標本のサンプルサイズ

標本数20、標本分散s^2=10とする。 帰無仮説:s^2=σ^2、有意水準α=5%で検定する。 母分散σ^2=20...

noname#211914 さんからの 回答

  • 2001/02/02 09:07
  • 回答No.1
直接的な回答ではありませんが、以下の関連質問の回答は参考になりますでしょうか?
あるいは、
http://www.okweb.ne.jp/oshiete.php3?c=392
このページで「統計」と入れて検索して見てください。

更に、以下のサイトを参考に勉強してください。
http://w3.cc.nagasaki-u.ac.jp/contrib/Excel/excel1.html
http://www16.freeweb.ne.jp/school/gucchi24/
http://stat.eco.toyo.ac.jp/~michiko/newfront/ch04/

ご参考まで。
お礼コメント
myan

お礼率 50% (3/6)

いろいろと参考にさせていただきます。ありがとうございました。
投稿日時:2001/02/02 23:26
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • エクセルによる母分散の検定 数学・算数

    一つの母集団から標本のサンプルサイズ10、標本平均50、不偏分散100を与え、母分散に関する帰無仮説 σ2=50、有意水準5%としたとき棄却域を求め仮説を検定しろ。 という課題がでたのですが、悪戦苦闘しています。どなたか分かる方教えてください。...

  • 分散の検定 数学・算数

    昨年末のアクチュアリー試験での問題です。 分散の片側検定において,真の分散が帰無仮説において仮定された分散の3倍になったとき,帰無仮説が確率95%以上で棄却されるようにするには標本数が[ ]個あればよい.ただし,平均は未知とし,有意水準は0.05とする. という問題です。分布に何の仮定もないし、標本数の大きさを問うのだから正規分布近似も適当だとは思えません。とするとχ^2-testではできないように思います。こういう問題の場合、どのように解くものなのでしょうか?...

  • これはどういう意味ですか(泣) 数学・算数

    帰無仮説 2つの標本の平均値は等しい。 標本数16 平均値18.46 標準偏差14.002 標本数26 平均値221.82 標準偏差28.145 有意水準0.05 検定方法両側検定 F値4.14217085610118 確率0.0724572476022886 t値3.60605002946898 確率0.00479946268108932 自由度10 結論 等分散の仮定は棄却されませんでした。 帰無仮説は有意水準 0.05 で棄却されました。 自由度 10 におけるPの値は 0.00479946268108932 です。 ある実験の前後の統計を出したいので、統計ソフトで計算した結果、よくわからない言葉が出てきてしまいました(泣) ちなみに標本数・平均値・標準偏差1が実験前で、標本数・平均値・標準偏差2が実験後の結果です。 5%有意差があるかないかを調べたいのですが・・この結論の日本語がよくわかりません。 どなたか詳しく説明していただけませんか。 バカですみません。...

  • 統計学(検定)の問題なのですが… 数学・算数

    母平均が既知、母分散が未知である正規母集団の母分散σ^2>0について、 帰無仮説:σ^2=σ_0^2 対立仮説:σ^2>σ_0^2 と設定し、片側検定を有意水準5%で行うことを考える。真の値がσ^2=(1/3)σ_0^2であるとき、97.5%以上の確率で帰無仮説が棄却されるために必要な標本数の最小値はいくらか。 という問題が解けず、どなたか考え方をお教え頂けると幸いです(σ_0は添字です)。本文ではこの下にずらずらとカイ二乗の値が並んでいます。答え自体は分かっていて、22個ということでした。自分は東大出版会の統計学入門という本で学んだのですが、これに類する問題は目にしたことがなく、いささか戸惑っています。 また、もし宜しければこのように少し応用しなければ解けない統計学の問題集をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けると光栄です。単なる検定なら実行できるのですが、応用力が全く身に付かず困っています…。 長くなりましたがどうぞ宜しくお願い致します。...

  • 分布の検定 数学・算数

    正規分布に従う母集団(母平均μ,母分散σ^2) からn個の標本を取り出したとします。 その標本の分布は論理的に標本平均μ,標本分散σ^2/n に従った分布になると思います。 そこで、実際にn個抽出し、標本平均と標本分散を算出しました。 もちろん、論理的な数値と実際の数値は異なります。 けれど、この実際に出した数値が信頼できる(論理的な数値に近い)と いうにはどのような検定を行えばよいのでしょうか??...

ページ先頭へ