• ベストアンサー
  • 困ってます

パドリーノ=ゴッドファーザー

外国を旅行中、息子のためにパドリーノになってくれと言われ、教会へ行き、洗礼(映画でよく見る子供の頭に水をかける儀式)に立ち会ってきました。私は日本人だし仏教徒だし…と最初は断ったのですが…。帰ってきてから調べてみると、このパドリーノ=ゴットファーザーというのは、子供の精神的な支えになると共に、父親が亡くなった場合は面倒を見なければならないそうです(法的な強制力はないですが)。こんな経験を持つ、あるいは、カトリックの方、何かアドバイス下さい。今後何をすべきでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数140
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • mapato
  • ベストアンサー率69% (493/705)

こんにちは。 以前クリスチャンの方から聞いた話と私が学んだことからなのでどこまで参考になるかわかりませんが、ゴッドファーザーと言えば通常一族の信仰的にも世俗的にも尊敬されるような立場の人間を選ぶべきものです。 日本でも近世までは存在した烏帽子親・冠親のようなものと考えれば近いかと思います(こちらは元服する際ですが)。 ゴッドファーザーは例えその子の両親が存命中であっても信仰的には「師」とも「父」ともなる存在で、クリスチャンにとってはとても重要な役割を担うものである筈です。 何故それを一族とは縁も所縁もない旅行者で、しかも異教徒の質問者さんに依頼したのでしょうか。 余程質問者さんを「尊敬に値する」人物と感じ入ったとか、もしくは何かの事情で非常に急いでいたとか・・例えそうだとしてもないがしろにして良いようなこととも思えないのですが・・。 しかし質問者さんはちゃんとご事情を説明なさっている訳ですから、何か向こうが勝手に勘違いしているということでもないようですし、それほど重く考えられる必要はないのではないでしょうか。 確かにゴッドファーザーとはそのようなものですが、今は「かたちだけ」ということも多いのかもしれませんし、あちらもそのつもりであると考えられます。 ですから例えば旅先でたまたま縁があって「今度生まれた子に貴方のお名前から一文字頂いても宜しいでしょうか」などと言われて承知したと考えてみて下さい。 その場合そう言われたほうがその子の後々のことまで考える必要はありませんよね(また何か縁でもあれば別かもしれませんが)。 そのような感じだと捉えていたら宜しいではないでしょうか。 何しろ旅行者に依頼した訳ですから、あちらもそのくらいのつもりだと思います。 向こうのものを読んだりしますと諸事情により急いで「かたちばかりでも」結婚式を挙げねばならない二人が、「結婚」という「契約」に関しては兎にも角にも「第三者」の見届け人が必要であるということで、その場に通りがかった見も知らぬ他人にそれを依頼するようなことが結構あったりするそうです。 日本にはそのような慣習がない為頼まれたりすると驚きますが、あちらの人々は「そんなこともあるだろう」と快く承知してくれるとか。 そのような感覚なのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

マパトさん、回答ありがとうございます。 式の後、一族揃っての食事では主賓扱い。料理も一番最初に運ばれてきました。親族の方のちょっと戸惑っている感じは少し感じましたが…。 不思議な経験でした。  ただ別れ際に、この子を将来、日本語のスペシャリストか○○(私の職業)にしたいと父親が言っていたので、始めから日本に対する憧れのようなものもあったのでしょうか?ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • mapato
  • ベストアンサー率69% (493/705)

#1です。 >ただ別れ際に、この子を将来、日本語のスペシャリストか○○(私の職業)にしたいと父親が言っていたので、始めから日本に対する憧れのようなものもあったのでしょうか? なるほど、そのようなことでしたか。 十分有り得ることだと思います。 余程日本人が「またとない珍客」に思えたのでしょうね。 そういうことであれば本当にその「記念」として質問者さんに依頼されたというだけのことでしょうから、あまり深く考えられる必要はないと思います。 もしその子が大きくなって本当に父親の言っていた通りの生き方をすることにでもなれば、ひょっとすると「伝手を頼って」というようなことがあるかもしれませんが、そうなる可能性はあまり高くないでしょうし「万が一そんなことがあったら出来る範囲で力になってやろう」というくらいの心構えで十分でしょう。 何にしてもずっと先の話ですが、とりあえずは「旅の思い出」の一つという風に捉えられておかれて良いと思いますよ。 かなりの確率で「結局それだけのことだった」ということになるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • カトリックの人との結婚

    カトリック教の彼との結婚の準備等面倒臭いです。 喧嘩をしつつ進めてい這いますが、、私がほぼ無宗教者なので やっぱり何か変に感じてしまいます。 ・私自身、改宗しないでいい ・(将来)子供の洗礼も強制はしない と言ってくれるのですが、やっぱり普通じゃやらない書類が色々あったりしていうんざりです。。。 カトリックの方と結婚された仏教徒または無宗教の方はやはり色々大変でしょうか? 話によると、挙式の数か月前には司祭と話合い(恐らく式の打ち合わせ)をしないとならないそうですが 一体全体どういう内容の面談をするのでしょうか? そしてちょっと腑に落ちない事も。。実は彼の司祭が言った事が引っかかっています。 「洗礼は"キリスト教になるという意味ではない"。洗礼させないと決めているならそれでいいが "もう一度、将来子供が生まれた場合の洗礼についてちゃんと話し合って欲しい"」みたいな事をいったそうです。 洗礼=カトリックになる、と思っていたのですが、違うのですか?!

  • 仏滅に洗礼

    仏滅に洗礼を教会でしますが、元々、仏教徒だったのですが、 キリスト教に改宗します!!仏滅って、あまり良くないのでしょうか? 洗礼は、祝福ですが、仏滅は、祝い事も何もしない方がいいと言うし でもこれは日本の迷信らしいのですが・・・ クリスチャンには関係ないですかな、やっぱ・・・

  • カトリック教に拒絶反応するようになってしまいました。。

    私はカトリックの男性と3年間おつきあいをしていましたが、約一年ほど前に私が(全く信心深くはないのですが)仏教徒の家に生まれたことと、私自身がカトリックに改宗する気がないことを理由に振られてしまいました。それ以前の私は特に宗教のことなど深く考えたことは無く、彼が教会に行く時は暇なら一緒に行ったりもしていました。私と彼は普段は性格的にとても相性が合っていて、お互いに何でも話し合える相手でした。でもあるとき結婚の話が持ち上がり、子供をどうやって育てようかなど話合い始めた時に、彼に「自分の子供に他の宗教のことを一切学んだり、触れて欲しくない」と言われました。私にとってその言葉は、”私達の子供の前で、私の(仏教徒のバックグラウンド)のアイデンティティを全く出すな&子供達に私の家族と接触して欲しくない” と言う意味合いに取れました。 三年間も信じて付き合っていた彼にそんなことを言われ、自分自身を否定されたような気分にかられ、それ以来カトリックに対して、もの凄い嫌悪感を抱くようになってしまいました。別れて一年経った今でも、教会や十字架を見るだけで、吐き気を催します。キリスト教自体や人に、拒絶反応をしてしまいます。こんな気持ちで毎日を過ごす自分が、もの凄くイヤです。できれば昔のように宗教自体に対して何も嫌悪感を抱いていなかった頃に戻りたいのですが、どうしたらいいのでしょうか。。

  • 仏教徒の人に質問なのですが・・・

    昔、カトリック教徒の 麻生太郎氏が総理大臣になってますが、 その時、どう思いましたか? キリスト教徒だと、 仏教徒の方は支持できませんか? 本音を聞かせて下さい。

  • 仏教徒はキリスト教徒ユダヤ教徒とどう付き合うべき?

    宗教戦争に仏教徒は、基本的に外野で無関係ですが、キリスト、ユダヤ連合に加担すれば、イスラム教徒の報復を受けることを今回、学びました。仏教徒の日本人が進むべき道を宗教にお詳しい方、是非ご教授ください。

  • なぜ仏教徒がクリスマスを祝うの?

    なぜ仏教徒がクリスマスを祝うの? 日本人は元々多神教なので、許容範囲が広いからでしょうか?

  • 【日本の仏教と学校教育の違い】

    【日本の仏教と学校教育の違い】 日本人の大半というか9割以上が仏教徒です。 しかし学校教育は儒教です。 なぜ日本人の9割以上が仏教なのに学校教育では儒教の教えを教えるのでしょう? 確かに仏教の教えは人間の人生は悲惨である。ただ悲惨な人生が当たり前なのです。という超ネガティヴな教えなので学校教育には向かないと思います。 儒教では子は父を敬え。父とは父親のことではなく皇帝のこと。日本では天皇。 子は父親ではなく皇帝の天皇を頂点に敬い。女より男を敬い。子は父親を敬い。父親は皇帝の天皇を敬え。という教え。 そして皇帝を。さらに皇帝を支える高官を敬え。公務員を敬え。子は役人を目指せ。という教え。 完全に仏教とは路線が違いすぎますがなぜか仏教徒の日本人は儒教の教えを学校教育で受け入れている。 子は父親を敬い、子は学校の先生(役人)を敬い、子は役人(公務員)を目指せ。そして天皇を支えよという教え。 仏教徒なのになぜ儒教の教えを受け入れて、そして仏教の教えを尊いお言葉として受け入れ、受け入れてるのに仏教の教えに反する競争をしている。 それでも仏教徒。 日本人は仏教徒じゃなくて義務教育で洗脳された儒教徒なのでは? 日本人は義務教育を虐待された児童意外100%受けるので98%くらいは何の疑いもなく儒教の教えに洗脳っされている。 仏教徒が90%なら儒教徒は98% 日本は仏教の国ではなく儒教の国。 違いますか?

  • 教会に行こうと誘われて悩んでいます。

    教会に行こうと誘われて悩んでいます。 22歳学生の女です。私の友人にはクリスチャンがいます。毎週日曜には教会に通っているようです。 最近、彼女から「一緒に教会に行ってみないか?」と誘われ続けています。 私はまったく興味がなく「忙しいから」「キリスト教は信じてないから」と毎回色々な理由で断っているのですが、「信者じゃなくても大丈夫だよ、みんないい人だし」と言って引きません。 私は自分のことを仏教徒だと思っています。聖書も読んだことはありますが、どうしても信じる気にはなれませんでした。普段の友人はたいへん性格のいい人であるだけに、なかなか断りにくいのです。 どうやって対処したらいいでしょうか? ちなみに友人は成人してから自分の意志で洗礼を受けた信者で、他の家族はキリスト教ではありません。 通っている教会はいわゆる新宗教ではなく、プロテスタントの一派のようです。

  • 割り勘

    日本人は、アルコール分解が遅く、仏教徒には不飲酒戒があり、禁止されている物にも関わらず、うちの職場では、平気で注文し、会計時に飲まなかった人にも均等割精算させることが多いです。 普通は、飲み物代は別なんではないでしょうか? 仏教徒で、飲酒、肉食をしない自分には、不可思議で堪りません。

  • 仏教徒の日本人がなぜクリスマスを祝ったりするのか?

    仏教徒の日本人がなぜクリスマスを祝ったりするのか? 特にキリスト教徒の人々は不思議な国と感じると思うのですが、私は頭の固い人間でしょうか?