• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

一般動詞の疑問文とbe動詞の疑問文の区別

高校中退して、大学を受けようと現在中学の英文法から勉強してる若輩者です。ふと疑問に思った点を質問したいと思います。 英語は全く駄目だったので質問内容が分かりにくかったらすみません。 タイトルの通りと言えば通りなのですが、 一般動詞の疑問文(do/does/did)とbe動詞の疑問文(Is/Are/Wasが先頭)の区別、要は使い所、使用されるケースと言えばいいのでしょうか 英訳で、上記の疑問文を使うシチュエーションになった場合、この状況では双方のどちらかを使用した方がいい、といった様なモノなのか、 それとも、シチュエーションに限らず、二通りの方法があるということなのか教えてください。 多分とてもクダラナイ質問になってると思うんですが、宜しくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数384
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

平叙文 (単に「~だ」というだけの文) で be動詞を使っているかその他の動詞を使っているかで区別してください. 歴史的には, 英語における疑問文の作り方は 1.be動詞とか一般動詞とかに関係なく, 動詞を主語の前に置く 2.do の発達にともない, be と have 以外は「疑問文を表すマーカ」として do を先頭に置く 3.(特にアメリカでは) さらに have も「一般動詞」扱いになり, 疑問文ではそのマーカとして do を先頭に置く と変化してきています (なお, これと並行する形で否定文も変化しています). ドイツ語などでは今でも1のままです. むしろ1のままの方が簡単な気がする....

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

ことばをむずかしくしているだけです。 要するに、文には行為と状態の2通りしかないということ。 「~である」という文と「~する」という文。 前者の動詞がbe動詞、後者の動詞が普通一般の動詞(食べる、眠るetc)。 それだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • tjhiroko
  • ベストアンサー率52% (2281/4352)

簡単に言ってしまうと、英語の動詞には一般動詞とbe動詞の2種類があり、一般動詞の文を疑問文にするときには頭にdo/does/did を出して作り、be動詞の文を疑問文にするときはその使われているbe動詞そのものを頭に出して作る、ということになります。 簡単に例を出してみますと You like the book. → Do you like the book? He likes the book. → Does he like the book? You liked the book. → Did you like the book? You are a student. → Are you a student? He is a student. → Is he a student? You were a student. → Were you a student? He was a student. → Was he a student? He is singing. → Is he singing? (進行形でbe動詞+一般動詞のing形ですが、be動詞がメインですからこの形です) 理屈で考えるとすると、一般動詞の文も「(do/does/did)+一般動詞の原形」という形が本来だと考えれば分かりやすいかもしれません。今でも強調するときにはこのような形にします。 You like the book. →(強調すると)You do like the book. He likes the book. →(強調すると)He does like the book. You liked the book. →(強調すると)You did like the book. で、これらの文を疑問文にするときはそれぞれdo, does, did を頭に持ってくるだけですので、be動詞の時と同じ作り方ですよね。 うまく説明できたかどうか分かりませんが、ストンと落ちましたでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 英会話: be動詞 と 一般動詞 特に疑問文

    こんにちは.英会話について,それなりに勉強して参りました.そのおかげで,日常は支障がないくらいには聞き取れ話せるようになったのですが,今でもかならずつまづくのが表題の件です. 今でもすらすらしゃべれる訳ではなく,時には,英文を頭で考えた後に声に出す,ようになってしまいます.特に,それが顕著なのが,疑問文です.私の頭では,どうしても次のように考えてしまいます. 1.自分が今話そうとしている文で使われるのは,一般動詞なのかbe動詞なのか? 2.一般動詞か,それならば,do系(do,does,did)だ / be動詞か,それならば・・・ という具合です.もしこれを考えない場合,例えば Where are you go? とか Do you ... と言った後に,あっ違う...Are you in your office? (場合によっては,Do you in your office? とも言ってしまう) という具合に,変な文章を言ったり,言い直したりしています. 直せばいいのかもしれませんが,ここで疑問が湧くのです. 一体,ネイティブの人達は,どういう思考回路やイメージから,be動詞と一般動詞をすらすらと使い分けているのでしょうか? 私のように,1.2のステップを踏んでいるとは思えず,この疑問から何かネイティブの考え方が見えてくればいいなと思っております. とても真剣に考えており,悩んでおります. どうか,アドバイス頂けるととても幸いです.

  • 疑問文での助動詞 Do Does Did の省略

    1)会話では疑問文で助動詞がよく省略されると聞きますが、下記の例文ように Do は Do を省略した疑問文と平叙疑問文とは同形になると考えますが正しいでしょうか。 疑問文 Do you live in Tokyo? Do を省略した疑問文 You live in Tokyo? 平叙疑問文 You live in Tokyo? しかし、下記の例文の Does を省略した疑問文では動詞は原形のままですか、それとも助動詞がないので動詞 live に3単原の s を付ける必要がありますか。仮に後者であれば Does を省略した疑問文と平叙疑問文とはやはり同形になると考えてよいですか。 疑問文 Does she live in Tokyo? Does を省略した疑問文 She live in Tokyo? She lives in Tokyo? 平叙疑問文 She lives in Tokyo? 2) 会話でも助動詞 Did の場合は下記の例文のように省略されることはありませんか。省略可能であれば動詞は原形、過去形のいづれが正しいでしょうか。 疑問文 Did you ever live in Tokyo? Did を省略した疑問文 You ever live in Tokyo? You ever lived in Tokyo? 平叙疑問文 You ever lived in Tokyo?

  • 英文法基礎、感嘆文で疑問文を作る際に、doesを用いる場合はどんな時で

    英文法基礎、感嘆文で疑問文を作る際に、doesを用いる場合はどんな時ですか? 続けての質問をすみません。また感嘆文で詰まりました。 例文  His brother plays the guiter very well. 疑問文 How well does his brother play the guiter? 例文を疑問文に直す際に、doesが入るのはなぜでしょうか? どういう場合に、dose(do)を使いますか? 宜しくお願いします。

  • 疑問文の作り方

    be動詞、DOなどを使った疑問文の作り方が苦手です。 今テキストをしてるのですが、 ちょっとパターンが変わると、悩んでしまいます。 (1)He's wearing blue jeans today. (2)He wears blue jeans every day. これが回答で、これをヒントに質問文と答え(Yes.I doなどのショートanswer)を作る問題です。 (1)Is he wear blue jeans today? Yes,he is. (2)Does he wear blue jeans every day? Yes,he does. だと私は考えたのですが、何となく疑問です・・・ (1)の「He's」のように「is」が入ってる場合は、疑問文も単純にbe動詞の疑問文でいいのでしょうか? 見分け方がよく分かりません。。。 中には「She studies hard.」という答えの例があり、 これだと私は「Does she study hard?」だと考えたのですが、いいのでしょうか? 疑問文の時は、原型になるんですよね? 色んなテキストをやってみて、どうもこの疑問文の作成が苦手なことが分かりました。 ぜひ、気づいた時点でクリアーしたいので、疑問文の考え方をもう一度教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 疑問文に変えなさい

    She live (in Nara). ()中を問う疑問文にすると Where does she live? (Ted) broke the boy. ()中を問う疑問文にすると Who broke the toy? となり、 Who do broke the toy? とはなっていませんでした。 doを入れるのと入れないのがあるのですが この違いはいったい何なのでしょうか?? Who次にくる文字が主語ではなく、動詞だからdoはいらないという考えであっていますか?

  • 否定疑問文と付加疑問文の混在

    否定疑問文と付加疑問文 否定疑問文と付加疑問文が混在することはあるのでしょうか? 先日このような文を見かけました。 “彼女は公園にいかなかったんだよね?” “Didn’t she go to th e park,did she?” あれ?否定疑問文と付加疑問文が混在してるぞ?と。 文のニュアンス的には以下のように付加疑問文で表されるのが妥当だと思います。 “She didn’t go to the park,did she?” 仮に、 “彼女は公園に行かなかったの?” ならば、 “Didn’t she go to the park?” というように否定疑問文で表されるのが自然だと思いますが、 なぜ上記のような日本語訳を英訳するにあたって、否定疑問文と付加疑問文が混在するのでしょうか? このような文法表現があるのでしょうか。 お詳しい方、お教えいただければ幸いです。 ちなみに他にも否定疑問文と付加疑問文を合わせた、 “彼はお腹がすいてなかったんだよね?” “Wasn’t he hungy,was he?” などのような文もたくさん載っていました。 さらに最早否定疑問文でさえもない、 “Does she play the piano,doesn’t she?” のような疑問文と付加疑問文の混在文も載っていました。

  • 「英文法の謎」を解説している本、ご存知ないですか?

    私にはかねてより疑問に思っていることがあります。 疑問文を作るとき、なぜdo [does, did]を文頭に持ってくるのか? 仮定法で現在の事実に反するときには動詞の過去形、過去の事実に反するときには過去完了形を使うのはなぜか? など このような疑問を解消してくれる本をどなたかご存知ないでしょうか? 私はこれまでに何冊も英文法の参考書を見ましたが、「疑問文はdoを文頭に置き~」と疑問文の作り方は書いてあっても、 なぜdoが登場するのか、なぜ語順が入れ替わるのかなど、「なぜそうなるか」という根本的な理由を説明しているものはありませんでした。 このような「英文法の謎」ともいうべき事柄について、分かりやすく説明している本をご存知でしたら、ぜひ教えて頂きたく思っております。 どうぞよろしくお願いします。

  • 疑問文で

    今中学英語からやり直してるのですが、参考書の中でいきなり Isn't it winter there ? という疑問文が出てきました。 そこは冬ではないのですか? になると思うのですが、今まで勉強してきたbe動詞の疑問文ですと、 Is it a pencil?などでした。 この形の疑問文の解説が参考書になかったので、確認してもらいたいのですが、他に応用すると例えば、 Isn't this book ? これは本ではないのですか? で合っていますか? 「~ですか?」ではなく「~ないのですか?」 なので、Isの後にnotが入ると覚えて良いですか? 初歩的な質問ですみませんが、よろしくお願いします。

  • 英語ではなぜ疑問文や否定文にdoを用いるのか?

    中学の英語で最初に習う動詞はbe動詞ですよね。(そうとも限らないかもしれませんが、いずれにしろ最重要動詞でありますよね。)そして、疑問文にする時は主語と動詞を倒置すると習います。ところが、haveのような一般動詞が出てくると、今度は語頭にdoを置くと教わります。 多くの中学生は このdoは疑問文や否定文を作る時に使うだけで、do自体は意味を持たないことに気付きます。 そこで質問ですが、英語ではどうして、一般動詞はbe動詞のように主語と倒置して疑問文を作ったり、否定文にする時 直接 notで否定できないのでしょうか?

  • 付加疑問文

    付加疑問文の、does't it? や isn't it? を主節の主語や動詞に関係なく、遣うって言うことは有るでしょうか? 勿論もし使うとしても、口語、それもかなり broken だとは思うのですが。。。 たとえば、 I fear someone may steal my money, doesn't it? みたいにです。 もし、使わない場合、上記の文では、他にはどんな念押しの方法がありますか?