• 締切
  • すぐに回答を!

性生活についておたづねいたします

  • 質問No.3557711
  • 閲覧数5533
  • ありがとう数43
  • 回答数14

お礼率 40% (6/15)

団塊の世代の男性です。夫婦仲がよくないためもう長く「セックスレス」で今日を迎えています。最近富みに「異性」に関心がわいてきています。女性の尊厳を「侮辱」したようなお金で性欲を処理するようなことは考えてもいませんし、インチキな出会い系サイトにお金をつぎ込むようなことも念頭にありません。増してや、ネットでアダルトサイトに無駄金をつぎ込む余裕など持ち合わせておりません。仕事は幼稚園勤めで、若いお母さんたちと会話の機会などもありますが、具体的な相手がいるわけではありませんが「こんな人と仲良くなれたら・・・」などと考える時があります。自慢話をするつもりはありませんが、リップサービスでしょう「十歳くらい」若く見られています。質問させていただきたいのは、円満な家庭生活を送っていらっしゃる方には理解いただけますかどうか分かりませんが、同世代の方男女を問わず「性欲」とどのように対峙されていますか。

回答 (全14件)

  • 回答No.14

ベストアンサー率 40% (2/5)

 私は1956年生まれの女性です。
 主人は16歳年上で、もう5年程夫婦生活がありません。
 主人はで「きなくなった」ので全く性欲というのはないようで(クラブのお姉ちゃんと遊ぶのは好きなようですが)私には触れようとしなくなりました。
 「できない」主人に要求するのも酷な気がして、我慢しています。
 他の人とセックスがしたいわけではないのですが、女としての人生がこのまま終わってしまうのは寂しい思いです。
 60歳過ぎても週に2~3回というご夫婦の話を聞くとわが身と比べて悲しくなります。
  • 回答No.13

ベストアンサー率 15% (23/153)

19年生まれです。定年退職後、関連会社でまだ仕事を続けています。
嘱託で週4日の勤務、アドバイザーのような仕事です。収入はそれほどでもありません。
自慢する気はないのですが、皆様に刺激を与えたいと投稿しました。
3人(2人半?)のセフレがいます。
(1)学生時代に同棲していた2才下の女性、25年間音信不通でしたが
 病気で入院しているとの風の便りからお見舞いに行ったことがきっか けとなりました。気の合うさばけた人、若々しい感じです。
 年に2~3回食事と昔話、その内1回くらいはセックスしたりしま  す。私の方がまだ気持ちがある内に(遠距離恋愛中)他の男性が好き になったと言われたいきさつで復讐のような気持ちもあります。
 これが半です。
(2)15才下の×1女性、夫との離婚に悩んでいて相談にのっていたの がきっかけです。もう10年を越えます。週に1回くらいから最近で は2週間に1回くらいの出会いの回数です。私のどこがいいのか、彼 女は週1くらいは会いたいと言っています。単なる惰性ではなく会え ば3~4時間くらいはベッドにいますが、どうすればスムースに別れ の日を迎えられるかと私は今は悩んでいます。
(3)半年前くらいから知り合った20才下の人妻、(この人には3才年 をごまかしているので多少罪悪感があります)
 とてもきれいな人です。性的にはもう一つというところがあります  が、2週間に1度くらい会っています。
 出会いの経過はもしやということもあるので秘密です。ひょんなこと で親しくなりました。(出会い系ではありません)

私は映画、音楽、読書、旅行と趣味は広いです。自分で言うのも何ですがおしゃれで10才くらいは若く見えるようです。
さて、落とし方ですが(ホントはテクニックじゃないんですが)女性の夫やそれまでの彼とは違う面(服装も含めて)を出します。
ですから、いきなり口説いたりはありません。何回かの会話の中から用意周到に自分のアピールの仕方を考えるわけです。

お伝えすることはたくさんありますが、相当に長くなりましたので割愛しますが、(1)の女性とのメールのやりとりを妻に発見され、妻は少々精神的にまいっています。
性的なことはもう終わってますが、私は妻が一番好きなので今後は妻孝行をしたいと思っていますし、多少の倫理観も持ち合わせているつもりですが、自分の男としての自信や出会っている時の甘美な体験を思うとなかなか真面目な道に戻りにくい思いもあります。

これはこれで悩むことも多い毎日ですが、シルバーエイジとは違う充実感もあります。みなさんはどう思われますか。
回答じゃなく質問投稿みたいになってしまい申し訳ありません。
  • 回答No.12

ベストアンサー率 40% (6/15)

 性生活は、それだけでは存在できず、いろいろな要因に絡まれていると思いますので、男性がしたいからといっても、相手がその気にならなければ、どうにもならないでしょう。
 ポイントは、何事でも相手をいつでも better half(自分より、より良い半分)として大事にすることだと思います。普段の生活でも相手の、自分に対する満足感にいつも配慮することです。それが愛です。見返りを期待しない無償の行為なのです。
 性生活では、相手の生理周期に配慮し、いつごろが「その気」になりやすい時期なのか、閉経後の女性には、どのようにして膣を潤すか(ゼリーを使うのも含む)、相手がどのようなことを自分に求めているのか、その辺を十分わきまえて相手がリラックスしている中で相手を満足させることを、本当に、仕事以上に一生懸命考えることが必要です。
 今、私たちは、歳が吉永小百合世代ですから、スムーズな挿入方法や体位に工夫が要ります。男性側にどうしても負担がかかるので。また、射精に至らないこともありますが、相手は、なんとか射精させ私も満足できるようにと、いろいろ配慮してくれていることに頭が下がります。
 このようなお互いへの思いやりが、コミュニケーションの最高形体と思われるセックスライフをリッチなものにしてくれるのではないでしょうか。
 
  • 回答No.11

ベストアンサー率 0% (0/0)

ANO.11です もっと話を聞きたいとのことで、返信します。いろいろなやんでいますが、 まずあなたの誤りは 誤解してます、 一番世の中ですなおで 素晴らしい人間に 会えるのは 言葉は 悪いですが あなたが思っているとおもわれる。 不良少年、不良少女 です。 この人達の中には 素晴らしい人達が 多い、 素直です。 醜い大人と違います。お金できょうしく しますが、 そこはだけは 割り切ってください。 ただし、身分証明書に近い物とかは 一切持参しないでください 万一が有ります。でも 金さえあれば 恐れることは 有りませんが 小分けにして、それなりに 慎重に 出して下さい。与え過ぎてもいけません。心が一番大切で素直なことが一番ですが、女房には・・・・で頑張りませう。
  • 回答No.10

ベストアンサー率 0% (0/0)

私は23年生まれです。私も悩んでいますが、私より最悪だと感じましたが私より金持ちだなとも思っています。私はこの半年位は妻に性以外の奉仕活動をしています、マッサージ、ドライブ、皿洗い、・・・効果有りません。昔は淡白で妻にそっぽを向かれた感じです、今は後悔し悩んでいます。性処理は自慰、個別ビデオ、ストリップ、インターネットなどなど楽しんでいますが。素人はあとが怖くて怖くて、金が一番気が楽ですね。私もこれから半年、一年、を掛けて妻を口説こうと思います。ある人からもっと言葉を大切に言われてますので、研究したいと思ってます。
お礼コメント
yumi2744

お礼率 40% (6/15)

私も23年生まれ同じような行動で対処されてきたようですね、と言うよりそれしかなかったようですね。全く同感です。「金が一番気が楽」とのことですが正直なところそのようなお店に出向いたことがありません。どのようなお店があるのでしょうか。昨日も川崎の「au」ショップに用事があって出かけましたが周りのお店が妙に「いかがわしく」見えてしまうんですがここから脱却しないと駄目なんでしょうか。再度ご教示下さい。
投稿日時:2007/12/20 20:15
  • 回答No.9

ベストアンサー率 15% (22/141)

セックスレスより夫婦仲良くするのが先なのではないでしょうか・・・。と、逆に素朴な疑問を抱えてしまいました。私の中でSEXって言うのは、愛情表現の一部でしかないので、なくても全然平気なので・・・お答えになってなくてすいません・・・。
お礼コメント
yumi2744

お礼率 40% (6/15)

回答いただき感謝申し上げます。おっしゃるとおりSEXを先に考えるより「夫婦仲が先の問題」とのことですよね。家庭内別居が約5年近く迎えるとなかなか「元の鞘」に収めるにもタイミングなど諸々解決しなければならない問題が噴出してきます。しかし、避けて通ろうとすれば「現状甘受」の道しか残っていません。凧揚げで友達と糸が絡み合いほぐしていった経験もありますので、ひとつひとつ解決に向けて頑張ろうと思います。ご助言ありがとうございました。
投稿日時:2007/12/10 18:12
  • 回答No.8

ベストアンサー率 21% (5/23)

男性としての話はさて置いて、有名な女性歌手(68歳)が20歳以上歳の離れた男性との結婚が云々されてますね。これをどのように解釈しますか?SEXは男性の専売・・と思っていたけど、実は女性について、「異性を感じる事・・・は?」の質問に、「火鉢の灰を火箸でかき回しながら・・・」と言う逸話が有名ですよね。「つまり、灰になるまで」と言う答えでしょう。性の悩みだは男性だけではないんでしょう?
求めてる・必要を感じてるのは両性とも同じなんでしょうね。
お互いに頑張りましょう!
お礼コメント
yumi2744

お礼率 40% (6/15)

「灰になるまで」は良く聴く言葉ですね。「妻」が求めているのかどんな方法がいいのか悩みますが模索したいと思います。ありがとうございました。
投稿日時:2007/12/08 21:52
  • 回答No.7

ベストアンサー率 0% (0/3)

夫婦仲の悪い原因が、どう言うものなのかわかりませんが、そこのところはさておいて、あなたの性向は、正常と思います。アダルトサイトや若いお母さんに目が向くのも、男として当たり前のことと思います。ただその先の行動が理性あるものであるかは、あなたしだいです。そのままつ走るのであれば、問題外!!「性欲」をどのように、との質門は、ナンセンス100人100通り、レスでも仲のいい夫婦はいくらでもいます。これから先あなたがどのような夫婦生活を目指したいのか、わかりまんが、楽しいセックスを楽しもうと思うなら、まず夫婦仲をしっかり修正し(夫婦仲はあなた二人だけしか治せない)そこから二人にあったセックスをすればよいと思います。そうすることで自然と無理なく楽しめると思います。私は団塊の世代より少し上ですが、私たちの場合とてもうまく楽しんでいます。旅行に行ったり、ドライブしたり、やはりまず夫婦仲をしっかり直して下さい。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 16% (83/518)

>「性欲」とどのように対峙されていますか。
 「対峙」などと表現できるような精神性はありませんが (^o^) 直接にお答えすると、自慰です。
 事情あって妻と別居しています。2ヶ月ほど前から交際を始めた女性がありますが、彼女を性的対象として選んだわけではないこともあり、体の繋がりはまだありません。ふたりで話しているだけで楽しいし、充足感があるのです。青年期と異ってわれわれ世代の性欲は思いの外複雑なようですね。男の場合、女性よりmentalな条件が大きく左右するように思えます。あなたの場合、奥さんとの不和から来る精神的不満がそのような要求を余計に引き出している、ということはないでしょうか。

 ANo.5さんご提案の「奥さんを誘ってみる」のも、ひとつの行きかただと思えます。あれこれ考えずダメもとでやってみるのです。拒否されたら振り出しに戻っただけ。次を考える。重くしないで軽く「対峙」なさってはどうでしょうか (^_^)v
お礼コメント
yumi2744

お礼率 40% (6/15)

みなさん忌憚の無い回答ありがとうございます。いろいろいただく助言に対して「本当に」うれしく感謝しています。
「妻」には何回か「話し合い」の意向を何年か前に伝えた記憶がありますが、「仕事が忙しい」を理由に断られています。「妻」は公務員で管理職の立場にあり、実際に私もボランティア活動の中で行政に関わる人たちとの付き合いがありますが賃金は据え置かれたまま人員ばかり減らされ「忙しい」のは良く理解できることですが、物事の「重要度順」を考えるなら「忙しい」のは口実で「私とは縁を切りたい」のではないかと思っています。現実に「離婚届」の用紙も私が記入すれば知り合いに保証人になってもらって直ぐにでも「他人」になれるところまできてしまっているので「妻を誘う」ことなど到底できません。これから先年金問題などで私に不利な条件さえ出てこなければ、ズルズル今の生活方法を甘受するより仕方ないのかもしれません。幸いに知り合いに社会保険労務士がいますので「最終結論」を出す時には彼に相談をしてみようとおもっています。御礼をするつもりが「愚痴」になってしまいました。お詫びさせていただきます。
投稿日時:2007/12/01 17:31
  • 回答No.5

ベストアンサー率 35% (843/2406)

団塊の世代を少し通り越しました。

愛情が冷めて今日を迎えられたようですね。
果たしてセックスだけが生きがいというのも考え物です。
第一、勃起力も衰えてうまく挿入も出来ないような状態に陥っていませんか?

去年の同窓会で片思いだったはずの女性から酔った勢いでキッスの嵐を受けてしまった一人です。
彼女とはその後連絡を取っては居ませんが、夢にも出てきます。
若ければな・・・。

本題ですが、何年かぶりに家内に一緒に寝ようと誘われました。
久しぶりでしたが、残念ながら持続しません。
最悪にも私は達しませんでした。

休日前には一緒に寝よう と約束したのが一週間前のことです。
明日の土曜日が楽しみではあります。

誘ってあげてください。
奥様も待っていますよ・・・。
大切な事はきっかけです、そしてチャンスは今しかありません。
14件中 1~10件目を表示
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ