• 締切済み
  • 困ってます

賃貸マンションの解約金について

この度転居することになり、現在住んでいるマンションを解約することになりました。 3年近く住んでいて敷金は292000円入れていたのですが、解約の申し出を行ったところ大家さんから「契約書に書いていたとおり敷金は一切返しませんがいいですよね?」と言われました。 確かに、契約書を見ると特約時効の欄に 解約金は敷金より292000円を引き当てるものとする。 という文章がありました。 この場合は敷金の返還請求はできないのでしょうか? どなたか詳しい方、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.7
  • regedit
  • ベストアンサー率55% (10/18)

補足です。 特約条項の解約金とはどのような内容を指すか、分かりかねますが、解約に対する借主のペナルティにも伺えます。通常住宅賃貸借契約書には、雛形として解約日の1ヶ月分については、賃料相当額を支払わなければならないとする条項が入っていることが多いのですが、これは貸主が「突然借主から解除されてしまい、予定収入を絶たれてしまい、不利益を受ける可能性があり、次の借主の募集のための引当金のような性質のもの」であり、借主としても解約後1ヶ月間は、マンションを使用できるものであり、一応合理性がありますが、このような意味で敷金を利用することは、できないはずです。当然、借主の責任に基づく原状回復費用が発生した場合は、大家は、借主に合理的な範囲内でその費用を請求できますが、それを超えて必要以上の請求は認められません。いずれにせよ大家の手元に事実上敷金があるわけですから、また一旦契約書に署名捺印したという点で貴殿に落ち度があることは否定できないとも思われ、敷金を取り戻すことは難しいですが、多分に交渉力に格差があるマンション賃貸借ですから、本気で一部でも敷金を取り戻したいと考えるなら、先方大家が特約に固執した場合、自分の希望も伝えましょう。場合により、小額訴訟も止むを得ないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

基本的には一旦契約した以上は、契約書通り敷金は返してもらえません。 しかし「解約金は敷金より292000円を引き当てるものとする。」 というような、借り主が一方的に不利になるような契約は 消費者契約法により無効となる可能性があります。 ただ、何もしなくても当然に無効となるわけではないので 無効とする為には裁判で勝たなければなりません。 敷金に関する裁判は、借り主有利の判決が出る可能性が 高いので、故意や過失で破汚損した箇所がなければ 敷金は大部分戻ってくると思います。 少額訴訟でしたら専門家に頼らず自分だけでできます。 費用は一万円程度です。 場合によっては「訴訟します」と大家に伝えれば 返金に応じてくれるかもしれません。 よほど暇で頭のおかしな大家でなければ、 勝つ可能性の低い裁判をわざわざするとは思えませんので。 少額訴訟のHP http://shikikinhenkan.web.fc2.com/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • mu128
  • ベストアンサー率60% (336/552)

その解約金とは別に原状回復費用を取られるということはないのでしょうか? 解約金で292,000円取られて、さらに原状回復費用をいくらか請求されるとかなり強引なものだと思いますが。 原則としては、やはり契約書通りとなると思います。契約時にそれで納得して入居できたのであり、契約時に質問者さんが「そのような約束では入居しない」と言っていたら、大家さんは質問者さんとは契約しなかったでしょう。契約書に署名捺印をしておきながら、後で知らなかったと言うことは、大人の人間がすることではありません。これからは契約する時(署名捺印をする時)は注意しておいて下さい。署名したということは納得したものとみなされます。 ただ、無条件にそのような金額を取られるのも納得いかないと思います。部屋の大きさが単身者用の物件などでしたら、傷みもそんなに大きくないものでしょうから、そんなに取られるのも酷い内容だとは思います。 しかし、質問者さんの地域が関西でしたら、やむを得ないかと思います。関西地区では、そのように敷金(保証金)○○円・敷引き○○円となっているケースが多いです。例えば、敷金30万円・敷引き25万円でしたら、契約時に30万円預けますが、退去時には5万円しか返しませんよ、という意味です。その物件の内容が、敷金292,000円・敷引き292,000円でしたら、そのようになってしまいます。 また、関西地区では、そのような敷引きをする代わりに、家賃が安く設定されているようですので、退去時の敷金精算のことだけで判断すべきではありません。同じような間取りの物件でも、東京と大阪では家賃に差があります。 関西地区以外の場合はどうかはわかりませんが、質問者さんのその物件のある地域がそのような契約(敷金○○円・敷引き○○円)の形式をとっているところが多ければ、諦めるべきでしょう。というのも、質問者さんが、その部屋を決める時に、あらかじめ「退去時に敷金分は無条件で取られてしまう」ということを知ったとして、質問者さんは「それでは嫌だ」ということで、他の物件を探すとします。しかし、その地域がほとんどそのような形式の契約ですと、どこで探しても同じような特約はついてきてしまうものです。これは私も経験したことがあるのですが、地域的な慣習でしたらどうしようもないことです。 そのような特約がその地域ではかなり特殊なケースということであれば別ですが、まずは、その地域の他の物件を契約する時には同じものなのか?を把握しておいた方がいいものと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • regedit
  • ベストアンサー率55% (10/18)

敷金とは、預かり金であり、本来的に借主に返還するべき性質のものであり、借主に全面的に返還すべきものですから、それを全面的に制限する特約は、消費者契約法の不当条項に当る可能性が大きいですので、特約をしたとしても取り消しうると考えられますので、少額訴訟で争えば良いと思います。また解約金とは、解約手数料というべきものだと理解しますが、もし敷金相当額を手数料相当額だと理解して請求するなら、明らかに法外な金額です。転居による解約は正当な理由に基づく解約であり、通常手数料などはとらないものですが、本来的に大家の手数料収入(仲介業者でもとらない)になるものではありません。いずれにせよきちんとした文書で反論すべきでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

今頃になって契約書を確認する=契約捺印時にテキトーに契約する人は、まともな人とは言いません。まず、返還は無理でしょうし、どうしてもごねたいなら裁判しかないでしょう。ただ、そういう人を世間ではクレーマーといいます。今後は契約時には、内容をよく確認してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 返してもらうには少額訴訟しかないでしょう。  ただ、大家さんが少額訴訟を受けない場合は本訴になりますのでそれも視野に入れて対応してください。『署名捺印した契約は履行してもらおう』という強気(?)な大家さんも結構多いですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

普通に考えたら当然出来ません。 契約書記載通りです。 もしよろしければ、どのように考えたら「返還請求出来るのでは?」と思ったか補足出来ないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 賃貸マンションの立ち退き料について

    マンションの一室を賃貸している大家です。 賃貸契約書に大家からの契約解除は6か月前に告知とあります。 マンションの契約解除告知を行った場合立ち退き料が必要になるようですが、敷金全額返還に加えいくら位が相場なのでしょうか? ちなみに家賃は90,000円、敷金400,000円、礼金150,000円で貸しています。 よろしくお願いします。

  • 賃貸契約期間内のアパート敷金返還について

    アパートの大家をしていますが、今般入居者から1ヵ月後の解約予告と敷金返還請求を受けました。賃貸契約書上では契約期間を2年間と定め、「期間内の解約については敷金1か月分を償却する」という特約が謳われています。入居者の場合、契約からまだ1年未満ですが、敷金の返還義務は生じますか?

  • 賃貸マンションの解約違約金についてのご質問をさせて下さい。

    賃貸マンションの解約違約金についてのご質問をさせて下さい。 昨年9月に転勤により賃貸マンションを借りたのですが、その際、2通りの賃貸借契約方法がありました。 ひとつは「敷金2カ月分+通常の?家賃(17万円)」を支払う方法と、もうひとつは「敷金無し・家賃が高め(20万円)」の設定のものでした。 初期費用が限られていたため、また、家賃は会社から給与として支給してもらえたため、「敷金無し・家賃高め」で賃貸借契約を締結しました。 今年に入り、会社からの賃料負担が半減され、一度家賃の値下げ交渉をしましたが断られ、経済的に現在のマンションを借り続けることが困難となり、転居を検討しています。 そこで賃貸借契約を確認したところ、2年以内の解約は家賃の2カ月分を支払う条項が入っており、そこでこの半年間で家賃一カ月分相当の差額(敷金あり家賃との比較)を支払っていたので、解約違約金を1カ月分にしてほしい旨を伝えましたが、これも断られました。 経済的に支払いが困難での転居なので違約金2カ月分の支払いも困難な状況です。 しかし、支払わねければならないものであれば、どうにかして捻出するほかありませんが、やはり2カ月分を支払わねければならないのでしょうか? 参考までに、これまで家賃の遅れは一切ありません。 また、保証会社による保証?(関西特有でしょうか?)も家賃の半月分を支払い加入してます。 解約違約金を支払わないことにより、金融機関においてブラックになってしまうのかとも懸念しています。 身勝手な質問ではありますが、どうぞ宜しくお願いします。

  • 賃貸マンションの敷金について。

    賃貸マンションを契約する際に敷金2ヶ月を支払うのですが、重要事項説明書の中に「敷金は原則1ヶ月分を目処に返還する」と書かれており、また「退去時のクリーニング費用34000円を借主が敷金より支払う」と書いてあります。 この物件はこの契約で貸すことになっているので、これは変更できません、と言われたのですが、これって交渉で変更させることはできないでしょうか。 敷金は本来家賃の担保として預けるものなので、こういう特約を前提とした契約はしたくない、原則全額返還を前提に、借主の責任による破損などは別途支払う、という契約を結ぶことはできないでしょうか。 貸主がこれで契約しないなら貸さない、ということはできるのでしょうか。 詳しい方がいらっしゃったらご教授ください。

  • 賃貸マンションの解約金

    2年契約の賃貸マンションに半年しか住んでないのですが仕事の都合で退去しなければなりません。 1ldkの家賃4.9万円です! 敷金礼金も払ってますが解約金はだいたい幾らぐらいかかりますか?

  • 賃貸解約後の居住について

    私が契約している賃貸マンションに元妻が子供2人と住み続け、私が渡す養育費で家賃を払っています。離婚当初はすぐに転居するのも大変なので新居が見つかるまでと思っていたのですが、今年12月で2年が経過します。 元妻には、転居するか契約のし直し(大家に確認していませんが名義変更は原則無理と判断しています。)を再三お願いしているのですが聞く耳を持ちません。また私が自営業のため養育費を20万円しか渡せない月は「20万円では生活ができない。」と家賃を払わないので、こちらに大家から督促がきます。 今年は売上が悪く借金をして養育費を払っているので、元妻には転居等の準備期間として2~3ヶ月を用意した上で、解約を強行したいのですが、相談した弁護士からは、解約後に居座り続けられると逆に多額の賠償金を請求される恐れがあると言われ、このまま一生、元妻の家賃を払わなければならないのかと困惑しています。 良い解決策を、どうかご教示下さい。

  • 8年間住んでたマンションを引っ越しましたが、大家が

    8年間住んでたマンションを引っ越しましたが、大家が敷金を返還しません! そこで契約書に記載されてる大家の住所を訪ねてみたら、そこは大家の名前を冠した古い古いマンションでした。 住民に尋ねてみたところ大家はここには住んで無いとの事でした。 契約書の住所の欄に住んでもいない場所を書くって虚偽記載だと思うのですが。。 この不埒な大家を刑事責任に問えますでしょうか?

  • 賃貸アパートの解約時トラブル

    先日、引っ越し・不動産で相談に乗ってもらったものです。 http://okwave.jp/qa4790099.html​  http://okwave.jp/qa4792054.html​  http://okwave.jp/qa4795969.html 県庁の担当部署へ契約時の書類を持って行った結果、宅建業法の35条違反であると言われました。 自分からの申し出により、不動産業者には県庁より先に自分が連絡を入れることになっています。 そこで相談なのですが、 1 解約するにあたってリフォーム代を請求されることは本当にあるのか?   契約時の書類にはそんな記載は一切ありませんし、リフォームの条件としては通常一年以内の解約の場合に敷金没収となるところを二年以内にすると特約事項欄に書いてあります。 2 県庁からの回答をもとに契約時のお金(敷金、礼金、仲介手数料)をとり戻すことはできないか? 今後自分はどういった対応をすればいいかアドバイスしていただけたら幸いです。

  • 賃貸マンションの解約についてお分かりになる方、知恵をお貸し下さい。

    賃貸マンションの解約についてお分かりになる方、知恵をお貸し下さい。 初めて1人暮らしをしたマンションを解約するのですが、退去時にいくら請求されるのか不安です… 賃貸借契約書の『現状回復および明け渡し』の項目を読んだのですが、難しくて理解できませんでした。 文面は『乙は甲に対して立退料・移転料・損害賠償その他何等の名義をもってするを問わず、本契約に基づく以外の一切の請求をしないものとし、甲の承諾有無にかかわらず乙の負担で行った造作等の買取等、名目形式の如何を問わず金員その他一切の請求をすることができないものとする。』とあります。 どういう意味なのでしょうか? 解約にあたって立退料や移転料が補修費とは別に発生するのでしょうか。 物件は新築で入居4年の1Kのフローリング、テレビ・洗濯機・冷蔵庫・電子レンジが付いていました。 敷金・保証金はなく礼金10万円でした。 タバコは吸わないので壁の変色などもなく、綺麗に使ってきたつもりです。 一概には言えないとは思いますが、退去時の請求額として妥当な金額はどのくらいなのか、あまりに高額な場合は交渉できるのかなど、詳しく方ご回答お願い致します。 読みにくい文章で申し訳ありません。

  • 契約満了でも解約?

    敷金返還についての質問です。 契約期間は平成19年4月1日から平成20年3月31日までです(契約書記載) 敷金は明け渡しの時に於てのみ残額を返還するものとする。 また、特記事項として解約の場合は敷金は返さず。 と契約書に記載があります。 ちなみに家賃は19年4月から20年3月分まで支払い済みです。 私といたしましてはこれは1年間の賃貸契約であったのだから、その契約満了に伴う転居の際に敷金が払い戻されるのは当然だと考えていたのです。 しかし、大家に敷金の返還を求めると引っ越しは解約に当たるとして、それに応じてくれませんでした。 私は大学生で入学と同時に入居したので、4年契約になるのでしょうか。 私は契約書の通り、1年契約であり、特記事項の対象にはならないと思うのですが・・・ 言葉足らずで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。