• ベストアンサー
  • 困ってます

過酸化水素の化学式。

僕は中一の生徒です。 もうすぐ期末試験なので質問させていただきます。 1 過酸化水素水の化学式 2 過酸化水素の化学式 の二つです。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1841
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • BookerL
  • ベストアンサー率52% (599/1132)

 まず、教科書には載っていませんか?あるいは授業で先生が説明しておられませんか?教科書にもない、授業での説明もないものが試験には出ないと思うのですが。  それとも、試験までに自分で調べるように言われたのでしょうか。  ということで、2 はここでは回答しないことにします。 > 1 過酸化水素水の化学式 についてですが、これは過酸化水素を水に溶かしたもので、混合物なので、化学式で表すことは普通しません。  ただ、水溶液の場合には 化学式の後ろに aq をつけて表す習慣はあります。この書き方だと 食塩水は  NaClaq となります。過酸化水素水も、過酸化水素の化学式の後ろに aq をつけておけばいいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます! なるほど、混合物だから化学式はかけないのですね! おかげで期末試験に安心して望めます。

関連するQ&A

  • 酸化還元~過酸化水素の損失?~

    過酸化水素とヨウ化カリウムの反応について質問です。 過酸化水素水を過剰のヨウ化カリウムと混合した後、生成したヨウ素を定量する実験手順なのですが、 過酸化水素水とヨウ化カリウムを反応させる際に栓をする手順がありました。 この手順をふむ理由を解答では過酸化水素の損失を防ぐためとあったのですが、 どのような経緯で過酸化水素が損失するのでしょうか? 教えていただけますと大変うれしいです。

  • 過酸化水素の酸化、還元

    先日、ある国家試験を受験してきたのですが、その中の基礎化学の問題で、次のような過酸化水素の文章問題がありました。「過酸化水素は( ) と作用して酸化剤として働き、( )と作用して還元剤として働く。」  確かこのような内容だったように思います。この( )内に入る物質が化学オンチの私には全くわかりませんでした。どのような物質が入るのでしょうか? また、ごく簡単で結構ですので、解説があれば助かります。ちなみに、酸化数については、基本は理解できております。 よろしくお願いいたします。

  • 化学式を教えてほしいんですけど・・・

    多すぎてごめんなさい。過酸化水素・ヨウ化水素・メタン・エタン・プロパン・エチレン・アセチレン・酢酸・硝酸・硫化水素・メタノール・エタノール・水酸化カリウム・水酸化カルシウム・水酸化バリウム・一酸化窒素・二酸化窒素・四酸化二窒素・二酸化硫黄・炭酸ナトリウム・炭酸カルシウム・硫酸ナトリウム・硫酸アンモニウム・硫酸カルシウム・塩化アンモニウム・炭酸水素カルシウム・炭酸水素ナトリウム・酢酸ナトリウム・これらの化学式を教えてください。お願いします。テストに出るんですけど、覚えるにも化学式じたい知らないんで・・お願いします。

  • 過酸化水素との化学反応について

    お聞きしたいことがあります。 ポリエチレンとポリプロピレンの袋が過酸化水素に触れた場合、化学反応が起きて浸食などで袋が破れるようなことはありますか? よろしくお願いします。

  • 歯科でホワイトニングに使われる化学薬剤は過酸化水素

    歯科でホワイトニングに使われる化学薬剤は過酸化水素だそうですが、どれだけ吸引器で唾液を吸ったとしても口から過酸化水素を飲んでしまうと思うのですが大丈夫なんですか?

  • 過酸化水素について

    細胞に500μM程度の過酸化水素処理を施して実験をしているのですが、そもそも細胞内にはどの程度の過酸化水素が含まれているのでしょうか 500μMという濃度はかなり高い濃度なのでしょうか

  • 過酸化水素の定量について教えてください。

    過酸化水素の定量(ヨウ素滴定) クリーム状のサンプルに含まれる過酸化水素の定量の計算式に比重を使う意味が理解できません。 化学が苦手で、参考書を引きながら考えましたが分かりません。宜しく御願いします。 【条件】 サンプルW(g)と水10mLを攪拌し10%硫酸5mLと1Nヨウ化カリウム10mLを添加しよく攪拌する。 30分放置後、1%デンプン溶液を1mL加え攪拌する。 ビュレットで0.1Nチオ硫酸Na(F:Factor)をV(mL)滴下したところで色が変わった。 過酸化水素のサンプル中の含有量を求める。 過酸化水素分子量:34.014 【回答計算式】 過酸化水素の含有量(%)=(V・F・0.17007・比重)/W *上の計算式は途中式を簡略したものだと思います。 【質問・考え】 過酸化水素の含有量(%)=過酸化水素の量g / サンプルの量g×100 サンプルの量は、分かっているので『過酸化水素の量g』を求める。 そのために、使用したチオ硫酸Naの物質量(mol)を求める。 チオ硫酸Naの物質量(mol)=V(mL)/1000×0.1N(mol/L)・F 過酸化水素1に対してチオ硫酸Naは2倍反応に使うので 過酸化水素の物質量は『チオ硫酸Naの物質量(mol)/2』 つまり、過酸化水素の量g ={V(mL)/1000×0.1N(mol/L)・F}/2×34.014 これを計算して簡単にすると、『V×F×17.007/10000』 よって 過酸化水素の含有量(%)={V×F×17.007/10000} /W ×100 ={V・F・0.17007}/W になると思いました。 ★この計算であってますでしょうか?比重を計算する必要があるのでしょうか? 分かりにくい文章で申し訳ありませんが、宜しく御願いします。

  • 過酸化水素の安定性

    仮に市販の過酸化水素水を酸性溶液にするため、いわゆる“酸”溶液中に溶かすとします。 この場合、ギ酸など、還元作用のある酸を使用すると、当然、酸化還元反応が起こってしまい、過酸化水素が分解してしまいます。 理化学辞典などによると“リン酸”が分解抑制剤に使用されるとあるのですが、リン酸以外で、混ぜても分解が起こらない、むしろ分解を抑制する酸をご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。 あと、どういった機構でリン酸が過酸化水素の分解抑制剤として働くのかも、ご存知のからいらっしゃったら教えてください。

  • 過酸化水素を酸化すると酸素になる事はわかるのですが、

    過酸化水素を酸化すると酸素になる事はわかるのですが、 酸素を還元すると、なぜ過酸化水素ではなく水になるのでしょうか。

  • 流動パラフィンに溶けた過酸化水素の量

    流動パラフィンをつかった実験をやっています。 過酸化水素水(市販30%)のエマルションを作製した後、 遠心分離によって、油層と水層に分離しました。 水層の体積の減少はほとんどないのですが、 過酸化水素はわずかに流動パラフィンに溶けているようです。 水溶液状態での過酸化水素の定量はわかるのですが、 このように油層にわずかに溶けていると思われる過酸化水素を 定量するにはどのような方法が可能でしょうか? よろしくお願い致します。