解決済み

名刺などのサイズはどのようにして決められたのか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.3525939
  • 閲覧数809
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 70% (50/71)

例えば、A4用紙の大きさは、
「2つ折りにしても縦横比が変わらない
1:√2の比で、面積が1平方メートルのものがA0。
それを4回2つ折りにした大きさがA4」
という由来があります。

では、「普通4号」とも呼ばれる名刺のサイズ(91mm×55mm)は
どのような由来で決められたのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

> 55mm×91mm以外のサイズでも問題はないはずです。この大きさが広く使われている理由は何でしょうか?

名刺の寸法は、長さの単位が関係しています。

アメリカ等では長さの単位としてインチ(1inch=25.4mm)が使われており、名刺は縦2インチ(51mm)、横はその1.5倍の3.5インチ(89mm)が基本サイズになっています。

日本では古くから尺(1尺=303mm)が使われてきました。尺の10分の1が寸(1寸=30.3mm)ですが、日本では名刺のサイズとして長辺が3寸(91mm)、短辺が黄金比(√5-1)/2 :1 となる55mmのものが多く使われるようになりました。

これ以外の大きさの名刺もありますが、好き勝手な大きさで様々なサイズの名刺ばかりでは整理したりケースに入れて携帯するのに不便ですし、生産性も良くありませんから、日本のビジネス界では91mm×55mmを標準サイズとして一般的に広く使われています。

参考URL
よくわかる印刷講座「名刺」
http://blog.mag2.com/m/log/0000095734/108507173.html
お礼コメント
botte

お礼率 70% (50/71)

> 長辺が3寸(91mm)、短辺が黄金比(√5-1)/2 :1 となる55mm

寸が基準になっているとは気づきませんでした。
これで十分納得しました。

解答ありがとうございました。
投稿日時 - 2007-11-25 11:18:36

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 39% (10265/25670)

ウィキペディアでは
日本国内での基本の大きさは91ミリ×55ミリ。
いわゆる黄金比である。(欧米では3.5インチ×2インチ)

と、あります。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 60% (2456/4051)

名刺は縦横比が黄金比(縦1に対し横は1.618の比率)になっていると聞いたことがあります。

参考URL
●体系化された寸法の法則
http://www.sumainavi.net/column/col070925.html
補足コメント
botte

お礼率 70% (50/71)

参考サイトを見ました。

> 黄金比は人が見て美しいと感じる縦、横の比率を体系化したものです。縦1に対し横は1.618の比率。日本での名刺サイズがこの比率に該当します。

縦横の比率の決め方が「きれいに見えるため」ということは
納得しました。しかし、それだけでは、55mm×91mm以外の
サイズでも問題はないはずです。この大きさが広く使われている
理由は何でしょうか?

私は「ビジネスマンの多くが使っていたサイズが
いつしか標準的な大きさになった」しか理由が思いつきませんが。
投稿日時 - 2007-11-22 12:57:50
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ