テラフォーミングについて

先日、「レッドプラネット」という映画を観て思った疑問です。子供じみた質問なんですが、回答をお願いします。 「RP」...

masa1000rx さんからの 回答

  • 2001/02/05 15:35
  • 回答No.3
masa1000rx

ベストアンサー率 43% (39/89)

 jyabさん、こんにちは。

 ははは、火星人の集団がプラカードもってデモとか起こしたら、面白いでしょうね。問題は火星に生命体が存在するかどうかですね。もしいれば地球とは異なった進化をしていることでしょうから、学術上非常に貴重なため改良作業は行われないかもしれません。しかし、そこまで切羽詰まった状態で果たして火星のバクテリアの心配をするかどうかも疑問です。地球上ですら、環境アセスメント無視で、埋め立て・干拓するくらいですしね。
 
 実際の環境整備には、200年とか2000年とかいろいろ見た記憶があります。どちらにしろ壮大です。環境維持も大変そうですよね。コロニー内の環境維持実験はすでに行われています。閉鎖型生態系実験施設(CEEF)を使ったものですが、アメリカでの長期実験は失敗したと記憶しています。こちらも難しいと言うことでしょうか。ということは、とりあえずコロニーあたりで様子を見つつ、テラフォーミングで大規模に移住というのが現実的(SF的ですね、、)かと思ってきました。

 金星なのですが、こちらは自転周期(243日)の問題で、大気改良以外に自転加速というさらなる難関が待ち受けています。でないと121日の昼の間は猛暑、逆の夜は極寒、その間は暴風になってしまいます。あ、公転があるから半分かな。

 さらにもし、スペースコロニーを浮かべるにしても、火星のほうがいいのではないでしょうか。理由は、火星ならばそのままでも非常用の基地の設置や資源開発が可能だと思うからです。金星はそのままでは高熱のため着陸すら困難と思われます。

 yenさんのバンアレン帯はぜんぜん思いつかなかったですね。調べると金星もないみたいですね。ふーん、その点では同等ですか。しかしいろいろ考えることがあって大変ですね。とても素人では太刀打ちできないというとこでしょうか。

 ところで、こんな研究をしている大学がありました。すごいですねー。
お礼コメント
jyab

お礼率 52% (18/34)

解答ありがとうございました。

私は火星人ではなく普通の地球人の環境保護団体が、「原告バクテリア」と書いて提訴することを想像しました。(グレイじゃありませんし、タコでもありません。ただし、本人たちは着グルミを着ているかもしれません。)

裁判長が「原告、氏名と住所を述べよ。」と質問してきたときに何と答えるのでしょうか?

自転加速ですか、考えてもみませんでした。やはり地球人は大人しく地球にへばりついているのがいちばんなんだなぁとしみじみおもいました。

話を蒸し返しますけれど、気温については、金星は温室効果のため、高温なのだと記憶しています。また大気の成分は、二酸化炭素と硫酸などと記憶しています。ですから、二酸化炭素の濃度を下げてやれば、気温は下がるのではないかと思いましたがどんなもんでしょう?
火星は、ドライアイスのイメージがあるので、気温が低い気がします。惑星全体の気温を上げるのは難儀ではないですか。

地表に東京ドームのバッタモンを並べれば一緒かも知れませんが'''。


リンク先を見ました。すごいですねー。
日本にも太陽系スケールの研究をされている方がたくさんいらっしゃるのですね。
投稿日時:2001/02/14 17:04
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • テラフォーミングを達成した後 天文学・宇宙科学

    仮に火星のテラフォーミングに成功して、火星が 地球のようになったとしても、結局時間が経てば 元に戻るんじゃないですか?...

  • この(環境)科学の問題解けますか? 科学

    この(環境)科学の問題解けますか? πR^2S(1-A)=4πR^2εσT^4 …(a) Sは地球についての太陽定数(=1.37kW/m2)、σはステファン・ボルツマン定数(=5.67×10^-8W/(m2・K^4)、 Aはアルベド(日射を地球(惑星)が反射する割合)、εは地表面からの赤外線の宇宙への逸出割合(温室効果がない場合は1、ある場合は1より小さい)、Rは地球(惑星)半径、Tは全球平均地表面温度(K:ケルビン単位)。 なお、太陽系の惑星に適用する場合、Sは「惑星と太陽間の平均距離」の2乗に反比例するものとする。 <設問> テラフォーミングの参考のため、式(a)を火星に当てはめる。火星は二酸化炭素の薄い大気に覆われており、その全球平均地表面温度はマイナス43℃である。「火星と太陽間の平均距離」が地球のそれの1.52倍、火星のアルベドAが0.1の計算条件で、火星のεの値を求めよ。(小数点以下4位を四捨五入して小数点以下3桁まで求めよ) 計算式の展開過程、説明を記すこと。 【ヒント:式(a)の中のWの単位を整合させること。Aとεには単位がつかない】...

  • 科学の問題がわかりません 科学

    科学に詳しい方お力添えお願いいたします。 下記の設問がわかりません。 この設問が解ける方よろしければご解答宜しくお願いいたします。 地球の温度は大局的には太陽からの日射エネルギーと地球からの赤外放射エネルギーの出入りのバランスにより決まっており、下記の式(a)で表せる。 πR^2S(1-A)=4πR^2εσT^4・・・(a) ただし、Sは地球についての太陽定数(=1.37kw/m^2)、σはステファン・ボルツマン定数(=5.67x10^-8W/(m^2・K^4))、Aはアルベド(日射を地球が反射する割合)、εは地球面からの赤外線の宇宙への逸出割合(温室効果がない場合は1、温室効果がある場合は1より小さい)、Rは地球半径、Tは全地球表面温度(K:ケルビン単位)。なお、太陽系の惑星に適用する場合、Sは「惑星と太陽間の平均距離」の2乗に反比例するものとする。 <設問> テラフォーミングの参考のため、式(a)を火星に当てはめる。火星は二酸化炭素の薄い大気に覆われており、その全球平均地表温度は-43である。「火星と太陽間の平均距離」が地球のそれの1.25倍、火星のεが0.8の計算条件で、火星のアルベドAの値を求めよ(小数点以下第3位を四捨五入して小数点以下第2桁まで求めよ)。ただし、計算式のてんかい過程とその説明も記すこと。(ヒント:式(aの中のWの単位を整合させること。Aとεには単位がつかない) なにとぞお力添えお願いいたします。解答だけではなく、できれは解説付きで解答していただけると助かります。...

  • スペースコロニーの実現性 天文学・宇宙科学

    将来的に地球の人口が増えすぎた場合、 ガンダムのようなスペースコロニー移住計画が持ち上がる可能性はありますか? それとも宇宙空間に住む場所を無理やり造り出すよりは、 砂漠や南極に住む努力をした方が易しいでしょうか?...

  • 火星でのテラフォーミングについて 科学

    詳しいことを知っていたら教えてください。 テラフォーミングをすることによっての、メリット・デメリット・経済性・安全性・法的課題・倫理的課題・国際関係などがどうなるのかを教えてください...

ページ先頭へ