• 締切済み
  • すぐに回答を!

慶應法学部 第2外国語選択について

先日、慶應法学部の指定校推薦に合格した高3のものです。 英・独・仏・中・西・露・朝鮮・イタリア語の8つの中から 2つ履修科目を選択して、1週間後に登録用紙を提出する ことになっています。 1つは英語にするつもりですが、もう1つを決めかねています。 今のところ、中・西に気持ちが傾いているのですが・・・ それぞれの講義の雰囲気、難易度、予習・復習の量、男女比、 履修者の人数などを教えて下さい。(出来れば、仏・独に ついても教えていただけると嬉しいです。) あと、どの外国語を選択するかによってクラスとかも 決まりますか?他にも外国語選択によって決まることがあれば、 なるべく詳しく教えてほしいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1516
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2

合格おめでとうございます。 私は慶應の法学部で二年間第二外国語として中国語のインテンシブコースを選択しました(第一外国語は英語です)。 インテンシブコースとは一週間に4回の授業があるコースですが、中国語の場合、他の語学のインテンシブコースと比べて楽です。 具体的に言いますと、毎回一ページ程度の会話(6~10行ほど)の会話を暗記することを予習課題として出されますが、30分も準備すれば問題ありません。復習はテスト前だけです。 男女比は男と女が半々くらい、履修者は20数人です。 講義の雰囲気は、まったりとしてます。ときには雑談で1時間潰れることもあります。 ただ、発音をしっかりと教えてくれるので、これは本当に有り難かったです。真面目に授業を受ければネイティブと同等の発音を身につけることができます。 中国語の普通のクラスのほうは、単位を取るための授業といった感じらしいです。予習は一切しなくても問題なく、テスト前にちょっとやれば単位は来るとのこと。男女比は分りませんが、授業を一緒に受ける人数はインテンシブの倍だったと思います(二クラスが同時に受ける)。 他の言語は存じ上げませんが、中国語以外のインテンシブコースはかなりハードらしいです。それぞれそのハードさに見合ったものが身に着くとのことですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。参考になりました。 インテンシブコースでも、まったりとした雰囲気で予習が30分程度と聞いて安心しました。私は法務系の資格取得を目指していて、第2外国語にはあまり時間をかけたくないので、負担が少なそうな中国語のレギュラーコースに気持ちが傾きました。

  • 回答No.1

合格おめでとうございます。慶應社中へようこそ。 当方、ずいぶん前の卒業生ですが…(40代・♂) 制度が変わっていないとすれば、語学の選択でクラスが決まります。 英語は取らずに、たとえばフランス語と中国語を取ったとすれば、英語-フランス語、英語-中国語のどちらかのクラスに所属し、もう一つの語学は別のクラスと一緒に受講することになるはずです。 私の在籍当時、学部全体としての男女比は4:1ぐらいでしたが、フランス語のクラスだけは3:1、あるいは2:1ぐらいでした。今ではフランス語のクラスは女性のほうが多いところもあるのでは? クラス分け以外にというか、クラス分けに伴って、必修の授業の時間が変わってきたりします。ただ、これは、すべての講義のタイムテーブルが決まるまで(即ち来年4月まで)、どの時間に必修が来るかなどは分かりません。 同じ必修の単位なのに、ドイツ語クラスは楽勝の教授、フランス語クラスはシビアな教授…といった悲劇は毎年起こります。 語学の授業の難易度ですが、僕らのころは「スペイン語は楽勝」と言われていました。スペイン語選択は「P組」なので、口の悪い連中は「パー組」などと呼んでいましたねえ。 一方、難しいと言われたのがロシア語です。選択者も少なく、1クラスの半分ぐらいの人数しかいなかったかも。また、僕らのころは朝鮮語・イタリア語はありませんでした。 私自身はフランス語でした。かわいい女の子が多くて最初は「ラッキー!」と思いましたが、全く恩恵はありませんでした。 20年以上も前のことなので、お役に立たなかったらごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 外国語選択でクラスが決まるんですね。 よく考えて選択しようと思います。

関連するQ&A

  • 外国語選択について

    大学の外国語選択で迷っています。 わたしの進学先では、第二外国語がありません。 英、独、仏、中、露、スペイン語からどれか一つです。 教職の免許取得を考えている人は英語を選びなさいと書いてあります。 わたしは将来、貿易や国際協力の仕事につきたくて、特にアフリカや東南アジアなど後進国との貿易に力を入れたいと思っています。 やはり英語を選択するべきでしょうか。 知らない言語を学ぶことは人生の糧になります。異なる視点を手に入れることを期待して、スペイン語などをやってみたい気持ちはあります。 英語は苦手ではありませんがペラペラ話せたりはしません。しかし英語はみんな高校で履修済みなので大学ではやはり難しいところまでやりますよね。それでついていけなかったらどうしようと不安でもあります。 だいたいの学生は英語を選択するのでしょうか。 それともあまり深くやらない英語以外の言語で単位を狙ったりするのでしょうか。 今のところ、やはり英語を選択して、空き時間などに独学で他の言語をやってみるのがいいのかな、と考えています。 質問がまとまっていなくてすみません。 ご意見をいただけたら幸いです。

  • 外国語選択について・・・

    私は今年早稲田大学に入学するのですが、外国語選択で悩んでいます。 7ヶ国語(英・独・仏・露・中・スペイン・朝鮮)の中から2ヶ国語を選択する事になっています。 一つは高校でもやっていたこともあり、中国語をとると決めています。問題はあと一つ何をとるかです。 パンフレットには大抵の学生は英語と未習外国語という形をとると書いていました。私も英語をとるのが無難かなと(一般的に英語はやっておいた方が良いと言われているし)思うのですが、いま少しドイツ語に興味があるんです。 また未習外国語なら初級から(つまりスタートラインが一緒)なのに対し、英語は中級からということで少し不安です。 というのも私は英語が苦手で、早稲田くらいになると学生も授業もレベルが高いでしょうからついていけるか心配です。 それならば興味のあるドイツ語を選択したほうがいいのかなと思ったり・・・ ただ、ドイツ語自体難しいと聞きますし、英語が苦手ならなおさら難しいというのをネット等で見ました。それとやはり大学で英語をやっていないというのは、この先ウィークポイントになるのでしょうか? 別に大学で英語をやっていなくても就職等で困らないのであればドイツ語を選ぼうかと思っています。 何か良いアドバイスをお願いします。 あと他の外国語にするつもりはないので。(英語かドイツ語かということで)

  • 大学の外国語選択なんですが、

    大学の外国語選択なんですが、 第一言語は英語にし、 今後役に立つ可能性を考えて中国語を第二に選び、 もう一つ独か仏どちらかを選ばないといけなくて、迷っています。 仏は少しかじったことがありるので、独をやってみたい気持ちもありますが 独は全くどのようなものかわかりません。 文法等の特徴など何かありましたら教えてください。 仏は英語と単語など共通する点も多いしやはり仏を選ぶ方がよいでしょうか。よろしくお願いします。

  • 選択外国語

    大学生になったものですが大学の履修で外国語をとることができます。 その外国語とは以下のものです。 ・中国語 ・フランス語 ・イタリア語 ・ドイツ語 ・ポルトガル語 ・ハングル語 ・スペイン語 この中でどれをとろうか迷っています。語学習得はどれも難しいですが比較的わかりやすく、役に立ちそうなのはどれでしょうか?? ベスト3位まで上げてもらえるとうれしいです。

  • 無料の外国語翻訳サイト

    日本語対応の外国語翻訳サイトを探してます。 外国語は仏、伊、西、独など何でもOKです。 出来るだけ使いやすいサイトを希望します。 ちなみに、翻訳でなくても辞書、辞典のようなサイトでもOKです。

  • 大学で履修する外国語について

    法政大学文学部に合格しました。 この大学では、英語の他に「諸外国語」として、独、露、仏、スペイン、中国、朝鮮語のうち二ヵ国語を必ず選択しなければならないようで、どれとどれを選ぶべきか迷っています。 私の希望する条件は、 ◇覚えやすい ◇面白い ◇将来的に少しでも役立ちそうなもの です(優先度高いものから書きました)。この3つに当て嵌まるものをチョイスしたいのですが‥ 説明書を読んでも全く検討がつかないので、詳しい方、解答よろしくお願いします。

  • 外国語+世界史+経済・経営

    タイトルのままなのですが・・・ 外国語(英・仏・独・西)のうち二つが学べて、それに加え世界史(特に文化)と、経済か経営を学べる大学・学部を探しています! 私は特に外国語を重視して学びたいので、外国語教育に熱心な大学を知りたいです。私立、国公立は問いません。

  • 東大の入学試験 外国語について

    学力試験は、外国語に於いては (文科各類) 外国語:英(英I、英II、リーディング)、独、仏、中から1外国語 ただし、問題の一部分は、届け出た外国語に代えて、英語、ドイツ語、フランス語、中国語、ロシア語、スペイン語、韓国朝鮮語のうちから一つを試験場において選択することができる。 ・・とありますが、例えば中国語を選択した場合、その試験には英語の問題などは一切含まれないのでしょうか?

  • 独or仏、どちらがラテン語に近い?-第二外国語選択。

    この春、無事大学に合格しまして、第二外国語で何を取ろうか悩んでいます。 因みに文学部です。 私は中学・高校がカトリック系だったこともあり、ラテン語にとても興味があるのですが(いつか聖書を原文で読んでみたいです笑)、残念なことに第二外国語の選択は、独、仏、露、韓、中、の5つだけでした…(U_U;) そこで質問です。ラテン語と近いもの、共通点が多いものは独と仏だとどちらでしょうか? 韓、中、露は興味がないし関係もないので省きます。(露は激ムズだとも聞きますし…) 最初は独を学ぶつもりでいましたが(カフカが好きなので)、独は実用性が少ない、使用地域が狭いなどと聞いて、迷っています。カミュも好きなので、その点では仏にも興味があります。 何かございましたら、どうぞ書き込みよろしくお願いしますm(_ _)m

  • 第4外国語以上を学ぶ

    こんにちは。 現在、大学2年年で総合系の学部に所属しています 第2外国語でフランス語、第3外国語でロシア語を現在履修しています。それでも、ものたらず、第4外国語以上も習おうかと思っています。外国語の成績についてはすべてオールAで、他に履修する余力もあります。 ただ、履修して、就職するときに、多くの外国語を履修してきて、どんな風に思われるか気になります。 専門分野として、地域形成やマーケティングについて深めていきたいと思っています。また、卒業する頃には、主に学んだ外国語として、英検は1級、フランス語検定も2級程度をとる予定です。 ただ、他の言語に関しては、せっかく勉強できる環境があるのだから、日常会話の基礎をつけ、その地域の事情を楽しむ、そして視野を広げる意味で、さらに幾つかの言語を履修してみたいと思っています。(それぞれの言語、国・地域の関係など、なにより興味深いので) 例としまして、高校の時に2年間勉強したドイツ語、フランス語に似ているスペイン語、イタリア語、アジアの外国語で中国語などです。 大学では、英吾も含め6ヶ国語履修できます。(そこまでやるひとは数少ないと思いますが。。) 自分の専門分野と、それなりの外国語(英吾能力)があれば、「中途半端」であると、マイナスのイメージを強く思われることはないでしょうか。