? 体に負担をかけているだけではないでしょうか? 3週投与し、1週休み。というサイクルです。 しかし、白血球が減少し、実際には1週投与し、1週休み。のサイクルになっているようです。 癌の再発も心配ですが、抗がん剤の副作用なども心配です。 父はこのまま抗がん剤を続けたほうがいいのでしょうか? ご回答お願いいたします。